まずは無料で仮想通貨投資始める

仮想通貨【AirSwap(AST)】とは?特徴・将来性・チャート・買い方を解説

スポンサーリンク
airswap(エアスワップロゴ) アルトコイン
スポンサーリンク

こんにちわ!じなんぼーです!

今回はAirSwap(AST)の解説を行います。

AirSwap(AST)エアスワップ

airswap(エアスワップロゴ)
通貨名(通貨単位):AirSwap(AST)エアスワップ
最大発行枚数:500,000,000AST
公開日:2017年9月26日
公式サイト:https://www.airswap.io/
ホワイトペーパー:https://swap.tech/whitepaper/
公式ブログ:https://blog.airswap.io/

AirSwap(エアスワップ)とは?

【分散型のERC20トークン交換プラットフォーム】です。

ちょっと難しいですね。。。
一語づつ解説していきます。

・分散型(分散型の取引所)とは?

分散型とは、管理主体(管理する企業)が存在しない、ブロックチェーン上に取引所を構築すること。

分散型取引所はDEX(Decentralized EXchange)と言い、特定の管理者や運営会社が存在しない取引所の事を指します。

・ERC20トークンとは?

ERC20は「Ethereum Request for Comments:Token Standard #20」の略で、Ethereum(イーサリアム)について議論する場所があり、そこの20番目の議題ということです。

これではまだ全く何の事か分かりませんよね?w

ERC20トークンとは、イーサリアムのプラットフォーム上で動作できるトークンの一種で、ERC20という規格に沿って開発されたものです。

イーサリアムはそもそも、ブロックチェーンやスマートコントラクトといった機能を備えた”プラットフォーム”であり、パソコンで言うならWindowsのようなもの。このイーサリアムプラットフォーム上で、様々なアプリケーションが動作する。
引用:暗号通貨総合研究所よりhttp://ccri.io/glossary/erc20-token/

ちなみにERC20を利用したトークンには、有名どころで言うとaugur(REP)やMONACO(MCO)、TenX(PAY)などがあります。

・交換プラットフォームとは?

交換する為の土台となる環境のこと。

上記の3つの言葉をつなぎ合わせて超簡単に要約するとAirSwap(エアスワップ)は「ERPやMCO等のイーサリアムベースのトークンをブロックチェーン上で個人売買できる場所」のことです。

このシステムが完成すればすごい事が起きそうですよね!?

なぜなら現在、仮想通貨売買のほとんどは取引所を介して行われています。私もそうしてます。当然ですw

取引所を介して売買するということは、どこかの国の企業が運営しているということなので、国の規制が入れば最悪の場合、取引所の運営停止等もありえます。実際中国では規制により取引所が閉鎖されました。

取引所がハッカーに狙われて仮想通貨を引き出される恐れもあります。これは有名はマウントゴックス事件ですね。

また、取引所によって売買できる銘柄が指定されており、日本の取引所に自分の欲しい仮想通貨が無い場合、海外の取引所にアカウント登録を行い、売買を行う必要があります。

その点AirSwap(エアスワップ)は、ブロックチェーン上に構築された取引所なので、国の規制等とは無関係なので、規制されて取引停止はありえません。

また、ブロックチェーン上に構築された取引所なので、そもそも国をまたいで売買を行う必要が無い為、いくつもの取引所に登録し売買する必要が無くなります。

AirSwap(エアスワップ)が正式にリリースされれば、世界最大の分散型仮想通貨取引所になると私は思います!

AirSwap(エアスワップ)の特徴は?

  • 安全・・・分散型システムにより当事者と当事者の資産を保護

既存の中央集権取引所では攻撃・フロントランニング・不正行為の対象となる。取引所が仮想通貨資産を保有することは重大なリスクになる。

その点AirSwap(エアスワップ)では、第三者に資産を預ける事はなく当事者の資産を保護できる。

  • プライベート・・・P2Pはブロックチェーンに最適

ブロックチェーンはオンラインでP2Pの価値移転技術として開発された。

AirSwap(エアスワップ)は、世界中どこにいてもサクセス可能で摩擦のないバリューネットワークと同じ強固なブロックチェーンを利用し、プライバシーを守り、安全な個人間の取引がおこなえる。

  • フェア・・・公平な世界のために設計

AirSwap(エアスワップ)は、ERC20トークンを取引するためのP2PであるSwapプロトコルに基づいている。

既存の交換設計の多くは、フロントランニングおよび競合状態に苦しんでいる。

しかしAirSwap(エアスワップ)は公平性を念頭に置いて構築され、これらの問題を回避することができる。

AirSwap(エアスワップ)開発チームは?

airswap(エアスワップ)開発メンバー一覧
開発メンバーの一部です。

金融技術や製品の専門メンバーが揃っているようです。

公式ブログによると、メンバーも増えてきているようです。

また、アドバイザーにイーサリアムの共同創設者が就任しているのもポイントですね。

ここには掲載できていませんが日本人が一人、顧問に就任しているみたいです。

AirSwap(エアスワップ)今後の将来性は?

