MEXCのレバレッジ取引ガイド!取引方法や手数料、注意点まで紹介!

MEXCのレバレッジ取引ガイド!取引方法や手数料、注意点まで紹介!
この記事をざっくり言うと・・・
  • MEXCのレバレッジ取引の特徴が分かる!
  • 取引の種類や手数料と取引方法を紹介!
  • MEXCのレバレッジ取引ができるようになる!

\【当サイト限定】取引手数料10%OFFキャンペーン実施中/

目次

MEXCのレバレッジ取引の特徴

MEXCのレバレッジ取引の特徴
取引所名MEXC(旧MXC)
設立年2018年
所在地シンガポール
取扱銘柄数700種類以上
対応言語日本語、英語など(全9ヶ国語)
取引手数料一律0.2%
入出金手数料入金手数料:無料
出金手数料:ネットワークの状況に応じて計算
追証なし
最大レバレッジ125倍
スマホアプリあり

MEXCは2018年に設立されシンガポールが拠点の大手仮想通貨取引所です。

取扱銘柄数も多くマイナーな仮想通貨の取り扱いが多いことが最大の特徴で、時価総額が少ない草コインなどを比較的早く取引できるため人気な取引所です。

現在200ヶ国以上で600万人の利用ユーザー数を誇っており、様々な国でライセンス取得しているのは安全要素と言えるでしょう。

MEXCを利用するメリットとデメリットは以下の通りです。

MEXCを利用するメリット
  • 取扱銘柄数が豊富
  • 取扱サービスが豊富
  • 複数の企業と提携している
  • ボーナスキャンペーンが豊富
MEXCを利用するデメリット
  • 取引手数料が高め
  • 日本円で取引できない

MEXCを利用した時の最大のメリットは700種類以上の銘柄がリストアップされていることです。

草コインのようなBinanceなど大手取引所に上場していない種類も多く、長い目で見ると莫大なリターンが期待できます。

また、取引所トークンであるMX(エムエックス)を発行しており、MXを保有していると取引手数料が割引されたりエアドロップやIEOに参加できたりなど特典が受けられます

MEXCを利用する上で把握しておくべきデメリットは取引手数料が高めなことと日本円で取引できないことですが、招待コードやボーナス特典を使えばメリットのほうが大きいです。

MEXCについては以下の記事でも詳しく説明していますので参考にしてください。

これもう見た海外取引所MEXC(MXC)の安全性と評判は?4つの長所と2つの短所を解説

これもう見たMEXCの招待コードを使ってオトクに取引!【当サイト限定キャンペーン!】

この人気のMEXCでのレバレッジ取引には4つの特徴があります。

MEXCのレバレッジ取引の特徴
  • 最大レバレッジ125倍で取引できる
  • ゼロカットシステムを採用(追証ナシ)
  • クロスマージン、分離マージンモードが選べる
  • レバレッジETFを取り扱っている

以下で詳しく説明します。

最大レバレッジ125倍で取引できる

最大レバレッジ125倍で取引できる

海外仮想通貨取引所の中でもMEXCのレバレッジは比較的高く、最大125倍まで設定できます。

取引所最大レバレッジ
MEXC125倍
Binance20倍
国内取引所2倍

国内取引所は2倍とかなり低いですが、大手海外取引所のBinance(バイナンス)でさえ20倍までです。

Binanceについてはこちらの記事で解説しているので興味がある方は一度のぞいてみてください。

これもう見たBinance(バイナンス)の評判は?メリット・デメリットから評価!口コミも調査

レバレッジを活用すれば資金の何倍もの取引ができるため資金効率が高いです。

そのため少額な資金でも大きな利益を得ることも可能です。

ただし、乱高下の激しい仮想通貨はロスカットによる損失になる可能性もあるので、リスク管理が重要な取引方法です。

ゼロカットシステムを採用(追証ナシ)

ゼロカットシステムを採用(追証ナシ)

