仮想通貨専門情報サイト「ジナコイン」開設

Exness(エクスネス)入金ガイド|各種入金方法や手数料、着金時間などを徹底解説

海外FX業者「Exness(エクスネス)」入金ガイド!入金方法や手数料、着金時間を徹底解説Exness
この記事をざっくり言うと・・・
  • Exness(エクスネス)への入金方法でおすすめは国内銀行送金とbitwallet
  • Exnessの入金方法は8種類
  • Exnessへの各入金方法を解説
  • Exnessへ入金する際の注意点
  • Exnessの入金に関するQ&A

Exness公式サイトへ

海外FX業者「Exness(エクスネス)」への入金方法は8種類

Exnessへの入金方法は8種類

Exnessは無制限レバレッジ、高い約定力、狭いスプレッドなど取引環境の充実に非常に力を入れている海外FX業者です。

入金方法に関しても非常に幅広く対応しており、8種類の入金方法を準備しています。

Exnessの入金方法一覧
入金方法取り扱い通貨最低入金額1回の入金限度額反映時間
国内銀行送金JPY・USD10ドル(日本円で1,000円相当)4,400ドル(日本円で50万相当)最短20分~最大24時間
クレジット/デビットカードJPY・USD・EUR・RUR10ドル100,000ドル即時
bitwalletJPY・USD10ドル25,000ドル即時
STICPAYJPY・USDなど20種類10ドル10,000ドル即時
Perfect MoneyUSD50ドル100,000ドル即時
WebMoneyUSD・EUR10ドル1,000,000ドル即時
BitcoinBTC10ドル制限なし最大72時間
TetherUSDT10ドル制限なし最大72時間

Exnessは入金手数料は無料です。しかし、決済機関側の手数料は自己負担となります。

Exnessの入金方法の特徴が最低入金金額が10ドル(約1,100円)からと非常に低いこと。Exnessは口座開設ボーナスなどを一切行っていない業者なので、少ない資金で2,000倍のレバレッジを試したい方にはありがたい入金額と言えます。

また、他の海外FX業者でも扱っている入金方法を一通り取りそろえている点も、他社からの乗り換えや、2つ目のFX会社としてExnessを使う場合、資金管理が統一できる利点となるでしょう。

次章から、各入金方法の詳細を解説していますので、自分に最も合った入金方法を探す参考にしてください。

Exness(エクスネス)へ国内銀行送金での入金方法

Exnessへ国内銀行送金での入金方法

Exnessは2021年8月より国内銀行送金へ対応したため非常に使いやすくなっています。

国内銀行送金の入金手順は次のようになっています。

マイページより入金手続きを開始

Exnessマイページ

Exnessのすべての入金はExnessのマイページ(パーソナルエリア)にログインし、左側の「入金」から開始します。

入金方法選択

画面が切り替わり各入金方法を選択できる中から、国内銀行送金の場合は「Offline bank transfer in Japan」を選択します。

入金額入力

次に、入金額を入力します。

入金金額の入力手順

①:Exnessの口座を複数作っている場合、入金先口座を指定

②:金額を入力

金額は金額入力部分の下に書いてある金額の範囲内で入力します。

(画像の場合は1,150円~499,858円の範囲)

入力が終わったら「続ける」をクリック。

入金額確認画面

入金額の確認画面となるので問題なければ「確定」をクリックします。

入金先を確認し銀行から入金手続きをする

入金先情報

この画面に切り替わったら「支払い詳細を受け取る」をクリックし、入金先の情報を開きます。

入金先情報2

後は金融機関から入金先へ振り込むだけなのですが、国内銀行送金を利用する際に注意点が4つあります。

国内銀行送金の注意点

①:振込名義人欄には「振込ID+Exnessへ登録した氏名」を入力する

②:入金手続きは入金ごとに行う

③:Exnessで入金手続きが完了してから6時間以内に振込む

④:平日23:00以降、土日祝日18:00以降の入金は翌営業日に口座に反映される

注意点の内、①番と②番を忘れてしまうと、サポートに問い合わせしなければ入金が反映されない場合があるので気を付けてください。

Exness(エクスネス)へクレジットカードでの入金方法

Exnessへカードでの入金方法

2022年1月現在、Exnessの入金ではクレジットカード、デビットカードはJCBのみが対応しています。(VISA・MasterCadeは停止中)

またクレジットカード・デビットカードは「物理的に発行されたカード」「3Dセキュアに対応しているカード」のみが入金に使用できます。

3Dセキュアとは?

