仮想通貨専門情報サイト「ジナコイン」開設

Exness(エクスネス)のスプレッドは狭い!?口座別で他海外FX業者と徹底比較!

Exness(エクスネス)のスプレッドは広い?口座別や他社と比較して徹底解説 Exness
この記事をざっくり言うと・・・
  • Exnessのスプレッドはゴールド取引に最適!
  • Exnessの口座をスプレッドで選ぶのならプロ口座がおすすめ!
  • Exnessの各口座のスプレッドの特徴
  • Exnessとメジャーな海外FX業者のスプレッドを比較
  • Exnessのスプレッドが広がるタイミング
  • Exnessのスプレッドに関するQ&A

Exness公式サイトへ

これもう見た?Exness(エクスネス)の口座開設方法完全ガイド|23枚の図解で解説

Exness(エクスネス)の各口座のスプレッドの特徴

Exnessの各口座のスプレッドの特徴

Exnessはレバレッジ無制限で人気ですが、スプレッドが狭い海外FX業者としても有名です。

スプレッドは取引コストとしてトレーダーの負担となるものですから、狭いに越したことはありませんよね。

結論から言えば、Exnessは海外FX業者の中ではトップクラスにスプレッドが狭い業者です。

このスプレッドの狭さを知ってもらう前提として、最初にExnessの各口座のスプレッドの特徴を紹介します。

Exnessの口座タイプ
口座名 スタンダード口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座 プロ口座
スプレッド

0.3Pips~

0.0Pips~ 0.0Pips~ 0.1Pips~

取引手数料

ナシ

片道3.5ドル
(例外アリ)

変動制
(片道0.1ドル~)

ナシ
約定方式 成行約定 成行約定 成行約定 即時約定
初回入金額 1ドル 1,000ドル 1,000ドル 1,000ドル
最大レバレッジ 無制限(条件アリ、通常は2,000倍)

Exnessは上記4口座を提供していて、各口座の特徴を簡単にまとめると次のようになります。

スタンダード口座

Exnessのベースとなる口座。

スプレッドは4口座の中では1番広い口座ですが、初回最低入金金額が1ドルからとなっており、初心者からも始めやすい口座となっています。

Exnessはボーナスキャンペーンを展開していませんが、レバレッジ2,000倍や無制限と併用することにより、ボーナスキャンペーンを展開している他社と比べても使いにくさは感じられない口座です。

ロースプレッド口座

他社のECN口座と同様に狭いスプレッドを提供し、スプレッドが狭い代わりに片道3.5ドルの取引手数料が必要な口座です。

他社との大きな違いはスタンダード口座と同じ最大レバレッジが使える点です。

そのため、スタンダード口座よりもハイレバレッジの恩恵をさらに加速できる口座と言えます。

ゼロ口座

ロースプレッド口座よりさらに狭いスプレッドを提供している口座となります。

上位30銘柄のスプレッドがゼロスプレッドとなっており、スプレッドはできるだけ狭いほうが良いと言う方が使いやすい口座と言えます。

ただ、外付け手数料が変動制となっており、各銘柄ごとに違う手数料設定で日々変化する仕様になっている点は注意しなければいけません。

プロ口座

スタンダード口座の上位口座と言える口座となり、外付け手数料がなくスプレッドが狭い口座です。

プロ口座はExnessの4口座の中で有一「即時約定」を取り入れています。(仮想通貨のみ成行約定)

このため、システム上スリッページが発生しない口座となり、短期取引で威力を発揮する口座と言えます。

上記各口座の特徴を踏まえ次章かの解説を読んでもらえば、「Exnessのスプレッドは本当に狭いのか?」「Exnessで使いたい口座はどれか?」がわかりやすいでしょう。

なお、Exnessについてもっと深く知りたいのならば、こちらの記事も併せて読んでみてください。

これもう見た?Exnessの安全性と評判は?14の長所と3つの短所で海外FX業者エクスネスを丸裸

Exness(エクスネス)と他海外FX業者とのスプレッドを比較!

