仮想通貨専門情報サイト「ジナコイン」開設

FXGT出金まとめ!出金方法や手数料、注意点なども徹底解説!

FXGTの出金方法や出金拒否について海外FX業者評判・レビュー
この記事をざっくり言うと・・・
  • FXGTの出金方法は仮想通貨・オンラインウォレット・クレジットカード・銀行送金の4種類
  • FXGTの出金ルールの内、特に気を付ける点は4つ
  • FXGTの出金手順を各出金方法ごとに解説
  • FXGTは出金があるのか?について回答

FXGT公式サイトへ

※口座開設ボーナス&入金ボーナス開催中

FXGTの出金方法一覧表

FXGTの出金方法は4種類

FXGTの出金方法の特徴は多彩な出金方法に対応している点です。

各出金方法の種類と最低出金額、着金時間の目安は以下のようになっています。

仮想通貨

種類対応通貨最低出金額着金時間
Bitcoin(ビットコイン)BTC0.0001BTC48時間以内
Ethereum(イーサリアム)ETH0.05ETH48時間以内
Ropple(リップル)XRP25XRP48時間以内
Terher(テザー)USDT(OMNI)
USDT(ERC20)
25OMNI
25ERC
48時間以内

FXGTは仮想通貨デリバティブ取引所「crypot GT」運営人が立ち上げたFX会社らしく、仮想通貨での出金方法が多いことが一番の特徴です。

現在Riippleに関しては入金を一時停止していることから、Rippleでの出金は現在口座内にXRPの残金がある人が対象になります。

オンラインウォレット

種類対応通貨最低出金額着金時間
bitwalletJPY
USD
EUR
1,000JPY
10USD
10EUR
48時間以内
STICPAYJPY
USD
EUR
1,000JPY
10USD
10EUR
48時間以内

FXGTの扱っているbitwalletSTICPAYは日本語に対応したオンラインウォレットということもあり、口座をもっている方も多いのではないでしょうか。

法定通貨での出金方法の中では最低出金金額も低く出金処理も早いので比較的使いやすい部類に入ります。

ただ、1回の出金限度額が50万円までとなっているので、それ以上の出金は数回に分けて申請する必要がある部分がネックと言えるでしょう。

クレジットカード・デビットカード

種類対応通貨最低出金額着金時間
MaterCardJPY
USD
EUR
5,000JPY
50USD
50EUR
2営業日
JCBJPY
USD
EUR
5,000JPY
50USD
50EUR
2営業日

FXGTはクレジットカード・デビットカードでの出金はMaster CardJCBのみの対応です。

クレジットカード・デビットカードの出金方法は少し特殊なので後から詳しく解説しますね。

銀行送金

種類対応通貨最低出金額着金時間
銀行送金(電子決済)JPY10,000JPY5営業日
銀行振込JPY10,000JPY5営業日

銀行口座へ直接出金する方法は他の出金方法と比べると少し時間がかかってしまいます。

しかし、FXGTは現在銀行送金(電子決済)方法を導入したので、リフティングチャージ費用無しで出金できるようになりました。

オンラインウォレットやクレジットカードを使いたくない人も出金しやすくなったと言えるでしょう。

ちなみに、FXGTでは出金手数料はすべて無料となっています。

しかし、各決済機関での手数料は発生するので、その点は各自で確認してください。

FXGTの出金ルール

FXGTの気を付けるべき5つの出金ルール

FXGT4種類の出金方法を扱っているので少し出金ルールが複雑です。

  • 入金と同一方法でしか出金できない
  • クレジットカードの出金方法
  • 事前登録を済ませておく
  • ポジション保有中の出金について
  • ボーナスの取り扱い

