仮想通貨専門情報サイト「ジナコイン」開設

IS6FX(旧is6com)のスプレッド | 一覧と他社比較や広がるタイミングを解説!

IS6FXのスプレッド一覧|他社比較や広がるタイミングも紹介IS6FX(旧is6com)

2020年10月12日に完全リニューアルしたIS6FX、1年以上が経過して豪華なボーナスと日本語サポートが充実していますがスプレッドは進化しているのか、調べてみました。

本記事では、IS6FXの口座タイプごとのスプレッドについて、他社比較、広がるタイミングと注意点・対策について詳しく解説しています。

ぜひ、参考にしてあなたのトレードライフに役立ててください。

 

IS6FX公式サイトへ

【期間限定】口座開設5,000円+最大200%入金ボーナスキャンペーン開催中

  1. IS6FX(旧is6com)4つの口座タイプでみるスペックと特徴
    1. サービス向上(ボーナス・無料VPS・日本語対応サポート)でIS6FXを利用するメリット
    2. サービスの充実度によるレバレッジの制限などデメリットはあるか?
    3. 受付休止中のプロ口座とレバレッジ6,000倍口座にはボーナスがない
  2. IS6FXのスタンダード口座のスプレッドを他社(海外FX会社)のスタンダードと比較
  3. IS6FX4つの口座タイプ別主要通貨スプレッド比較表
  4. IS6FXの通貨ペア34種とCFD11種のスプレッド一覧表
    1. 通貨ペア34種スプレッド
    2. CFD11種スプレッド
  5. IS6FX スキャルピングにおすすめのプロ口座の通貨ペア34種とCFD11種のスプレッド一覧表
    1. 通貨ペア34種スプレッド
    2. CFD 貴金属スプレッド
  6. 早朝と経済指標発表(スプレッドが広がる条件)のタイミングのトレードは要注意!特に自動売買
    1. 早朝など取引量が少ない時間帯
    2. 主要市場が閉まっている日
    3. 経済指標が発表された時
    4. 突発的なイベントがある時
  7. IS6FXのスプレッドが広がる時に取引( トレード )を避けるおすすめの方法
  8. IS6FXで口座開設・入出金している人のスプレッドに関する口コミ・評判
  9. IS6FXのスプレッドに関するよくある質問・FAQ
    1. Q:スキャルピングや自動売買、その他取引に制約はありますか?
    2. Q:強制ロスカット・マージンコールの基準値は?
    3. Q:両建ては可能ですか?
    4. Q:最大ポジション数や取引ロット数に制限はありますか?
  10. まとめ

IS6FX(旧is6com)4つの口座タイプでみるスペックと特徴

スタンダードマイクロプロ
(受付休止中)
レバレッジ6,000
(受付休止中)
取扱銘柄45銘柄45銘柄45銘柄45銘柄
最大レバレッジ1000倍1000倍1000倍6000倍
取引プラット
フォーム
MT4MT4MT4MT4
基本通貨円、米ドル円、米ドル円、米ドル円、米ドル
最低入金額5000円5000円5000円5000円
注文単位1ロット
(10万通貨)
1ロット
(1000通貨)
1ロット
(10万通貨)
1ロット
(10万通貨)
最小注文数0.01ロット
(1,000通貨)
0.01ロット
(50通貨 )
0.01ロット
(1,000通貨)
0.01ロット
(1,000通貨)
最大注文数30ロット100ロット30ロット30ロット
最大ポジション数30303030
取引手数料無料無料無料無料
ロスカット水準50%50%50%50%

通貨ペア45種類のうち、CFD11種類が含まれています。旧is6comと比べると、CFD11種類が追加されたことと、すべての口座タイプで取扱商品のすべてが取引できるようになりました。

また、レバレッジがスタンダード口座とマイクロ口座で1,000倍となり、プロ口座、100口座限定でレバレッジ6,000倍口座が新たに追加されています。

サービス向上(ボーナス・無料VPS・日本語対応サポート)でIS6FXを利用するメリット

TECワールドグループがM&Aし完全リニューアルしたIS6FXは、主に以下のサービスが向上しています。

  • ボーナスが豪華になった
  • VPSの使用を無料で提供している
  • 日本語対応のサポートが充実

IS6FXのボーナスは旧is6comの時代から存在しましたが、IS6FXになってから口座開設( 未入金 )ボーナスは5,000円~最大20,000円に、入金ボーナスは50%~最大200%( 時期によって変更 )と、かなりパワーアップしています。未入金ボーナスは、自己資金なしでトレードが開始できるボーナスクレジットが付与されます。

自動売買( EA )に必要不可欠なVPS提供サービスでは、他社の場合通常月額2,000円~3,000円のレンタル料がかかるところ、一定の条件をクリアすると無料です。

日本語対応のサポートが充実、問い合わせに対するレスポンスが速くなったという口コミがみられます。これらは、トレーダーにとってかなりメリットがあるといえるでしょう。

しかし、サービスが充実しているブローカーはレバレッジ制限が厳しく、スプレッドが広い傾向にあることは否めません。IS6FXはどうなのか、詳しく見ていきましょう!

