きっと見つかる!おすすめ海外FX業者を目的別で紹介

Bybitのスプレッド一覧|仮想通貨FX取引所4社と徹底比較してみた

Bybit

当記事をざっくり言うと

  • Bybitのスプレッドは他社と比較して極めて狭い
  • 成行注文の場合、手数料が発生するため注意が必要
  • 口コミをみると国内取引所からBybitに移るユーザーが増えている

 

Bybit公式サイトへ

入金ボーナス等、複数のキャンペーン同時開催中

Bybit(バイビット)基本情報

bybitロゴ

レバレッジ倍率1~100倍 ※アルトコインは最大50倍
取扱仮想通貨BTC,ETH,XRP,EOS,USDT
取引手数料-0.025%/0.075%
入出金手数料無料
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット
  • ロングポジション・(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ+1
  • ショートポジション・(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ-1
セキュリティー
モバイルアプリあり(MT5)

Bybitは2018年よりサービスを開始した海外仮想通貨FX取引所です。2021年現在では世界最大規模の取引所となり、日本人ユーザーも急激に増え続けています。

Bybitの大きな特徴は最大レバレッジ100倍で取引でき、取引量が多いことからスプレッドが他取引所と比較し圧倒的に狭く、定期的に豪華なキャンペーンを行っている点です。

Bybitのメリット

  • レバレッジ最大100倍でダイナミックにトレードできる
  • 取引可能な仮想通貨4種類(BTC,ETH,XRP,EOS)
  • 豪華なボーナスキャンペーンを実施している
  • 定期的に賞金・豪華賞品が貰えるトレードコンペを開催している
  • 板取引でしかも流動性が高くスプレッドが狭い上に約定しやすい
  • トレードサーバーが優秀でサクサク約定でき取引遅延が起こりにくい
  • 追証無しで借金のリスクなし
  • トレードする度に手数料を受け取ることができる(手数料割引サービスもある)
  • TradingViewのチャートを採用しており、様々なテクニカル分析が無料で行える
  • 独自アプリで簡単にスマホでもトレードできる
  • 本人確認なしで口座開設が1分でできすぐにトレード開始できる
  • 二段階認証あり(セキュリーティー充実)
  • 完全日本語対応でサポートも日本語

Bybitのデメリット

  • 日本円でトレードできない(証拠金はBTC,ETH,XRP,EOS,USDT)
  • 価格が日本円表示ではなくUSD表記のため初心者にとっては少々分かりづらい

以上がBybitの基本情報です。

Bybitについてもっと詳しく知りたい方は下記記事をご覧下さい

Bybit(バイビット)のスプレッド一覧

仮想通貨ペアスプレッド
BTCUSD(インバース無期限)0.5USD(日本円に換算すると約50円)
ETHUSD(インバース無期限)0.05USD(日本円に換算すると約5円)
EOSUSD(インバース無期限)0.001USD(日本円に換算すると約0.1円)
XRPUSD(インバース無期限)0.0001USD(日本円に換算すると約0.01円)
BTCUSDT(USDT無期限)0.5USDT(日本円に換算すると約50円)
ETHUSDT(USDT無期限)0.05USDT(日本円に換算すると約5円)
BCHUSDT(USDT無期限)0.05USDT(日本円に換算すると約5円)
XTZUSDT(USDT無期限)0.001USDT(日本円に換算すると約0.5円)
LTCUSDT(USDT無期限)0.01USDT(日本円に換算すると約1円)
LINKUSDT(USDT無期限)0.001USDT(日本円に換算すると約0.1円)

