仮想通貨FXでお小遣いを稼ぐ

ビットバンクトレードの登録方法と使い方を分かりやすく徹底解説!

スポンサーリンク
ビットバンクトレードの登録方法と使い方を図解付きでわかりやすく徹底解説 仮想通貨の始め方
スポンサーリンク

今回は、ビットバンクトレード(bitbankTrade)の登録方法と使い方を分かりやすく解説します。

 

当記事を読めば、ビットバンクトレードを使いこなせる状態になり、すぐにビットコインFXトレードができるようになります。

 

ビットバンクトレードは、レバレッジ最大20倍・スワップ金利無し・追証無しとビットコインFXやる上で圧倒的におすすめの取引所です。

※2018年7月4日に記事追記しました。

ビットバンクトレードの登録方法 2分で口座開設完了!

ビットバンクトレードの登録は非常に簡単で、 本人確認なしで2分で登録完了できるので、さっそく登録してみましょう。もちろん登録は無料です!

ビットバンクトレードに登録(無料)

※上記リンクから登録すると半年間新規取引手数料が20%OFFになります。

 

登録ステップ①

上記リンクをクリックすると下記の画面が表示されます。

招待コード入力画面

メールアドレス、好きなパスワードを入力して、最後に「私はロボットではありません」にチェックを入れて登録ボタンをクリックします。

※赤枠の招待コードの文字は触らずにそのままの状態で登録してください。文字を消して登録してしまうと手数料20%OFFが受けられなくなるので注意してください!

登録ステップ②

登録ボタンを押すとすぐに下記のメールがビットバンクトレードから送られてきます。

赤枠のリンクをクリックします。

登録ボタンを押すとビットバンクトレードからメールがくる

 

上記をクリックすると、下記の画面が表示されます。

ビットバンクトレード登録ステップ2

利用規約、取引ルール、リスク事項をしっかり読んで、3箇所にチェックを入れて利用開始をクリックします。

利用開始をクリックすると下記の画面が表示されます。

ビットバンクトレード登録完了

これで登録完了です!2分もあれば登録できます!

登録ステップ③

上記のログインボタンを押すとトレード画面に移動します。

ビットバンクトレード取引パスワード入力画面

トレード画面に移動すると上記の画面が表示されるので、好きな取引パスワードを入力してください。

取引パスワードはトレードする時、入出金する時等に使用するので忘れないようにしてください。オフラインで控えておくことをおすすめします。

これで登録作業は全て完了です。

ビットバンクトレードの登録方法 二段階認証設定

次は二段階認証の設定を行いましょう。

二段階認証の設定はビットコイン盗難防止の為に必ず行いましょう。また、ビットコインを引き出す際にも二段階認証は必要になってくるので、はじめに設定することをおすすめします。

 

二段階認証の設定方法を解説します。

 

まずマイページのトップ画面を表示し、下図の通り「二段階認証」タブをクリックします。

二段階認証設定方法1

 

クリックすると下図が表示されます。

ビットバンクトレード2段階認証設定方法2

「Google Authenticator」か「IIJ SmartKey」のどちらかの認証アプリをダウンロードし、設定をクリックします。

 

クリックすると下図が表示されます。
ビットバンクトレード2段階認証設定方法3

上図の通り、認証用アプリを開いてQRコードを読み取ると、認証用アプリに数字が表示されるので、表示されている数字を入力し、設定ボタンをクリックします。

 

これで二段階認証設定は完了です。

 

必ず、アカウント登録が完了した時点ですぐに二段階認証設定を行いましょう!

