まずは無料で仮想通貨投資始める

【初心者向け】おすすめの仮想通貨チャート分析ツール&サイトを紹介

スポンサーリンク
仮想通貨のテクニカル分析、チャート分析におすすめのツール&サイトを紹介 仮想通貨の始め方
スポンサーリンク

こんにちわ。じなんぼーです。

 

仮想通貨のチャート分析(テクニカル分析)やってますか?

 

僕は半年前まで、ほぼチャート分析やってませんでした。

それでも半年前までは資産を増やすことができていました。

 

ファンダメンタルズこそ最強!と考え、

「良いニュースが出たら買い、そこそこ値上がりすれば売る」これの繰り返しで資産が増えていたのです。

 

投資ビギナー
投資ビギナー

チャート分析しなくても勝てるなら、わざわざチャート分析する必要なくないですか?

じなんぼー
じなんぼー

半年前までは、チャート分析しなくてもある程度は勝ててました。

しかし、現状ではチャート分析無しで勝てるほど甘い世界ではありません。

 

半年前まで仮想通貨のチャートはほぼ右肩上がりで伸びてました。

つまり、仮想通貨を保有(ガチホ)しているだけで資産が増える。

寝ているだけでお金が増えてる

こんな状態ですw

 

しかし、2017年12月中旬を境に仮想通貨(ビットコイン)の暴落がはじまりました。

ビットコイン日足チャート

価格が徐々に下落していき、2018年11月25日現在では1BTC=40万円。

過去最高値から約6分の1の価格。

下落状況が続いている中、仮想通貨を保有(ガチホ)しているだけでは資産が減っていく一方です。

アルトコインガチホ民に朗報!下落相場でも追加資金ゼロで枚数増やす方法あります
...

 

また、現在では投機目的の大手機関投資家や世界中の超エリート達も仮想通貨に参入しています。

 

こんな状況下で、ファンダメンタルズのみで勝てるはずがありません。

 

そこで、チャート分析(テクニカル分析)が役立ちます。

 

特に短期トレード、スイングトレードやっている方は、チャート分析は勝つための必須ツールです。

KAZMAXさんニキさん響さんなど仮想通貨の有名トレーダーはもちろん皆チャート分析やっています。

 

ところが、チャート分析やったからと絶対に勝てるというものでありません。

あくまでチャート分析は、未来の値動きを予想するツール(指針)であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

だが、仮想通貨投資で勝っているトレーダーは皆チャート分析をやっているので、チャート分析に勝るツールはないと考えます。

 

そこで今回は、おすすめの仮想通貨チャート分析ツールをご紹介します。

仮想通貨チャート分析ツールは多数ありますが、その中でも有名トレーダの方や多くのトレーダーが利用しているものを厳選してご紹介します。

 

おすすめ仮想通貨チャート分析ツール

  1. Trading View
  2. bitbank.cc
  3. GMOコイン(ビットレ君)
  4. datamish
  5. Coinfarm

以上がおすすめの仮想通貨チャート分析ツールです。

一つ一つ詳しく解説していきます。

仮想通貨チャート分析ツール:Trading View(トレーディングビュー)とは?

トレーディングビューロゴ

TradingView(トレーディングビュー)は、世界中の何百万人ものトレーダーに愛用されているチャート分析サイトです。仮想通貨だけではなく、株や為替、先物など数多くのチャートを利用することができます。

 

ビットコインチャートはもちろん、約30種類のアルトコインチャートに対応し、200種類以上のテクニカル指標が利用できます。

 

また、PC、スマホ、タブレットと連動しており、保存したチャートを様々な端末で見ることができ、外出中はスマホでサクッとチャートチェックできます。

TradingView(トレーディングビュー)を使うメリット&デメリット

TradingView(トレーディングビュー)を使用するメリットとデメリットを解説します。

 