Exnessとメジャーな海外FX業者とのスプレッドを比較!

ここでは、「Exnessのスプレッドは本当に狭いのか?」を解決するために、他社とスプレッドを比較していきます。

比較対象の海外FX業者は本サイトでも多く紹介している、「XM」「GemForex」「AXIORY」「iForex」の4社。

比較銘柄は次に挙げる12銘柄です。

他社とのスプレッド比較で使用する銘柄

USDJPY/EURJPY/GBPJPY/AUDJPY/CADJPY/NZDJPY/CHFJPY

EURUSD/GBPUSD/AUDUSD/NZDUSD

XAUUSD(ゴールド)

上記銘柄を選んだ理由は日本人トレーダーが比較的取引している銘柄で、取引手数料が計算しやすく比較しやすいからです。

比較方法はSTP方式(外付け手数料ナシ)の口座とECN方式(外付け手数料アリ)の口座を別々に比較します。

各業者の口座タイプの振り分け

STP方式の口座

  • Exness→スタンダード口座、プロ口座
  • XM→スタンダード口座(マイクロ口座はスタンダード口座とスプレッドが同じなので除外)
  • GemForex→オールインワン口座
  • AXIORY→スタンダード口座
  • iForex→口座タイプの種類ナシ

ECN方式の口座

  • Exness→ロースプレッド口座、ゼロ口座
  • XM→ゼロ口座
  • GemForex→ノースプレッド口座(正確にはECN口座ではないが、口座の性格上こちらで比較とする)
  • AXIORY→ナノ/テラ口座
  • Iforex→外付け手数料がないが参考として掲載

以上の比較条件で比較していきます。

なお、Exnessを含めたスプレッドが変動制の業者のスプレッドは2022年2月1日の各社のホームページに記載しているスプレッドを基準にしています。

ちなみに、今回比較対象とした各社のスプレッドの詳しい情報はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

STP方式の口座のスプレッド比較

STP方式の口座は外付け手数料がないのでスプレッドがそのまま取引コストとなる口座です。

そのため、各業者の平均スプレッドで比較していきます。

STP口座のスプレッド比較表
業者名 Exness XM GemForex AXIORY

iForex

口座タイプ スタンダード口座 プロ口座 スタンダード口座 オールインワン口座 スタンダード口座 ナシ
USDJPY 1.1 0.7 1.6 1.5 1.3 0.8
EURJPY 1.9 1.2 2.3 1.9 1.4 1.2
GBPJPY 2.0 1.3 3.6 1.8 2.0 3.0
AUDJPY 1.3 0.8 3.3 2.8 1.9 3.0
CADJPY 2.4 1.5 3.4 3.1 2.0 2.0
NZDJPY 2.9 1.8 3.0 2.9 2.2 3.0
CHFJPY 1.7 1.1 3.3 3.3 1.9 2.0
EURUSD 1.0 0.6 1.7 1.5 1.3 0.7
GBPUSD 1.2 0.7 2.2 2.2 1.4 1.0
AUDUSD 1.5 0.9 1.8 1.8 1.7 0.8
NZDUSD 2.0 1.2 2.7 3.0 2.1 2.0
XAUUSD 20.0 12.5 35.0 34.0 32.0 36.0

各社のSTP方式口座のスプレッドを比べると、Exnessのプロ口座のスプレッドが圧倒的に狭い結果となりました。

それ以上に注目してほしい点が、初心者が最初に始めるExnessのスタンダード口座も他社よりスプレッドが狭いことです。

特にゴールドに関しては明確に差が表れています

このことから、Exnessは初心者がボーナスによる補填が無くても十分に良好な環境で取引を始められる業者と言うことができます。

ECN方式の口座のスプレッド比較

ECN方式の口座は外付け手数料があり、外付け手数料の計算基準は各社バラバラなので決済通貨単位に直したうえでPipsに変換し「実質スプレッド」として比較しています。