MEXCのレバレッジ取引では追証なしのゼロカットシステムを採用しています。

ゼロカットシステムとは

強制ロスカットが間に合わずに仮に口座残高がマイナスになっても、損失分を取引所側が負担してくれるシステムのことを言います。

レバレッジ取引の最大のリスクは追証(追加で証拠金を支払わなければならない状況)ではないでしょうか。

実際に金融庁の規制ではゼロカットシステムを採用できないため、日本の信用取引では追証が発生した場合は追加証拠金の支払いリスクがあります。

しかし、MEXCはゼロカットシステムを採用しているため、これらのリスクは無く安心して取引できます。

クロスマージン、分離マージンモードが選べる

クロスマージン、分離マージンモードが選べる

MEXCのレバレッジ取引ではクロスマージンと分離マージンの2種類の証拠金システムを採用しています。

クロスマージンとは
口座に入っているすべての証拠金を使ってポジションを建てる方法。
一時的にポジション維持のための証拠金が不足した場合でも、口座の残高から自動で証拠金を補充してくれるため、資金不足によるロスカットを避けやすくなります。

分離マージンとは
口座に入っている証拠金の一部を使ってポジションを建てる方法。ロスカットになった場合もそのポジションを保有するために使った証拠金のみが失われるためリスクも少なく、先物口座の他の資金に影響を与えることはありません。

クロスマージンはロスカットになると口座内の資金すべてが失われる可能性があること、一方で分離マージンはロスカットしやすくなることを把握した上で自分のニーズに併せて設定しましょう。

レバレッジETFを取り扱っている

レバレッジETFを取り扱っている

MEXCではレバレッジ取引とは少し異なるレバレッジETFも取り扱っています。

レバレッジETFとは

別名レバレッジトークンと呼ばれ、原資産(通貨の無制限先物)にレバレッジをかけた金融商品の一種です。
簡単に言うとレバレッジをかけて買いまたは売りの取引を商品化して現物として取引する仕組みとなります。

MEXCのレバレッジETFは2〜5L(レバレッジ2〜5倍でロング)と2〜5S(レバレッジ2〜5倍でショート)のそれぞれの通貨の商品があります。

例えばBTC3Lという商品ならBTCにレバレッジ3倍でロングした取引のトークンとなるので、現物価格1%上昇でこのトークンは3%の上昇、現物価格-1%下落でこのトークンは-3%の下落します。

取引方法は後ほど解説しますが、特徴や手数料については以下で紹介します。

レバレッジETFの特徴

最大の特徴としては、リバランスを行うことです。

リバランスとは

保有するポジションを調教して原資産を増減することで目標レバレッジを維持する仕組みのことを言います。
原資産価格が上下すると商品のレバレッジより増減するので、そのレバレッジになるように自動でポジションも増減させてレバレッジ倍率が一致するようにします。

このリバランスを行うことにより相場が急変動してもリスク管理を自動で行い、強制的にロスカットされることもありません。

そのため証拠金も必要としませんし現物取引に属していますので、購入金額以上の損失は発生しません。

さらに、リバランスは毎日行われるため利益が出ればその分は再投資され複利効果を発揮し、損失になった場合でもポジションを減らすのでダメージが少なくなります。

レバレッジETFの手数料

レバレッジETFはデリバティブ商品でありますが、売買手数料は現物取引と同じ0.2%です。

また、ファンドのポートフォリオから発生する資金調達、売買手数料、その他必要な費用として1日にレバレッジをかけるごとに管理手数料の約0.1%がかかります。

このことから長期的に保有するのは不向きでレンジ相場になると前述の通り、リバランスも行うので損失になる可能性が高くなります。

MEXCのレバレッジ取引の種類や手数料

MEXCのレバレッジ取引の種類や手数料

MEXCのレバレッジ取引の種類や注文方法には複数の種類があります。

そこで、取引方法を解説する前に、ここでは次の内容でMEXCのレバレッジ取引の基礎知識を解説していきます。

MEXCのレバレッジ取引の基礎知識
  • 先物取引の種類
  • 注文方法の種類
  • レバレッジ取引の手数料

先物取引の種類

先物取引の種類

MEXCの先物取引には2種類の取引方法があります。

先物取引の種類
  • USDT証拠金先物(USDT-M)
  • コイン証拠金先物(COIN-M)

