AXIORY(アキシオリー)出金まとめ!出金方法や手数料、着金時間など解説

AXIORY(アキシオリー)出金ガイド!出金方法や手数料、注意点を解説
この記事をざっくりお伝えすると
  • Axioryの最新の出金方法がわかる
  • Axioryには出金拒否履歴がないことがわかる
  • Axioryの出金にかかる手数料を無料にする方法がわかる
目次

AXIORY(アキシオリー)入出金方法や着金時間、手数料まとめ

Axioryにかかわらず、海外FX会社からの入出金方法には、マネーロンダリング防止対策を目的としたルールが設けられています。そのためAxioryも例外なく、入金方法と出金方法をセットで理解する必要があります。まず、入出金方法と所要時間・各種手数料の項目で以下にまとめました。

Axioryの入出金方法は、国内銀行送金( Curfex )、クレジットカード/デビットカード、STICPAY、VLOAD、国際銀行送金(メンテナンス中)の5種類です。

以前にあった、bitwalletとbitpayは利用できなくなりましたのでご注意ください

AXIORYの入金方法と着金時間、手数料

入金方法 所要時間 入金にかかる手数料 入金額 手数料 合計
Axiory 送金サービス会社
Curfex 1営業日
(24時間以内)
20,000円未満 一律1,000円 Cerfexへの国内銀行送金手数料75~330円と
Curfexの送金手数料送金額 × 1%
19,999円 1,275~1,530円
国内銀行送金 による海外送金 20,000円以上 無料 20,000円 274~530円
wire transfer国内銀行送金 3営業日~ 20営業日 20,000円未満 一律1,000円 2021年12月現在メンテナンス中で使用不可
20,000円以上 無料
JCBVISAクレジット/デビットカード 即日 20,000円未満 一律1,500円 無料 19,999円 1,500円
20,000円以上 無料 20,000円 0円
STICPAYオンラインウォレット 即日 20,000円未満 一律1,500円 STICPAYへの国内銀行送金手数料 + 入金額の2% 19,999円 1,974~2,229円
20,000円以上 無料 20,000円 475~730円
VLOADバウチャー決済 即日 20,000円未満 一律1,500円 VLOADへの国内銀行送金手数料 + 入金額の2% 19,999円 1,974~2,229円
20,000円以上 無料 20,000円 475~730円

2021年10月より国内銀行送金の手数料が自由化、オンラインでの振込手数料は75円~330円が相場になりました。無料にする裏技を後述します。

AXIORYの出金方法と着金時間、手数料

入金方法 所要時間 出金にかかる手数料 入金額 手数料 合計
Axiory 送金サービス会社
Curfex 1-2営業日
(24時間以内)
20,000円未満 一律1,000円 Curfexの送金手数料送金額 × 1% 19,999円 1,275~1,530円
国内銀行送金 による海外送金 20,000円以上 無料 20,000円 274~530円
国内銀行送金(1回100万円まで) 1-2営業日
(最短24時間以内)
20,000円未満 一律1,000円 無料 19,999円 1,000円
20,000円以上 無料 20,000円 無料
wire transfer国内銀行送金 3営業日~ 20営業日 20,000円未満 一律1,500円 出金に指定する銀行の受取手数料0円~5,000円 19,999円 1,500~6,500円
20,000円以上 無料 20,000円 0~ 5,000円
JCBVISAクレジット/デビットカード 3営業日~ 20営業日 20,000円未満 一律1,500円 無料 19,999円 1,000円
20,000円以上 無料 20,000円 0円
STICPAYオンラインウォレット 1営業日(24時間以内) 20,000円未満 一律1,000円 国内銀行送金手数料600円 + 出金額の2.5% 19,999円 2,600円
20,000円以上 無料 20,000円 1,100円
VLOADバウチャー決済 1営業日 (24時間以内) 20,000円未満 一律1,000円 30USD又は 出金額×0.3% 19,999円 4,000円
20,000円以上 無料 20,000円 3,300円

国内銀行送金による出金で、1回あたり100万円以上の出金をする場合は、Curfexによる100万円以上の入金履歴が必要です。

また以前は、Axioryで利用できた入出金方法には、bitwalletとbitpayが選択肢にありましたが、現在は消えました。bitwalletは、結構利用者が多かったので、不便を感じている方が少なくないかもしれません。

これもう見た?bitwallet(ビットウォレット)とは?入金・出金手数料や主な特徴を解説!海外FXユーザーは登録必須

AXIORY(アキシオリー)の入出金方法で新たに登場したCurfexとは?

