競馬予想は新サイト「じな競馬」で公開中!じな競馬はこちらクリック

フィボナッチリトレースメントとローソク足で売買ポイントを見極める方法!FX初心者におすすめ手法

フィボナッチとローソク足 海外FX

FXトレードにおいて最もシンプルなトレード方法は、なるべく安値で買って高値で売ることです。

 

ただ、このなるべく安値で買う、なるべく高値で売るということができずに、利益が少なく損失が大きくなってしまう人が多いのが現状です。

 

こういったことを実践できるようになるためにはどこで暴騰、暴落が止まってもみ合いになるのかを予測できる能力が必要となってきます。

 

そのための手法としてここではフィボナッチリトレースメントとローソク足チャートを利用したトレード手法について紹介していきます。

フィボナッチリトレースメントとはどのような手法なのか?

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントを理解するためには、まず「フィボナッチ」というものを理解する必要があります。

フィボナッチ数列とは

レオナルドフィボナッチ

フィボナッチとは、実は人の名前で、フィボナッチ数列を発見したイタリア人数学者レオナルド・フィボナッチの名前です。

 

フィボナッチが発見したフィボナッチ数列が、FXのチャート分析としてよく用いられるフィボナッチリトレースメントに深く関わっています。フィボナッチ数列とは以下のような数列を指します。

 

1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89…

 

この数列では、例えば6番目にある8は左隣の5とさらに左隣の3とを足した数字になっています。このようにフィボナッチは規則性を持つ数列となっています。

 

さらにもう一つの重要な規則性があります。

 

数列の中のある数字をその右隣の数字で割ると0.618に近い数字になります。また、ある数字をその2つ右隣の数字で割ると0.382に近い数字になります。

 

さらに、ある数字をその3つ右隣の数字で割ると0.236に近い数字になります。これは数字が大きくなればなるほど0.618、0.382、0.236に近づいていきます。この0.618、0.382、0.236こそがフィボナッチリトレースメントでトレードに応用していく上で重要な数字となります。

フィボナッチ数列は自然界の意志とは関係なく意識される

かたつむり

フィボナッチ数列は実は自然界にも反映されていて、例えばカタツムリの渦巻き模様やヒマワリの種の模様はフィボナッチ数列に基づいた配列となっています。

 

フィボナッチ数列とは人はもちろんのことあらゆる生物が意志とは関係なく意識しているものなのです。

フィボナッチリトレースメントとは

フィボナッチリトレースメント応用

ここまでフィボナッチは生物が意志とは無関係に意識されているものだと紹介しましたが、それをトレードにも応用できます。

 

フィボナッチ数列で0.618、0.382、0.236が重要な数字だと紹介しましたが、これは押し目からの反発に応用することができます

 

大底のレートを0%、頂点のレートを100%とすると、その範囲内で値動きが起こった時に76.4%(100-23.6)、61.8%、38.2%、23.6%のレートで反発しやすくなります。

 

恐らく元々は無意識に本能的に反発するだろうと思ってそのレート(フィボナッチライン)で反発していたのでしょうが、現在はフィボナッチラインで反発しやすいというのはトレードをする上での常識となっているので、そこで利確、もしくはエントリーを待ち構える人が沢山います。

 

そのため、フィボナッチラインでは反発することが当然のように起こるようになっているのです。

 

フィボナッチリトレースメントの応用

フィボナッチラインで反発が起こることをお伝えしましたが、これがどのようにトレードに応用されるのかについて紹介していきます。

フィボナッチリトレースメントの重要ポイントでは高確率で一旦もみ合いになる

フィボナッチリトレースメントもみ合い

例えばドル円で110.00円から111.00円まで上昇する値動きがあって、111.00円から一旦調整局面に入って下落が起こったとします。

 

この時、フィボナッチラインで反発することを想定するとはじめに反発するのではないかと意識されるのが、23.6%の110.764円です。このレートに到達した時、フィボナッチが機能しているのであれば一度反発します。ただ、調整下落が終わっていないと考える勢力はさらに売りを浴びせてきます。こうして、フィボナッチラインの110.764円を背にした買い注文とまだ調整下落は続くとみる売り注文とが交錯してもみ合いとなりやすいです。

 

一旦、フィボナッチラインでもみ合いになると、その後上昇に転じるのか、更なる調整下落になるのかは結果を見てみないと分かりません。ですから、もし111.00円から売りポジションを持っている場合には一旦利益確定をする目安のポイントとなります。

 

一方で、ポジションを持っていない人にとってはフィボナッチラインでもみ合うのは絶好のエントリーチャンスとなります。なぜなら、損切りもしやすくなるし、その場合の損失も最小限に抑えることができるからです。

 

例えば、フィボナッチライン付近で一度もみ合って、上昇方向にブレークして買い注文を入れたもののその後売り圧力に負けて再びフィボナッチラインまで戻ってきたとします。もしフィボナッチラインを割った場合には損切りをすればよく、損切りのタイミングが明確になるとともに、その時の損失も最小限にとどめることができるのです。

 

また、一度反発したフィボナッチラインでは、再び反発が起こることが多いので、フィボナッチラインのサポートを背にポジションを持つことができるのです。

 