ECN方式の口座の各社の外付け手数料は次のようになっています。

各社の外付け手数料
  • Exness ロースプレッド口座:片道3.5ドル/1Lot
  • Exness ゼロ口座:各銘柄ごとの変動制(2022年2月1日の手数料を採用)、ドル換算
  • XM ゼロ口座:5基軸通貨単位/1Lot(基軸通貨によって違う)
  • GemForex:取引手数料ナシ
  • AXIORY ナノ/テラ口座:片道3ドル/1Lot
  • iForex:取引手数料ナシ

決済通貨単位に直すためのレートは下記のものを使用しました。

為替レート
  • USDJPY=115.5円
  • EURJPY=128.9円
  • GBPJPY=154.9円
  • AUDJPY=81.0円
  • CADJPY=90.6円
  • NZDJPY=75.8円
  • CHFJPY=124.0円
  • EURUSD=1.115ドル
  • GBPUSD=1.340ドル
  • AUDUSD=0.701ドル
  • NSDUSD=0.655ドル

上記基準で作成した比較表が以下のようになります。

ECN方式の口座の「実質スプレッド」比較表

業者名 Exness XM GemForex AXIORY iForex
口座タイプ ロースプレッド口座 ゼロ口座 ゼロ口座 ノースプレッド口座 ナノ/テラ口座 ナシ
USDJPY

0.8

(0/7.0USD)

0.8

(0/7.0USD)

1.3

(0.2/10USD)

0.3

1.0

(0.3/6.0USD)

0.8
EURJPY

1.2

(0.4/7.0USD)

1.1

(0/10.0USD)

1.8

(0.6/10.0EUR)

0.5

1.1

(0.4/6.0USD)

1.2
GBPJPY

1.2

(0.4/7.0USD)

1.7

(0/15.0USD)

3.2

(1.7/10.0GBP)

1.0

1.8

(1.1/6.0USD)

3.0
AUDJPY

0.9

(0.1/7.0USD)

1.0

(0/9.0USD)

2.0

(1.2/10.0AUD)

0.6

1.4

(0.7/6.0USD)

3.0
CADJPY

1.4

(0.6/7USD)

1.4

(0.3/10.0USD)

2.6

(1.7/10.0CAD)

1.2

1.5

(0.8/6.0USD)

2.0
NZDJPY

1.7

(0.9/7.0USD)

1.7

(0/15.0USD)

2.9

(2.2/10.0NZD)

1.2

1.7

(1.0/6.0USD)

3.0
CHFJPY

1.1

(0.3/7.0USD)

1.1

(0/10.0USD)

2.5

(1.3/10.0CHF)

1.5

1.5

(0.8/6.0USD)

2.0
EURUSD

0.7

(0/7.0USD)

0.7

(0/7.0USD)

1.3

(0.2/10.0EUR)

0.3

1.0

(0.3/6.0USD)

0.7
GBPUSD

0.8

(0.1/7.0USD)

0.9

(0/9.0USD)

1.7

(0.4/10.0GBP)

1.3

1.0

(0.3/6.0USD)

1.0
AUDUSD

0.9

(0.2/7.0USD)

1.0

(0/10.0USD)

1.3

(0.4/10.0AUD)

0.3

1.2

(0.5/6.0USD)

0.8
NZDUSD

1.3

(0.5/7.0USD)

1.3

(0/13.0USD)

1.7

(1.1/10.0NZD)

1.1

1.6

(0.9/6.0USD)

2.0
XAUUSD

13.3

(6.3/7.0USD)

16.0

(0/16.0USD)

28.0

(2.7/10USD)

21.0

22.0

(15.0/6.0USD)