Curfexとは、国内送金手続で海外送金ができる海外送金サービス会社です。PayPalやbitwalletなどのオンラインウォレットとは異なり、預金はできません。

最大の特徴は、着金までにかかる時間が速いことと通常の海外銀行送金に比べ、少額であれば手数料が安いという点です。

Axioryに入金する場合

Axioryに入金する場合

 

Axioryに入金する際は、CurfexにAxiory口座への送金手続きと、取引銀行にCurfexへの送金手続きが必要です。ただ、海外送金でありながら24時間以内に口座に反映されます。

Axioryから出金する場合

Axioryから出金する場合

Axioryから出金する場合には、Axioryで手続きすれば、そのままCurfexの手続きも完了できます。

ただ、Curfexを使って出金する場合には、最低1回のCurfexを使って入金した履歴が必要です。一度、最低入金額の2万円をCurfexを利用して入金しておくとよいでしょう。

Curfexに登録・出金して何営業日後に反映される?メリットとデメリット

bitwalletとbitpayがなくなった代わりのように登場したCurfex。

Axioryの入出金共に、送金時間が速く海外送金手数料が安いというメリットがありますが、デメリットもあります。具体的に知りたいという方は以下の記事でアカウント開設方法も詳しく解説していますので、確認しましょう。

これもう見た?Curfex( 国内銀行送金 )のメリットを反映時間・出金・手数料の流れでみる

国内銀行送金」と「国内銀行送金 by Curfex」はどちらがお得か?

「国内銀行送金」と、「国内銀行送金 by Curfex」の違いは、以下のとおりです。

入出金
項目
国内銀行送金
国内銀行送金 by Curfex
入金
反映時間
約30分
1-2営業日
最低入金額
1,100円  
1,100円  
最大入金額
1ヶ月あたり50万円まで
100万円を超える場合分割決済有
手数料
無料
入金( 送金 )額の1%
出金
金までの時間
1-2営業日(1-24時間)
1-2営業日(1-24時間)
最低出金額
1,100円
1,100円
最大出金額
上限なし
100万円を超える場合分割決済有
手数料
無料
出金額( 送金 )額の1%
特定条件
入金
ライトステージでも入金可能
特になし
出金
フルステージでないと出金不可
1回以上の入金履歴が必要
優先順位
クレジット・デビットカードで入金の場合出金先はカード優先
クレジット・デビットカードで入金の場合出金先はカード優先

50万円以下の入金は、送金額の1%の手数料がかかるCurfexは使わない方が有利です。

AXIORY(アキシオリー)の入出金ルールの特徴と最新情報を解説

これまで、Axioryの入出金の仕組みでは、選択した入金方法により出金方法が自動的に決まるようになっており、出金方法を選ぶことができませんでした。

しかし、Curfexが利用できるようになってからは、利益部分の出金については、国内銀行送金とCurfex、国際銀行送金による出金方法が選択できます。

ただ、クレジットカード/デビットカード( カード )とSTICPAY、VLOADからの入金をした場合、入金額満額になるまでは、カード・STICPAY又はVLOADの優先順位で強制的に出金されることに、変わりはありませんので注意しましょう。

AXIORYの入出金ルールは以下のとおりです。

  • クレジットカード/デビットカードを利用して入金した場合は、入金額満額に達するまでは、カードへの出金が最優先される
  • クレジットカード/デビットカードへの出金額が入金額満額に達した場合、残りの利益部分の出金は別の方法を選択する
  • 国内送金、STICPAY、VLOADを利用して出金する場合は、過去に同じ入金方法を利用した実績が1回以上必要(Curfexには利益部分は自由に出金できる)
  • 2万円未満の入出金には、1,000円の手数料(Axiory)がかかる(国際銀行送金は1,500円)

それでは、これらのルールの制約があるなかで、スムーズに割安で入出金できる方法は何か?について解説いたしましょう。

クレジット・デビットカードは10万円で即時反映すぐ取引をはじめたい人におすすめ

Axioryでの入出金方法のなかで、もっとも速く・安く・安全に実施できるのが、クレジットカード/デビットカード( カード )を利用した入出金です。

Axioryのご自身の口座への反映時間は即時ですから、50万円までの入出金ならカードで入金すれば、手続後に即時口座に反映され、取引がはじめられます。

「カードは際限なく使ってしまいそうで不安…」という方は、銀行口座残高の範囲でしか使えないデビットカードがおすすめ。

トレード資金の専用口座を作って、トレードに必要な資金だけ入金しておけば、その範囲を超えることはありません。また、楽天銀行に口座とデビットカードをつくれば、Curfexへの振込手数料は無料になり、楽天ポイントもGETできます。