以下で詳しく説明します。

USDT証拠金先物(USDT-M)

USDT証拠金先物はUSDT(テザー)を基軸通貨(証拠金)として使う取引方法です。

通貨ペアとしては2022年10月現在で168種類あり、BTC(ビットコイン)などの主要コインから数多くのアルトコインから選べます。

コイン証拠金先物(COIN-M)

コイン証拠金先物はBTCなどの仮想通貨を基軸通貨(証拠金)として使う取引方法です。

これにより資金効率を上げることができ、リスクも大きくなりますがリターンも大きくなります。

2022年10月現在利用できる基軸通貨はBTC、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、ATOM(コスモス)、ETC(イーサリアムクラシック)、CHZ(チリーズ)の6銘柄です。

注文方法の種類

注文方法の種類

MEXCの先物取引には9種類の注文方法があります。

先物取引の注文方法
  • 指値注文
  • 成行注文
  • 条件付き注文(トリガー注文)
  • トリガー成行注文
  • POST ONLY注文
  • IOC
  • FOK
  • MTL
  • トレーリング逆指値注文

基本的には「指値注文」「成行注文」そしてそれぞれの注文とセットで行う「損切設定」がメインの注文方法となると思いますが、今後戦略の幅を広げる際の知識として一通り以下で詳細を解説します。

指値注文

指値注文は購入もしくは売却価格を自分で指定して注文を行う方法です。

注文スピードよりも注文価格を優先させる場合にはこの注文方法を使います。

指定した価格での約定が保証されていますが、逆にその価格まで到達しない限り約定しません。

成行注文

成行注文は現在の市場価格で直ちに注文が執行される注文方法です。

注文価格よりも注文スピードを優先させる場合にはこの注文方法を使います。

注文の執行は保証されますが、執行価格は市場の状況に応じて変動する可能性もあります。

条件付き注文(トリガー注文)

条件付き注文は最新の市場価格、公正価格、インデックス価格のいずれかを基準としてトリガー価格が設定されます。

市場がトリガー価格に到達すると指値注文が発注されます。

また通常の利確や損切りのための注文は、トリガー成行注文となります。

POST ONLY注文

POST ONLY注文とは指値注文で利用できるオプション機能です。

Takerとなる注文は取消となり、Makerとなる注文のみ発注できるようになります。

MEXCではよく「Maker手数料無料キャンペーン」を実施しており、手数料を支払いたくない場合は有効な機能と言えます。

IOC

IOCとは指定した価格またはそれより有利な価格で約定した数量以外の成立しなかった注文数量をキャンセルさせる注文方法です。

例えば、「今の価格であれば一部でもいいので即時に約定させたい」「一部でも未約定となった場合は取消の手間を省きたい」場合に利用します。

FOK

FOKとは指定した価格またはそれより有利な価格で約定したい数量全ての注文が成立しない場合、注文数量すべてをキャンセルさせる注文方法です。

これにより、IOCのように部分的な約定は無く、確実にすべての注文数量を約定させることができます。

MTL

MTL注文は現在の最良価格で約定する価格で成行注文としています。

注文が部分的にしか約定されない場合に残りはキャンセルされた上で最初の注文が約定した価格を指値として設定し、指値注文として自動で再注文されます。

トレーリング逆指値注文

トレーリング逆指値注文とは市場価格が有利な方向に変動した時、指定した価格(損切価格)も併せて一定幅ずつ追従する注文方法です。

有利な方向に追従した価格は逆側に戻ることはないので、相場が反転し指定した価格まで逆行すると反対注文が成立(損切)となる注文方法です。

値動きの激しい仮想通貨の相場では「利益が出ていたのに一瞬でマイナスになり損切になる」ことはよくあることです。
そのような時「トレーリング逆指値注文」の設定をしておけば損切ラインを上げ忘れて損失になるなどを防ぐことができます。

