為替(FX)をノーリスクで始める方法はこちら>>

【FX初心者】国内FXと海外FXどっちで始めるべき?両者の特徴と違いを解説し疑問を解決!

国内FXと海外FXどちらを選ぶべき? 為替(FX)
競馬愛好家
FX民

・FX始めようと思ってるけど、色々調べてたら国内FX業者と海外FX業者があるみたいだけで、どちらで始めた方が良いのか分からない!

・国内FX業者と海外FX業者の違いが知りたい!

こんな思いにお答えします。

 

私もFX始める時は、国内と海外どちらの業者でFXを始めるべきか悩みました。

結果的に、私の場合は少額資金(10万円)でFXを始めることにしたので海外FX業者を利用しました。

 

国内と海外どちらの業者でFX始めるべきかの結論を先に言うと、あなたの資金量やトレードスタイル、目的によってどちらで始めるべきか変わってきます。

 

その理由をこれから国内と海外FX業者のそれぞれの特徴と違いをもとに解説していきます。

 

まず、国内と海外の違いを解説します。

 

▼国内FX業者と海外FX業者の違い

  • 税制面
  • レバレッジ
  • スプレッド
  • ボーナス
  • ゼロカット
  • サポート
  • 取引方式
  • 信託保全etc…

 

主にレバレッジ、スプレッド、税制面、ボーナス、ゼロカット、サポート、取引方式、信託保全などに違いがあります。

 

その中でも、特に大きな違いは、レバレッジ、スプレッド、税金面、ゼロカット、ボーナスの5つの点です。

 

この5つの点を国内と海外で比較し、最後に国内と海外のそれぞれの特徴を整理します。

 

国内FXと海外FXの税金の違い

国内FX業者を使おうが海外FX業者を使おうが、FX取引で利益が出ると日本に住んでいる限り、納税や確定申告を行う義務があります。

 

しかし、国内・海外どちらのFX業者を使用するかによって税金を納める金額が変わります

 

国内FX業者を使用する場合は、申告分離課税となりいくら利益が出ても一律で利益に対して20.315%の税金を収める必要があります。

 

 

一方、海外FX業者を使用する場合は、総合課税となり利益額によって税率(15%〜最大55%)が異なります。

 

▼税率まとめ

国内FX業者申告分離課税:一律20.315%
海外FX業者総合課税:15%〜55%

 

▼海外FX業者を使用する場合の税率(総合課税)

所得金額所得税率控除率住民税
195万円以下5%0円一律10%
195万円超え330万円以下10%97,500円
300万円超え695万円以下20%427,500円
695万円超え900万円以下23%636,000円
900万円超え1,800万円以下33%1,536000円
1,800万円超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超え45%4,796,000円

上記の表を見て分かるとおり、利益が330万円以下であれば海外FXを使用する方が税金が安く済みます。

 

逆に、利益が330万円以上であれば国内FXを使用する方が税金が安く済みます。

 

国内FXと海外FXのレバレッジ倍率の違い

国内FX業者と海外FX業者では、レバレッジ倍率に大きな違いがあります。

 

国内FX業者の場合、日本の金融庁の規制により最大レバレッジが25倍に設定されています。

 

一方、海外FX業者は金融庁の管轄外なのでレバレッジ倍率に規制がないため、最大レバレッジが500倍から数千倍という業者も存在します。

 

しかし、レバレッジというものは自分で調整ができるため、最大レバレッジ数千倍の業者でもレバレッジ5倍や10倍に調整することは可能です。

 

▼国内FX業者と海外FX業者のレバレッジ倍率

国内FX業者最大レバレッジ25倍
海外FX業者最大レバレッジ500倍から数千倍

 

少ない資金でレバレッジを効かせて効率よく資金を増やしたい方は、海外FX業者を使用すると良いでしょう。

 

国内FXと海外FXのスプレッドの違い

国内FX業者と海外FX業者では、スプレッドも大きな違いがあります。

 

国内FX業者の場合、ドル円のスプレッドが約0.4pipsです。

 

一方、海外FX業者はドル円のスプレッドが約1.5pipsと国内FX業者と比べると広く設定されています。

 

なぜ国内と海外ではスプレッドに違いがあるかというと、それはそれぞれの業者が採用している取引方法に違いがあるからです。

 

国内では主にDD(ディーリングデスク)取引を採用しており、海外では主にNDD(ノンディーリングデスク)取引を採用しています。

 

ここでは詳しく説明しませんが、DD取引とは呑み取引あるいは相対取引なのでスプレッドを狭くできます。

 

一方、NDD取引とはFX業者のディーラーがインターバンク市場との仲介に入る取引方法で、直接インターバンク市場で売買が行われるため、人件費や所定の手数料がかかります。これがスプレッドにも影響し、スプレッドが広くなってしまいます

