きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

今がチャンス!FTXの現先で利益を出す手法公開!初心者にもわかりやすく解説します

FTXの現先クロスで安定収益FTX

実際に仮想通貨のトレードを始めたけど思うように利益が出ないなぁ…

仮想通貨の先物価格と現物価格の価格差を利用したトレードで利益が出せるって聞いたけどどうやるのかなぁ

皆さんは先物価格と現物価格の価格差を利用するトレード手法を聞いたことがあるかもしれません。

この記事は先物とか現物とか言われてもあまり複雑なのはちょっと…とか思った方、仮想通貨のトレードでリスクを少なく安定して利益を出したいと思った方に特におススメです。

特に今はビットコイン(BTC)もイーサリアム(ETH)も長期的に見れば右肩上がりの異常とも言える相場です。そういった相場でローリスクで利益を狙う『聖杯』とも言えるようなトレード手法を紹介します。

それでは解説していきます。

動画でFTXの現先クロスの解説が観たい方はこちら

ローリスクで安定した利益が狙える現先クロスの手法とは?

この異常とも言える相場状況でローリスクで利益で狙える手法、「現先クロス」というトレード手法があります。現先クロスの手法を端的に説明すると、『現物と先物を両建てしてその価格差で利益を出す』手法です。

皆さんご存じの通り、両建てとは買い(ロング)と売り(ショート)のポジションを同時に保有することです。

ロングとショートで利益が相殺されて手数料だけ損しちゃうんじゃないの?

と思った方、正解です。

しかし、今の仮想通貨の相場は物凄い右肩上がりの正常ではない状態なので、実際に秘密鍵が付与される現物と、差益だけを狙う先物取引で価格差が開いてしまっているという異常な状態を市場が作り出してしまっています。

先物といっても無期限先物ではなく決済されると日が決まっている期限付き先物を使います

この手法には両建てOKな取引所を使用する必要があるため、手数料や使いやすさからも断然FTXがおススメです。

この海外取引所であるFTX良いところや使い方は他記事で詳しく解説しFTXていますのでご参照ください。

FTXで現先クロスをやる方法

まずは下記の画像をご覧ください。これは2021年4月18日のFTXでのビットコイン(BTC)の現物の価格と期限付き先物の価格です。

※BTCの後の数字は決済される日付です。この画像だと2021年6月25日に現物とほぼ同価格で決済されるという意味です。

画像1 BTCの現物価格と先物価格(同年同月同時刻)

BTCの現物と先物の価格

わかりますか?6月25日に決済される先物と現物で3,000ドル以上、日本円で約30万円以上も値段が違うのです。

仮にここから価格変動が無い場合、この時点で現物1BTCを買い(ロング)、6月25日に決済される先物を1BTC売り(ショート)しておけば、6月25日に約30万円以上の利益が見込めるということです。

大きな利益を狙うためにショートだけで良いじゃないの?と思う方も居るかもしれません。

冒頭で『ローリスクで利益を狙う』と説明したように、先物が決済される日の価格がわかっているエスパーのような方ならそれで良いかもしれませんが、一般的なトレーダーの方はそれがわからないから苦労していると思います。

この現先クロスの旨味は、仮にポジションを現先クロスを組んでから(両建てで保有してから)現物価格が上がっても下がってもリスクはほとんどなく利益が受け取れるということなのです。

わかりやすい例を出して解説します。

現先クロスを組んだ時点の価格は画像1の通りとして、そこから価格が上昇した場合と、下がった場合の例を説明します。

例1 価格が10%上昇したパターン

ビットコイン(BTC)の現物を1BTC購入し、6月25日決済の期限付き先物を1BTCショートした場合は…

【BTC現物】購入時価格=1BTC58,882ドル(約650万円)

売却時価格=約710万円で約+60万円

【BTC0625先物】売却時価格=1BTC61,992ドル(約680万円)

決済時価格=約710万円で約-30万円

※価格が上昇したため、ショートポジションである先物では損失が出ていますが、現物価格の上昇利益がそれを上回るためトータルで約30万円のプラスで約2カ月程度で5%弱の利益が出ます。

※実際は取引手数料等が少しかかるので額面通りの利回りにはなりませんが、一つの目安としてご覧ください。

例2 価格が10%下がったパターン

ビットコイン(BTC)の現物を1BTC購入し、6月25日決済の期限付き先物を1BTCショートした場合は…

【BTC現物】購入時価格=1BTC58,882ドル(約650万円)

売却時価格=約580万円で約-70万円

【BTC0625先物】売却時価格=1BTC61,992ドル(約680万円)

