まずは無料で仮想通貨投資始める

【仮想通貨セキュリティ対策】ハードウェアウォレット購入資金が無い方へ

スポンサーリンク
ハードウェアウォレットを購入する資金が無い方へ おすすめの仮想通貨保管方法のご紹介 仮想通貨の始め方
スポンサーリンク

こんにちわ。じなんぼーです!

 

仮想通貨のセキュリティ対策は万全ですか?

 

購入した仮想通貨をどこで保管していますか?

いまだに取引所に仮想通貨を保管していませんか?

 

今年に入って国内仮想通貨取引所大手のコインチェックとZaifが仮想通貨ハッキング遭い、多額の仮想通貨が盗まれるという事態がおきました。

 

僕はコインチェックとZaifの両取引所に仮想通貨を保管しており、両方でハッキングの被害に遭いました。全く勉強しない男です。

 

なぜ僕が取引所に仮想通貨を置きっ放しにしていたかは、仮想通貨を取引所以外で保管するにはハードウェアウォレット(約1〜2万円程)を購入しか方法が無いと思っていたので、金銭的にもったいなく感じ取引所に置きっぱなしでした。

 

さすがに僕でも2度ハッキング被害に遭うと、ハードウェアウォレットの購入を検討しました。

 

しかし、色々とハードウェアウォレットの事を調べていると、ハードウェアウォレットを購入しなくても無料で尚且つ安全に仮想通貨を保管できるウォレットがいくつかありました。

 

そこで今回はハードウェアウォレットを購入するほど資金に余裕が無い方や、仮想通貨取引初めて間もない方に、おすすめの無料で尚且つ安全に仮想通貨を保管できるウォレットのご紹介します。

 

仮想通貨を安全に保管したいがハードウォレットを購入する資金が無い方は参考になるかと思います。

 

そもそも仮想通貨のウォレットって何?

仮想通貨ウォレットとは?

仮想通貨のウォレットとは、簡単に言えば「仮想通貨を保管する場所」です。

仮想通貨を保管しておく場所=ウォレットと思って下さい。

 

ウォレットには様々な種類がありますが、大きく下記の3種類に分類されます。

  • オンラインウォレット
  • ソフトウェアウォレット
  • ハードウェア(コールド)ウォレット

各種特徴があるので解説していきます。

オンラインウォレットとは

オンラインウォレットとは、文字どおり「オンライン(インターネット)上で仮想通貨を保管する場所」です。

オンラインウォレットは2種類あります。

  • 取引所
  • ウェブウォレット

取引所

取引所とは、コインチェック等の仮想通貨取引所で仮想通貨を保管することです。

コインチェックとZaifがハッキングに被害に遭った原因は、オンラインウォレットに仮想通貨を保管していたからです。常にインターネットと接続しているためハッカーに狙われました。

※取引所は原則、ユーザーが取引する必要最低限の仮想通貨以外はコールドウォレットに保管しています。

 

アメリカの格付け機関である「ICORating」が、1日の取引高が100万ドルを超えている世界各国の主要な仮想通貨取引所100社の「セキュリティの強さ」をランキング形式でまとめたレポートを2018年10月に公開しました。

このレポートによると、1位はCoinbasePro(アメリカ)、2位Kraken(アメリカ)、3位BitMEX(アメリカ)です。日本の取引所としてはBitbankが22位にランクインしています。

しかし、その他の日本の取引所は30位内にはランクインしていません。

 

あくまで取引所は仮想通貨を売買する場所なので、売買で使用する目的以外(長期投資分)の仮想通貨を取引所で保管することはやめましょう!

また、ハッキング被害に遭わなくても取引所の倒産リスクもあるので、なおさら取引所での仮想通貨保管はやめましょう!