インターネットショッピングなどでクレジットカード決済を安全に行うための、本人認証サービスです。

具体的には、カードを使用した際に本人確認のためにSNSで確認コードが送られてくるカードのことを言います。

以下で、カードでExnessに入金する場合の手順を解説していきます。

カード入金選択

クレジットカード・デビットカード入金は先ほどの国内銀行送金と同じように「マイページ」から「入金」を選択し、「Bank Card」をクリックします。

入金金額入力

次に、入金先口座を選択して金額を金額の下に表示してある金額の範囲内で入力し、「続ける」をクリック。

カード情報を入力

画面が切り替わったら、入金で使用するクレジットカード・デビットカードの「カード番号」「カード名義人」「有効期限」「CVV/CVCコード」を入力します。

ちなみに、カード情報は1度登録すると次回からは登録したカード情報を選択するだけとなります。

すべての入力が完了したら「続ける」をクリックします。

最後に、入力事項の確認画面が表示されるので内容に間違いがなければ「確定」をクリックすれば、入金処理は完了となります。

Exness(エクスネス)へオンラインウォレットでの入金方法

Exnessへオンラインウォレットでの入金方法

Exnessの入金で使えるオンラインウォレットは「bitwallet」「STICPAY」「Perfect Money」「WebMoney」の4種類がありますが、「Perfect Money」「WebMoney」は下記の理由で日本では使いにくいオンラインウォレットとなります。

  • Perfect Money:日本語の対応が悪く、日本円の取り扱いがない、海外銀行送金のため手数料が高い
  • WebMoney:日本語対応が無い、日本円の取り扱いが無い(コンビニなどで使えるWebMoneyとは別のもので、こちらはロシアで作られたオンラインウォレットです)

そのため、実質は「bitwallet」と「STICPAY」のみとなりますが、両方とも海外FXでは採用の多いオンラインウォレットですから、問題ないでしょう。

オンラインウォレットを使ってExnessへ入金する際の注意点が1つ。

注意点:オンラインウオレットに登録したメールアドレスとExnessへ登録したメールは同じでなければいけない

メールアドレスが違うと入金を受け付けてもらえないので、登録したメールアドレスが違う場合、どちらかのメールアドレスを登録しなおし、再度入金手続きをすることになってしまいます。

オンラインウォレットの入金手順は「bitwallet」を例に解説していきます。

オンラインウォレット選択

オンラインウォレットは入金方法選択画面で画像の4つの中から自分が入金に利用する入金方法を選択します。

入金金額入力

オンラインウォレットの場合も他と同じく、入金先口座を選び、「金額」の下に表示している金額の範囲内で金額を入力し「続ける」をクリックします。

入金金額確認

画面が切り替わり確認画面となるので、入力に間違いがなければ「確認」をクリック。

ウォレット側処理画面

そうすると、この画像のように(画像はbitwallet)各オンラインウォレットの処理画面に切り替わるので、各ウォレット側で入金処理を行えば即時入金が反映されます。

Exness(エクスネス)へ仮想通貨での入金方法

Exnessへ仮想通貨での入金方法

Exnessでは「Bitcoin」と「Tether(USDT)」の2種類の仮想通貨で入金が可能となります。

仮想通貨での入金は、マイニング手数料がかかり、入金反映まで最大で72時間かかることから、上記2種類の仮想通貨をすでに持っていている方が使う入金方法と言えるでしょう。

仮想通貨で入金する場合は「Bitcoin」と「Tether(USDT)」で入金手順が違うので別々に解説していきます。

Bitcoinで入金する手順

ExnessにBitcoinで入金する場合は次の手順となります。

  1. BitcoinウォレットからExnessのBitcoin専用口座に入金
  2. Bitcoin専用口座から取引口座に資金移動

この2工程についてそれぞれ解説していきます。

①BitcoinウォレットからExnessのBitcoin専用口座に入金

入金方法選択

Bitcoinでの入金は「マイページ」から「入金」を選択後、入金方法選択画面で「Bitcoin(BTC)」を選びます。

Bitcoin入金確認

確認画面になるので「続ける」をクリック。

ウォレットアドレス

そうするとウォレットアドレスとQRコードが表示されるので、この情報を元にBitcoinウォレット側から入金処理をします。(入金金額はBitcoinウォレット側で入力します。)