 

続いてビットバンクトレードの使い方を詳しく解説します。

 

ビットバンクトレード使い方|ビットコイン入金/出金方法

ビットバンクトレードの取扱通貨はビットコインです。

つまり、ビットコイン(BTC)を使ってトレードします。

日本円(JPY)、米ドル(USD)等の法定通貨は使用できませんのでご注意ください。

 

そのためビットコインをビットバンクトレードへ入金(送金)する必要があります。

※ビットコインをお持ちでない方は、ビットバンクZaifでビットコインを購入してください。

 

ビットコイン入金方法

マイページのトップ画面内の「入出金」にカーソルをあてると「BTC預入」、「BTC引出」タブが出てきます。

入金するにはBTC預入をクリックします。

ビットバンクトレード入出金方法1

 

クリックするとビットコインの入金アドレスが表示されるので、ビットコインを持っている取引所から入金アドレス宛てにビットコインを送金します。

ビットバンクトレード入金画面

ビットバンクトレードへビットコインの入金が完了すると、上記画面のステータスが完了となり、入金が完了したことが分かります。

ビットコイン送金から着金まで約30分程かかります。

※初めてビットコインを入金する時は、一度少額で試してみることをおすすめします。

ビットコインの送金が確認できたら続いて、送金したビットコインを「BTC現物口座」からFXトレードをおこなう「BTCFX口座」へ口座振替する必要があります。

ビットコイン現物口座からビットコインFX口座への口座振替方法

ビットコイン現物口座からFX口座へ振替を行う画面に移動します。

マイページのトップ画面に戻り、「トレード」タブにカーソルをあて「口座振替」をクリックします。

ビットバンクトレード口座振替手順1

 

クリックすると下記画面が表示されます。

ビットバンクトレード現物口座をFX口座に振替する手順解説

上図の①〜④の手順で現物口座のビットコインをFX口座に移動させます。

現物口座とFX口座間のビットコインの移動には手数料は必要ありません。

※口座振替予約をクリックし、FX口座にビットコインが反映されるまで約1分くらいです。

「振替予約」をクリックし、約1分後にページを更新すると下記画像の赤枠のように振替が反映された通知が表示されます。

ビットバンクトレード口座振替完了画面

これで口座振替は完了したので、トレードをはじめる環境は整いました。

さっそくトレードできます。

ビットバンクトレードのアカウント開設からトレードできる環境が整うまで約35分くらいです。

 

続いて、ビットコインの出金方法の解説です。

ビットコイン出金(送金)方法

マイページのトップ画面内の「入出金」にカーソルをあてると、「BTC預入」、「BTC引出」タブが表示されます。

出金の際は、「BTC引出」タブをクリックします。

ビットバンクトレードビットコイン出金方法解説1

 

クリックすると下図が表示されます。

まずは、ビットコインを引き出す先のビットコインアドレスの設定を行います。

下図のとおり、「引出先BTCアドレスの設定」をクリックします。

 

クリックすると下図が表示されます。

ビットバンクトレード出金方法解説3

上図に記載している順番で、引き出し先のビットコインアドレスの設定を行います。

 

ビットコインアドレスの設定が完了すると、再度「BTC引出」画面に戻ります。

ビットバンクトレード出金方法解説4

上図の①〜④の手順でビットコインの出金作業を行ってください。

多額のビットコインを引き出す場合、出金に1〜2営業日かかるのでご注意ください。

引出し手数料が0.01BTC必要です。引出しする際は、ある程度まとめて引出しすることをおすすめします。

これでビットコインの出金手続きは完了です。

 

ビットバンクトレード使い方|取引画面の使い方

取引(トレード)画面の使い方の解説です。

まず、取引(トレード)画面に移動します。

 

マイページのトップ画面から下図を参考にして、取引画面に移動します。

ビットバンクトレード取引画面使い方1

「BTCFX取引」をクリックすると、下図が表示されます。

取引(トレード)画面全体構成

ビットバンクトレード取引画面使い方トップページ

上図が取引(トレード)画面構成です。

①取扱商品(今週物、来週物、四半期物)

②保有資産概要

③オーダー(注文)画面

④板情報

⑤ダッシュボード

順に説明していきます。

①取扱商品(今週物、来週物、四半期物)

ビットバンクトレード取扱商品(今週物、来週物、四半期物)

ビットバンクトレードは、3種類の取扱商品(ビットコインFX商品)があります。

今週物、来週物、四半期物です。

上図の左から順に「BTCFX0706(今週物)」、「BTCFX0713(来週物)」、「BTCFX0928(四半期物)」となります。

 

BTCFXの後の4桁の数字は取引満了日を表しています。

 