フィボナッチリトレースメントの重要ポイント間の値幅を目指す

フィボナッチリトレースメント値幅

ここまでで紹介した通り、フィボナッチは反発しやすく、もみ合いが起こりやすいです。

 

ここでまた先程の例を持ち出しますが23.6%のフィボナッチラインである110.764円を下方向にブレークして、その付近で売りポジションを持ったとします。その時、次に反発しやすいのは38.2%の110.618円ということになります。ここでまたもみ合いとなりやすいのですが、上から持っていた売りポジションの利確ポイントとなります。

 

このようにフィボナッチリトレースメントをトレードに応用していく際にはフィボナッチラインとフィボナッチラインの間の値幅を取りやすくなります

 

フィボナッチを根拠にトレードをするのであれば、フィボナッチ間の値幅を利益目標とするようにしましょう。

 

重要なのはフィボナッチだけではない

ただし、必ずしもフィボナッチラインから上昇や下落が始まって、フィボナッチラインでそれが終わるというわけではありません。

 

それ以外のテクニカルもチャートに影響してきます。例えば、過去にもみ合いが起こったことがある節目のラインがフィボナッチラインの間に存在した場合、その節目のポイントでも反発、もみ合いが起こりやすくなります。

 

また、トレンドラインにぶつかった時にも同様のことが起こりやすいです。

 

ですから、あらゆるテクニカルを駆使して、どこで反発、もみ合いが起こるのかを予測しなければなりません。

 

エントリーをどのように判断するか

プラン計画

フィボナッチラインがエントリー、利益確定の目安のポイントになることを紹介してきましたが、利益確定に関してはそのポイントに達した時に決済されるようにすればいいのですが、エントリーの方が少し難しいです。

 

というのもフィボナッチラインでもみ合うと、その後上昇するのか下落するのかは結果が出てみないと分からないからです。

 

そこでどのようにエントリーを判断すればいいのかについてここでは紹介していきます。

 

ローソク足チャートのトレンドラインを手掛かりにする

もみ合いが起こるとその後トレンドラインが形成されやすいです。

 

もみ合いをブレイクすると一気にブレイクした方向に値動きが起こりやすい。そのラインブレイクを手掛かりにエントリーをするというのが一つ手掛かりとなります。

ローソク足チャートのダブルトップ、ダブルボトム、三尊天井、逆三尊のラインを手掛かりにする

レジスタンスライン、サポートライン

もみ合いが起こった時にはダブルボトム、ダブルトップ、三尊天井、逆三尊が形成されやすくなります。

 

上記図の赤丸は三尊天井と言い、赤線がレジスタンスライン(抵抗線)となります。

 

つまり、赤線に到達した時点でショート(売り)注文を出し、赤線を超えた付近を損切りとし、利確ポイントはフィボナッチの23.6や38.2付近に設定することができます。

 

上記図の青丸の場合は、ダブルボトムと言い、青丸がサポートライン(支持線)となり、丁度フィボナッチ23.6付近となっています。

 

また、丁度フィボナッチ23.6付近がレジスタンスラインとなっているので、レジスタンスラインでショートをするかレジスタンスラインを抜けたことを確認しロングを行う選択肢があります。

 

このようにフィボナッチとラインをうまく利用しエントリーするのも一つの手です。

 

自分が引いたフィボナッチラインが機能しているかどうかを確認する方法

丸バツ

ここまでフィボナッチリトレースメントを利用したトレード手法を紹介してきましたが、実際に自分でフィボナッチラインを引いてみたものの、そこで反発しないということもよくあります。

 

それは恐らく市場に参加している他の人たちがあまり意識していないから反発が起こらないのです。つまりそれは機能していないフィボナッチラインということです。ではどのようにしたら機能しているフィボナッチラインかを判断できるのかについて紹介していきます。

 

ローソク足チャートでフィボナッチラインでの急反発が確認できるかどうか

ローソク足ひげ

機能しているフィボナッチラインであれば急反発が起こるはずです。

 

するとローソク足チャートではヒゲが観察できます。

 

ヒゲの先がフィボナッチラインに触れるようにして観察できる場合はそのフィボナッチラインが機能していると言えるでしょう。

 

フィボナッチラインで反発している回数が多ければ多い程機能している

また、そのヒゲを形成するようなフィボナッチラインでの反発の回数が多ければ多い程機能しているという確証を得やすいです。

 

横に平行移動しながら確認して、他にヒゲができていないかみてみましょう。他にヒゲがあるようなら、やはりこのフィボナッチラインは機能している可能性が高まったなと思ってください。

 

まとめ

フィボナッチリトレースメントは自然界の現象を応用した嘘のようなテクニカル分析ですが、現在確固たる地位を築いているが故に今後も機能していくことが予想されます。

 

うまくフィボナッチラインを引くことができるようになれば、エントリーポイント、利益確定ポイントが明確に見えて、面白い程思うようにチャートが動くようになりますが、どこを頂点、どこを大底としてフィボナッチラインを引くとうまく機能するフィボナッチラインを引けるのかということを見極めることができるようになるかが重要です。

 

また、トレンドライン、節目など他にも重要なテクニカルも必ず意識するようにしましょう。

コメント