ウォレットアドレスは自分専用の入金用アドレスとなる、次回入金時もそのまま使うことができます。

②Bitcoin専用口座から取引口座に資金移動

資金移動方法1

Bitcoin専用口座から取引口座への資金移動は、マイページの上部の金額が表示している部分をクリックし、画像のように「ビットコインウオレット」の「内部振替」を選択します。

資金移動方法2

次に「ご自身の口座へ」をクリック。

資金移動方法3

画面が切り替わるので、「入金先口座」(資金移動先口座)を指定し、金額を入力し「続ける」をクリックします。

そうすると、あらかじめ設定してあるメールアドレスもしくは携帯のショートメッセージに「6桁の認証コード」が送られてくるので、コードを入力すればBitcoinでの入金は完了となります。

認証コードなどの送り先設定について

認証コードの送り先の設定はマイページから変更可能です。

セキュリティ設定1

変更方法はマイページの「設定」から「セキュリティ設定」を選択。「2段階認証」部分の「変更」をクリックします。

セキュリティ設定2

そうすると、メールアドレスと電話番号のどちらかを選べるので選択し、「次へ」をクリック。

選択した送信先に「認証コード」が送られてくるので、6桁の認証コードを入力すれば変更することが可能です。

Tether(USDT)で入金する手順

入金方法選択

Tether(USDT)でExnessに入金する場合は、マイページで「入金」を選択し、入金方法選択画面から「Tether(USDT OMNI)」を選択。

入金先口座選択

画面が切り替わったら、「入金先口座」を選び「続ける」をクリック。

入金先アドレス

入金先アドレスとQRコードが表示されるので、Tetherのウォレットで金額を指定し入金処理すれば、トランザクションが完了次第Exnessの指定口座に入金が反映されます。

Tetherに関してもアドレスは自分専用となるので、2回目以降は同じアドレスで入金処理をすることが可能です。

Exness(エクスネス)に入金する際の注意点

Exnessに入金する際の注意点

Exnessに入金する際は以下の5点に注意してください。

  • 口座タイプで初回最低入金額が異なる
  • 口座開設の進捗具合によって入金制限がある
  • 口座残高でレバレッジ制限がかかってしまう
  • 入金する際は出金方法まで考える必要がある
  • 入金者名義はExnessに登録した名前と一緒でなければいけない

それぞれの注意点について詳しく解説していきましょう。

口座タイプで初回最低入金額が異なる

Exnessは4種類の口座タイプを準備していますが、口座タイプによって初回最低入金額が違います。

口座タイプ別の初回最低入金額
口座タイプ初回入金額
スタンダード口座10ドル
ロースプレッド口座1,000ドル
ゼロ口座1,000ドル
プロ口座1,000ドル

ただし、この制限は初回入金のみとなり、各口座への2回目の入金からは10ドルから入金することができます。

ちなみに、初回入金に使った1,000ドルを資金移動で他の口座に移動すると、他の口座も初回入金条件をクリアしたとみなされ、次回入金は10ドルから可能になります。

新規口座開設の進捗具合によって入金制限がある

Exnessで新規口座開設をする場合、口座開設の進捗は次の3段階に区分され、進捗具合によって入金や取引の制限を受けてしまいます。

新規口座開設の進捗状況による入金制限
新規口座開設の進捗具合入金制限
「新規口座開設」が完了入金不可
「連絡先の認証/個人情報の登録」まで完了

合計で2,000ドルまで入金可能

入金方法は「国内銀行送金」「bitwallet」「STICPAY」「webMoney」のみ選択可能

「プロフィールの登録/確認書類の提出・承認」まで完了入金額・入金方法の制限は無くなる

「連絡先の認証/個人情報の登録」まで完了していれば約20万円まで入金でき、リアルトレードが可能なのですが、出金申請ができない状態です。

確認書類は本人確認書類と住所確認書類の2点のみで、すべての新規口座登録作業は10分程度で終わってしまうので、最初にすべて終わらしてしまったほうが、後からの面倒は少ないでしょう。