サービスの充実度によるレバレッジの制限などデメリットはあるか?

IS6FXのレバレッジ制限について、口座タイプごとに表にまとめました。

口座タイプスタンダードマイクロプロ
(受付休止中)
レバレッジ6,000
(受付休止中)
最大レバレッジ1,000倍1,000倍400倍6000倍
2万ドル(200万円)未満1,000倍1,000倍400倍6000倍
2万ドル(200万円)以上500倍500倍400倍6000倍
5万ドル(500万円)以上200倍200倍400倍6000倍
10万ドル(1,000万円以上)100倍100倍400倍6000倍
利用制限なしボーナス対象外ボーナス対象外
自動売買不可
ボーナス対象外
自動売買不可

ご覧のとおり、IS6FXのスタンダード口座のみ、すべてのボーナスが対象になっていますが、レバレッジ制限もあります。

マイクロ口座はボーナス対象外であるにもかかわらず、レバレッジはスタンダード口座と同じ制限がありますからデメリットといえるので注意しましょう。

受付休止中のプロ口座とレバレッジ6,000倍口座にはボーナスがない

IS6FXの口座タイプでボーナスが付与されるのはスタンダード口座のみで、その他の口座タイプには付与されません

レバレッジ制限がないプロ口座とレバレッジ6,000倍口座は2021年12月現在、受付休止中です。ただ、新たに募集がはじまることもあるとされていますので、興味がある方は注目しておきましょう。

IS6FXでは、1アカウント5口座までマイページから簡単に追加口座が開設できます。プロ口座とレバレッジ6,000倍口座に興味がある方は取り合えずスタンダード口座でボーナスを獲得して、次回の募集に備えるとよいでしょう。

次にスプレッドを見てみましょう!

IS6FXのスタンダード口座のスプレッドを他社(海外FX会社)のスタンダードと比較

ここでは、ボーナス・サービス共充実している業界最大手級のXM・FBSとIS6FXのスタンダード口座の主要通貨ペアのスプレッドで比較してみました。

IS6FXXMFBS
USD/JPY
(ドル/円)
1.5pips1.6pips2.0pips
EURJPY
(ユーロ/円)
2.3pips2.6pips3.0pips
GBPJPY
(ポンド/円)
3.2pips3.6pips4.0pips
AUDJPY
(オーストラリアドル/円)
2.9pips3.4pips3.0pips
EUR/USD
(ユーロ/ドル)
1.5pips1.6pips1.1pips
GBP/USD
(ポンド/ドル)
2.4pips2.3pips0.9pips
AUD/USD
(オーストラリアドル/米ドル)
2.0pips1.8pips0.8pips

ご覧のとおり、IS6FXのスプレッドは大手ブローカーと比較してもクロス円ではもっとも狭く、すべて口座タイプで手数料無料ですから、トレーダーの手数料負担は比較低いといえます。

リニューアル後のIS6FXボーナスが充実しサービスも向上して、そのうえスプレッドは狭いのですから競争力があり、かなり進化していることがわかりました。

それでは、口座タイプごとのスプレッドを見てみましょう!

IS6FX4つの口座タイプ別主要通貨スプレッド比較表

IS6FXのスプレッドは、プロ口座<レバレッジ6,000倍口座<スタンダード口座<マイクロ口座の順でプロ口座がもっとも狭く、マイクロ口座が一番広くなっています。

現在、受付中止をしているプロ口座とレバレッジ6,000口座も参考までに実測値を記載しておきます。

スタンダードマイクロプロレバレッジ6,000
USD/JPY1.5pips2.0pips0.8pips1.3pips
EURJPY2.3pips2.9pips1.1pips2.1pips
GBPJPY3.2pips4.9pips1.5pips2.9pips
AUDJPY2.9pips3.7pips1.4pips2.7pips
EUR/USD1.5pips1.9pips0.7pips1.3pips
GBP/USD2.4pips3.1pips1.1pips2.2pips
AUD/USD2.0pips2.7pips1.0pips1.8pips