値動きが激しい相場では有利な機能なので、中長期取引をする際はぜひ設定することをおすすめします。

レバレッジ取引の手数料

レバレッジ取引の手数料

MEXCのレバレッジ取引における取引手数料は以下の通りです。

Taker(成行注文)手数料=ポジションの価値×テイカー手数料( 0.06% )
Maker(指値注文)手数料=ポジションの価値×メーカー手数料( 0.02% )

上記手数料は、先物VIPプログラムに参加すると口座残高または取引量に応じて手数料の割引を受けることができます。

レベル先物口座残高(USDT)30日以内の取引量(USDT)手数料割引
Lv.1≧10,000≧10,000,0005%OFF
Lv.2≧20,000≧20,000,00010%OFF
Lv.3≧50,000≧50,000,00015%OFF
Lv.4≧100,000≧100,000,00020%OFF
Lv.5≧200,000≧200,000,00025%OFF
Lv.6≧500,000≧500,000,00030%OFF

「先物口座残高」「30日以内の取引量」はどちらかを満たせば割引対象となります。

また、取引手数料とは別に資金調達料もかかります。

資金調達手数料は8時間(UTC:0時、8時、16時)ごとに請求され、手数料率は先物取引ページに表示されます。

以下のようにプラスまたはマイナスの資金調達率および利用者のポジションのロングまたはショート方向に応じて、利用者は調達費を受け取りまたは支払いをします。

ロングポジションショートポジション
プラスの場合(市場が強気)支払う受け取る
マイナスの場合(市場が弱気)受け取る支払う

このため、デイトレード以上を行う場合は必ず資金調達手数料を確認して無駄な損失を被らないように気を付けるのがポイントとなります。

MEXCのレバレッジ取引(先物取引)のやり方

MEXCのレバレッジ取引(先物取引)のやり方

ここからは実際にMEXCのレバレッジ取引のやり方を説明します。

レバレッジ取引の大まかな流れは以下の通りです。

レバレッジ取引(先物取引)の流れ
  • STEP1:MEXCにログイン
  • STEP2:先物取引の種類を選択
  • STEP3:注文内容の入力

STEP1:MEXCにログイン

MEXCレバレッジ「ログイン①」

まずはMEXCにログインしていきます。

公式サイトを開くと上記のような画面が開きます。

右上赤枠部の「ログイン」をクリックします。

MEXCレバレッジ「ログイン②」

するとログイン画面画面が表示されますので、赤枠部の上から「メールアドレス」と「パスワード」をそれぞれ入力して「ログイン」ボタンをクリックします。

MEXCレバレッジ「ログイン③」

次にBOT対策認証(人間が操作している確認)画面が表示されます。

赤枠部のように真ん中の丸いボタンをタップしながら右にスライドさせて、上側のパズルを完成させます。

2段階認証を設定している方は認証の画面が表示されますので、数字6桁を確認して入力して「次へ」ボタンをタップするとログインできます。

STEP2:先物取引の種類を選択

MEXCレバレッジ「先物取引方法①」

MEXCにログインするとホーム画面が表示されます。

上メニューの「先物取引」をクリックしてレバレッジ取引の取引方法である「USDT-M」または「COIN-M」を選び、クリックします。

STEP3:注文内容の入力

STEP
MEXCレバレッジ「先物取引方法②」

取引方法を選択すると取引画面が表示されます。(例としてUSDT-MのBTCUSDTペアで説明します)

STEP

レバレッジ取引を行うにはまず現物アカウントの口座から先物専用口座に資金を入れる必要があります。

赤枠部の「BTC」のところのプルダウンから証拠金となる銘柄(今回ならUSDT)を選択して「振替」ボタンをクリックします。

MEXCレバレッジ「先物取引方法③」

振替画面が表示されるので赤枠部の「数量」に証拠金となる数量を入力して「確認」をクリックすれば資金が振り替えられます。

STEP
MEXCレバレッジ「先物取引方法④」

資金の振替が完了したらレバレッジ取引が可能となります。

左上の赤枠部の「BTCUSDT」のところで取引したい通貨ペアをプルダウンから選択してクリックします。

右側の赤枠部の上から「分離 1X」にレバレッジとマージンモードを選択、「指値 成行 条件付き」に注文方法を選択、「利確/損切り」にチェックを入れ、価格を入力します。