決済時価格=約580万円で約+100万円

※価格が下がったため、ロングポジションである現物では損失が出ていますが、先物価格の下がった分の利益がそれを上回るためトータルで約30万円のプラスで約2カ月程度で5%弱の利益が出ます。

※実際は取引手数料等が少しかかるので額面通りの利回りにはなりませんが、一つの目安としてご覧ください。

手法としてはたったこれだけの手順です。

ビットコイン(BTC)よりはイーサリアム(ETH)の方が効率が良い

2021年4月現在ではビットコイン(BTC)よりイーサリアム(ETH)の方がより現物と先物の価格差が開いているため、イーサリアム(ETH)で現先クロスを行うのが効率的かもしれません。

ただ、それ以外の仮想通貨だと、ボラティリティが大きすぎたり流動性の観点からビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)で行うのが無難と言わざるを得ません。

FTXで現先クロスを組んだ場合の注意点

FTX限定では無いにしろFTXで現先クロスを組む前提での話ですのでご注意ください。

Spot Marginを使わない(offにする)

FTXには証拠金が足りなくなっても自動で借りてくる「Spot Margin」という便利な機能があります。

この機能はロスカットを防ぐ意味でも重要な機能なんですが、現先クロスを組む時にはデメリットしかありません。

そうです。借りてくるという事は利息を取られるということなんです。しかもこの利息が非常に高い!消費者金融並みの高い利率なんです。

なので必ず現先クロスを組む場合はこの機能を使わないようにしてください。

▼まずは画面右上の歯車マークをクリックします。

FTXの設定ボタン位置

▼次に左側の上から6番目の「Margin」というメニューをクリックし、右端の「DISABLE SPOT MARGIN TRADING」をクリックしてSpot Margin機能をオフにします。

※下記画像はオンになっている状態

Spot Margin機能をオフにしておく必要がある理由

Spot Margin機能をオフにしておく必要がある理由なんですが、通常、FTXでは含み益や含み損という概念が存在せず、保有しているポジションの損益がUSドルの残高にリアルタイムで表示されます。

そのため、常に損益を実現したような状態になっており、その際に発生するマイナス表記が問題なんです。

例を示します。

口座の残高が0の状態で1BTCを入金し、それを証拠金としてBTC0625を1BTC分売り(ショート)して1BTCで現先クロスを組んだと仮定します。

その後でBTC0625が100ドル分価格が上昇した時、売りポジションであるショートポジションは値上がりしたため-100ドルという状態になります。

この時、マイナス分がUSドルの残高にすぐに反映されるのですが、そもそもUSドルは持っていません。そのため表示がマイナス表示の-100という表示になり、FTXから借金をしているといった状態になります。

現先クロスを組んでいるのでショートポジションで損しても現物の価格がその分上昇しているため、現先クロス的には全く問題が無い状態です。

この時、Spot Margin機能がオンになっていると実際にFTXから借金した状態になります。借金ということは当然利息が発生します。この利息は変動式の利息なんですが高い時は年利90%越えの時も有り、平均しても年利換算で20%以上利息がついてしまうのです。

現先クロスの性格上、マイナス残高になるのは別に普通のことで、ここでSpot Margin機能がオンになっていると現先クロスの運用益より利息の方が高くついてしまうということになりかねません。

「でもSpot Marginをオフにしていてもマイナスなんだから借金状態なんじゃないの?」と思った方、正常です。

マイナス残高というのがSpot Margin機能で変化する訳ではないのでマイナス表記であれば借金をしている状態です。

しかしここがFTXで現先クロスを組んだ方が良い理由の一つで、Spot Margin機能をオフにしていればマイナス表記(借金状態)でも利息は取られません。

いわゆる「FTXのサービス」ですね。これは非常にユーザーにとって大きなメリットです。無金利で借金ができるのでしっかりと有効活用しましょう。(※無金利で借金できるのは3万ドルまでです。)

