きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

BIT(BITDAO)とは?特徴と将来性・購入方法を解説!Bybitのオリジナルトークンになる?

bitdaoアイキャッチ銘柄
この記事をざっくり言うと…
  • Bybitが主体で2021年にBITDAOという管理者不在の取引所が開設されました。
  • BITDAOはガバナンストークンとしてBITを発行しました。
  • BITの特徴と将来性について解説します。

BITDAO(ビットダオ)とは?

BitDAOロゴ

2021年夏、Bybitが主体となり、250億円以上の資金を集めて新しい自律分散型組織(以下DAOと表記します)が誕生しました。

このプロジェクトに賛同し、参加を表明したアラン・ハワード、ジャンプ・キャピタル、スパルタン・グループ等の著名な機関やDeFiプロジェクトの総数は20以上にものぼります。

簡単に言えば、BITDAOは新しいDeFiプロジェクトに出資したりサポートを行ったりする組織になります。

▼主なパートナー

パートナーリスト

 

DAO(自律分散型組織)とは?

従来の組織(例:株式会社)

従来組織の図
  • 人が管理するルールや契約のため人的ミスや忖度が起こる
  • ルールや情報が特定の運営者によって作られたものであるため透明性や公平性が低い

DAO(自律分散型組織)

DAOの図
  • 条件を満たせば誰でも参加・契約が出来る
  • ルールはコードとして公開されているので透明性や公平性が高い

DAO(自律分散型組織)とは、「Decentralized Autonomous Organization」の略であり、特定の管理者・団体が居ない組織で、組織内に階層等の構造もありません。

管理者や管理団体が不在といってもルール無用の無法地帯という意味ではなく、そこにはきちんとある程度のルールは存在します。

DAOの運営等は、参加者一人一人によって意思決定がなされ、あらかじめ決められたルールよって執行されます。

ビットコインに代表される仮想通貨も、ほとんどがDAOになります。

また、最近よく耳にするようになったDeFiやDEXもDAOの範疇に収まります。

今はまだ少ないDAOですが、今後はこういったシステムを採用する企業も増えてくるのではないかと思います。

BITDAOの目的

BITDAOは世界で一番新しいDAOとして、DeFiを通して参加者全てが主体的に経済活動を行えるような環境を作ることを目的としています。

DAOの大きな特徴として、組織内に階層を持たず、特定の管理者や団体がいません。

多くの仮想通貨やDeFiプロジェクトではDAOとして運用されています。

そこに、DeFiの大きな成長への原動力としてBITDAOが誕生し、Bybitは相当な額の資金を融資し、今後も引き続きBITDAOを支援することを公式に表明しました。

BITDAOはDeFiの成長に大きく貢献を約束すると同時に、ブロックチェーン技術の発展にも寄与し、トークンスワップという方法で様々なプロジェクトを支援します。

また、BITDAOは新しい分野だけでなく、既存の分野と新しい分野の架け橋として双方の発展に大きく寄与します。

BITDAOの構成

BITDAOのガバナンストークン「BitDAO(BIT)」を発行

投票権の図

BITDAOのガバナンストークンとして、「BitDAO(BIT)」が100億枚発行されます。

このガバナンストークンは出資者への見返りとして提供される以外に、Bybitからの供給もあります。

供給量ロックされる期間ロック期間終了後の動向
プライベートセール5%3カ月12カ月間で分配される
パートナーリワード5%
エコシステムスワップ30%3カ月12カ月間で分配される
Bybitからの供給15%
Bybitによるロック45%12カ月24カ月間で分配される

2021年8月現在、プライベートセールは終了しています。

パートナーリワードはSushiSwapプロジェクトへ2.6%の分配が決定しており、それ以外は未定とのことです。

エコシステムによるスワップで付与されるトークンは、BITの保有者に、BITの保有量に応じて分配されます。

現在はSushiSwapプロジェクトによるBITのIDOも終了しており、Gaitoへは上場されています。

じなんぼー
じなんぼー

今後Bybitにも上場されるみたいなので、上場された後の値動きに期待が高まりますね!