最後に「ロング」または「ショート」ボタンをクリックすれば注文完了となります。

MEXCのレバレッジETF(現物取引)のやり方

MEXCのレバレッジETF(現物取引)のやり方

ここではレバレッジETFのやり方を解説します。

基本的に現物取引とやり方は同じで大まかな流れは以下の通りです。

レバレッジETFの流れ
  • STEP1:MEXCにログイン
  • STEP2:レバレッジETFの銘柄を選択
  • STEP3:注文内容の入力

以下で詳しく説明します。

STEP1:MEXCにログイン

MEXCレバレッジ「ログイン①」

まずはMEXCにログインしていきます。

公式サイトを開くと上記のような画面が開きます。

右上赤枠部の「ログイン」をクリックします。

MEXCレバレッジ「ログイン②」

するとログイン画面画面が表示されますので、赤枠部の上から「メールアドレス」と「パスワード」をそれぞれ入力して「ログイン」ボタンをクリックします。

MEXCレバレッジ「ログイン③」

次にBOT対策認証(人間が操作している確認)画面が表示されます。

赤枠部のように真ん中の丸いボタンをタップしながら右にスライドさせて、上側のパズルを完成させます。

2段階認証を設定している方は認証の画面が表示されますので、数字6桁を確認して入力して「次へ」ボタンをタップするとログインできます。

STEP2:レバレッジETFの銘柄を選択

MEXCレバレッジ「ETF取引方法①」

MEXCにログインするとホーム画面が表示されます。

上メニューの「ETFs」をクリックして「レバレッジETF」をクリックします。

MEXCレバレッジ「ETF取引方法②」

すると銘柄選択画面が表示されます。

赤枠部の「検索」に取引したい銘柄を入力すると下に表示されるので、その銘柄の右側にある赤枠部の「取引」ボタンをクリックします。

STEP3:注文内容の入力

MEXCレバレッジ「ETF取引方法③」

すると現物取引と同じ取引画面が表示されます。

赤枠部の上から「指値注文 成行注文 トリガー注文」に注文方法を選択、指値とトリガー注文の場合は「価格」に取引したい価格を入力、「数量」に取引したい数量を入力またはパーセンテージで選択します。

