銀(シルバー)取引におすすめの海外FX業者と注意点、値動きの特徴を解説!【2024年7月】

銀(シルバー)取引におすすめの海外FX業者と注意点、値動きの特徴を解説!
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

貴金属投資の1つでもある、銀投資。

金のように安定はしていますが、市場が小さく価格が大きく動きやすいのが特徴です。価格が動きやすいという点から、短期的に運用益を得やすいのも、金との違いです。

今回は金に似た性質を持っていながら大きな利益も見込める、FXでの銀投資について解説していきます!

コンテンツの誤りを送信する

目次

FXにおける銀(シルバー)とは?

FXにおける銀(シルバー)とは?

貴金属の1つである銀ですが、これは金に似た役割を持っています。

金というのは需要がとても多く、暴落することはないものとして知られています。銀も同様に同じ様な値動きをすることが知られていて、金と似たような役割を持ちます。

ただし銀の方が上昇率が高いのが特徴です。最大で3倍以上に跳ね上がることもあります

また、規模が小さな市場である分、価格操作もしやすい市場なのが特徴です。そのため価格が上下することから、短期取引で利益を得やすい性質があります。

海外FXで銀(シルバー)を取引する際の基礎知識と注意点

海外FXで銀(シルバー)を取引する際の基礎知識と注意点

銀は金に比べて価格が低く、小さな利益を積み上げる必要があります。高騰を狙って大きく稼ぐことも可能ではありますが、それよりは短期取引を積み重ねる方が、最終的な利益率は高くなります。

また、小さな市場である分、価格が操作しやすいというメリットはありますが、それだけ価格が乱高下しやすいということでもあります。特に海外FX業者を利用するのであれば、その業者の約定力には気を付けるようにしましょう。

さらに銀は需要に価格が影響されやすいため、自動車メーカーなどの値動きにも注意する必要がある他、日経平均と反対の動きをするとも言われています。

銀(シルバー)を取引する海外FX業者の選定ポイント

銀(シルバー)を取引する海外FX業者の選定ポイント

銀取引をするにあたって重要なのは3点。

約定力約定スピード、そしてスプレッドです。

銀は安価なため、単価としての利益はとてもわずかなもので、その小さな利益を積み上げていくことになります。その積み上げた利益が低い約定力やスプレッドにより吹き飛んでしまっては、元も子もありません。銀取引の性質を考えると約定力と約定スピード、スプレッドの3つは、選定には絶対に欠かせないポイントになります。

約定力とは

約定力とは

約定力とは、注文通りの内容で確定するかどうかという指標の1つです。本来であれば約定はその場で行われるはずですが、注文内容は海外の会社を経由しているため、どうしてもズレが生じます。そのズレが生み出す注文内容の誤差を少なくするのが約定力です。

約定力の高さは約定率で表され、100回のうち何回が注文通りだったかを表記します。約定力が低いと注文通りに取引できず、想定していた取引ができなくなってしまいます

リクオートという、注文内容とは異なる価格で約定しまい、損益を発生させる原因にも繋がりかねません。できるだけ約定力の高い業者を選ぶようにしてください。

約定スピードとは

約定スピードとは

約定スピードとは、注文が確定する速度のことです。

海外FX業者はその名の通り海外に拠点を置いているため、どうしても日本からアクセスするにはラグが発生してしまいます。そのラグがどれだけないのかを表すのが、約定スピードです。

約定スピードが低いとラグが発生してしまい、取引したいタイミングでの取引が困難になってしまいます。

約定スピードが低いことにより、注文した時と約定した時のレートが異なってしまうことをスリッページと言い、スリッページが頻繁に起こってしまうと思い通りの取引ができない他、損益を発生させるリスクが上昇することに繋がります。

自分の計画ではなく業者側の都合で損益が発生してしまってはセンスも予測もないので、トレーダー自身が実力を発揮できるように、約定スピードが高い業者を選ぶことが大切です。

また、注文価格と購入価格のズレがなくなるため、単純に快適に取引ができるようになるというメリットもあります。

スプレッドとは

スプレッドとは

3つ目の「スプレッド」は、簡単に言うと取引手数料のことです。スプレッドは広いか狭いかで表され、狭ければ狭いほど手数料が低いことになり、他の業者よりも利益が出しやすくなるということになります。

