仮想通貨専門情報サイト「ジナコイン」開設

【初心者向け】GemForexを使う前に知っておきたい注意点8選!出金拒否や口座凍結を避けよう!

GemForex

※最終更新日:2021年10月17日

▼当記事をざっくり言うと・・・

  • 受け取ったボーナスは出金できない。またノースプレッド口座はボーナス適用対象外
  • 取引ルールに違反した場合、口座凍結となる可能性がある
  • SNS等の口コミを過度に信じるのは危険

GemForex公式サイトへ
※【期間限定】口座開設ボーナスで20,000円がもらえるキャンペーン開催中

GemForex(ゲムフォレックス)の基本スペック

GemForexのロゴGEMFOREX

ブローカー名GemForex
運営会社GEM GROUP NZ LIMITED
本社住所Level 1, 275 Onehunga Mall, Onehunga,Auckland
代表者Tang Chuan ※取締役3名は日本人
ニュージーランド金融ライセンス番号FSP564306
レバレッジ倍率最大1,000倍
スプレッド(平均)1.2pips/ドル円、1.2pips/ユーロ円 ※オールインワン口座、変動スプレッドのため変動あり
取扱商品通貨ペア31種類、株式指数10種類、貴金属2種類、エネルギー2種類
1LOTの単位10万通貨 ※オールインワン口座
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料無料
日本語サポートあり
モバイルアプリMT4

GemForexのメリット・デメリット

GemForexの基本情報やスペックからみた、GemForexのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

デメリット

  • DD方式を採用していると思われる

正直現時点でGemForexの短所はこれくらいしかないと思います…

▼下記記事でGemForexの評判を紹介しているので、ぜひリアルな口コミをご覧ください。

GemForexを使う前に知っておきたい8つの注意点!

2010年に日本人が海外で開設したGemForex。

高レバレッジと豪華なキャンペーンを武器に着実に登録口座数を増やしている海外FX業者です。日本人にも大変人気の高いGemForexですが、使う前に知っててほしい注意点が8つあります。

  • 口座開設時の注意点
  • ボーナスの使い方
  • デモ口座の利用方法
  • レバレッジ制限
  • 取引銘柄の種類
  • ノースプレット口座で出来ない事
  • 口座凍結の危険性
  • 評判や口コミについて

上記の注意点について深掘りしていきます。

注意点1:GemForexの口座開設は1分、しかしボーナスをもらう為には本人確認が必要

ボーナス受け取りは本人確認が必須

GemForexの口座開設は名前とメールアドレスの登録だけで、後は登録したメールアドレスに登録完了のメールが来れば完了。平日なら当日から取引を開始できます。

ほとんどの方はGemForexの口座登録ボーナスを狙って登録すると思うのですが、この口座登録ボーナスをもらう為には本人確認書類の提出が必要になってきます。

本人確認書類は以下の3つが必要になってきます。

  1. 身分証明書:運転免許証、パスポートなど顔写真が確認できる物
  2. 住所証明書:公共料金領収書、クレジットカード会社、携帯電話の請求書、健康保険証、住民票等住所が確認できる書類
  3. 身分証明書と本人が一緒に写っている写真、(大きく鮮明に写っている必要あり)

すべてインターネット上で完結しますが、本人確認書類の審査には13日かかります。土日を挟む場合にはさらに日数が必要な場合も。

ですので口座開設は時間的余裕を持って、上記の書類を準備した上で始めると確実に口座登録ボーナスがもらえるはずですよ。

詳しい口座開設方法はGemForexの始め方を徹底開設」で紹介しているので参考にしてください。

注意点2:GemForexのボーナスはそのままでは出金できない

ボーナス

GemForexの魅力の一つが他では真似できない豪華なボーナスキャンペーンです。

  • 口座開設でもらえる20,000円のボーナス(期間限定)
  • 一定期間ごとに開催される入金100%ボーナス
  • 常時開催の最大1000%入金ボーナスがもらえるジャックポット

どれも証拠金として制限なく使うことができるうれしいボーナスです。

しかし、このボーナスですがそのままでは出金できません。取引の際に証拠金として使用して利益となった時、初めて制限なしで出金できるようになります

GemForexとしては取引促進のためのボーナスなわけですから当然と言えば当然ですよね。ですが、入金なしで使える口座登録ボーナスはFX初心者には魅力です。

GemForexは1,000通貨単位から取引可能ですから、このボーナスを使って緊張感を持ちつつじっくり取引の検証ができるでしょう。

GemForexのキャンペーンボーナスの詳細は「GemForexの口座開設&入金ボーナスキャンペーン開催日程が明らかに!」で紹介していますので、もらえるものはもらって有効に使っていきましょう。

注意点3:FX初心者はGemForexの本口座開設はすぐにはしない!デモ口座開設が最初!