ただし、これはあくまでFTXのサービスであって、今後強制的に利息が発生するような仕様変更が無いとも限りませんのでご利用はお早目に♪

レバレッジの設定は20倍以下に設定する

Spot Margin機能の設定画面のすぐ下にレバレッジの設定項目があります。

こちらはデフォルトで10倍(10x)になっていますので、特に変更していなければそのままでかまいません。

なぜレバレッジの設定を20倍(20x)にする必要があるのかというと、それ以上のレバレッジは取引手数料が大きくなるのです。

現先クロスを組む場合、大きいレバレッジを設定する必要はありませんので必ず取引手数料が安い20倍以下のレバレッジにしておきましょう。

▼レバレッジを20倍(20x)以下にする

Charge Interestをオンにする

先ほど、無金利で借金できるのは3万ドルまでと述べました。

ではマイナスが3万ドルを超えた場合はどうなるのか。それが「Charge Interest」という項目で設定できます。

この一番下の「Charge Interest」はUSドルの残高がマイナス3万ドルを突破した時にどうするかという設定項目です。

USドルの残高がマイナス3万ドルを突破した場合、保有している仮想通貨を自動売却する場合はオフで、保有している仮想通貨を支払わずに金利を支払うという場合はオンにします。この金利は一日あたり0.1%程度なので、勝手に保有している仮想通貨を売却されるよりは金利を支払う方が良いと思います。

ただ、金利を支払う状態で何日も放置すれば話は別ですが、通常はすぐに気づくため、0.1%程度の金利を支払ってもすぐに対処すれば運用益が大きく減ることは少ないと思います。(※オンにしていてもさすがにマイナス額が保有する仮想通貨の価格の4倍を超えた場合は自動で売却されますが、現先クロスを組んでいるだけならほぼ無関係なのでご安心ください。)

▼一番下のCharge Interestの部分をオンにしておく(デフォルトはオフ)

ロスカットに怯える必要はほとんど無い

他記事やこの記事で解説したような現先クロスを組む場合、ロスカットされる可能性は限りなく0に近いです。

なぜなら、

  1. 大手取引所であるFTXで
  2. BTCやETHのような時価総額が非常に高い仮想通貨で現先クロスを組んでいる

からです。理論的にはBTCやETHが1000%を超える値動きをした場合はロスカットはありえますが、先ほどの理由からほぼ無いと言えます。

どれくらい大丈夫かというと、現先クロスを組んだら決済日まで完全放置でもほぼ問題無いくらいです(笑)。

もちろん、現先クロスを組んだ時に現物をFTXに置かずに他の取引所に置いている場合や現先クロスだけでなく単独でショートしたりロングしたりしている場合は別のリスクは発生しますが、現先クロスの話ではないので割愛します。

取引所が破綻するリスクはどの取引所にもある

これは現先クロス云々といった話ではありませんが使用している取引所が破綻するリスクは例え大手のFTXでもゼロではありません。これを『カウンターパーティーリスク』と言います。

国内取引所の場合、金融庁の厳しい規制があるのでユーザーの資金は信託保全されており、仮に国内取引所が破綻してもユーザーの資金は安全です。

ただし、FTXは海外取引所のため国内の厳しい規制外なので信託保全は行っていません。

でもご安心ください。FTXに代表される海外の大手取引所は国内取引所より数十倍から数百倍以上の利益をあげています。なので経営不振で破綻する可能性はかなり低いです。

少し怖いのは外国当局の急な規制が入ることです。

規制で取引所を閉鎖しなければならない事態に陥った場合は、経営不振と違って資金は戻ってくる可能性は高いですがこれも外国当局の判断で資金が凍結されないとも限りません。

FTXの登録はこちら

※上記リンクよりFTXに登録すると取引手数料が永久的に5%OFF

あとは注意点というよりメンタル的な部分ですが、現先クロスというローリスクで堅く利益を狙うという手法を選択した以上は、「現先クロスを行った翌日とかにBTCが大幅値上がりして後悔しない」というぐらいですかね。

確かに現先クロスはローリスクで堅く利益が狙える反面、短期間で元手が数十倍、数百倍になるというような仮想通貨トレードの魅力の一つでもあるハイリスク・ハイリターンなトレードではありません。

しかし、結局のところ必要なのは利益なんですね。誰も好き好んで負けたりすることは無いと思います。

そういった意味でも、過熱した相場をもう一度冷静に見つめなおすという意味でもこの現先クロスできっちりローリスクで利益で狙うというのは非常におススメです。

FTXとは?