もちろんデメリットもあるのでしっかりと把握してください。

TradingViewを利用するメリット

  • 約30種類の仮想通貨チャート分析ができる
  • 200種類以上の高機能テクニカル指標・ツールが利用できる
  • PC、スマホ、タブレットを連動させ、どのデバイスでも同じチャートが見れる
  • アラート機能であらかじめ設定した価格やポイントに到達すると、画面上のポップアップ、SMS、メール等で即座に知らせてくれる
  • プラットフォーム内に自分のトレード戦略や分析・アイデアが公開できたり、他のトレーダーのアイデアを無料で見れ参考にできる
  • チャットルームでトレーダー同士が交流・情報交換できる
  • 様々な取引所のチャートがみれる
  • 無料機能で十分活用できる

以上がメリットです。

 

特にオススメのポイントは2つです。

複数のデバイスを連動させれる為、外出中でもどこにいてもチャートを確認できること。

200種類以上ある高機能のテクニカル指標を利用できることです。

 

また、ビットコイン価格はアメリカの取引所「bitfinex」が先行して動いていることが多いので、bitfinexのチャートと日本の取引所bitflyer等のチャートを同時に確認できることも大きなメリットです。

 

例えば、僕はZaifでビットコインFXやることが多いんですが、TradingViewでbitfinexのチャートを監視し、大きく価格が動いた後(初動確認後)にZaifでエントリーしても十分間に合うので、勝てることが多いです。

 

TradingViewを利用するデメリット

  • 無料版では機能制限がある(同時に表示できるインジケーターが3つまで、チャート保存が1つまで、チャートを複数表示できない等)
  • チャート上に広告表示される(有料版への案内等)

以上がデメリットです。

 

僕は現在、有料版のお試し版(30日間無料)を使っている最中で、広告表示されないのでかなり快適ですw

 

無料版でも十分有能ですが、多少の機能制限があります。

 

次に有料版と無料版の違いを解説します。

 

TradingView有料版と無料版を比較

トレーディングビュー価格表

プランの比較 無料 PRO PRO+ PREMIUM
二年毎に請求 無料 $9.95US 月々 $19.95US 月々 $39.95US 月々
毎年の請求 無料 $12.95US 月々 $24.95US 月々 $49.95US 月々
毎月の請求 無料 $14.95US 月々 $29.95US 月々 $59.95US 月々
レイアウト毎のチャート数 1 2 4 8
同時アクセス可能なデバイス数 1 1 2 5
サーバーアラート 1 10 30 200
保存したチャートレイアウト 1 5 10 無制限
表示できるインジケーター数 3 5 10 25

有料版と無料版の一番大きな違いは表示できるインジケーター数です。

 

僕も長らく無料版を使っていましたが、インジケーターを3つまでしか同時に表示できないのが一番の難点です。

サーバーアラートもよく利用していますが、同時に複数設定できる有料版の方がやはり使い勝手が良い。

 

また、上記に追加で有料版のみ「出来高プロファイル指標(価格帯別出来高)」というインジケーターが利用できます。これがまた超有能なんですよ。。。

【超有能】有料版限定インジケーター「出来高プロファイル指標(価格帯別出来高)」とは?

有料版限定インジケーター「出来高プロファイル」

赤丸で囲っているのが「出来高プロファイル指標(価格帯別出来高)」です。

 

これの何が超有能かと言うと、出来高を価格帯別で可視化できることです。

出来高プロファイルとは、価格水準ごとの出来高を表示するインジケーターです。出来高というと時系列の出来高の量と価格の動きで分析するのが一般的ですが、出来高プロファイルでは価格水準ごとの出来高を表示しています。

 

使用方法の例をあげます。上の画像を見てください。※黄色の棒グラフ(売り)、青の棒グラフ(買い)

 

現在価格は7378ドル。7100ドル付近を見るとほぼ青の棒(買い)グラフ一色になっていますね。つまり、今から下落しても7100ドル付近で買い圧力が強いためサポートされる可能性が高いということです。7348ドルからショートでエントリーするなら、7100ドルで反発する可能性が高い為、利確ポイントを7300ドル付近に設定するような使い方ができます。

 

また、出来高が多い価格帯はレンジ相場になりやすい傾向にあります。

 

この機能だけでも有料版を利用するメリットがあると思います。

 

しかし、すぐに有料版に申し込むのは絶対にやめましょう!!!

必ず無料お試し版で試してから有料版に切り替えましょう!