この出金ルールを守らないと出金できないと言うことはないのですが、出金申請のやり直しや予定通りの出金ができなかったなどが発生してしまいます。

以下でこの5点を詳しく解説するので、FXGTへ入出金をする前に一度確認しておきましょう。

入金と同一方法でしか出金できない

FXGTは入金で使った方法でしか出金できません

例えばbitwalletで入金したのなら出金はbitwalletのみしか選択できないのです。

そのため入金の際には出金を考えて入金すべきでしょう。

ただしクレジットカード・デビットカードについては少し扱いが違うので次で詳しく解説します。

クレジットカードの出金方法

FXGTはクレジットカード・デビットカードへ出金の場合、出金ルールが違うので注意が必要です。

クレジットカード・デビットカードで出金した場合
入金した金額分入金したクレジットカードへ出金
利益分クレジットカード以外の出金方法を選択し出金

扱い的にはクレジットカードで入金した金額はクレジットカードへ返金となるわけです。

これはクレジット枠の現金化やマネーロンダリングなどの不正を予防するための措置なんですね。

このため、クレジットカード・デビットカードで入金した場合、次のような出金処理をしなければいけません。

  1. クレジットで入金した金額をクレジットカードで出金を選択し出金処理
  2. 利益分をその他の出金方法を選択して出金処理

上記の処理をしなかった場合、出金処理は行われず、再度出金申請するようにお知らせがきてしまいます

また、入金した分はクレジットカード会社の処理状況によっては反映までに1ヶ月近くかかる場合もあります。

FXGTへクレジットカードで入金するときには、出金時に無駄な時間を浪費しないように入金額を覚えておくようにしましょう。

事前登録を済ませておく

ほとんどの方は口座開設ボーナスをもらうために比較的早い時期に済ませていると思うのですが、出金するためには個人情報の入力や書類の登録が終わった状態でなければいけません。

もしまだ登録が終わっていないのでしたら、マイページから登録が可能です。

FXGT出金ルール01

FXGTのマイページにログイン後、右上の設定アイコンをクリックします。

FXGT出金ルール02

設定画面で「アカウント認証」を選択。

事前登録では「個人情報」の入力、「本人確認書類」「住所確認書類」のアップロードが必要です。

書類の確認には2~3営業日が必要になってくるので、FXGTに登録したときに登録しておいた方が賢明でしょう。

ポジション保有中の出金

FXGTはポジション保有中でも出金が可能です。ただし、出金できる金額は出金後の証拠金維持率が110%以下にならないことが条件となっています。

ポジション保有中に出金する場合の出金可能額は次の計算式で算出可能です。

計算式110%(証拠金維持率)÷100×必要証拠金=口座に残しておく金額
口座残高-口座に残しておく金額=出金可能額
計算例計算例:口座残高50万円、必要証拠金が30,000円だった場合110%÷100×30,000=33,000
500,000-33,000=467,000円