 

つまり、海外FX業者の方がスプレッドは広いですが、国内のような呑み行為がないため、取引に透明性が高いことがわかります。

 

しかし、国内FX業者の方がスプレッドが狭いことは確かなので、主にスキャルピングを行いたい方は国内FX業者を選ぶと良いでしょう。

 

国内FX業者と海外FX業者の取引方法の違い

国内FX業者DD取引
海外FX業者NDD取引

国内FXと海外FXのゼロカットシステムの違い

ゼロカットとは、簡単に説明するとFX業者に預け入れた証拠金以上の損失が出た場合、その損失額を補填してくれるサービスです。

 

国内・海外問わずFXでポジションを保有している最中に、ポジションとは逆方向に相場が動いて損失が大きくなった場合、これ以上損失が拡大してしまわないように強制的にポジションを決済し取引を終了させるというルールがあります。これをロスカットと呼びます。

 

しかし、急激に相場が動いた場合ロスカットが間に合わない場合があります。そうなると、時にFX業者に預け入れた証拠金以上の損失が発生することがあります。

 

預け入れている金額以上の損失が発生した場合、不足の証拠金(損失額)を期日までにFX業者へ入金する必要があります。これを追証と呼びます。

 

ただし、海外FX業者の場合、ゼロカットがあるので預け入れた証拠金以上の損失が出ても、業者が損失を補填してくれるので、こちらが損失を支払わなくて済みます。

 

近年では2015年1月15日に起きたスイスフランショックが有名ですが、20分間でユーロスイスが約40%下落する事態が発生しました。

 

これにより、当時国内FXを使用していた方の中には、大きく証拠金がマイナスになってしまい追証を支払うことになった方が続出しました。

 

国内FXと海外FXのボーナスの違い

国内FX業者と海外FX業者では、ボーナスキャンペーンの入手難易度や豪華さに違いがあります。

 

国内・海外ともにボーナスキャンペーンを実施している業者は多数存在しますが、ボーナスキャンペーンをもらうハードルの高さや豪華さに違いがあります。

 

国内の場合は、口座開設を行い10万円以上入金すると10,000円のキャッシュバックや、10万通貨取引を行うと5,000円キャッシュバックしてもらえたりします。

 

一方、海外では口座開設のみで20,000円のボーナスがもらえたり、10,000円入金すると証拠金が2倍の20,000円になるキャンペーンを実施している業者もあり、ボーナス取得方法がかなり容易に設定されています。

 

また、業者によっては最大200万円まで入金額が2倍になるキャンペーンを実施ているところもあります。

 

つまり、100万円入金すると、入金した100万円とボーナスでもらえる100万円を合わせて200万円からFX取引することが可能です。

 

なぜ、海外FX業者はここまで豪華なキャンペーンを行う理由は、マーケティングの一環だからです。

 

要するに、広告宣伝費ということです。海外FX業者の収入源は、トレード時に発生するスプレッド(手数料)やスワップポイントです。多くのトレーダーがトレードすることがで海外FX業者は儲かるのです。

 

つまり、口座開設ボーナスを提供しても、トレーダーが長くFX取引を行ってくれれば海外FX業者は儲かる仕組みとなっています。

 

FX初心者の方は、ボーナスキャンペーンが豪華で受け取るハードルが限りなく低い、海外FX業者を使うことをおすすめします。

 

▼口座開設のみでボーナスがもらえる海外FX業者一覧

【為替初心者】海外FXの口座開設ボーナス使ってノーリスクでFX始める方法

▼入金額が2倍以上になる海外FX業者一覧

【海外FX 】入金ボーナス100%以上のキャンペーン実施FX業者7選!

 

以上が、国内FX業者と海外FX業者の主な違いです!

 

【まとめ】国内FX業者と海外FX業者の違い

国内FX業者海外FX業者
税金一律20.315%15%〜55%
レバレッジ最大25倍最大500倍から数千倍
スプレッドドル円:約0.3pipsドル円:約1.5pips
ゼロカットシステムなしあり
口座開設ボーナスなし3,000円〜20,000円

 

一概にどちらの方が優れているとは言えませんが、FX初心者の方は口座開設ボーナスを利用して、入金せずにFXを始められる海外FX業者を使ってみるもの一つの手です。

 

続いて、国内FX業者と海外FX業者の違いをふまえ、それぞれの特徴をご紹介します。

国内FX業者の特徴(メリット・デメリット)

▼国内FX業者の主な特徴

  • いくら利益を出しても税率20.315%と一定
  • スプレッドが狭い(ドル円:約0,3pips)
  • 信託保全が義務化されており、万が一FX業者が破産・倒産しても資金が戻ってくる
  • ゼロカットシステムがないため、最悪のケースとして借金のリスクがある
  • ボーナスを受け取るためのハードルが高く、ボーナス自体にも旨味が少ない

