Gate.io(ゲート)クレジットカードでの入金・購入方法を徹底解説!

Gate.io(ゲート)クレジットカードでの入金・購入方法を徹底解説!
この記事をざっくり言うと・・・
  • Gate .io(ゲート)では、クレジットカードを使えば日本円で仮想通貨の購入が可能
  • クレジットカード決済を利用する時の基本事項・メリット・デメリット・購入方法を詳しく解説
  • クレジットカード決済に関する疑問や対処方法が解決・理解できる

\【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久20%OFF/

目次

Gate.io(ゲート)ではクレジットカードを使えば日本円で購入可能

Gate.io(ゲート)ではクレジットカードを使えば日本円で購入可能

Gate.ioの会社概要

会社名Gate Technology.inc
設立年2013年
取扱い銘柄数900種類以上
入出金手数料・入金手数料 無料
・出金手数料 無料(ネットワーク手数料は自己負担)
取引手数料通貨ペアによって異なる
日本語対応翻訳機能による日本語対応はあるが、一部のサービスは日本語非対応
セキュリティ2段階認証・仮想通貨はコールドウォレットで管理・マルチシグナルを採用

Gate.ioとは、2013年設立の海外の仮想通貨取引所です。

取り扱い銘柄は2022年時点で約900種類以上、利用者数100万人以上、高いセキュリティレベルを誇り信頼と実績のある取引所です。他の取引所に上場していない取り扱い銘柄も多く、まだ注目されていないアルトコインに投資したい人には最適な取引所となっています。

基本的に海外の仮想通貨取引所は日本円に対応しておらず、現金での購入ができません。

しかし、Gate.ioでは世界中の国と地域でクレジットカードの即時通貨購入サービスを開始しました。それに伴い、ユーザーはクレジットカードを使用して仮想通貨を購入できるようになりました。

この記事では海外取引所Gate.ioでクレジットカード決済を利用することによって、どういったメリット・デメリットがあるのか、クレジットカード決済の具体的な方法、入金できない時の原因と対処方法について解説していきます。

なお、Gate.ioの詳しい情報はこちらの記事で解説しているので併せて読んでみてください。

これもう見たGate.io(ゲート)とは?仮想通貨取引所の6つの長所と4つの短所を解説!

これもう見たGate.io(ゲート)のログイン方法|ログインできないときの対処法も解説

Gate.io(ゲート)でのクレジットカード決済のメリット

Gate.io(ゲート)でのクレジットカード決済のメリット

クレジットカード決済のメリットとして以下の5点があります。

クレジットカード決済のメリット
  • 簡単に入金・購入できる
  • 日本円で仮想通貨を購入できる
  • クレジットで購入できる仮想通貨の数が多い
  • ブラウザ・アプリどちらからでもクレジットカード決済を利用可能
  • 対応クレジットカードとサービスプロバイダーの数が多い

一つずつ解説していきます。

簡単に入金・購入できる

簡単に入金・購入できる

従来の海外取引所Gate.ioでの仮想通貨の購入方法は以下の流れです。

  1. 国内取引所で仮想通貨を購入
  2. 国内取引所からGate.io宛に仮想通貨を送金
  3. 購入したい通貨と交換

上記のように海外取引所Gate.ioで仮想通貨を購入しようとすると煩わしい工程の手間と時間がかかります。

それに比べクレジットカード決済は直接日本円で購入ができ、煩わしい工程の手間と時間が短縮できるため手間をかけずに入金したい人におすすめの決済方法です。

ただし、確実性と自由度を考慮した場合は国内取引所経由の入金が確実です。
また、出金は結局国内取引所経由でしかできませんからGate.ioと連携する国内取引所を最低1社準備しておくことをおすすめします。

Gate.ioへの入金・出金方法はこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。
これもう見たGate.io(ゲート)入金ガイド|やり方や反映時間、トラブル解決法なども徹底解説!

これもう見たGate.io(ゲート)出金ガイド|手数料ややり方を図解で徹底解説!