なお、詳しいExmessの口座開設手順についてはこちらの記事で解説しているので参考にしてください。

口座残高でレバレッジ制限がかかってしまう

口座残高によるレバレッジ制限
口座残高利用可能な最大レバレッジ
0ドル~999ドル無制限(ただし適用条件アリ)
0ドル~4,999ドル2,000倍
5,000ドル~29,999ドル1,000倍
30,000ドル以上500倍

Exnessの最大レバレッジは上記制限があるため、レバレッジ無制限を利用するためには口座残高を約10万円以下に抑えなければいけないのです。

また、他社と比べても圧倒的なレバレッジ2,000倍を利用するためには口座残高を約50万円以下に調整する必要がある点も注意点です。

入金する際は出金方法まで考える必要がある

Exnessは以下の出金ルールがあるため、入金の際は出金方法まで考えて入金方法を選択したほうが良いでしょう。

Exnessの出金ルール
  • 入金方法と出金方法は同一でなければいけない
  • 例外としてクレジット/デビットカードへの出金は、入金額まではカードへ出金、利益分は他の出金手段を利用する
  • 出金の優先順位は「カード」>「仮想通貨」>「その他の出金手段」

例えばクレジットカードで10万円入金、仮想通貨で5万円入金、その国内銀行送金で15万円入金して100万円の口座残高になった場合。

  1. 最初にクレジットカードへの10万円の出金処理をする。
  2. 次に仮想通貨への出金処理をする(入金額以上の金額でもOK)。
  3. 最後に国内銀行送金へ出金申請をする。

この措置はマネーロンダリング防止の観点から、Exnessのみに限らず他の海外FX業者でも設定している出金ルールです。

マネーロンダリングとは?

マネーロンダリングとは日本語で「資金洗浄」と言い、違法な手段で入手したお金を架空口座や他人名義口座などを利用して移動させることによって正当に得たお金と見せかける行為のことを言います。

FXなどの金融商品口座などを利用する場合もあるため近年規制が厳しくなっています。

上記の出金ルールと違った出金申請をしてしまうと出金申請のやり直しになってしまうので、できるだけ入金方法は統一することをおすすめします。

入金者名義はExnessに登録した名前と一緒でなければいけない

これは、先ほど話したマネーロンダリング防止の観点から海外FXでは常識となり、登録した名前と違う名義の口座やカードからの入金は一切受け付けてもらえません。

もちろん、出金に関しても同じルールとなっています。

このルールを無視して入金しようとした場合、口座凍結などのペナルティを受ける可能性が十分にあるので注意してください。

Exnessへのおすすめ入金方法

Exnessへのおすすめ入金方法

Exnessへのおすすめ入金方法は「国内銀行送金」「bitwallet」の2つ。

それぞれのおすすめ理由を以下で解説します。

国内銀行送金での入金をおすすめする理由

EXnessへの入金方法で銀行送金をおすすめする理由は以下の3点。

  • 国内送金に対応しているので「リフティングチャージ」がかからない
  • マネーロンダリングなどの出金制限がない
  • 他の決済機関を間に挟まないので手間が少ない
リフティングチャージとは?

リフティングチャージとは海外送金の際通貨の両替を伴わない場合、つまり円で送金し海外で円で受け取る時に発生する手数料のことを言います。

通常は2500円から5,000円程度の手数料が発生し、銀行ごとに違い、中継銀行がある場合も変わってくる手数料です。

通貨の両替がある場合(円から米ドルなど)はリフティングチャージは発生しませんが代わりに為替手数料が発生するため、海外送金の際は必ず手数料を考えた金額で送金する必要があります。

Exnessの国内銀行送金は1回の入金限度額が約50万円までと若干少ないですが、「他の決済機関に入金→Exnessへの入金」などの手間が少なく、リフティングチャージが必要ないので手数料が少ない入金方法です。

また、他の入金手段に比べて若干入金反映までの時間がかかりますが、他の海外FX業者の銀行送金に比べて全然早い部類に入り、急ぎでなければ問題ない安定的な入金手段と言えます。

bitwalletでの入金をおすすめする理由

Exnessへの入金でbitwalletを利用するメリットは以下のようになっています。

  • 入金の反映時間が早い
  • bitwalletと銀行口座間の手数料が安い(一律824円)
  • 多くの海外FX業者で採用している入出金方法
  • 1回の入金限度額が高い(25,000ドル)

bitwalletは複数のFX業者を使い分けるのならば、FX資金の一括管理先として最適です。

また、Exnessの場合は手数料を少なくして、大きな資金(50万円以上)をスピーディーに入金する方法としても活用できます。

ただ、bitwalletのアカウントを持っていない場合はbitwalletを作る手間があるので、「入金額が高額でない」「Exnessのみで取引する方」は国内銀行送金の方が良いでしょう。