FTXロゴ

話題の海外取引所FTXですがまだまだ歴史は浅く、他の大きな取引所と比べると圧倒的に情報が不足している状況です。今回は基本的なスペックをご紹介します。

FTXの基本スペック

FTXは仮想通貨の金融派生商品(デリバティブ)を多く取り揃えた新しい海外仮想通貨取引所です。

運営会社はAlameda Researchという資金を運用する会社で、Alameda社は日本円にして100億円以上も取り扱うとても大きな会社です。

FTXへ出資しているBinanceが、日本の金融庁の圧力により2020年1月に日本人向けのサービスを段階的に終了すると発表しました。そのBinanceがFTXへ出資したことにより、Binanceの後継としての期待も投資家の皆さんには大いにあるのではないでしょうか。

会社名FTX Trading LTD
本社拠点アンティグア・バブーダ(イギリス連邦国)※活動は香港
レバレッジ最大101倍
手数料メーカー手数料 0.01~0.02%

テイカー手数料 0.04~0.07%

暗号資産の入出金手数料0% ※1
ロスカット無し
追証無し(追証無しのゼロカットシステムを採用)
日本語対応×
スマホ対応

 FTXの主なメリット

  • 追証無しのゼロカットシステムを採用
  • 商品そのものにレバレッジを掛けた「レバレッジトークン」がトレードできる
  • 仮想通貨はもちろん、デリバティブ(金融派生商品)も非常に豊富
  • オリジナルのFTTトークンがトレードできる(メリット多)
  • 指値・利確・損切りの注文を一度の操作で発注可能
  • 多くの取引所のトークンを取り扱っている
  • 仮想通貨やUSDをレンディングすることで高い金利が受け取れる
  • 豪華なボーナスキャンペーンが開催されている
  • 20万円までの取引なら本人確認は不要
  • 入出金手数料が無料

FTXの主なデメリット

  • 日本からの銀行送金に非対応
  • 日本語の対応が不十分
  • メイカー手数料が発生する

FTXについてもっと詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください

まとめ

おさらいします。

  • 現先クロスとは現物と期限付き先物の価格差を狙ったトレードである
  • 両建てすることにより価格が上がっても下がってもほぼ同程度の利回りをローリスクで狙える
  • ロングとショートのポジションは同じ数量にしないとリスクが大きくなるため、必ず同数量で両建てするのがキモ
  • 現先クロスを行った翌日とかに現物が爆上がりしても後悔しない

言葉こそ難しい現先クロスですが、手順は簡単です。

あとはやる勇気、一歩踏み出す勇気があれば誰でもローリスクで堅く利益が狙える聖杯とも言える手法で利益を狙えます。

今がチャンス!FTXの現先で利益を出す手法!初心者にもわかりやすく解説します。この記事を読んでくれた皆さんに爆益があることを祈りつつ筆を置きます。

FTXの登録はこちら

※上記リンクよりFTXに登録すると取引手数料が永久的に5%OFF

関連記事仮想通貨FX取引所FTXとは?評判・安全性・手数料など完全解説!8つの長所と3つの短所

関連記事FTXで仮想通貨やUSDをレンディングする方法と注意点を分かりやすく解説!

監修者情報
ミズサワ

じなんぼーことミズサワです。仮想通貨歴2016年3月~。2016年3月30日、1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したのが仮想通貨投資の始まり。そこから仮想通貨の現物取引を開始し、仮想通貨FXやレンディング、現先クロス等様々な手法で仮想通貨投資を進めている。現物取引のメイン口座はBinance、仮想通貨FXのメイン口座はBybit。ジナコインでは仮想通貨初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

FTX
ジナコイン

コメント

  1. はまなす より:

    良記事、とても参考になります。
    無金利で借金できるのは3万ドルまで、との事ですが、サブアカを作った場合、サブアカ毎に3万ドルまででしょうか。
    仮に3万ドルの現先クロスをした場合、相場が2倍になったら利子を払う心配をしなくてはなりませんが、サブアカ3つで1万ドルづつポジションを取れば、4倍までの高騰は耐えられるのかな? と夢想しています。

    • じなんぼーじなんぼー より:

      はまなすさんコメントありがとうございます。
      FTXの規約を理解する限りははまなすさんのサブアカウントでリスクヘッジ作戦は有効ですね。
      しかし検証しようにも3万ドルの含み損を出すのは非常にもったいなく、100%の返答ができないことをどうか平にご容赦ください。

  2. SonicStar より:

    投資初心者です。現先クロスの理解をしている最中です。

    「現先クロスを組む場合、大きいレバレッジを設定する必要はありませんので必ず取引手数料が安い20倍以下のレバレッジにしておきましょう。」
    と書いてあります。

    現先クロスは、現物と先物の価格差を期日に得るための方法と理解しています。
    そのため、レバレッジを1倍以外に設定するこは無いと理解したのですが謝っていますでしょうか?

    • じなんぼーじなんぼー より:

      SonicStarさん
      コメントありがとうございます。

      おっしゃるとおりFXトレードせずに現先クロスと現物の売買のみやるならレバレッジ1倍で大丈夫です!