取引所に仮想通貨を保管するメリット・デメリット

メリット

  • いつでもリアルタイムで仮想通貨取引できる
  • 簡単に仮想通貨の送金が行える

デメリット

  • ハッキング被害に遭う可能性がある
  • 取引所が倒産するリスクがある

 

ウェブウォレット

ウェブウォレットとは、ID/PASSを入力して利用するWEB上のサービスです。ウォレット作成も非常に簡単です。

有名なウェブウォレットは、BLOCKCHAIN(ビットコイン)やMyEtherWallet(イーサリアム、ERC20トークン)

このようなウェブウォレットは、ウォレット作成時に「秘密鍵(Private Key)」が表示されます。この秘密鍵が知らない人に知れ渡るとハッキングされる可能性が極めて高くなるので、秘密鍵の保管方法に十分注意が必要です。

秘密鍵は基本的に紙に記入か、印刷するかしてオフラインで保管しましょう!

ウェブウォレットを使用するメリット・デメリット

メリット

  • 簡単にウォレットを作成できる
  • ログインに必要な情報があれば、いつでもどの端末でも利用できる

デメリット

  • 特定の仮想通貨しか対応していない
  • ハッキング被害に遭う可能性がある

ソフトウェア(モバイルアプリ)ウォレットとは

ソフトウェア(モバイルアプリ)ウォレットとは、簡単言えば「パソコンやスマホにソフトウェア(アプリ)をインストールして使うウォレット」です。クライアント型ウォレットとも言われます。

 

このソフトウェアウォレットが今回あなたにご紹介したいウォレットです。

 

ソフトウェアウォレットは前述したウェブウォレットと違い、自分のパソコンやスマホにソフトウェアをインストールして使用するためローカル環境で管理が行えます。

また、他人(第三者)に管理を委ねないため、自分で管理できる安心感があります。

 

 

しかし、ソフトウェアウォレットもウェブウォレット同様に、秘密鍵を他人に知られないよう厳重に保管する必要があります。

 

ハッキングリスクはウェブウォレットに比べ低いですが、パソコン自体が壊れたり、ウイルスに感染したりする恐れがあるのでウイルス感染には十分注意してください。

ソフトウェア(モバイルアプリ)ウォレットを使用するメリット・デメリット

メリット

  • 簡単にウォレットを作成できる
  • ウェブウォレットに比べセキリュティー性能が高い
  • 無料で利用できることが多い

デメリット

  • パソコンやスマホの損傷で仮想通貨を引き出せない可能性がある
  • PC自体がハッキング被害に遭う可能性がある

 

次におすすめのソフトウェアウォレットをご紹介します。

今回ご紹介するウォレットはスマホで手軽に仮想通貨を一元管理できるもです。

【Ginco(ギンコ)】おすすめソフトウェア(モバイルアプリ)ウォレット

ginco(ギンコ)とは

Gincoとは、スマホで簡単かつ安全に仮想通貨の保管・運用ができるモバイルウォレットアプリです。

 

ビットコインやイーサリアム、リップルといった複数の通貨に対応しているので一元管理が可能。

取引所に比べ安全に仮想通貨を保管・運用できます。

また、シンプルなインターフェイスで直感的に操作が行えます。

 

Gincoを使用するメリット

  • 無料でサービスが利用できる(アプリ価格0円、入金手数料0円、送金手数料0円※ブロックチェーンの仕組み上最低限発生するもののみ)
  • 17種類の仮想通貨に対応している(Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Litecoin、XRP、Ethereum Classic、Augur、DigixDAO、Enigma、OmiseGO、0x、Kyber、Zilliqa、Zilla、Status、Decentraland、Swissborg)※今後も取扱仮想通貨を増やしていく模様
  • 高水準のセキュリティを担保している
  • シンプルさを追求したインターフェイス
  • 資産状況を把握するポートフォリオ機能搭載
  • 今後、仮想通貨同士を交換する両替機能や法定通貨から仮想通貨を購入する機能を順次対応していく
  • Airdropに参加できる

※Airdropとは、トークン(仮想通貨)を発行している団体(企業)が、通貨を配布し、自身のプロジェクトをプロモーションすること。

メリットを簡単に説明すると、無料で高水準のセキュリティ対策がなされたウォレットを簡単に使えるということです。

Gincoを使用するデメリット

  • 秘密鍵やバックアップは全て自己管理
  • スマホでしかサービスを利用できない
  • ハードウェアウォレットに比べセキュリティ性能があまい

秘密鍵やバックアップはセキュリティを担保する上で、自己管理するのは当然ですので仕方のないことだと思います。

また、スマホのみで利用できるサービスなのでどうしてもパソコンで管理したい方はハードウォレットを利用することをおすすめします。

セキュリティ面はハードウェアウォレットに比べればやはり劣ります。

 