 

すぐに有料版を申し込むのは損です!必ず30日間の無料お試しを利用し有料版を申し込みましょう!裏技紹介

先ほども言いましたがすぐに有料版に申し込むのは絶対にやめましょう。

 

損します・・・

 

TradingViewの有料版を安く利用できる裏技をご紹介します。

 

先ほどお伝えしたとおり、まず有料版の30日間無料お試しを申し込みます。

 

そうするとすぐに下記のメールが届きます▼

トレーディングビューお試し

この時点で有料版に切り替えると通常価格の25%で有料版が利用できます。

しかし、まだこの段階で有料版に申し込みしないでください!

数日お試し版を使って見てください。

 

そうすると▼

すごくないですか?www

お試し期間最終日まで待つと通常価格から50%OFFで有料版を利用できるらしいです!

ひたすらお試し期間最終日まで待ってから有料版に移りましょう!

 

僕も現在、無料お試し期間を利用している最中なので、お試し期間最終日まで粘って有料版に切り替えようと思います。本当に50%OFFで有料版が利用できるのか確認してから、改めて皆さんに報告させてもらいます!

 

本当にメールがきて50%OFFで、申し込むことができましたwww

 

実際のメールがこちらです▼

トレーディングビュー50%OFFメール

 

 

出来高プロファイル機能が使える有料版の「PRO」なら月々約500円で利用できることになります。

 

有料版を使おうと思っている方は、まずは無料お試し版から申し込みましょう!▼

 

TradingViewの無料登録はこちら

(約1分でアカウント登録できます)

 

有料版にせずとも無料版でも十分に使えるので、よかったら一度使ってみてください。

 

しかし、TradingVewの無料版を使用するなら「bitbank.cc」のチャート機能を使うことも一つの手です。

bitbank.ccのチャート機能も大変優れています。

 

続いては、bitbank.ccのチャートをご紹介します。

bitbank.cc(ビットバンク)とは?

bitbankccトップ画面

まず、bitbank.ccとは2014年5月に設立された日本国内の仮想通貨取引所です。※以下、bitbankとする

 

国内最大規模の仮想通貨・ブロックチェーン関連ニュースサイト「ビットコインBTCN」の運営や国内唯一のブロックチャーンエンジニア向けの教育プログラム「ブロックチャーン大学」の運営も行っています。

 

また、XRP(リップル)を指値注文できることでも有名な取引所です。

 

仮想通貨の現物取引だけではなく、ビットコインの先物取引(レバレッジ取引)が可能な、「bitbank Trade」の運営も行っている。

 

では、なぜbitbankのチャート機能が優れているのか解説します。

「bitbank」チャート機能の特徴

bitbankチャート

bitbankのチャートは「TradingView」を使用しています。

 

つまり、TradingViewを無料で利用できることになります。

 

TradingViewの無料版では、インジケーターを同時に3つまでしか表示できませんが、bitbankでは3つ以上同時にインジケーターを表示させることができます。

インジケーターの種類も77種類と豊富です。

 

※TradingVIewの有料版で使用できる「価格帯別出来高プロファイル指標」は使用できないのでご注意ください。

 

また、bitbankは仮想通貨の取引所なので、チャート分析後すぐに仮想通貨売買が行えることも特徴の一つです。

 

4種類以上のインジケーターをチャート上に表示させて、チャート分析したい方はbitbankを使うことをオススメします。

 

bitbankのチャート機能を使用するには、bitbankに口座開設する必要があります。

無料で口座開設できるので、まだ登録していない方はこの機会に登録しておいた方が良いかと思います。

bitbankの簡単登録はこちら

 

 

次にご紹介するチャート分析ツールは、GMOコインが運営する「ビットレ君」です。

仮想通貨チャート分析アプリ:「ビットレ君」とは?