日本円で仮想通貨を購入できる

日本円で仮想通貨を購入できる

海外取引所で仮想通貨を購入しようとすると、上記で説明したように非常に時間と手間暇のかかる工程が必要です。

しかし、Gate.ioではクレジットカードを使うことで上記のような面倒な工程をかけずに日本円で仮想通貨を購入することが可能です。

購入したい銘柄を直接購入する事ができる、仮想通貨のような値段の分かりにくさがなく、いくら購入したのかが瞬時にわかりやすいため使い勝手が良いです。

クレジットで購入できる仮想通貨の数が多い

クレジットで購入できる仮想通貨の数が多い

Gate.ioのクレジットカードでの仮想通貨購入は、現在117種類の仮想通貨に対応しています。

これは他の海外取引所と比べても圧倒的に多く、自分の購入したい仮想通貨を購入できるメリットがあります。

また、法定通貨にも82カ国対応しているため、多くの人に開かれた決済方法になっています。

ブラウザ・アプリどちらからでもクレジットカード決済を利用可能

ブラウザ・アプリどちらからでもクレジットカード決済を利用可能

Gate.ioではブラウザ・アプリどちらからでもクレジットカードを利用しての決済が可能です。

他の取引所ではブラウザ限定など制限がかかっていることが多いため、スマホで簡単にさっと取引をしたい人には大変ありがたいシステムです。

対応クレジットカードとサービスプロバイダーの数が多い

対応クレジットカードとサービスプロバイダーの数が多い

Gate.ioのクレジットカードで利用できる対応ブランド・サービスプロバイダーが他社に比べ多いです。

以下が現在、Gate.ioで利用できるクレジットカードとサービスプロバイダー一覧です。

対応ブランド
  • VISA
  • Master Card
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • SAMSUNG Pay
対応サービスプロバイダー
  • Moon Pay
  • Coinify
  • BANXA
  • mercuryo
  • Simplex
  • Legend Trading

サービスプロバイダーのMoon Payは2021年7月に日本マーケットから撤退したため、日本では利用できません。Moon Pay以外のサービスプロバイダーを利用するようにしましょう。

決済サービスの選び先が豊富なため、自身に合った業者を選びやすいこともメリットです。

クレジットカード決済のデメリット

クレジットカード決済のデメリット

クレジットカード決済のデメリットとして以下の点が挙げられます。

クレジットカード決済のデメリット
  • 手数料負担が大きい
  • 限度額が設定されている
  • 入金反映されるのに時間がかかる

一つずつ解説していきます。

手数料負担が大きい

手数料負担が大きい

クレジットカード決済は取引所を経由して仮想通貨を購入する方法よりも手数料が多くかかります。

その理由としては、プロバイダー手数料が高額となるからです。

以下にGate.ioで利用可能なサービスプロバイダーの手数料をまとめました。

サービスプロバイダー名手数料
coinify決済額の1.5%の手数料
BANXA不明
Mercuryo決済額の3.95%の手数料
Simplex取引額の3.5~5%の手数料
取引が少ない場合には最低10ドルの手数料が発生
Legend Trading不明

仮想通貨取引は如何に手数料を安く抑えるかも稼ぐためには重要な要件です。そのため、手数料を安く抑えたい方は、従来通りの取引所を経由しての購入方法の利用をおすすめします。

限度額が設定されている

限度額が設定されている

プロバイダーごとに限度額が設定されています。

サービスプロバイダー名限度額
coinify不明
BANXA約80万円まで
Mercuryo約73万円まで
Simplex約270万円まで
Legend Trading不明

上記は目安の値であり、正確な値を知りたい方は各サービスプロバイダーへ直接問い合わせた方が確実です。

入金反映されるのに時間がかかる

入金反映されるのに時間がかかる

メリットで話したようにクレジットカードを利用することで、仮想通貨を購入するための煩わしい工程の手間と時間は短縮できますが、入金が反映されるまでに時間がかかることがあるようです。