最後に「購入」ボタンをクリックすれば注文完了です。

MEXCでレバレッジ取引する時の注意点と失敗しないためのコツ

MEXCでレバレッジ取引する時の注意点と失敗しないためのコツ

レバレッジ取引は少額で大きな取引ができる一方でその分大きな損失が出る可能性もあります。

前述の通り、MEXCのレバレッジ取引は125倍までできますが仮に損失となって最悪の場合、元本すべてを失ってしまいます。

そのような事態に陥らないために失敗しないためのコツを紹介します。

ポイントとしては3つあります。

レバレッジ取引のコツ
  • 損切り設定をしておく
  • マージンモード設定で資金管理
  • 相場分析は根拠を持つ

レバレッジ取引は「危険」と言われるには、リスクを理解しないで取引をしてしまうからです。

上記コツを理解して取引に臨めば、リスクを最小限に抑えたトレードを目指せるので、ぜひ実践してみてください。

それでは詳細を解説していきます。

損切り設定をしておく

損切り設定をしておく

資金を減らさないために最重要なことは損切り設定をすることです。

設定しておくことにより設定額以上の損失を避けることができます。

MEXC レバレッジ「損切り設定」

上記の取引画面で損切り設定ができます。

赤枠部の「利確/損切り」の左横にチェックマークを入れると利確する価格と損切りする価格を入力できます。

「トリガー価格」に損切り価格を入力すれば設定完了です。

トレードは勝ちと負けを繰り返し、負けの損失よりも勝ちの利益が大きいから収益を得ることができます。

特に値動きの激しい仮想通貨市場で利益を残したいのなら、損失を限定させる損切設定は必須と覚えておきましょう。

マージンモード設定で資金管理

マージンモード設定で 資金管理

前述の通り、MEXCではクロスマージンと分離マージンモードが選べます。

これを分離マージンモードにしておくと強制ロスカットされた場合、当該ポジションを使用している証拠金のみが失われるので全資金が損失となることはありません。

MEXC レバレッジ「マージンモード設定」

上記の取引画面でマージンモード設定ができます。

右上の赤枠部の「分離 1X」をクリックすると中央にマージンモードとレバレッジ設定画面が表示されます。

赤枠部の「分離」ボタンをクリックして「確認」ボタンをクリックすれば設定完了です。

分離マージンモードにすると先物口座に入っている資金だけとなるので、当然ロスカットも早くなります。
しかし、レバレッジ取引は損失を限定することも勝つためには重要な事となります。

先ほどの損切設定と共に、自分が許容できる口座資金のみでトレードをすることも大切な事ですよ。

相場分析は根拠を持つ

相場分析は根拠を持つ

取引において相場分析は利益を得るために重要な指標となるものです。

相場分析したからといって確実に利益を得られるわけではありませんが、相場の動きを予想するには有効な手段と言えます。

間違っても上がると噂されていたからなどの不確定な情報をすぐに信じることはせず、なぜ利益をとれるのかという根拠があると損失を減らすことにも繋がります。

相場の分析には時間と経験が必要不可欠ですが、誰でも身に着けられる技術なので、今ではなく将来利益を得るためにチャートと向き合ってみてください。

MEXCのレバレッジ取引に関するよくある質問(Q&A)

MEXCのレバレッジ取引に関するよくある質問(Q&A)
レバレッジ取引はスマホアプリでもできますか?

スマホアプリでもレバレッジ取引は利用可能です。

やり方は以下の通りです。

MEXC レバレッジ「アプリ版先物取引」

ログインすると左の画面が表示されるので、下メニューの赤枠部の「先物取引」をタップします。

真ん中の画面のように取引画面が表示されるので、上から通貨ペア、マージンモードとレバレッジ、注文方法、注文価格、数量、利確/損切り価格をそれぞれ入力します。

下へスクロールすると右の画面のようになりますので、「ロング」または「ショート」ボタンをタップすると注文完了です。

借金するリスクはありますか?

ゼロカットシステムを採用しているため、証拠金以上の損失はありません。

しかし、借金リスクがないから無理なポジションを持つはNGです。

あくまでゼロカットシステムは相場の急変でロスカットや損切が間に合わない場合の「救済処置」と認識しておかないと、資金を減らすだけになってしまうので覚えておいてください。

MEXCのレバレッジ取引は日本人が利用しても問題ありませんか?

基本的には問題ありません。

金融庁に警告されたとしても罰則があるのは利用しているユーザーではなく、業者側なので日本人が利用しても違法にはなりません。

そのため、日本人が利用する分には問題ないのですが国内・海外問わず投資は「自己責任」です。自分で責任がとれる範囲での仮想通貨取引をするように心掛けることが重要です。

まとめ

MEXCのレバレッジ取引は上手く活用すれば効率よく稼ぐことができ、ゼロカットシステムのおかげで証拠金以上の損失になることもなく、レバレッジETFを取り扱っているなどメリットはたくさんあります。

とはいえ、レバレッジをかけすぎたりマージンモードをクロスモードにしていると損失リスクもその分大きくなります。

つまり、資金管理は徹底してご自身にあった取引スタイルで利益をあげていくことが重要と言えます。

ぜひ本記事を参考に、MEXCのレバレッジ取引のメリット・デメリットを理解し、大きな可能性のあるレバレッジ取引に挑戦してみてはどうでしょうか。

\【当サイト限定】取引手数料10%OFFキャンペーン実施中/

▼MEXCのさらに詳しい情報はこちら▼

これもう見たMEXC(MXC)の安全性と評判は?4つの長所と2つの短所を徹底解説

これもう見たMEXC(MXC)の口座開設から本人確認、2段階認証まで図解で徹底解説!

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次