ただし、証拠金維持率は現在保有しているポジションの損益も関わるので、ロスカットを避けるためにも多めに口座に残しておいた方が無難でしょう。

必要証拠金はMT5で確認することができます。

FXGTのポジション保有中の出金方法MT5

MT5での確認方法はMT5の左上の「表示」から「ツールボックス」を選択。

ツールボックスの「取引」タブを選択します。

mt5必要証拠金

そうすると、ポジション保有中の場合この画像の赤枠部分に「必要証拠金」が表示されるので、この金額を基に出金可能額を計算することができます。

ボーナスの取り扱い

FXGTは「口座開設5,000円キャッシュバック」や「入金30%キャッシュバック」など魅力的なボーナスキャンペーンを通り揃えています。

このキャッシュバックは直接出金ができないのですが、利益となった場合は条件なしで出金できます。

しかし、キャッシュバックのままだと出金申請をした時点ですべて無くなってしまうので注意が必要です。

キャッシュバックボーナスの残高はマイページで確認できます。

FXGTキャッシュバック残高

マイページでMT5口座を選択すると現在開設している口座が表示されるので、その情報の「クレジット」部分の金額がキャッシュバックボーナスです。

FXGTのキャッシュバックボーナスはトレードを有利に進めるためにも有効な資金ですから入出金は計画的に行うべきでしょう。

FXGTから出金するための基本手順

FXGT出金手順

FXGTは他の海外FX業者と少し違っていて、取引用の「MT5口座」の他に資金管理用の「EWALLET口座」があるFX業者です。

そのため、出金するためには「MT5口座」から「EWALLT口座」へ資金移動をしなければいけません。

FXGT出金手順01

資金移動の方法はマイページの「アクション」から「EWALLTへ資金移動」を選択。

資金移動が可能なMT5口座が表示されるので、MT5口座を選択し金額を入力すればEWALLT口座へ即座に資金が移動となります。

この際、証拠金維持率やボーナスの残高に注意しましょう。

次に再び「アクション」から今度は「出金」を選択します。

出金を選択すると出金可能な出金方法、つまり入金した方法のみが表示されるので、画面の指示に従って出金処理を行います。

各出金方法の基本的な流れをまとめましたので参考にしてください。

仮想通貨での出金方法

仮想通貨で出金する場合、出金申請前に入金で使った仮想通貨ウォレットのアドレスを登録しておく必要があります

FXGT出金用に仮想通貨ウォレットを登録する

仮想通貨ウォレットのアドレス登録はマイページの「設定」から「仮想通貨ウォレット」を選択。

仮想通貨ウォレットの画面に移動したら入金で使った仮想通貨のウォレットアドレスを入力します。

FXGT仮想通貨アドレス登録02

画像はBitcoinの入力画面ですが、他も同じ画面になります。入力後「アドレスを保存」を押せば登録が完了です。1度登録しておけば仮想通貨ウォレットを変更しない限り再登録は必要ありません。

仮想通貨ウォレットのアドレスを登録後、「アクション」から「出金」を選択。

入金に使った仮想通貨が表示されるので選択し、出金金額を入力します。

その後、FXGTに登録しているメールアドレスに「認証コード」が送られてくるので、認証コードを入力し出金申請は完了となります。

オンラインウォレットでの出金方法

FXGTへの入金でbitwalletかSTICPAYのどちらかのオンラインウォレットを使った場合、出金申請では使ったオンラインォレットのみ表示されます。

オンラインウォレットは入金時にアドレスの登録をしている場合は、出金時にアドレスの登録は不要となります。

表示されたオンラインウォレットを選び出金額を入力。

メールで送られてきた認証コードを入力すれば出金申請は完了となります。

クレジットカードでの出金方法

クレジットカードでの出金は「FXGTの出金ルール」で話した通り、クレジットカードで入金した分を最初にクレジットカードへの出金として処理します

クレジットカードの場合も金額を入金後、メールで送られてくる認証コードを入力して出金申請を完了させます。

次に利益分の出金申請をオンラインウォレットか銀行送金の出金方法から選択して出金する流れとなります。

銀行送金での出金方法

銀行送金の場合、銀行送金(電子決済)は通常の国内送金と同じなので振込先の銀行情報の入力は問題ないでしょう。

しかし、銀行振込の場合は国外送金に慣れていない方は少し面倒です。

FXGT振込銀行口座登録画面

銀行振込はSWIFTコードを持たない銀行を振り込み先として指定できません。また、銀行住所などはすべてローマ字表記で入力しなければいけません。

SWIFTコードを持っている銀行はほとんどの場合、海外送金用の情報を公開しているので「銀行名 海外送金」や「銀行名 SWIFTコード」で検索をして調べておくと間違いは少なくなるでしょう。

FXGTの出金拒否について

FXGTの出金拒否について

FXGTは2019年にサービスを開始した歴史の浅いFX会社ですが、現在までに「出金できなかった」と言う口コミは見当たりません

しかし、トレーダーが次に挙げるような行為をした場合には出金拒否や口座凍結の可能性があることを覚えておきましょう。

  • FXGTに登録した本人以外の名義への出金申請
  • 複数口座、複数のFX会社を利用したアービトラージ
  • FXGTのアカウントを複数持ったことが発覚した場合