クレジットカードでは、入金後Gate.io→サービスプロバイダーによって処理が行われます。

その時のトランザクションの混み具合やプロバイダーの処理速度によりますが数分〜1時間程度と幅が広く、取引所経由の仮想通貨での入金と比べ遅くなる時もあるようです。

このように入金反映には波があるため、クレジットか取引所経由かどちらが速いとは言い切れない部分があります。

手数料がかかっても良いので手間をかけずに仮想通貨を購入したい人はクレジットカードを、確実性と自由度を考慮した場合は国内取引所経由の入金が確実でしょう。

Gate.io(ゲート)の対応クレジットカードとサービスプロバイダー

Gate.io(ゲート)の対応クレジットカードとサービスプロバイダー

Gate.ioで対応しているクレジットカードブランドとサービスプロバイダーは以下の表の通りです。

VISAMaster Card Apple Pay Google Pay SAMSUNG Pay
Moon Pay
Coinify
BANXA
mercuryo
Simplex
Legend Trading

基本的に全プロバイダーでVISA、Master Cardが使えるので後は手数料や信頼性で選べば良い形になります。

Moon Payは日本でサービスを提供していないので、他の5社の概要を紹介するので参考にしてください。

  • Moon Pay
  • マルタ共和国のMoon Pay Limitedが運営する仮想通貨決済サービス
  • 世界160カ国以上で展開、2021年7月で日本マーケットから撤退したため日本での利用は不可
  • 支払い金額の4.5%の手数料がかかり、ブロックチェーン側の決済手数料も発生
  • デンマークを拠点に2014年設立の暗号資産支払いサービスを提供する企業
  • 世界150カ国以上で暗号資産と法定通貨を接続するペイメント事業を展開
  • 1.5%の手数料がかかる
  • オーストラリアの決済サービスプロバイダー
  • 仮想通貨取引所、ウォレット、その他の仮想通貨関連ビジネス向けの国際的に準拠したfiat-to-cryptoゲートウェイソリューション
  • 仮想通貨の購入にクレジットカードやデポジットカードを使用するプロセスをサポート
  • 2018年設立のエストニアのスタートアップ企業
  • セキュリティ面では国際情報セキュリティ基準に準拠しており厳重に管理され、利用時はセキュリティ向上のため有効なパスポートを持ったセルフィー写真の提出が必要
  • 決済額の3.95%の手数料がかかり、ブロックチェーン側の決済手数料も発生
  • 手数料が比較的安いが購入可能な最低金額もやや高く設定
  • EU認可の金融機関で世界最大の仮想通貨に対応する法定通貨インフラを提供
  • 100%保証で法定通貨から暗号資産へのクレジットカード決済を処理
  • バイナンスなど大手グローバル取引所やウォレット企業を含む200以上の交換業者が販売所形式の決済手段として採用
  • 取引額の3.5~5%の手数料 or 取引が少ない場合には最低10ドルの手数料が発生
  • 何百もの主要機関と30以上の取引所とのネットワークを有する法定決済サービスを提供する米国の規制された暗号通貨商社
  • 定期的な銀行審査を受けることで安全で準拠・認可されたマネーサービス事業を展開

Gate.io(ゲート)でのクレジットカード決済の手順

Gate.io(ゲート)でのクレジットカード決済の手順

クレジットカード決済時には利用先のクレジットカード会社からKYC認証(本人確認)を求められます。

KYC認証の方法がわからない方はこちらの記事を参照してみてください。

これもう見た仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)の登録方法・2段階認証・本人確認まで図解で解説!

Gate.ioのクレジットカードでの入金の概要を理解したところで実際の入金方法を解説していきます。

ブラウザ・アプリどちらからでもクレジットカード決済は利用可能なため、それぞれの手順を紹介します。

ブラウザでのクレジットカード決済の手順

STEP

トップ画面上部のメニューバーから「暗号資産を購入」を選択し、「Credit Card」をクリックします。

Gate.io クレジットカード「クレジットカードで購入方法1」
STEP

「購入金額」とその金額分で購入する「仮想通貨」を選択し、利用する支払いチャンネル(プロバイダー)を選びクリックします。

Gate.io クレジットカード「クレジットカードで購入方法2」
STEP

画面右側にサービスプロバイダーの詳細が表示されるため確認し、問題なければ免責事項のチェック欄にチェックを入れ「次へ」をクリックします。今回はBANXAを選びます。