 

▼こんな方は国内FX業者がおすすめ

  • 数百万単位の大きな資金でFXを始めたい
  • スキャルピングでこつこつ資金を増やしていきたい
  • 業者が破産・倒産するという万が一の事態に備えて、とりあえず安心してFXを始めたい

国内FX業者ならDMM FXがおすすめ

DMMFX

レバレッジ倍率最大25倍
スプレッド(平均)0.3pips/ドル円、0.5pips/ユーロ円 ※原則固定スプレッド
取扱通貨 20通貨ペア
1LOTの単位1万通貨
両建て
ゼロカットシステムなし
ロスカット50%
約定力
入出金手数料入金手数料無料
トレードアプリ自社プラットフォーム

国内FXならDMM FXがおすすめです。

▼DMM FXの特徴

  • 会員数国内No.1で安心してFXトレードできる
  • 業界トップクラスの最狭スプレッド(ドル円:約0.3pips)
  • 24時間コールセンターやLINEでサポートを受け付けており、困った時もすぐ対応してもらえる
  • 他の国内FX業者と比較し、約定力が高く滑りにくい

 

DMM FXの詳細を調べる(公式サイト)

※口座開設+新規取引で20,000円キャッシュバックのキャンペーン開催中

 

海外FX業者の特徴(メリット・デメリット)

▼海外FX業者の主な特徴

  • 利益額によって税率が異なる(15%〜55%)
  • ゼロカットシステムを導入しており借金のリスクゼロ
  • ボーナスキャンペーンが充実している(口座開設ボーナスや入金ボーナス)
  • 最大レバレッジが数千倍と、少額資金で効率良くトレードできる
  • スプレッドがやや広い(ドル円:約1.5pips)ため、高速スキャルピングには向いていない
  • 信託保全が義務化されておらず、業者によっては倒産や破産した場合、預け入れていた資金が返ってこない可能性がある

 

▼こんな方は海外FX業者がおすすめ

  • 数千円や数万円、もしくはお金をかけずにFXトレード始めたい
  • 最悪のケースを考え借金するリスクを無くしたい
  • ボーナスキャンペーンを活用しおトクにトレードしたい

海外FXならGemForexがおすすめ

GemForexトップ画

レバレッジ倍率最大1,000倍
スプレッド(平均)1.2pips/ドル円、1.2pips/ユーロ円※オールインワン口座、変動スプレッドの為変動あり
取扱通貨 33通貨ペア+CFD銘柄12種
1LOTの単位10万通貨 ※オールインワン口座
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料入金手数料無料
日本語サポートあり
トレードアプリMT4

海外FX業者ならGemForexがおすすめです。

私もメイン口座としてGemForexを使用しています。

▼GemForexの特徴

  • 口座開設ボーナスや入金ボーナス等のキャンペーンが豊富でFX初心者は入金せずにFX取引を開始できる
  • ゼロカットシステムを導入しており借金のリスクゼロ
  • 他の海外FX業者と比較し、スプレッドが狭い(ドル円:約1.2pips)
  • 日本語でサポートが受けられる
  • 無料で150種類を超える自動売買システム(EA)が無制限で使いたい放題
  • 最大レバレッジ1000倍で少ない資金で効率よくトレードできる

 

GemForexの詳しい記事はこちら

▼GemForexの評判が知りたい方はこちら

【体験談】GemForexの評判は?7つのメリットと2つのデメリットを紹介

まとめ

今回は、国内FX業者と海外FX業者のそれぞれの違いと特徴の解説でした。

 

▼国内を使うメリット(まとめ)

  • 税金が一律20.315%
  • スプレッドが狭い
  • 信頼面が高い

 

▼海外を使うメリット(まとめ)

  • 利益が330万円以下なら海外FX業者の方が税金が安い
  • ボーナスキャンペーンが充実している
  • ゼロカットシステムを導入しており借金リスクゼロ
  • 高レバレッジで少ない元手で資金効率よくFXできる

 

国内・海外ともにそれぞれメリット・デメリットがあるのであなたの資金量やトレードスタイル等、あなたにあった業者を見つけてください。

 

▼とりあえず、元手をかけずにFXを体験したい!という方は、海外FX業者の口座開設キャンペーンを使って、入金せずにFXやってみると良いかと思います。

【為替初心者】海外FXの口座開設ボーナス使ってノーリスクでFX始める方法

 

▼私がおすすめする海外FX業者はこちら

おすすめの海外FX業者をトレードスタイルと目的別で紹介!!

 

 

 

コメント