要は常識的な取引をしている分には出金拒否はないと言って良いFX会社です。

▼ただ、出金の処理ミスは何度か発生しているようです。

FXGT出金拒否理由

【出金処理ミス:Yahooより】

 

このような場合、自分に非が無ければ「問い合わせ」からサポートに連絡することによって解決するので、慌てずに対処しましょう。

入金方法と併せて考えるFXGTのおすすめの出金方法

FXGTおすすめ出金方法

FXGTは「入金方法と同一方法で出金」と言うルールがあるので、入金の際は出金まで考えなくてはいけません。

そこでFXGTの入出金におすすめの方法をトレーダーのタイプ別に紹介します。

  • 仮想通貨トレーダーへのおすすめ入出金方法
  • 複数の海外FX会社を使っているトレーダーにおすすめ
  • FX会社との資金のやり取りは現金の方へのおすすめ

この3つに以下で詳しく説明しましょう。

仮想通貨トレーダーへのおすすめ入出金方法

仮想通貨トレーダーは今自分が取引している仮想通貨をそのまま使って入出金する方法をおすすめします。

FXGTは仮想通貨を証拠金として使うことのできるMT5口座を作ることができます。

もちろん仮想通貨を証拠金とするMT5口座でも普通の通貨ペアの取引が可能。

仮想通貨は時価となってしまうため多少計算は面倒になりますが、いちいち現金に変えなくてもトレード資金を仮想通貨とFX両方で使えるメリットがあるわけです。

他のFX会社に無いシステムなので、資金管理を明確にする意味でも検討してみてはどうでしょうか。

複数の海外FX会社を使っているトレーダーにおすすめ

複数のFX会社を使っているトレーダーは、FX用の資金管理口座としてオンラインウォレットを使ってみてはどうでしょうか。

FXGTが取り扱っているbitwallet、STICPAYは取り扱っているFX会社も多いオンラインウォレットです。

FX資金は生活費と分けて考える必要がありますから、管理しやすくなるはずですよ。

FX会社との資金のやり取りは現金の方がおすすめ

FX資金が現金」の方は銀行送金(電子決済)がおすすめ。銀行送金(電子決済)は国内送金扱いなのでリフティングチャージ手数料がかかりません

出金は5営業日かかってしまいますが、入金は即時反映されるので、計画的に資金運用を考えている方にとっては問題のないレベルと言えます。

銀行送金(電子決済)の1回の入金限度額は50万円までとなっていますが、1,000倍レバレッジを利用できるFXGTなら取引に影響は少ないはずです。

まとめ

非常に多彩な出金方法を準備しているFXGTですが、出金に関して以下の3点を押さえておきましょう。

  • 入金と同一方法でしか出金申請できない(クレジットカードは例外)
  • 出金申請はMT5口座からEWALLET口座に資金を移動してから行う
  • MT5口座から資金を移動するとボーナスが消滅してしまう

また、出金は2営業日、銀行送金は5営業日かかるので計画的な出金を心掛けたいものです。

FXGTは多くの入出金方法を準備しているのですが、入金ルール・出金ルールが少し複雑なので入出金の手段は1本化したほうが間違いは少ないでしょう。

FXGTは社歴こそ短いですが、日本人トレーダーが取引きしやすい環境を日々更新している成長途中のFX会社です。

ぜひFXGTのシステムを有効活用して稼げるFXトレーダーを目指していきましょう。

 

FXGT公式サイトへ

※口座開設ボーナス&入金ボーナス開催中

関連記事FXGTの特徴と評判、口座開設方法、使い方を徹底解説

監修者情報
ミズサワ

じなんぼーことミズサワです。海外FX歴10年。実際に利用した海外FX業者15社以上。為替通貨ペアのみならず株式指数や金、VIX、仮想通貨など様々な商品をトレード中。メイン口座は2口座で為替用にGemForex、仮想通貨用にFXGT。海外FX初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

海外FX業者評判・レビューFXGT
ジナキャッシュ

コメント