36.0

※表のカッコ内は(スプレッド/往復取引手数料)を記載しています。

上記比較表でスプレッドだけを見ればGemForexのノースプレッド口座がダントツに狭いスプレッドを提供していることになります。

ただ、ゴールドのスプレッドに関しては外付け手数料があるにもかかわらずExnessがダントツで狭いスプレッドを提供している点が特徴的です。

また、スプレッドが狭いと言われているAXIORYやiForexと比べても、主な通貨でExnessがGemForexの次にスプレッドが狭い点も注目すべきでしょう。

ですが、実際このレベルのスプレッドの狭さになってくると、後はスプレッド以外の各業者の特徴、例えばレバレッジや取引制限、銘柄の多さなどトレーダーの好みで業者を選んでも問題ないと言えます。

Exnessのスプレッドはゴールド取引に最適

さて、ここまでExnessと他社のスプレッドを比較してきましたが、Exnessはスプレッドが全体的に狭い業者であると言えます。

その中でもゴールドのスプレッドの狭さは注目すべき点と言えます。

Exnessはゴールドにもレバレッジ無制限レバレッジ2,000倍を適用していますから、リスクを少なくしつつ少資金でゴールド取引ができる環境を提供しているわけです。

ちなみに、スプレッドが狭いとハイレバレッジのリスクが少なくなるとは以下のようなことです。

例えばレバレッジ無制限を使えば口座資金5万円でも10Lotでの取引ができてしまいます。 しかし、スプレッドが2.0Pipsとした場合、ポジションを持った瞬間にマイナス2万円からスタートとなり3Pips逆行しただけでロスカットとなってしまうのです。

これがスプレッドが0.1Pipsならばマイナス1,000円からのスタートとなるので4.9Pipsの逆行まで耐えられることになるわけです。

もちろん上記のような無茶な取引は推奨しませんが、ハイレバレッジはスプレッドが狭いほど大胆に取引できる、つまりハイレバレッジとスプレッドの狭さは相性が良いと言って良い部分です。

Exnessはスタンダード口座のスプレッドも比較表を見てもらうとわかるように他社より狭いので、少資金でもハイレバレッジを上手に使うことができる業者と言うことができます。

Exnessの特徴的なレバレッジについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、併せて読んでみてください。

これもう見た?Exness(エクスネス)レバレッジ無制限とは?制限や設定方法、注意点を徹底解説

Exness(エクスネス)の口座をスプレッドで選ぶのならプロ口座がおすすめ!

Exnessの口座をスプレッドで選ぶのならプロ口座がおすすめ!

Exnessの口座タイプの実質スプレッドを口座タイプ別に比較すると、「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」はほとんど差がないために、どの口座を選ぶか迷ってしまう場合があります。

そのような場合、本サイトでは「プロ口座」をおすすめします。

「プロ口座」をおすすめする理由は次の3つ。

  • 日本人トレーダーが主に取引する銘柄のスプレッドが狭い
  • 即時約定方式を取り入れている
  • スタンダード口座から移行しやすい

最終的には使ってみて自分に合っているかが重要なのですが、1つの目安として上記3つの理由の詳細を読んでみてください。

日本人トレーダーが主に取引する銘柄のスプレッドが狭い

プロ口座をおすすめする理由の1つ目として、ドルストレートやクロス円、ゴールドのスプレッド平均が最も狭い点が挙げられます。

上級者になれば、流動性の低い通貨ペアや株式などにも興味を持つこともありますが、初心者から中級者クラスは王道の通貨ペアでの勝負が多くなるはず。

それらで、少しでも有利に取引をするためと考えた場合は、主要通貨ペアのスプレッドが狭いプロ口座をメインと考えた方が賢明と言えるわけです。

即時約定方式を取り入れている

Exnessは提供している4口座の内「プロ口座」のみ即時約定方式を採用しています。

即時約定方式とは、トレーダーの注文をブローカーが受注してしまってから、カバー先から反対注文を探すので、カバー先が見つからずスリッページが発生することがない約定方法です。

そのため、即時約定方式は基本的にスプレッド分のマイナスのみでポジションをスタートできるので、特に短期取引に有利と言われています。

逆に成行約定方式の場合はカバー先に直接注文を流すので、反対注文が無ければスリッページが発生してしまう注文となり、不利な価格でポジションが約定されてしまう可能性があるのです。