GMOコイン「ビットレ君」

「ビットレ君」とは、GMOコインが運営する仮想通貨FX専用スマホアプリです。

 

代表的なテクニカル分析指標が標準装備されており、シンプルで使いやすい。

もちろん、「ビットレ君」内でトレードも行えます。

 

特に、ビットコインFX(レバレッジ取引)やっていて、スマホでトレードしている方はチャート分析ツーツとして「ビットレ君」を使うことをオススメします。

 

▼から「ビットレ君」をダウンロードできます。

GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君
開発元:GMO Coin, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

「ビットレ君」の特徴

ビットレ君特徴

「ビットレ君」の特徴を箇条書きでご紹介します。

  • 10種類の代表的なテクニカル指標が利用できる
  • 12種類の時間軸の表示できる
  • チャート設定が非常に簡単
  • アプリならではの見やすいUI

10種類の代表的なテクニカル指標とは、

  • 単純移動平均線
  • 指数平滑移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • MACD
  • RSI
  • DMI/ADX
  • ストキャスティクス
  • RCI

以上9種類です。

どれも多くのトレーダーが利用しているテクニカル指標です。

 

また、チャートのテクニカル設定も非常に簡単で、見やすい画面表示です。

 

実際にGMOコイン(ビットレ君)でトレードしなくても、チャートのみ利用するだけでも十分利用メリットがあるのでぜひ使ってみてください。

 

※スマホアプリ「ビットレ君」を利用するには、GMOコインの口座開設が必要です。まだ、口座開設されてない方は、下記より無料で口座開設できます▼

GMOコインの簡単登録はこちら

(今なら口座開設するとビットコインが無料でもらえます)

 

datamishとは?

datamish

datamishは、ロング(買い)とショート(売り)のポジション量を可視化してくれるサイトです。

主に仮想通貨FXをやってる方は利用することをオススメします。

 

ツイッターやSNS上で、有名トレーダーが「ロングが溜まってる」や「ショートが溜まってる」といった発言を目にしたことがあると思います。

 

しかし、ロングやショートのポジション量を知ったところで、何に役に立つかわかりませんよね?

 

僕は少し前まで分かりませんでした、、、

ロングとショートのポジション量で何がどうなるのか?

トレードの世界は、誰かが儲けると一方は損をします。

トレードで勝つには他の誰かを損させる必要があります。

 

ここで、ロングとショートのポジション量が分かると、うまくいけば他の誰かを損させることができます。

 

例えば、ロング(買い)ポジションが大幅に溜まったとしましょう。※ロングを保有している人が大勢いる状態

あなたが大口トレーダーだとしたら、どのようにロングを保有している人を損させますか?

 

ショート(売り)を仕掛け、価格を下落させればロングポジションを保有している人は、損切り又はロスカットしなくはいけないので損をします。

 

つまり、ロングが溜まると価格が下落することがあるということです。

 

逆に、ショート(売り)が溜まった場合、価格が上昇することがあります。

 

しかし、これはあくまで目安なのでロングが溜まったから絶対に下落するとは限らないので注意してください。

 

参考程度にロングとショートのポジション量を見ることをオススメします。

 

datamishでポジション量を確認する

 

Coinfarm(コインフラム)とは?

coinframトップ画像

Coinfarmは、BitMEX(ビットメックス)のトップトレーダーの保有ポジションを無料で見られるサイトです。

この情報を見て、ミラートレードを行うこともできます。※あまりオススメしませんが、、、

ミラートレードとは、他人のポジションを真似ること。

 

BItMEXのトップランカーの保有ポジションが知れる

また、ポジションの保有比率だけではなく、実際トップランカーがどのようなポジションを保有しているのかも無料で見れます。

ビットメックスランカーポジション

トップ23位までのポジション保有が見れます。

含み益か含み損かも見れてしまいます。

 

ミラートレードは推奨しませんが、上級者がどちらのポジションを保有中か一目で分かるので、トレードの参考にはなるでしょう。

 

Coinframでトップランカーの保有ポジションを見る

まとめ

今回は、おすすめの仮想通貨のチャート分析ツールのご紹介でした。

 

ご紹介したチャート分析ツールは、どれも多くのトレーダーが利用しているツールなので安心して利用できます。

 

最後にもう一度、今回ご紹介した仮想通貨チャート分析ツールのおさらいです。

 

ぜひ、チャート分析を駆使し、精度の高い・根拠のあるエントリーができるようになってください。

 

僕もチャート分析を頑張って勉強します!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

コメント