複数の海外FXで口座を持つことを考えているのであれば、こちらの記事を参考に検討してみてください。

また、bitwalletについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、興味のある方は読んでみてください。

Exness(エクスネス)の入金に関するQ&A

Exnessの入金に関するQ&A

Q.入金が口座に反映されない場合の対処方法は?

A.入金反映時間を過ぎても口座に入金が反映されない場合は、最初にこの記事で解説した通りに入金手続きをしたのかを確認しましょう。

それでも、原因がわからない場合はサポートにメールで連絡して確認してもらいます。

Exnessサポートデスク:support@exness.com

Exnessのサポートへ連絡する際は次の4つの情報を一緒に送る必要があります。

  • 入金を確認できるもの(入金明細などのスクリーンショット)
  • 取引口座番号
  • 入金日
  • シークレットワード(フォンパスワード)

シークレットワード(フォンパスワード)は初めてExnessへ問い合わせした際にメールで送られてくる問い合わせ用パスワードとなり、初回の問い合わせでは必要ありません。

(シークレットワードは今後の問い合わせでは必要になるので保存しておくようにしてください)

入金が受け付けてもらえない、エラーが出るなどの場合も、同じ手順でサポートに問い合わせすることが可能です。

Q.クレジットカードで入金拒否されるのはなぜ?

A.Exnessに限らず、海外FXへクレジットカードを使って入金する際に、入金できないと言う状況が近年多くなってきました。

これは、クレジットカードの不正使用を防止するために、クレジットカード会社が海外FXへの入金を禁止している場合に起こってしまいます。

クレジットカード会社側が入金にクレジットカードを使うことを禁止している場合は、解除の方法はなく、別の入金手段を使うしかありません。

Exness(エクスネス)入金まとめ

Exnessの入金は基本的に国内銀行送金を利用し、「入金額が大きい」や「bitwalletを持っている」場合などはbitwalletが入金もスムースで手数料が安いので使いやすいでしょう。

ですが、この記事で解説した注意点を守らないと余計な手間が増えてしまうので、初めて入金する前にもう一度自分が利用する入金方法の手順を読んでみてください。

入金はExnessのレバレッジ無制限、ロスカット水準0%などの魅力を堪能する準備でしかありません。

ぜひ、この記事を参考にスムーズに入金を終わらせ、有意義な取引を始めてください。

Exnessの新規口座開設はこちらから

海外FXで負けないための教科書を無料公開中!

海外FXの教科書

海外FX初心者必見!
「何からはじめればいいの?」「取引するために必要なものは?」「どんな知識が必要?」など初心者に必要な情報をステップ形式で学べます。

近日公開予定

海外FXはボーナスを活用してお得にトレードすべし!

海外FXはボーナスを活用してお得にトレード

海外FX業者の中には口座開設するだけで20,000円のボーナスがもらえる業者や入金すると証拠金が2倍になる100%入金ボーナスを開催している業者があります。

例えば、口座開設して20,000円のボーナスを受け取り、さらに100,000円入金して10万円のボーナスを受け取ると、100,000円しか入金していないのに口座開設ボーナスと入金ボーナスを合わせて220,000円からトレードを開始できます。

このように、海外FX業者特有のボーナスを活用することでおトクにトレードできるので、ぜひボーナスを活用してください!

お得な海外FX業者一覧を見る

海外FX歴10年の私が厳選したおすすめ海外FX業者!

海外FX歴10年の私が厳選したおすすめ海外FX業者!

海外FX歴10年、今まで使ってきた海外FX15社以上の私が厳選しておすすめする海外FX業者を紹介しています。

また、おすすめと言っても、トレードスタイルや目的別でおすすめする業者は変わってくるので、初心者向けの業者や取引コストが安い業者、ボーナスが豊富な業者など、あなたの目的にあった業者をご紹介!

おすすめ海外FX業者を見る
Exness
ジナキャッシュ

コメント