プロ口座の即時約定方式は上記の特徴があるので、狭いスプレッドを有効に使える決済方法と言えることがおすすめの理由です。

ですが、即時約定方式は以下の欠点があることも分かった上で選択する必要があります。

  • 一旦ブローカーが注文に関わるシステム上、明らかにカバー先が見つからない可能性のある注文は約定拒否される場合がある
  • ブローカーが注文に関わるので透明性と言う点では成行約定より低い

この部分はトレーダーの好みで判断してもらう部分と言えます。

スタンダード口座から移行しやすい

Exnessの「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」は初回入金約10万円以上と言う制約があるため、初心者は大抵「スタンダード口座」から始め口座資金が貯まったらさらにスプレッドが狭い口座に移行のパターンが多いと思われます。

その場合にスタンダード口座と同じSTP方式の口座、つまり取引手数料がなく「取引コスト=スプレッド」だけの「プロ口座」の方が損益の計算が楽ではないかというわけです。

確かにロースプレッド口座やゼロ口座の方がスプレッドが狭いのでポジションを持った際のハイレバレッジのリスクは少ないのですが、上記2つのおすすめの理由と総合すると、プロ口座のスプレッドが狭くて取引手数料がない点は、特にFXの経験が浅いトレーダーに検討してもらいたい点となります。

Exnessの口座開設方法や、追加口座の作り方はこちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

これもう見た?Exness(エクスネス)の口座開設方法完全ガイド|23枚の図解で解説

Exness(エクスネス)のスプレッドが広がるタイミング

Exnessのスプレッドが広がるタイミング

Exnessは変動スプレッドを採用しているため常にスプレッドが変化しているのですが、次に挙げる3つのタイミングの時はスプレッドが広くなってしまうので注意が必要です。

  • 日本時間の早朝・クリスマスや年末年始
  • 重要な経済指標の発表前後や要人発言
  • 世界経済に影響を与えるイベントの発生時

これらのタイミングにスプレッドが広がる原因は「流動性の低下」にあります。

流動性とは簡単に言えば取引の活発度を表す言葉で「流動性の低下」とは取引相手がいなく売買が成立しにくい状態を言います。

FXは知っているように相対取引ですから、例えば自分が売りたいと注文した価格で買う人がいなければ成立しない取引方法です。

そのため、流動性が低い状態で業者やカバー先が注文を受けた際、取引相手が見つからない可能性があり、取引相手が見つからなければ受けた注文は業者やカバー先の損失になります。

この損失を防ぐために、スプレッドを広げて取引相手の幅を広げる必要でいるわけです。

スプレッドが広がれば、ポジションを持った時の損失が大きくなるだけでなく、保有中のポジションも損切りにあったり、ロスカットに引っかかったりなどの可能性が高くなり、トレーダーにとって良いことはありません。

上記3つのタイミングを以下で詳しく解説するので、このようなときは「ポジションを持つことを控える」「スプレッドが広がることを想定した取引をする」等、いつも以上に慎重な取引を心がけてもらいたいと願います。

日本時間の早朝・クリスマスや年末年始

FXは世界中で取引が行われており24時間取引できることが特徴ですが、日本時間早朝、正確にはニューヨーク市場が閉まり、東京市場が開くまでの間は流動性が低くなるため、スプレッドが広がりやすい傾向にあります。

特に月曜日の早朝(日本時間の月曜6:00、冬時間の場合は7:00)は取引参加者が少ない状態で一方的な値動きが起こりやすいため、異常にスプレッドが広がりやすい時間帯です。