カードはネット上で不正利用される心配があるという方も、専用口座でデビットカードを使って全額Axioryへ入金して残高を残さないようにすれば安心できるでしょう。

デビットカードはクレジットカードと違い、残高がなければ誰かが不正利用することもできませんし不正使用による請求があった場合、決済を拒否し調査を依頼することもできます。

手数料は完全無料、即時反映、出金の際はカード会社の締め支払日に必ず決済されます。また、確定申告の際に、投資元本と損益の区分けがしやすく処理できるところもいいですね。

一度に50万円を超える高額入金をする際は国際銀行送金?どれを選択すべきか

Axioryの国際銀行送金による入金は、2021年12月現在メンテナンス中となっており利用できません。国内銀行送金が出金のみの対応のため、一度に50万円を超える入金の場合は、Curfexのみが選択肢になります。

ただし、Curfexは送金手数料が送金額の1%ですから、50万円を超える送金額になると、国際銀行送金の方が安くなります。

おすすめしたいのが、複数のクレジットカード/デビットカードを利用して入金する方法です。複数のクレジットカード/デビットカードで50万円を数回にわけて入金すれば、手数料は無料になるからです。

ただ、クレジットカードの場合、カード会社によっては決済を拒否する場合がありますので、デビットカードの方が使い勝手がよいかもしれません。

AXIORYの入出金になぜオンラインウォレットやバウチャーをおすすめしないのか?

Axioryも採用しているSTICPAYなどのオンラインウォレットは、大変便利です。入金時にはAxioryの口座に即時反映され、出金時も1営業日以内に指定した銀行口座に着金します。

しかし、当サイトでは以下の理由からオンラインウォレットとVLOADのバウチャー決済の利用はおすすめしていません。

  • STICPAYへの入金手数料が入金額の2%と高い
  • AxioryからSTICPAYを利用した出金手数料が出金額の2.5%と高く更に600円の送金手数料がかかる
  • STICPAYに、クレジットカード/デビットカードで入金すると3.85%の手数料は高い
  • VLOADは、バウチャー購入時に購入額の2%の手数料が高い
  • AxioryからVLOADを利用した出金手数料は、最低30ドル( 3,300円 )か出金額の0.3%
    と高く、そもそも使い勝手がよくない
  • VLOADにクレジットカード/デビットカードで入金すると3.5%の手数料は高い
  • STICPAYとVLOADへの国内銀行送金の時間と手数料が別途必要

これら2社には、国際銀行送金の手数料と競争してほしいものです。

AXIORY(アキシオリー)入出金で手数料を無料に抑えられる6つの節約術

Axioryの入出金で手数料を最小限に節約したい場合には、次の4つの事項を実行しましょう。

  • 50万円未満の入金をする場合は、Curfexは利用せず国内銀行送金を使って入金すれば、手数料は無料
  • 出金もCurfexは利用せず、国内銀行送金を利用して手数料無料
  • 急ぐ場合は、クレジットカード/デビットカードで入金すると手数料無料
  • 出金は、入金額同額までをクレジットカード/デビットカードに行い手数料無料
  • 利益部分の出金は国内銀行送金を利用して手数料無料
  • 国際銀行送金を利用する場合は、出金先指定銀行は、受取手数料とリフティングチャージが無料か安い銀行を指定する

これらの工夫をすれば、入金は完全無料、カード出金も入金額同額までは無料、利益部分の出金手数料は100万円未満は国内銀行送金で無料という最安の手数料で収めることができます。( 100万円以上を出金する場合は、なるべく2回にわけて国内銀行送金を利用)

国際銀行送金を利用したい場合は、受取手数料が無料の銀行を指定して手続きしましょう。Axioryの国際銀行送金は無料です。

以上の方法であれば、Curfexすら使う必要がないということになります。

国際(海外)銀行送金の受取(被仕向送金)手数料が最安で着金する国内銀行とは?