今週物は、今週金曜日17時決済。来週物は、来週金曜日17時決済。四半期物は3,6,9,12月の最終金曜日17時決済となります。

 

つまり、左の「BTCFX0706」は、今週7月6日17時が取引満了日となり、7月6日17時時点でポジションを保有していると自動的にポジションが決済されます。

短期トレードを行う場合は今週物を選択して大丈夫ですが、中・長期トレード(スイングトレード)を行う場合は来週物、四半期物を選択することをおすすめします。

 

②保有資産概要

ビットバンクトレード使い方保有資産概要

保有資産概要は、上図に記載しているとおりです。

自分の資産状況が一目で確認できます。

 

※評価損益や、維持率は現在ポジションを保有していないので、0になっていますが、ポジションを保有すると表示されます。

 

③オーダー(注文)画面

ビットバンクトレード注文トレード方法解説

上図がオーダー(注文)画面です。

・執行条件・・・指値とBBOがあります。

指値とは、買う値段もしくは売る値段を指定して注文を出すことです。

BBOとは、成行注文のことで、値段を指定せずに買いもしくは売り注文を出すことです。

 

・数量・・・枚数を入力します。

ビットバンクトレードでは、取引単位が「枚数」で、取引は枚数単位で行います。

投資ビギナー
投資家

ビットバンクトレードでは、ビットコインで取引するんじゃなかったの?枚数って何?

じなんぼー
じなんぼー

ビットコインで取引するんですが、取引単位は枚数なんですよ・・・

少しわかりづらいので詳しく解説しますね。

先ほど「枚数」単位で取引すると言いましたが、この「枚数」とはビットコインの枚数ではありませんのでご注意ください。

1枚の価値=100USDです。

上図を見ると数量の右端に最小取引枚数10枚と赤字で表記があります。

つまり、10枚から取引(注文)を行えるということです。

10枚注文出す際に必要なBTC数量は0.01BTCです。

日本円に換算すると現時点(2018年7月3日)で10枚注文を出すには1BTCが約70万円なので、約7,000円必要です。

例えば1BTCが100万円の時に、最小取引枚数の10枚の注文を出そうとすると日本円で1万円必要になります。

 

・必要BTC数量・・・取引に必要なBTC数量が表示されます。

上図では、数量(注文枚数)に10枚と入力している為、必要BTC数量に0.01BTCと表示されています。

例えば数量(注文枚数)に100枚と入力すると、必要BTC数量は0.1BTCとなります。

・手数料・・・注文を出す時にかかる手数料が表示されます。

上図では、10枚の注文を出そうとしているので、手数料が0.008BTC必要になります。

例えば、100枚の注文を出すと手数料が0.08BTC必要になります。

 

▼このリンクから登録すると手数料が半年間20%OFFになります。

ビットバンクトレード登録ページ

手数料に関して、▼の記事で詳しく書いています。

ビットバンクトレードの手数料は高い?!招待コード入力で安くなる!
...

 

・取引パスワード・・・取引パスワードを入力します。

新規で注文を出す時は、取引パスワードを入力して、最後に買い注文または売り注文をクリックします。

 

もう一度、注文(買い・売り)方法の手順のおさらいをします。

  1. 指値かBBO(成行)どちらかを選択
  2. 指値の場合は、注文価格を設定する
  3. 注文したい枚数を入力する。※10枚=0.01BTC
  4. 取引パスワードを入力する
  5. 新規買注文or新規売注文のどちらかを選択しクリック

上の手順で注文が完了となります。

注文を出す前に、上図にある「仮計算」をクリックし、利益や損失の計算を事前に行うことをおすすめします。

ビットバンクトレード仮計算画面

例えば上図のように、買い注文を出したい時に、注文価格と決済価格、注文枚数を入力すると自動的に、決済損益等を計算してくれます。

 

ぜひ、注文を出す前に使ってください。

 

④板情報

ビットバンクトレード使い方板情報

板情報では、随時価格の値動きが表示されています。

「約出来」ボタンをクリックすると詳細の板情報が表示されます。

「チャート分析」ボタンをクリックすると、詳細チャートが表示されます。

 