また、クリスマスや年末年始など世界的な休日の場合も、取引参加者が少なくなり流動性が低くスプレッドが広がりやすい時期と言えるでしょう。

上記の時間帯に取引する際にはMT4・MT5でリアルタイムのスプレッドを確認しながらなど慎重に取引することをおすすめします。

重要な経済指標の発表前後や要人発言

重要な経済指標の発表前後や要人発言直後などは価格が急激に一方向に動きやすく、流動性が低くなるタイミングです。

重要な経済指標や要人発言の場合は取引参加者は多いのですが、売りもしくは買いの取引のみとなってしまい、反対方向の注文をするトレーダーが極端に少なくなってしまう状態になってしまいます。

ことにより、取引が成立しない状態のため、スプレッドを広げて業者やカバー先の損失を防いでいるわけです。

トレーダー側も余計な損失の可能性を防ぐため、経済指標カレンダーを利用して重要な経済指標をチェックして取引を控えるや、今までと違った値動きに気が付いたのなら経済ニュースをチェックするなど常に対策を準備しておくべきです。

ちなみに、Exnessが提供している経済指標カレンダーは英語表記で若干使いにくいので、XMみんかぶFXの経済指標カレンダーを利用した方が良いですよ。

世界経済に影響を与えるイベントの発生時

戦争や自然災害、スイスショックなど世界経済に影響を与えるイベントが発生した場合、値動きが通常と異なり突発的な価格変動が起こりやすいため、スプレッドが広がりやすいタイミングとなります。

世界経済に影響を与えるほどのイベントが発生するとトレーダー資産の保護の観点からレバレッジ規制がかかる場合もあり、無茶な取引はロスカットなど損失の可能性が高くなる時期でもあります。

レバレッジ規制がかかるほどの世界的イベントの場合は大抵メールなどでアナウンスがあるはずなので、そのような時は取引せずに様子見に徹したほうが賢明と言えるでしょう。

Exness(エクスネス)のスプレッドに関するQ&A

Exnessのスプレッドに関するQ&A

最後にここまでで解説しなかった内容で、質問が多かった件についてQ&A形式で解説していきます。

Q
リアルタイムスプレッドを確認することはできますか?
A

Exnessは変動スプレッドのため、ホームページ上では前日の平均スプレッドしか確認できず、リアルタイムスプレッドはMT4・MT5でのみ確認することができます。

確認方法は次のようになります。

MT4での確認方法

MT4でリアルタイムスプレッドを確認する方法はMT4を起動後、気配値を開きます

MT4スプレッド選択

 

次に気配値画面の上で右クリックを押し、メニューの中のスプレッドを選択。

MT4リアルタイムスプレッド

 

そうすると画像のようにリアルタイムスプレッドを確認することができます。

MT5での確認方法

MT5も気配値にリアルタイムスプレッドを表示できるのですが若干操作が変わってきます。

MT5気配値表示

 

MT5の場合は「表示」から「気配値表示」を選択し、気配値を表示。

MT5スプレッド表示

 

次に気配値の表示画面上で右クリックを押し、メニューを表視させた後、「表示列」から「スプレッド」を選択します。

MT5リアルタイムスプレッド表示

 

そうすると画像のようにリアルタイムスプレッドを表示することができます。

Q
デモ口座でもスプレッドは同じですか?
A

Exnessはデモ口座でも同じスプレッドで提供しています。

Exnessの場合は口座登録後、デモ口座を作成可能で次の手順で作ることが可能です。

マイページ・新規口座開設選択

作り方はExnessのマイページ(パーソナルエリア)にログイン後「新規口座開設」をクリックします。

デモ口座を選択

そうすると、新規口座開設画面に切り替わるので、自分がデモ口座を作りた口座タイプの「デモ取引を試す」をクリック。

口座詳細設定

口座詳細設定の画面となるので、次の内容を設定します。

口座の詳細設定

  1. 取引プラットフォーム:MT4もしくはMT5を選択
  2. 最大レバレジ:プルダウンメニューより選択(デモ口座の場合は無条件でレバレッジ無制限が選択可能)
  3. 初期残高:仮想の口座資金量を入力します
  4. 通貨:口座の通貨を選択
  5. 口座パスワード:取引プラットフォームへのログインパスワードの設定
  6. 上記の設定が完了後「口座開設」をクリック