デモ口座

FX初心者がGemForexを始めるなら次の手順がおすすめです。

  1. GemForexのデモ口座を開設
  2. デモ口座でトコトン検証、練習
  3. 自信がついたら本口座開設

理由は口座登録ボーナスを有効に使うため!

実は口座登録ボーナスの20,000円は使わないと1ヶ月で消滅してしまうのです。

ですから、ボーナスをもらったら比較的すぐ取引を始めなければいけないのですが、FX初心者がすぐ勝てるほど為替相場は甘くありません。

結局わけがわからないまま口座登録ボーナスがなくなってしまうのは目に見えていますよね。また、取引プラットフォームの扱い方に慣れる必要があるでしょう。

GenForexのデモ口座はメールアドレスと名前の登録だけですぐ使え、MT4の機能もすべて使えます。

MT4は優れた相場分析ツールでもあるので、デモ口座でしっかりFXを学ぶべきです。MT4の使い方は「GemForexの使い方を解説」でも解説していますし、最もメジャーなツールなのでネット情報も豊富ですから心配ないでしょう。

口座登録ボーナスは期間限定ですが、実際は「口座登録ボーナス2週間」→「入金100%ボーナス3日間」→「口座登録ボーナス」とサイクルになっているので、デモ口座で勝てる自分を作ってからでも十分もらうことができますよ。

注意点4:GemForexのレバレッジ1,000倍には制限がある

レバレッジ

1,000倍のレバレッジと他ではあまり見られないハイレバで取引できるGemForex。少ない資金でもFXを始められ、大きな利益を得る可能性が高く、このレバレッジ1,000倍は豪華なボーナスと合わせてGemForexの最大の特徴ですね。

この1,000倍のレバレッジですが、実は証拠金残高200万円以上になると自動的に500倍まで下がってしまいます。なので証拠金が200万円近くなったら取引をする際はLot数などに注意しなければいけません。

「いきなり半分の倍率になってしまうの!」と思うでしょうが、他の証券会社と比べると全然トレーダーに有利な設定なんです。

レバレッジ制限比較表

口座証拠金残高GemForexXM Trading
~200万円1,000倍888倍
200万円~1,000万円500倍200倍
1,000万円~500倍100倍

GemForexと同じく日本で人気のXMと比較してもレバレッジを重点的に考えるトレーダーには魅力ですよね。

初心者トレーダーはレバレッジ制限がかかったら一人前の仲間入りと考えて「口座残高200万円」を目標にしてみてもいいかもしれませんよ。

注意点5:GemForexは取引銘柄が少ない

取引銘柄数

GemForexは他の海外FX業者と比較し取引できる銘柄が少ないことが特徴です。

取引銘柄比較表

銘柄種別GemForexXM TradingFXGT
通貨ペア31種類57種類50種類
貴金属2種類2種類2種類
CFD13種類39種類80種類
合計46種類98種類132種類

このようにGemForexは海外のFX業者の中では取引銘柄が少ない部類に入ります。主要銘柄は押さえているものの、コモディー通貨の取引やCFDの取引をしたい場合は自分が取引したい銘柄が無い場合があるのですね。

またノースプレッド口座では通貨ペア31種類、貴金属2種類のみでCFDは取引できない点も注意しましょう。

ですが仮に初心者でしたら主要通貨でしっかり勝てる事が第一目標です。GemForexはUSD/JPYなどの主要通貨のスプレッドが低めに設定されているので初心者には始めやすいでしょう。

注意点6:GemForexのノースプレッド口座では自動売買やミラートレードはできない、キャンペーンも適用外!

