【Q&A】なぜ海外FXはボーナスがあるんですか?

【Q&A】なぜ海外FXはボーナスがあるんですか?
なぜ海外FXはボーナスがあるんですか?

国内FXもボーナスはありますが、海外FXの方がボーナスが豊富です。海外FXのボーナスが豊富な理由は下記の2点です。

海外FXのボーナスが豊富な理由
  • マーケティングの一環
  • 収益源の多くが取引手数料

上記を一つ一つ詳しく解説します。

マーケティングの一環:

海外FX業者の多くは様々な国と地域にサービスを展開しようと試みています。そこで顧客獲得の手段として一番手っ取り早く効果が高いのが口座開設ボーナス入金ボーナスです。つまりボーナスは広告宣伝費ということになります。
国内FXも大々的なキャンペーンを打ちたいと思っていますが、金融庁の規制がある為できないのが現状です。

収益源の多くが取引手数料:

海外FX業者の主な収益源は取引手数料です。つまり、顧客が多くの取引を行なってくれることで、海外FXの収益も上がります。そのため、豪華なボーナスを付与したとしても、多くの取引を行なってくれれば取引手数料で十分元が取れます。

海外FXの最新のボーナス情報はこちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

これもう見た?海外FXボーナス!全102社の口座開設&入金ボーナス徹底比較

目次

海外FXのボーナスに関するよくある質問(Q&A)

海外FXのボーナスについては以下のような質問もきていますので紹介します。

海外FXの未入金ボーナスとは何ですか?

未入金ボーナスとは新規に口座開設することでもらえるボーナスのことで、入金する前にもらえるため未入金ボーナスとも呼ばれています。

【さらに詳しい回答はこちら】

海外FXのボーナスは出金できますか?

各業者によって、口座開設ボーナス入金ボーナスがありますが、基本的にボーナス自体の出金はできません

【さらに詳しい回答はこちら】

海外FXのボーナスの損失は税金がかかりますか?

基本的に証拠金として利用できるボーナスには税金はかかりません

ただし、ボーナスが現金となる場合は課税対象となります。

【さらに詳しい回答はこちら】

ビットコイン取引のできる海外FXのボーナスが知りたいです

ビットコインFXができる海外FX業者は通常の口座開設ボーナスや入金ボーナスは基本的にビットコインFXでも使えます。

口座開設ボーナスや入金ボーナスを開催中で、ビットコイン(仮想通貨)取引ができる業者はこちらです。

ビットコイン(仮想通貨)取引ができる業者
  • iFOREX
  • FXGT
  • GemForex
  • XMTrading
  • bybit
  • CryptoGT

【さらに詳しい回答はこちら】

200%入金ボーナスがある海外FX業者を知りたいです

200%の入金ボーナスを実施している海外FX業者を一覧はこちらです。

200%入金ボーナスを提供している業者
  • GemForex
  • TradersTrust
  • IS6FX
  • FXGT

【さらに詳しい回答はこちら】

海外FXのボーナスの節税方法が知りたいです。

節税には口座開設ボーナス入金ボーナスの損失を計上する方法があります。

その年に出た利益からボーナスも含めた損失を引いた額に対して課税されるので、ボーナス分が節税になります。

【さらに詳しい回答はこちら】

海外FXのボーナスの活用方法が知りたいです

口座開設ボーナス入金ボーナスの活用方法は以下のようなものがあります。

海外FXのボーナスの活用方法
  • 実際のFX取引を体験してみる
  • 海外FX業者のお試しに利用する

【さらに詳しい回答はこちら】

海外FXボーナスのクッションとは何ですか?

海外FXの「クッション」とはボーナスを証拠金として利用できる機能のことです。

ボーナスのクッション機能の有無で取引の損失が出た場合、クッション機能がある方がボーナス分有利になります。

【さらに詳しい回答はこちら】

海外FXが実施しているボーナスの仕組みが知りたいです

海外FX業者の豊富なボーナスを提供できる理由として以下の仕組みがあります。

  • 国内FX業者に比べてスプレッドがやや広め
  • 日本国内に比べて法人税率が低い

【さらに詳しい回答はこちら】

海外FXと国内FXではボーナスの仕組みがどう違うのですか?

海外FX業者と日本国内FX業者ではNDD方式、DD方式といった取引方式の違いでボーナスの仕組みが変わってきます。

【さらに詳しい回答はこちら】

海外FXのボーナスで両建てはできますか?

基本的に海外FXでの両建てはできますが、ボーナスを利用した両建てについては禁止している業者もあります

ルール違反すると利益の没収や出金拒否、口座の凍結などペナルティが科せられるので注意しましょう。

【さらに詳しい回答はこちら】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次