マイクロ口座のスプレッドはかなり広く、ボーナスも対象外ですからメリットはないといえますね。

スタンダード口座はボーナスが手厚くスプレッドも狭めなのでおすすめできますが、マイクロ口座に関しては、XMなど他社を検討した方がよさそうですね。

IS6FXの通貨ペア34種とCFD11種のスプレッド一覧表

IS6FXのスプレッドはすべての口座タイプで変動制を採用しています。以前は口座タイプによって取引できる通貨ペアが異なる設定でしたが、現在はどの口座タイプもすべての通貨ペアで取引可能です。

また、旧is6comの時代は取引できる通貨ペアは34種類のみでした。IS6FXにリニューアル後は通貨ペアが34種類に加え、以前はなかったCFDも11種類追加され進化しています。

取引量が少なく流動性の低い通貨ペアは、順次取扱いを停止しているようです。また、全体としてスプレッドは以前よりも狭くなっている印象があります。

通貨ペア34種スプレッド

通貨ペア34種の平均スプレッドの実測値です。

2021年12月22日から、USD/TRYは取引量が少なく流動性が低いことを理由に取引が一時停止されているため、計測できませんでした。

スタンダード口座マイクロ口座
AUD/CADAUD/CAD3.8pips4.7pips
AUD/CHFAUD/CHF3.5pips4.4pips
AUD/JPYAUD/JPY2.9pips3.7pips
AUD/NZDAUD/NZD3.4pips4.3pips
AUD/USDAUD/USD2.0pips2.7pips
CAD/JPYCAD/JPY3.0pips3.8pips
CHF/JPYCHF/JPY2.9pips3.6pips
EUR/AUDEUR/AUD3.4pips4.3pips
EURCADEURCAD3.7pips4.6pips
EUR/CHFEUR/CHF2.5pips3.2pips
EUR/GBPEUR/GBP2.0pips2.5pips
EUR/JPYEUR/JPY2.3pips2.9pips
EUR/NZDEUR/NZD5.5pips6.8pips
EUR/USDEUR/USD1.5pips1.9pips
EUR/ZAREUR/ZAR315.0pips320.0pips
GBP/AUDGBP/AUD4.8pips6.1pips
GBP/CADGBP/CAD5.1pips6.4pips
GBP/CHFGBP/CHF4.4pips5.1pips
GBP/JPYGBP/JPY4.0pips4.6pips
GBP/NZDGBP/NZD7.6pips9.2pips
GBP/USDGBP/USD2.4pips3.1pips
NZD/CADNZD/CAD3.5pips4.3pips
NZD/CHFNZD/CHF2.8pips3.6pips
NZD/JPYNZD/JPY3.1pips3.9pips
NZD/USDNZD/USD2.7pips3.4pips
SGD/JPYSGD/JPY6.8pips7.5pips
USD/CADUSD/CAD2.1pips2.7pips
USD/CHFUSD/CHF2.3pips2.9pips
USD/CNHUSD/CNH21.0pips25.5pips
USD/JPYUSD/JPY1.5pips2.0pips
USD/MXNUSD/MXN78.9.pips87.0pips
USD/SGDUSD/SGD4.5pips5.6pips
USD/TRYUSD/TRY
USD/ZARUSD/ZAR80.0pips85.0pips

IS6FXの公式で公表している平均スプレッドと実測値は、一部を除いてほぼ一致していました。

CFD11種スプレッド

IS6FXにリニューアル後追加されたCFD銘柄11種のスプレッドを見てみましょう!

CFD 貴金属

スタンダードマイクロ
XAUUSD
(ゴールド)
4.8pips7.9pips
XAGUSD
(シルバー)
7.0pips7.8pips

貴金属に関しては、期待したよりも広めのスプレッドでした。

CFD 株式指数

スタンダードマイクロ
DAX30
独30銘柄
450.0pips450.0pips
HK50
香港ハンセン50
104.0pips104.0pips
JP225
日経225銘柄
29.0pips29.0pips
NASDAQ
米公開株
230.0pips230.0pips
S&P500
米500銘柄
190.0pips190.0pips
UK100
英FTSE100銘柄
380.0pips380.0pips
US30
米30銘柄
540.0pips540.0pips