AirSwap(エアスワップ)の正式版がリリースされればかなり期待できるプロジェクトだと思います!

世界的にもDEX系のプロジェクトは盛り上がってきていますしね。

それも、まだまだこれからERC20トークンは増えてくると思われます。

全てのERC20トークンが個人間で売買可能になれば必然的にAirSwap(エアスワップ)の取引量は増えるでしょう。

しかし、毎回同じことを言いますが、本当に製品が正式リリースされるかです。

今現在ではベータ版もリリースされているので、プロジェクトは進んでいる模様です。

これからも公式ブログやホワイトペーパーを時々見て、動向をチェックする必要がありますね。

私は、AirSwap(エアスワップ)について色々調べた結果、投資することに決めました。

だって、毎回いろんな取引所にログインして売買するの面倒やん!

それも手数料高いし!

AirSwap(エアスワップ)で世界中のERC20トークンをシームレスに売買できたら良いやん!

投資は自己責任でw

ロードマップは下記のとおりです。

airswap(エアスワップ)ロードマップ

AirSwap(AST)チャート※2018年5月18日現在(日足)

airswap(AST)日足チャート

AirSwap(AST)購入はこちらから

AirSwap(AST)はBINANCE(バイナンス)で購入できます。

バイナンス公式サイト

 

今回はAirSwap(エアスワップ)の解説でした。

 

まだ、BINANCE(バイナンス)がどういう取引所か分からない方も多いと思うので、簡単にBINANCE(バイナンス)のことを書いておきます。

知っている方は、見るだけ時間の損ですw

BINANCE(バイナンス)ってどんな取引所?

binance(バイナンス)ロゴ

BINANCE(バイナンス)は2017年7月にチャオ・チャンコン氏によって創業された中国にある仮想通貨取引所です。

中国の取引所と聞いて「ちょっと怪しいなぁ」「中国って仮装通貨取引禁止じゃなかった?」と思っているそこのあなた。

僕も最初は怪しいと思ってましたw

ところが世界最大級の仮想通貨取引所です。

取り扱っている仮想通貨銘柄も現在で100種類以上

ほとんど知られていないマニアックな銘柄もあります。

また、ビットコインからフォークされたコインもいち早くBINANCE(バイナンス)では付与されています。

ちなみに日本の取引所で一番取り扱い銘柄が多い取引所(コインチェック)でも13種類です。桁が1桁違いますね。

取引手数料も0.1%と激安!しかもBNBトークン(バイナンスが発行しているコイン)を使って手数料を支払えば、さらに半額の0.05%になります。

また、BINANCE(バイナンス)の特徴として、上場する銘柄をBINANCE(バイナンス)内でみんなの投票によって決めることが挙げられます。

僕はNEMに投票してます!良かったら簡単に投票できるので気になってるコインに投票してみてください。

さらに、サーバーが軽い!取引も円滑に行えます。日本の某取引所では度々サーバーがダウンすることがあります。

相場に大きな変化があった際に、サーバーがダウンして取引できない状況が起こるということはすごいリスクです。

資産が減る恐れがあるからです。また、セキリュティもしっかりしており、二段階認証システムも搭載しています。

登録の際に絶対に二段階認証は済ませておきましょう。自分の資産は自分で守りましょう。
以上がざっくりとBINANCE(バイナンス)取引所の解説です。もう一度特徴をおさらいすると。

  1. 世界最大級の仮想通貨取引所
  2. 登録が簡単(5分くらいあれば登録できる)
  3. 取り扱い銘柄100種類以上(2018年5月18日現在)※これからも増えると思われる。
  4. 手数料が格安
  5. サーバーが軽い
  6. セキリュティがしっかりしている(二段階認証システム搭載)

BINANCE(バイナンス)の登録はこちらから

バイナンス口座開設

コメント