デモ口座の情報

作成したデモ口座はマイページの「デモ口座」を選択することで確認可能です。

Exnessはデモ口座を何個でも作ることが可能なので、「各口座のスプレッドなどが自分に合っているのか」などのために利用すると良いしょう。

Exness(エクスネス)のスプレッドまとめ

Exnessはボーナスがない代わりに取引環境の構築に特化した海外FX業者です。そのため、トレーダーの取引コストとしてのスプレッドを狭くできているのです。
これもう見た?海外FXボーナス!全102社の口座開設&入金ボーナス徹底比較

また、スプレッドが狭いことにより、Exnessの最大の特徴であるレバレッジ無制限でもスプレッド分のマイナスを最小限に抑えることが可能です。

スプレッドが狭い3種類の口座は最低入金額が10万円となり少し敷居が高いですが、スタンダード口座でも他社よりも狭いスプレッドで取引できるので、スタンダード口座のハイレバレッジ取引で資金を増やし、さらに狭いスプレッドの口座へ移動するなども可能でしょう。

ぜひこの記事で、Exnessのスプレッドの有利さを感じていただき、取引環境を最大限利用したトレードをしてもらえれば幸いです。

Exness公式サイトへ

これもう見た?Exness(エクスネス)の評判は?SNSで口コミを徹底調査!意外な真実が明らかに・・・

海外FXのはじめ方ガイドブック
著書『海外FXのはじめ方完全ガイド』

当サイト監修者が執筆した「海外FXのはじめ方完全ガイド」をAmazonで販売中。
海外FX初心者の最初の1冊として、今日からはじめられる海外FX投資のはじめ方ガイドブックです。国内FXと海外FXの違いや税金の違い。口座開設方法まで、初心者に必要な知識をまるごとまとめた初心者を対象とした入門書です。海外FXならではの追証ゼロのゼロカットシステムやボーナスキャンペーンを使ったお得な取引方法など、海外FXって大丈夫なの?という人に読んでほしいガイドブックです。

この記事の監修者
水澤 誉往の画像

海外FX歴11年。実際に利用した海外FX業者15社以上。為替通貨ペアのみならず株式指数や金、VIX、仮想通貨など様々な商品をトレード中。メイン口座は2口座で為替用にGemForex、仮想通貨用にFXGT。海外FX初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

海外FXで負けないための教科書を無料公開中!

海外FXの教科書

海外FX初心者必見!
「何からはじめればいいの?」「取引するために必要なものは?」「どんな知識が必要?」など初心者に必要な情報をステップ形式で学べます。

教科書を見る

海外FXはボーナスを活用してお得にトレードすべし!

海外FXはボーナスを活用してお得にトレード

海外FX業者の中には口座開設するだけで20,000円のボーナスがもらえる業者や入金すると証拠金が2倍になる100%入金ボーナスを開催している業者があります。

例えば、口座開設して20,000円のボーナスを受け取り、さらに100,000円入金して10万円のボーナスを受け取ると、100,000円しか入金していないのに口座開設ボーナスと入金ボーナスを合わせて220,000円からトレードを開始できます。

このように、海外FX業者特有のボーナスを活用することでおトクにトレードできるので、ぜひボーナスを活用してください!

お得な海外FX業者一覧を見る

海外FX歴10年の私が厳選したおすすめ海外FX業者!

海外FX歴10年の私が厳選したおすすめ海外FX業者!

海外FX歴10年、今まで使ってきた海外FX15社以上の私が厳選しておすすめする海外FX業者を紹介しています。

また、おすすめと言っても、トレードスタイルや目的別でおすすめする業者は変わってくるので、初心者向けの業者や取引コストが安い業者、ボーナスが豊富な業者など、あなたの目的にあった業者をご紹介!

おすすめ海外FX業者を見る
Exness
ジナキャッシュ

コメント