ノースプレッドはキャンペーン対象外

 オールインワン口座ノースプレッド口座
USD/JPY1.30.3
EUR/USD1.30.3
GBP/USD2.21.3
AUD/USD1.50.3
EUR/JPY1.4 0.5

この表を見てもらうとわかると思うのですが、GemForexの通常口座であるオールインワン口座と比べると、スプレッドが非常に狭いことが特徴のノースプレッド口座。またGemForexのノースプレッド口座は取引手数料が無料です。

スプレッドが非常に狭いことが特徴であるGemForexのノースプレッド口座。

しかし、スプレッドが狭い代わりにGemForexの口座を開設すれば無料で使える30種類にも及ぶ自動売買ツールやミラートレードのサービスが使えなくなるデメリットがあります。自動売買やミラートレードを目的にGemForexに登録を考えている場合はこの点が注意点です。

また、裁量トレードのみで考えていたとしても、ノースプレッド口座はGemForexの魅力である豪華な入金ボーナスが適用外になってしまうのです。

口座開設条件が口座残高30万円以上という制限もあり、ノースプレッド口座のどの条件も初心者トレーダーには敷居が高いと言えます。

逆に主要通貨ペアのみの取引でスプレッドの低さのみを考えた場合には、非常に魅力的な口座となるでしょう。レバレッジについても通常の口座と変わらない1,000倍となっているので、ノースプレッド口座は入金の必要ない口座残高を確保している中級の裁量トレーダー向きの口座タイプでしょう。

GemForexの口座ごとの特徴やスプレッドについて、もっと詳しく知りたい方は「GemForexのスプレッドを徹底解剖」を読んでみてくださいね。

注意点7:GemForexはスキャルピングや大口取引をすると口座凍結や出金拒否の可能性がある

大口取引やスキャルピング禁止

GemForexの禁止事項の内、スキャルピングや大口の取引をする場合は少し注意しましょう。

  • スキャルピング:短時間(5分程度)の間に往復10Lot以上の取引行為
  • 大口取引(目安として1取引で10Lot以上)をする場合は事前に連絡を入れる

自分が通常の取引をしている思っていても、上記の2つの取引方法をしてしまうと口座凍結や出金拒否になってしまう場合があるので注意してほしい部分です。

このルールは恐らくGemForexがDD方式を採用している業者だからあるのでしょう。DD方式とはトレーダーの注文をインターバンクに流すか業者内で処理する(呑む)かを証券会社の裁量で決める方式です。DD方式ですとトレーダーの勝ちは業者の損失、トレーダーの負けは業者の利益になる為、短時間での大きな損益は避けたい為のルールなのでしょうね。

しかし、GemForexはルールを守ってさえいれば理不尽な口座凍結のうわさの無い業者ですから、トレーダー側も健全に取引してGemForexのメリットを有効に使っていきたいものですね。

注意点8:GemForexの評判や口コミに惑わされてはいけない

評判や口コミ

人気があると色々な評判や口コミが増えますよね。その評判や口コミの中には悪い評判や口コミも入っているわけです。

GemForexも非常に多くの評判や口コミが出回っている業者ですが、その評判や口コミに振り回されることの無いように注意しましょう。

特に悪い批評や口コミには注意!第三者目線の口コミや明らかにルール違反で口座凍結や出金拒否をされた口コミや評判は無視したほうがいいでしょう。

実際にご自身で「GemForex 口座凍結」や「GemForex 出金拒否」で調べてもらうとわかると思うのですが、GemForexは明らかに良い評判や口コミが多い業者です。

GemForexnoメリット・デメリット、評判は「GemForexって実際どうなの?使える?7つのメリットと2つのデメリット」で詳しく解説しているので気になる方は読んでみましょう。

情報集めは大切ですが、一番大切なのは「自分がどのような取引をしたいか」だと思います。

まとめ

どの海外FX業者にもトレーダーに有利な点、不利な点があります。

もちろん出金拒否や理不尽な口座凍結をする業者は論外ですが、そうでない業者ならば自分にとってデメリットよりメリットが大きければ問題ないと考えて良いでしょう。

自分にとってメリットが大きいと言う意味ではGemForexは初心者から中級トレーダーまで幅広く取り組みやすい海外FX業者ではないでしょうか。

この記事で取り上げた8つの注意点が気にならないのなら、GemForexの口座開設ボーナスと入金ボーナスを最大限に活用して小資金で大きな利益を目指していきましょう。

GemForex公式サイトへ
※【期間限定】口座開設ボーナスで20,000円がもらえるキャンペーン開催中

関連記事【完全版】GemForex(ゲムフォレックス)の特徴と口座開設方法・使い方を徹底解説!

 
監修者情報
ミズサワ

じなんぼーことミズサワです。海外FX歴10年。実際に利用した海外FX業者15社以上。為替通貨ペアのみならず株式指数や金、VIX、仮想通貨など様々な商品をトレード中。メイン口座は2口座で為替用にGemForex、仮想通貨用にFXGT。海外FX初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

GemForex
ジナキャッシュ

コメント