Gincoはこんな人におすすめです

  • 無料で安全なウォレットに仮想通貨を保管したい人
  • ハードウォレットを購入するほど仮想通貨を保有していない人
  • とりあえず取引所とは別のところで仮想通貨を保管しようと思っている人
  • 保有している仮想通貨を一元管理したい人

ざっくりこんな感じです。

しかし、あくまで仮想通貨の保管方法は分散して保管することをおすすめします。一つのところに全ての仮想通貨を保管することはやめましょう!

 

逆にGincoを使わない方が良い人もお伝えします。

  • 多額の仮想通貨を保有している人
  • 今ある最高峰のセキュリティ上で仮想通貨を保管したい人

 

 

Ginco(アプリ)のインストールはこちら

※約1分で無料登録できます。

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco – 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットとは、「仮想通貨を安全に保管するデバイス」のことです。

 

前述したように仮想通貨はインターネット上で保管しているとハッキングのリスクがあります。

しかし、ハードウォレットは完全にインターネットから遮断したオフライン環境で仮想通貨を保管するのでハッキング被害に遭うことがありません。

また、万が一ハードウェアウォレットを紛失・盗難に遭った場合でも、リカバリーフレーズがあるので新しいハードウェアウォレットを購入すれば元どおり復元可能です。

 

上記のことから仮想通貨を一番安全に保管するならハードウェアウォレットが最強です。

ハードウェアウォレットを利用するメリット・デメリット

メリット

  • 完全なオフライン環境で安全に仮想通貨を保管できる
  • 万が一ウォレットを紛失・故障しても復元可能

デメリット

  • 購入コストが1〜2万円程かかる
  • リカバリーフレーズを忘れると万が一の時に復元できない

 

数十万〜数百万単位で仮想通貨を保有している方や長期運用を検討している方は、ハードウェアウォレットを使用すると良いでしょう。

 

次におすすめのハードウェアウォレットをご紹介します。

おすすめハードウェアウォレット

上記の2種類がおすすめです。

ハードウェアウォレットを購入する際は、中古品や正規代理店以外の商品を購入することは避けましょう。中古品や非正規の代理店から購入すると、ウイルスが仕込まれている可能性も考えられます。

 

Ledger Nano S(レジャーナノS)とは

Ledger Nano S(レジャーナノS)とは、ビットコイン、ライトコイン、イーサリウム、 リップルを始め、数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレットです。

堅牢なセキュリティで仮想通貨を守ります。 Chromeアプリケーションが動作する全てのコンピューターにUSB接続可能です。

金額・・・15,800円〜

Ledger Nano Sの詳細はこちら

TREZOR(トレザー)とは

TREZOR(トレザー)は、ビットコイン、イーサリアム、ネム等の20種類以上の仮想通貨を安全に保管・管理できるハードウェアウォレットです。

PCで入力される情報がウイルスやハッキングで読み取られたとしても、TREZOR(デバイス)と物理的な承認作業を行わないと送金が不可能なため、安心安全な保管を実現します。

金額・・・9,800円〜

TREZOR(トレザー)の詳細はこちら

 

まとめ

今回は、無料で仮想通貨を安全に保管できるウォレットのご紹介でした。

 

まだ取引所に仮想通貨を保管している方は、ぜひソフトウェアウォレットのGincoを利用してみてはいかがでしょうか?

 

お金に余裕がある方や現状一番セキュリティが高い方法で仮想通貨を保管したい方は、ハードウェアウォレットを購入することをおすすめします。

 

何回も言いますが仮想通貨は一旦盗ませると基本的に戻ってこないものなので、保管には十分注意してください!

 

Ginco(アプリ)のダウンロードはこちら

※約1分で無料登録できます。

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco – 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

コメント