Gate.io クレジットカード「クレジットカードで購入方法3」
STEP

選択した電子決済プラットフォームにページが移行するため必要事項をチェックし「Create Order」をクリックし注文を行います。

画像④Gate.io クレジットカード「クレジットカードで購入方法4」
STEP

注文を受け取るための本人確認(KYC)を行います。必要事項を入力し、チェックを入れ「Confirm」をクリックします。

Gate.io クレジットカード「クレジットカードで購入方法5」

確認が完了すると手続き終了です。

アプリでのクレジットカード決済の手順

STEP

ホーム画面より、「クレジットカード」をクリックします。

STEP

購入金額と支払う法定通貨の種類を選択・入力し、購入したい仮想通貨を選択。利用するサービスプロバイダーを選択します。今回は、BANXAを選択します。

STEP

選択した支払いプロバイダーでの支払い詳細内容が出てくるため確認し、免責事項を確認の上チェック欄にチェックし、「次へ」をクリック。

STEP

通知が出てくるため「了解」をクリックすると、選択したサービスプロバイダーのサイトへ自動的に移動します。

STEP

サイトに移行したら、下記画面となるため、上から順に記載内容を確認し必要事項を選択していきます。

STEP

「Create Order」をクリックします。

STEP

注文を受け取るための本人確認(KYC)を行います。連絡先(メールアドレスと電話番号)を入力し、チェック欄にチェックを入れ、「Confirm」をクリックします。

確認が完了すると手続き完了です。

クレジットカードで入金エラーになった時の原因と対処法

クレジットカードで入金エラーになった時の原因と対処法

クレジットカードで入金エラーになった時の原因として以下の5点が考えられます。

入金エラーになった時の原因
  • クレジットカード情報に誤りがある
  • クレジットカードの利用限度額を超えている
  • クレジットカード会社が仮想通貨の購入を禁止・利用制限している
  • サービスプロバイダーでの本人確認書類の不備
  • Gate.io側のシステムエラー

上記原因の詳細を1つ1つ解説しながら、各原因への対策や予防策を紹介していきます。

クレジットカード情報に誤りがある

クレジットカード情報に誤りがある

クレジットカード情報に誤りがあるとエラーになります。

クレジットカードでの入金の場合、以下の3点をきちんと入力する必要があります。

クレジットカード入金の際の入力事項
  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

また、カードの請求先住所がカード情報と合っているかも確認しておいてください。

決済前に一度、全ての情報を確認し漏れや間違いのないようにすることでミスを減らすことができます。

クレジットカードの利用限度額を超えている

クレジットカードの利用限度額を超えている

利用限度額を超えている場合はカード決済できません。

自身の利用しているカード会社のアプリやサイトからクレジットカードの限度額を確認してみてください。

限度額を超えていた場合、利用しているカード会社に手続きをすることで限度額を引き上げることができ決済できます。

ただし、クレジットカードは借金のため、自身の投資可能額に合わせて入金するようにしましょう。

クレジットカード会社が仮想通貨の購入を禁止・利用制限している

クレジットカード会社が仮想通貨の購入を禁止・利用制限している

クレジットカード会社の中には仮想通貨の購入を原則禁止・停止している所もあります。

以下の会社はクレジットカード利用による仮想通貨の購入を禁止・停止する文章を発表しています。

仮想通貨購入にクレジットカード使用を禁止している会社
  • 三井住友カード
  • 三菱UFJニコスカード
  • クレディセゾンカード
  • イオンフィナンシャルサービス
  • 楽天カード

世界的にもクレジットカードでの仮想通貨の購入禁止の動きが広がっている傾向です。

これは、仮想通貨が価格変動の大きい通貨であるが故に支払い能力がなくなってしまうのではないかという懸念などからきているものと思われます。また、マネーロンダリング防止の意味合いもあります。