将来的にBITはBybitのトークンになる?

bybitロゴ

BybitのCEOであるベン氏は、Bybitの運営自体も現在の中央集権的なシステムからDAOのようなシステムへ移行したいとする声明を発表しました。

その声明を受けて、業界ではひょっとしたら将来BybitがBITを公式のトークンにするかも…などの憶測が飛び交う事態になりました。

今後の動向に要注目ですね。

BITの特徴と基本情報

トークン名称BitDAO
シンボルBIT
2021年8月現在の価格約181円
2021年8月現在の時価総額約398億円
公式サイトBITDAO
公式ツイッターBITDAO公式ツイッター
BITが購入できる取引所Gato

BITDAOのガバナンストークンであるBITは2021年8月にIDOが行われました。

発行予定枚数は100億枚となっており、先述した表に沿って分配・供給されます。

BITチャート(価格)

Bybit(バイビット)の概要

bybitロゴ

Bybit(バイビット)は、シンガポールに拠点を置くビットコイン・アルトコインFXに特化した仮想通貨FX取引所でしたが、2021年7月より仮想通貨の現物取引も行えるようになりました。

Bybitの主な特徴は最大レバレッジ100倍、スプレッドが狭い、豪華なキャンペーンを定期的に実施している点です。

また、Bybitは資金調達率(ファンディングレート)が他取引所と比較し高く、これを活用することでトレードの幅が格段に広げることも可能です。日本語のサポートデスクも充実しており、日本人スタッフが問い合わせに対応してくれます。

金融ライセンス運営会社資産保証
なしBybit Fintech Limitedなし
最大レバレッジスプレッド取扱銘柄数
100倍 ※アルトコイン50倍0.5USD/BTC全32種類
取引手数料最低入金額両建て
-0.025%/0.075%規定なし
取引形態ロスカット率入出金手数料
板取引
  • ロングポジション・(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ+1
  • ショートポジション・(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ-1
無料
自動売買(EA)日本語サポート取引ツール
あり(メール・チャット)独自プラットフォーム

Bybitのメリット

  • レバレッジ最大100倍でダイナミックにトレードできる
  • 仮想通貨5種類(BTC,ETH,XRP,EOS,USDT)を証拠金としてトレードできる
  • 20種類の仮想通貨ペアがトレードできる
  • 豪華なボーナスキャンペーンを実施している
  • 定期的に賞金・豪華賞品が貰えるトレードコンペを開催している
  • 板取引でスプレッドが他取引所と比較し極めて狭い
  • トレードサーバーが優秀でサクサク約定でき取引遅延が起こりにくい
  • 追証無しで借金のリスクなし
  • トレードする度に手数料を受け取ることができる(手数料割引サービスもある)
  • 資金調達率(ファンディングレート)を活用し月利10%以上狙うことができる
  • 損失を最小限にしてくれる相互保険システムがある
  • 日本円で銀行振込によるUSDTの購入が可能
  • TradingViewのチャートを採用しており、様々なテクニカル分析が無料で行える
  • 独自アプリで簡単にトレードできる
  • 本人確認なしで口座開設が3分でできすぐにトレード開始できる
  • 二段階認証あり(セキュリーティー充実)
  • 完全日本語対応でサポートも日本語

Bybitのデメリット

  • 日本円でトレードできない(証拠金はBTC,ETH,XRP,EOS,USDT)
  • 価格が日本円表示ではなくUSD表示なので少々分かりづらい

BybitでBITが貰えるキャンペーン開催中

bybitでBITが貰えるキャンペーン

2021年9月22日~10月16日にかけて、3つのイベントが行われており、それぞれBITを受け取ることができます。

  1. Bybitローンチパッド(9月22日~9月28日)・・・5日間のウォレット残高のスナップショットに基づいて、無料で最大3,500BITを獲得できます
  2. Bybitローンチプール(9月28日~10月12日)・・・BITを保有して最高の年間利回りでBITを獲得しましょう!いつでも交換可能です。
  3. BITエアドロップ(9月29日~10月16日)・・・Bybitでの合計取引高が最低条件に達したら、600BITを獲得するチャンスがあります。

上記イベントの会場はこちら

BITの将来性は?

BITDAOが運用する資金はDAOの市場において最大規模と言われ、センセーショナルなデビューを飾ったBITですが、将来性はどうなんでしょうか?