国際(海外)銀行送金では、送金を受取る方の国内銀行で手数料がかかります。安くはなったというものの、まだまだ結構高いのが実態です。。

受取手数料が安い国内銀行一覧は、以下の関連記事で各銀行の手数料とSWIFTコードや銀行コードまで、詳しく解説しています。

これもう見た?Axioryからの出金は国際銀行送金が有利

受取(被仕向送金)手数料で実際にかかる手数料は、被仕向送金手数料に中継銀行のリフティングチャージを加えた金額です。ソニー銀行が実質無料で、新生銀行もキャッシュバックが受取れるときには無料になります。

AXIORY(アキシオリー)口座から出金手続きする前に知っておくべきボーナス関連などの注意点を確認

Axioryはスプレッドが狭く、取引手数料が安いので、比較ボーナスが充実していないことは、自他ともに認めるところ。

しかし、そんなAxioryも入金ボーナスをしっかりと付与してくれるときがあります。たとえば、デモ口座でトレード練習をしているときにも「10万円まで入金ボーナスを付与します」という内容のメールが突然届くことがあります。

Axioryの入金ボーナスは、入金した資金を出金しても、付与されボーナスクレジットは消滅しません。しかし、口座残高が少なく、残高がマイナスになりゼロカットシステムが発動すると、同時にボーナスクレジットはすべて消滅してしまいます。

つまり、ゼロカットが発動しないよう残高を維持することがボーナスクレジットを温存する唯一の方法ですから、出金額には注意しましょう。

また、入金ボーナスには期限があります。毎年12月31日をもって、ボーナスクレジットは消滅します。

入金ボーナスが付与されることを知って入金する段階で、しばらく出金しなくてもよい範囲の金額を入金するようにしてください。

AXIORY(アキシオリー)の出金手続きと申請手順の3つのステップを画像付きで解説

Axioryの出金手続き及び申請手順をクレジットカード/デビットカードと国内銀行送金by Curfexを例にとり、各3ステップで解説します。

①クレジットカード/デビットカードへの出金手続き

<Step1>Axioryの「MyAxiory」にログインし出金するアカウントを選択

ステップ1

出金する口座をクリックし「出金」ボタンをクリックします。


<Step2>出金方法選択メニューから「クレジットカード/デビットカード」をクリック

ステップ2

<Step3>出金したい金額を記入し、「出金」ボタンをクリック

ステップ3

これだけです。

カードで入金した場合、入金した同額までカードに出金されますが、過去にカードで入金して入金額全額分を出金してない場合、入金履歴のなかでもっとも古いカードから順に出金されます。

ただ、どのカードに向けて出金してほしいという希望があれば、出金手続きをする前にサポートデスクにメールで依頼すれば、希望するカードに向けて出金処理してくれます。

特にカードの期限が切れている場合などは、サポートデスクに相談すると解決してくれますので、依頼するとよいでしょう。

また、カード出金はカードの引き落としで登録している銀行口座に振り込まれます。

②「国内銀行送金by Curfex」を利用した出金の申請方法

<Step1>MyAxioryにログインし、出金する口座を選択する

ステップ1

画面上部にある「出金」ボタンをクリック


<Step2>出金方法選択メニューから「国内銀行送金¥マーク」をクリック

ステップ2

<Step3>出金指定先銀行の情報を記入します

ステップ3


出金する金額を選択式で記入し、「国内銀行送金で出金する」をクリック。

出金指定先の銀行の情報は、一度登録すると2回目は選択だけで指定できます。

もう一つの「国内銀行送金」の出金手続きも同様ですが、出金先銀行を登録してあれば、手続き作業は簡単です。

AXIORY(アキシオリー)の出金トラブルと評判

Axioryに出金トラブルの履歴があるのか調べてみました。

こちらは、bitwalletからAxioryとの契約を解除した旨の発表があった直後のツイートのようです。

オンラインウォレット会社からFX会社との契約を解除したという発表があることは異例の事態ですから、Axioryに預金している人は慌てたと思われます。

しかし、この翌日から複数件、Axioryからの出金が無事完了したとのツイートがみられました。

このように、bitwalletの契約解除の発表問題は、1週間足らずで収まったことがみてとれます。

結局、Axioryの出金拒否の履歴はまったくありませんでした。

2020年から金融庁が海外FXの無登録業者の取締強化の噂は本当?

結論からいって、この噂は嘘でもあるし、本当の部分もあります。

よく口コミサイトで、海外FX業者はすべて詐欺だ!という書き込みをみかけます。また、金融庁が海外FX業者や海外の仮想通貨取引所に対する取締りを強化するらしいというツイートをみかけます。

以下にご紹介します。

これは、最新の金融庁からの無登録業者に関する注意喚起の呼びかけを、Twitterでみつけたものです。「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等」を更新したとあります。

それを金融庁のホームページで確認してみました。

金融庁のホームページ

Axiory Global Ltdとして、Axioryの名前もリストされていました。このリストには、XMやFBS、Trade View、HotforexなどのAxioryを含める業界最大手からGemForex、BiGBossなどの中堅まで、すべての海外FX会社がリストされていました。

それでは、金融庁が「無登録で金融商品取引業を行う者」と警告しているのは、一体どのような法的根拠から警告しているのか、問題の本質を調べてみました。

金融庁のホームページに以下のとおりの記述がありましたので、ご紹介します。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。


しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます


ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。
      出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制

この記述でわかるのは、金融庁が海外FX業者に警告している内容は、マスメディアや電話・文書・口頭などで投資商品に「勧誘に類する行為」をしてはならないと指摘していることです。

そして、登録を受けない外国証券業者であっても、日本国内居住者との取引をすることができると明確に記述しています。

つまり、日本語訳でホームページやサービスをすることに対して法律に抵触すると海外FX業者に警告しているのが事実であり、それ以上でもそれ以下でもないということ。

無登録で海外業者が日本の居住者と取引することや、日本国内居住者である我々が海外FX業者と取引することは、違法ではないと金融庁は言っているのです。

AXIORY(アキシオリー)の出金でよくある質問FAQ

Q
取引アカウントとは別の名義人への送金はできますか?
A

取引口座とは別の名義人への送金はできません。 マネーロンダリング防止のため、Axioryに登録のお名前と指定銀行口座、振込人名義が一致する必要があります。

Q
クレジットカードでの出金はどのように処理されるのでしょうか?
A

クレジットカードでの入金はショッピング枠を利用しての入金となりますので、出金はショッピングのキャンセルとして扱われます。 クレジットカードへの出金手続きをした際、Axioryで出金手続きを完了された後、3-20営業日以内に利用されたカード会社で、処理されます。カード会社の締め日と決済日によって、翌月の引き落とし額と相殺されるケース、引き落とし銀行口座へ返金されるケースがあります。出金手続きをされた日と、カード会社の締め日の関係で、出金処理される期間が変わりますので、数カ月かかる場合もあります。 

Q
出金先に指定できない日本国内の銀行はありますか?
A

AxioryではSWIFTコードを取得していない銀行は出金先銀行に指定できません。検索エンジンで、「銀行名 SWIFTコード」と入力して検索すると、SWIFTコードの有無を調べることができます。

Q
ポジションを保有中でも出金できますか?
A

取引口座とは別の名義人への送金はできません。 マネーロンダリング防止のため、Axioryに登録のお名前と指定銀行口座、振込人名義が一致する必要があります。

Q
Axioryはbitwalletから契約解除されたと聞きました。経営状態は大丈夫なんでしょうか?
A

問題ありません。bitwalletから契約解除通知を受けたことは事実ですが、bitwalletが間違った情報から一方的に解除したものであり、Axioryに非がないことはbitwallet側も認識している筈です。

また、Axioryは代替えサービスとしてSTICPAY・VLOADに加え、Curfexの送金サービスを拡充しているので、むしろ利便性は高まっているといえます。

AXIORY(出金)まとめ

Axioryの出金方法は、入金方法とセットで選択する必要があります。少々複雑な点もあったかと思いますので、おさらいをしておきましょう。

  • Axioryの現在の出金方法には、以前よりも柔軟性があるが、入出金をセットで選択するとわかりやすくなる
  • 入金と入金額同額までの出金はクレジットカード/デビッドカードが手数料無料で有利
  • 利益部分の出金は2万円以上の出金で国内銀行送金が手数料無料
  • もっとも速く、安く、安全な入出金方法で50万円以下を運用するならデビッドカードがよい、ただし入金額同額まではデビッドカードが最優先で出金される
  • 出金先指定銀行は、SWIFTコードを取得している銀行を指定する必要がある
  • Curfexの入出金手数料は、入出金( 送金 )額の1%がかかるので、手数料を払う価値がある範囲で利用すればよい
  • STICPAY・VLOADを使った入金手数料は高くて使えない
  • 急ぐ入金は、クレジット・デビットカードを利用すると即時口座に反映される
  • 50万円を超える入出金には、クレジット・デビットカード、国内銀行送金と組み合わせて50万円づつに分けて入金すると入出金手数料が完全に無料になる
  • 100万円以上を出金する場合には、国内銀行送金が手数料無料
  • ボーナスクレジットを消滅させたくないときにはゼロカットが発動しないように口座残高はある程度資金を残す、ただし毎年12月31日にボーナスクレジットは消滅する
  • bitwalletからAxioryが契約解除されたことは事実だが、出金拒否などの履歴はなく、Axioryは信頼できる
  • 金融庁は、海外FX業者の日本における投資勧誘活動を禁止しているだけで、我々日本人と取引することを法律で禁止している訳ではない

以上、Axioryの出金方法について解説してきました。

余計な時間と手数料は極力抑え、トレードに集中できるようにしましょう!

AXIORY公式サイトへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次