※上記スプレッドは2021年3月現在の値です。スプレッドは常に変動します。
※日本円への換算は1ドル=100円で計算しています。

Bybitは板取引を採用しているため、スプレッドは常に変動しますが、ユーザーが多いためスプレッドは安定して狭くなっています。

Bybit(バイビット)と他仮想通貨FX取引所4社のスプレッド比較

Bybitと他仮想通貨FX取引所のスプレッドを比較します。

bitFlyerとGMOコインは日本の取引所なので、USDは扱っていません。そのため日本円をUSD換算し表に表記しています
取引所毎に銘柄の呼び名は異なるので、実際の銘柄の呼び名は各取引所でご確認ください

BybitCryptoGTFTXbitFlyerGMOコイン
BTCUSD0.5USD3USD1USD約1.5USD約30USD
ETHUSD0.05USD0.2USD0.1USD取扱なし6.5USD
EOSUSD0.001USD0.005USD0.002USD取扱なし取扱なし
XRPUSD0.0001USD0.0012USD0.0002USD取扱なし0.018USD

全ての銘柄でBybitのスプレッドが狭いことが分かります。

Bybit(バイビット)のスプレッドは狭いが成行注文時は注意が必要

上記でBybitのスプレッドが非常に狭いことが分かったと思いますが、1点注意点があります。

Bybitでの注文方法には成行注文と指値注文の2種類あり、どちらも取引時に手数料が発生します。

取引時に発生する手数料

  • 成行注文・・・0.075%
  • 指値注文・・・-0.025%

成行注文の場合、手数料を支払う必要がある

指値注文の場合は、手数料がマイナスのなので取引時に手数料を受け取ることができます。しかし成行注文の場合は手数料として0.075%発生するため手数料を支払う必要があります。

Bybitのスプレッドは確かに狭いですが、成行注文を行う際は取引手数料も加味した上でトレードを行いましょう。

ちなみにCryptoGTはややスプレッドが広いですが、成行注文も指値注文も手数料が発生しません。成行注文の場合、実質コストはCryptoGTの方が抑えられる場面もあります。

取引手数料の計算方法

取引手数料=注文価額x取引手数料率
注文価額=数量/執行価格

トレーダーAは成行注文を使用して10,000 BTCUSD契約を買います。
トレーダーBは指値注文を使用して10,000 BTCUSD契約を売ります。

執行価格が8,000米ドルであると仮定すると:

トレーダーAの取引手数料= 10,000 / 8,000 x 0.075%= 0.0009375 BTC
トレーダーBのメイカー報酬= 10,000 / 8,000 x -0.025%= -0.0003125 BTC

したがって、約定時に、トレーダーAは0.0009375 BTCの取引手数料を支払い、トレーダーBは0.0003125 BTCのメイカー報酬を受け取ります。

Bybit公式サイトより引用

特にスキャルピングなど短期売買を頻繁に行う方は、取引手数料に注意し手数料負けしないようにしてください。

 

Bybit登録ページへ(公式サイト)

入金ボーナス等、複数のキャンペーン同時開催中

Bybit(バイビット)のスプレッドに関する口コミ

Bybitのスプレッドに対するユーザーの口コミをツイッターで集めました。

 

 

 

 

じなんぼー
じなんぼー

国内取引所のスプレッドと比較しBybitの方が狭いという口コミが多かったです。国内でもbitFlyerはスプレッドが狭いですが現在は最大レバレッジが2倍となったので、少額でトレードしたい方はBybitなどの海外FX取引所に移る方が増えていますね。

まとめ

今回はBybitのスプレッドについて解説しました。Bybitは世界最大規模の仮想通貨FX取引所で取引量、ユーザー数ともに増え続けています。だからこそ狭いスプレッドを提供できていると言っていいでしょう。

しかし、記事中でもお伝えしたとおり成行注文の場合は手数料が徴収されるため、スキャルピングなどの短期売買を行う方は手数料負けしないように注意しましょう。

また、Bybitでは定期的に超豪華なキャンペーンを開催しているため、キャンペーンを活用しよりお得にトレードすることをおすすめします。

 

Bybit登録ページへ(公式サイト)

入金ボーナス等、複数のキャンペーン同時開催中

コメント