スプレッドの単位はpipsで、1pipsあたり0.01円です。

銀は短期取引になるためトレード回数が増えやすく、そのたびに手数料がかかってしまっていては利益も出しづらくなってしまいます。そんな事態を避けるために、スプレッドの狭い業者を選ぶことをオススメしています。

コンテンツの誤りを送信する

銀(シルバー)取引におすすめの海外FX業者4選

銀(シルバー)取引におすすめの海外FX業者4選

銀取引に興味を持った方におすすめの海外FX業者4社、厳選しました。

どれも上記で挙げたポイントをしっかり満たしている優秀な業者なので参考にしてください。(下記リンクをクリックすると各業者の特徴を解説したページへジャンプします)

まず上記4社のシルバーのスプレッドを表にしました。

TitanFXXMTradingVantageFXGemForex
シルバースプレッド2.6pips4.6pips3.4pips3.4pips

TitanFX(タイタンFX)

titanFX
レバレッジ倍率最大500倍
スプレッド(アクティブ口座)0.1pips/ドル円、0.1pips/ユーロ円※変動スプレッドのため変動あり
取扱銘柄FX通貨ペア57種・株式指数9種・貴金属5種・エネルギー8種
最低入金額20,000円 ※初回のみ
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料無料
日本語サポートあり
モバイルアプリMT4・MT5

TitanFXは海外FX業者の中で最も、国内トレーダーの不満を解決してくれる海外FX業者です。そもそも海外FX業者を利用するトレーダーが多いのは、国内FX業者に不満を抱えているからなのです。

一方でTitanFXは、業界トップクラスの狭いスプレッドミリ秒単位での約定スピードで、最大500倍のレバレッジ取引が可能取引手数料が安くてトレード回数が多くてもコストが抑えられる…など、国内トレーダーの不満をすべて解決してくれます。

それもそのはず、TitanFXは、低いスプレッドと高い約定力で日本人トレーダーから絶大な信頼を得ていた海外FX業者「Pepperstone」の生まれ変わりと言われています。

そのPepperstoneの上層部数人で新しく設立したのがTitanFXなのです。短期取引に特化したようなサービスであるのが特徴だったPepperstoneが再度復活したような特徴を多く持っているため、短期取引ならTitanFXがかなりオススメです。

銀取引のような短期取引では約定力やスプレッド、手数料が気になるところですが、TitanFXなら短期取引に必要な条件はすべて揃っています。

また、顧客情報の保護には特にこだわっており、個人情報保護資格であるAMLの運用資格をスタッフ全員が取得するのを義務付けられているなど、コンプライアンスにも優れていて安心できる業者です。

50以上の銀行と提携、そして情報も公開していて、透明性が高く不正が少なく信頼できる業者です。

XMTrading(エックスエム トレーディング)

XM
総合評価
レバレッジ倍率最大888倍
スプレッド(平均1.7pips/ドル円、2.5pips/ユーロ円※スタンダード口座、変動スプレッドのため変動あり
取扱通貨57通貨ペア
1LOTの単位10万通貨 ※スタンダード口座
両建て◯※但し、禁止になる場合もある
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料無料
日本語サポートあり(24時間サポート)
モバイルアプリMT4・MT5

評判、人気、利用者数のどれを取ってもトップクラスなのが、XMTradingの特徴です。その知名度は「海外FXと言えばXM」と言われるほどで、海外FXの代名詞にもなっています。

新規口座開設での入金ボーナスや、ポイントプログラムによるインセンティブが豊富にあるのが特徴です。また、最大で888倍のレバレッジ取引ができる他、国内FXとは比較にならないほどの取引コストの低さも魅力的です。

加えて注文の成約率も高く、99.5%が1秒以内に行われる高い約定スピードを誇っています。

また、XMTradingではEAなどの自動売買プログラムを利用した取引を認めていて、細かい短期取引も自動で行えるのが特徴です。

自動売買には欠かせないVPSという「仮想サーバー」を、条件を満たせば無料で借りることも可能です。仮想サーバーがあれば、自分のパソコンをシャットダウンしていても自動売買プログラムを動かすことが可能となり、電気代削減などの効果があります。条件は「毎月50万通貨以上の取引」「口座に約50万円以上の残高がある」ことです。条件を満たすのが難しいという方でも、全く同じ性能のVPSを毎月30ドルで借りることができます。