※チャート分析を行う際は、ビットバンクトレードのチャート分析ツールよりTradingViewの方が使いやすいのです。

⑤ダッシュボード

ビットバンクトレード使い方ダッシュボード

注文を行うと、そのポジションの注文状況等が表示されます。

 

以上が、ビットバンクトレードの主な取引画面の使い方です。

これでビットバンクトレードの基本的な操作方法の解説は終わりです。

最後にビットバンクトレードの取引ルールのご紹介です。

ビットバンクトレード使い方|取引ルールについて

ビットバンクトレードの取引ルールをしっかり理解してビットコインFXを始めることをおすすめします。

ビットバンクトレードとは

ビットバンクトレードは、世界最大規模の仮想通貨取引所「OKEx」へ取り次ぐ形でビットコインFXのサービスを提供しています。

「OKEx」へ取り次ぐ形でビットコインFXを提供することにより、世界最大規模の取引流動性を提供でき、日本国内初のビットコインを証拠金としたビットコインFXサービスを可能にしています。

ビットバンクトレードの特徴

  • 口座開設したその日からビットコインFX取引が可能
  • ビットコインFX専用の取引所で、管理画面や取引画面がシンプルな作りになっており操作が簡単
  • 24時間、365日いつでもビットコインFX取引が可能 ※ただし、毎週金曜日16時50から最大3時間注文・決済ができない。
  • レバレッジ最大20倍
  • 日本円で10,000円程度から取引可能
  • 追証不要。借金のリスクなし
  • スワップ手数料なし
  • 最大13種類のテクニカル指標の描画が可能なリアルタイムチャート完備
  • コールドウォレット、マルチシグにより高水準のセキュリティー対策
  • スマホ対応でいつでも気軽に取引可能

 手数料について

●BTCFX取引手数料

・新規取引手数料・・・0.01% ※こちらから口座開設すると半年間20%OFF

(例)100枚新規買い注文を出して約定した場合、0.01BTCが手数料として徴収されます。200枚新規買い注文を出して約定した場合、0.02BTCが手数料として徴収されます。

・決済手数料・・・0%

・キャピタルゲインフィー・・・決済時利益に対して0.2% ※損失が出た場合は支払わなくて良い

●入出金手数料

・入金・・・0BTC

・出金・・・0.001BTC

アカウントクラスについて

ビットバンクトレードでは、二つのアカウントクラスがあります。

ビットバンクトレードアカウントクラス

上図のとおり本人確認前と本人確認後でアカウントクラスが分かれます。

違いは一日の出金BTC上限です。

また、上の手数料解説で当記事のリンクから口座開設すると取引手数料が20%OFFになると書きましたが、本人確認しないと手数料20%0FFになりませんので注意して下さい。

※本人確認登録作業はこちらを記事をご覧下さい。

ロスカットルールについて

ロスカット制度とは、維持率がロスカット率を下回った場合、損失の拡大を防ぐ為に強制的に反対売買して決済する制度のことです。

維持率が20%を下回ると全てのポジションを強制的に決済(ロスカット)されます。

また、維持率が50%を下回るとメールで通知が行われます。

強制ロスカットにならないように、エントリーしたら必ず逆指値設定(ストップ注文)を行い、未然に強制ロスカットを防ぎましょう!

※逆指値方法に関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

以上が覚えておく必要がある取引ルールです。

まとめ

今回は、ビットバンクトレード(bitbankTrade)の登録方法と使い方の解説でした。

 

ビットバンクトレードは、レバレッジ最大20倍・スワップ金利無し・追証無しとビットコインFXやる上で圧倒的におすすめの取引所です。

 

トレード画面はシンプルで使いやすいので、ぜひ使い方をマスターしてください。

 

最後に、ビットバンクトレードでビットコインFX始めようと思っている方は、下記記事でビットバンクトレードでビットコインFX始める前に注意すべきポイントをまとめたので、ぜひご覧になって始めることをおすすめします。また、記事内でビットバンクトレードのおすすめの戦い方もご紹介しています。

ビットバンクトレードに登録する前に知っておくべき6つのこと
...

 

コメント