クレジットカードでの仮想通貨の購入を検討している方は、利用が禁止されていないクレジットカードを使って購入しましょう。

サービスプロバイダーでの本人確認書類の不備

サービスプロバイダーでの本人確認書類の不備

Gate.ioで現在利用できるサービスプロバイダーでは本人確認書類(KYC)の提出を求められます。

この「書類に不備があった」もしくは「本人確認書類が提出されていない」「提出したけど処理がまだされていない」などの場合は入金できない可能性があります。

このような場合は、Gate.ioでは対処できないので直接サービスプロバイダーに問い合わせて確認する必要があります。

Gate.io側のシステムエラー

Gate.io側のシステムエラー

サービスプロバイダー側に原因がない場合は、何らかの理由でGate.io側でシステムエラーになった可能性があります。

この場合はGate.ioのカスタマーサポートへ連絡し解決方法を教授してもらいましょう。

カスタマーサポートへの連絡方法は以下の手順で可能です。

トップ画面右下のアイコンをクリックします。

該当する質問項目を選びクリックします。

下の質問「Please enter your question」内に質問内容を記入し「Send」をクリックします。

上記で解決しなければ、チケットを送信すれば解決する可能性があります。

チケットの送信方法は以下の手順です。

トップ画面右下のアイコンにカーソルを合わせ、「Feed back」をクリックします。

画面が切り替わったら「Submit a Ticket」をクリック します。

必要事項を記入の上、「Submit」をクリックします。

カスタマーサポートであれば基本即時、チケット送信であれば即時〜おおよそ半日程度で返答がもらえます。 

Gate.io(ゲート)クレジットカードに関するよくある質問(Q&A)

Gate.io(ゲート)クレジットカードに関するよくある質問(Q&A)
Q.クレジットカード決済は日本語対応していますか?

クレジットカード決済に関することは各プロバイダーの管轄になります。

Gate.ioで取り扱っているプロバイダーは海外の決済業者であるため基本的に日本語対応していません。Google翻訳などを利用しましょう。

Gate.ioにクレジットカード情報を入力するのは安全ですか?

クレジットカード情報を取得するのは、Gate .ioではなくサービスプロバイダーです。

サービスプロバイダーは世界的にクレジットカード決済を代行している信頼性のある会社であるため、セキュリティ面もしっかりしており安全性は非常に高いです。

日本でクレジットカード決済サービスを利用できますか?また、日本円以外の法定通貨で購入することは可能ですか?

日本はクレジットカード決済サービスの利用禁止国に入っていないため購入可能です。

日本円以外の法定通貨で購入することが可能かはサービスプロバイダーがKYC(本人確認)を受け入れるかどうかによって異なるため一概には言えません。利用するサービスプロバイダーに確認しましょう。

まとめ

Gate.ioではクレジットカードを利用することで日本円で取引ができ、従来のように取引所を経由するなどの手間をかけずに簡単に仮想通貨を購入することができます。

しかし、取引所を経由する取引方法よりも手数料が多くかかるなどデメリットも存在します。

また、クレジットカードで仮想通貨購入は一時的でも借金をすることとなります。「投資は借金でするものではない」は最も基本の資金管理方法ですから、安易にクレジットカードでの入金を考えないことが大事です。

ですが、自身の取引スタイルに合わせてクレジットカードで仮想通貨購入が適切と判断したのならGate.ioでは他社より選択肢が広いので利用する価値は十分あるでしょう。

Gate.ioは日本の規制に配慮し一部取引に制限がありますが、それでも利用する価値のある海外仮想通貨取引所の1社です。

ぜひこの記事を参考に、クレジットカードを適正に使いGate.ioの仮想通貨取引を充実したものにしてください。

\【当サイト限定】下記リンクから登録すると取引手数料永久20%OFF/

Gate.ioの取引所経由の購入方法については以下のリンクを参照してみてください。

これもう見た仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)の入金方法と出金方法を8枚の図解で解説!

それ以外にもGate.ioの安全性は大丈夫なの?といった疑問にはこちらの記事をどうぞ

これもう見た【2022年10月】Gate.ioの日本人利用は禁止?金融庁との関係は?最新情報をお届け

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次