そのヒントは、BITを発行するBITDAOの公式声明にありました。公式に表明した声明から紐解いていきます。

豪華メンバーが名を連ねるパートナーリスト

パートナーの図

記事冒頭でも触れましたが、BITDAOの創設にあたって、非常に豪華なメンバーがパートナーとして賛同し、参加しています。

PayPalの創始者、ピーター・テール氏やイギリスの大富豪アラン・ハワード氏などなど。

これらの著名な人や団体が多く参加しているのには理由があります。そうです。BITDAOの方針です。

DeFi分野だけでなく既存のCeFi分野にも貢献

CeFiの図

BITDAOの方針として、先に述べた「新しいDeFiプロジェクトに出資したりサポートを行う」というものがありますが、BITDAOが成長に貢献するのは新しいDeFiプロジェクトだけではありません。

既存のCeFiプロジェクトの発展にも大きく寄与し、改革者と促進者という二面性を良い意味で持ち合わせています。

そうすることで金融業界全体が大きな成長と革新をもたらします。それによってパートナー、ユーザー、一般の人、あらゆる人が恩恵を受けることができるでしょう。

この点において、BITDAOは他のプラットフォームから大きく異なり、それに賛同した多くの著名人がパートナーとなったと思われます。

BITは「買い」なのか? 大きな値上がりに期待

BITは現在はまだ上場している取引所が少ないのですが、将来的に取り扱う取引所が増えた場合、価格の高騰が期待できます。

星の数ほどある仮想通貨銘柄ですが、とりわけDeFi銘柄は今後の成長分野であり、更にその成長と共に大きくなる仕組みのBITDAOは相乗効果も期待できます。

また、Bybitが公式に出した声明により、将来的にBybitの公式トークンになるかもしれないという期待も大きく、もしそうなった場合は、BITの価値は天井知らずになるかもしれません。

はっきり言います。BITは「買い」です。今のうちにしっかり仕込んでおきましょう。

BITの懸念材料

ICOが下火となった現在、仮想通貨業界ではより信頼性の高い取引所や資金調達手段が求められています。

BITの懸念材料というよりは仮想通貨全般に言えることなんですが、ハッカーからの攻撃による資産の流出や詐欺団体によるICOなどで被害を被った人たちは、高いリターンよりもまずセキュリティ面を心配します。

詐欺のような案件が横行したICOより、信頼性の高い取引所が実施するIEOに注目が集まるのもまた必然だったのではないでしょうか。

しかしながらセキュリティホールというのはいつ発見されるかわかりません。万全だと思ったセキュリティでも、いつかはハッカーに破られるかもしれません。BITDAOはさらに高いセキュリティ技術で人が介さない組織(DAO)をもってして業界に貢献します。

今後のBITDAOの発展に要注目です。

「資金決済および金融商品取引法」が2020年5月に改正

日本でも「資金決済および金融商品取引法」が2020年5月に改正されました。

それにより日本でもIEOやSTOを、トークンを発行するプロジェクトが使用できるようになり、投資家はそのトークンの値上がり差益の恩恵を受けられるようになりました。

BIT(BITDAO)が購入できる仮想通貨取引所は?

2021年8月現在、国内仮想通貨取引所はもちろん海外仮想通貨取引所の中でもBITを購入できる取引所はGate.ioのみです。

この先、取り扱う取引所は増えてくると思いますが、現状ではGate.ioしか取り扱っていません。

Gate.io(通称ゲート)は、中華系の仮想通貨取引所で取扱銘柄はおそらく世界一ではないでしょうか?また特徴として、どこにも扱っていない銘柄をいち早く取扱を行うことでも有名です。

Gateについて詳しく知りたい方は下記記事を確認してください。

 
 
※【当サイト限定】上記から口座開設すると永久取引手数料20%OFF

まとめ

世界で最も新しいDAOとして産声をあげたBITDAO。

そこにはBybitや出資者の明確な意思があり、新しいものを推し進めるのではなく、新しいものと既存のものをつなぐ架け橋となって金融業界全体の成長を願うものです。

また、BITDAOが発行するガバナンストークンBITは、Bybitの公式トークンとなる可能性も秘めており、今後の動向から目が離せません。

今のうちにしっかり仕込みをしてその時を待つのも一つの手ではないかと思います。

皆さんの健闘を祈ります。

 

Bybit公式サイトへ

※最大600ドル受け取れるキャンペーン開催中

▲から登録すると取引手数料10%off

監修者情報
ミズサワ

じなんぼーことミズサワです。仮想通貨歴2016年3月~。2016年3月30日、1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したのが仮想通貨投資の始まり。そこから仮想通貨の現物取引を開始し、仮想通貨FXやレンディング、現先クロス等様々な手法で仮想通貨投資を進めている。現物取引のメイン口座はBinance、仮想通貨FXのメイン口座はBybit。ジナコインでは仮想通貨初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

銘柄
ジナコイン

コメント