有料にはなりますが、FXレンタルサーバー業者に同じようなスペックのサーバーを借りると50ドル以上かかるため、条件を満たしていなくてもかなりお得にレンタルできます。

さらに、海外FX業者の中でも珍しく多彩な決済手段が用意されています。国内銀行送金に対応しているなど、利便性にも優れた業者です。

日本語サポートも充実していて、国内では高い人気を誇る海外FXサービスです。

\ 口座開設ボーナス13,000円キャンペーン実施中 /

XMTrading公式サイト:https://xem.fxsignup.com/

VantageFX(バンテージFX)|新規口座受付終了

レバレッジ倍率最大500倍(追証なし)
スプレッド((平均)1.4pips/ドル円・1.5pips/ユーロ円※変動スプレッドのため変動あり ※公式HPにてリアルタイムスプレッドを常に公開
取扱銘柄39通貨ペア+株価指数16種+貴金属、エネルギー11種+コモディティ5種
1LOTの単位100,000通貨
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット証拠金維持率50%を下回った時
約定力
入出金手数料無料   ※銀行送金の出金の場合は20豪ドル相当手数料がかかる
日本語サポート日本人スタッフが常駐
モバイルアプリMT4・MT5

大変残念なお知らせではございますが、この度Vantage FXは日本マーケットを撤退することが決まりました。
急な決定だったため、事前にお知らせすることができず申し訳ございませんでした。

日本撤退の理由としましては、日本の金融庁からの警告を受けたことに加え、オーストラリアの金融機関を取り締まっているASICによる規制が厳しくなり、Vantage FXの組織全体としてリスクを考えた結果、撤退という選択をせざるを得ないと判断いたしました。

今後のお客様への対応としましては、下記の通りとなります。

  1. 新規口座と追加口座は、一切作れません。
  2. 登録済みで未入金の場合は、入金できません。
  3. 過去に入金済みで追加入金をする場合は、入金できます。
  4. すでにトレードを始めている場合は、引き続きトレードできます。
  5. 出金はできます。

これまで本当にご愛顧いただき、ありがとうございました。

Vantage FX  

今後の対応として、新規口座開設は出来ませんが既に入金実績のある方については、これまで同様にトレードを行うことができます。

これからVantageFXでトレードを始めようと思っている方は、残念ですが他の業者を選びましょう。以下で私がおすすめする業者を紹介しています。

銀(シルバー)に関するよくある質問

銀(シルバー)に関するよくある質問

金と銀の大きな違いはなんですか?

おそらくFXに精通していない方でも、金取引を耳にしたことくらいはあるのではないでしょうか・そんな金取引だけではなく銀取引であることの違いは、やはり価格にあります。

金はおよそ6,000円なのに対して、銀は15円程度で推移しています。他にも違いがある中で、この価格差が最も大きいです。銀は、身近なところでもスプーンやフォークといった食器に使われるなど、需要が多くある貴金属です。しかし、金とは違って供給が豊富なため、底価格で推移しています。

銀が高騰するのはどんな時ですか?

銀は金に似ていて、価格が高騰しないというのが大きな特徴です。

不安になった投資家がその特徴を利用して、投資の損失をカバーする目的で購入します。基本的には金の価格が高騰した際に、そのあとを追うように銀の価格が上昇するのが特徴です。もちろん他にも要因はありますが、特に似た性質を持っている金の値動きには注目するといいでしょう。

まとめ

金に隠れていてなかなか話題にならない銀ですが、銀は利益が出やすい特性になっています。特に金よりも上昇率が高いというのはとても魅力的です。金と同じで不況に強く、それでいて変動幅が大きく、利益を出しやすいローリスクハイリターンな投資が可能です。

今回取り上げた3社の海外FX業者を参考に、みなさんも銀に注目してみてはいかがでしょうか?

コンテンツの誤りを送信する

#銀
#シルバー
#取引
#海外FX業者

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次