CFD株式指数のスプレッドはスキャルピングができるレベルではありません。

CFD エネルギー

スタンダードマイクロ
BRENT
原油
9.3pips9.3pips
WIT
原油
9.3pips9.3pips

原油のスプレッドも広めでした。

IS6FXはボーナスが充実しているなかで、通貨ペアのスプレッドに関しては海外FX会社のなかでも狭めでメリットがありました。

しかし、CFDのスプレッドに関しては広めですから、クロス円などのメリットのある通貨ペアに的を絞って取引するとよいでしょう。

IS6FX スキャルピングにおすすめのプロ口座の通貨ペア34種とCFD11種のスプレッド一覧表

2022年1月現在、受付停止中ではありますが受付再開された場合に備え、プロ口座とレバレッジ6,000倍口座のスプレッドについても記載しておきます。

CFD貴金属以外の商品のスプレッドについては、すべて同じスプレッドの設定になっていますので、先述のスタンダード口座CFDスプレッド表を参照ください。

通貨ペア34種スプレッド

プロ口座のスプレッドは、かなりメリットがあるといえます。

プロレバレッジ6,000倍
AUD/CADAUD/CAD2.0pips3.6pips
AUD/CHFAUD/CHF1.8pips3.3pips
AUD/JPYAUD/JPY1.4pips2.7pips
AUD/NZDAUD/NZD1.6pips3.2pips
AUD/USDAUD/USD1.0pips1.8pips
CAD/JPYCAD/JPY1.4pips2.8pips
CHF/JPYCHF/JPY1.5pips2.7pips
EUR/AUDEUR/AUD1.7pips3.2pips
EURCADEUR/CAD1.9pips3.5pips
EUR/CHFEUR/CHF1.2pips2.3pips
EUR/GBPEUR/GBP1.0pips1.8pips
EUR/JPYEUR/JPY1.1pips2.1pips
EUR/NZDEUR/NZD2.9pips5.3pips
EUR/USDEUR/USD0.7pips1.3pips
EUR/ZAREUR/ZAR175.0pips185.0pips
GBP/AUDGBP/AUD2.3pips4.6pips
GBP/CADGBP/CAD2.6pips4.9pips
GBP/CHFGBP/CHF3.1pips4.2pips
GBP/JPYGBP/JPY1.5pips2.9pips
GBP/NZDGBP/NZD4.5pips7.4pips
GBP/USDGBP/USD1.1pips2.2pips
NZD/CADNZD/CAD1.8pips3.3pips
NZD/CHFNZD/CHF1.5pips2.6pips
NZD/JPYNZD/JPY1.5pips2.9pips
NZD/USDNZD/USD1.3pips2.5pips
SGD/JPYSGD/JPY3.4pips6.6pips
USD/CADUSD/CAD1.0pips1.9pips
USD/CHFUSD/CHF1.2pips2.1pips
USD/CNHUSD/CNH12.0pips21.0pips
USD/JPYUSD/JPY0.8pips1.4pips
USD/MXNUSD/MXN45.0.pips55.0pips
USD/SGDUSD/SGD2.4pips4.3pips
USD/TRYUSD/TRY
USD/ZARUSD/ZAR70.0pips80.0pips

プロ口座・レバレッジ6,000倍口座の受付が再開された場合には、過去の実績がら10分以内に枠が埋まってしまう可能性がありますので、スタンダード口座を開設しておくことをおすすめします。

IS6FX追加口座作成方法

口座を開設すると上の図のように追加口座の開設というボタンがあり、クリックすると追加で開設する口座タイプが選択できるので、簡単に追加口座を開設できます。

プロ口座の受付が再開されたときには短時間で枠が埋まってしまうので、1から口座開設手続きをしていると間に合いません。

予めスタンダード口座を開設してチャンスをうかがいましょう!

CFD 貴金属スプレッド

CFD貴金属は、レバレッジ6,000倍口座では対応していないので、プロ口座のスプレッドのみ記載しておきます。

プロ口座
XAUUSD
ゴールド
4.5pips
XAGUSD
シルバー
4.2pips

IS6FXはCFD関連商品のスプレッドの広さからみて、CFD商品の取引にはメリットがなさそうです。メリットがある通貨ペアに的を絞って取引しましょう!

早朝と経済指標発表(スプレッドが広がる条件)のタイミングのトレードは要注意!特に自動売買

IS6FXのスプレッドが広がる条件は以下のとおりです。

  • 早朝など取引量が少ない時間帯
  • 主要な市場が閉まっている時間帯
  • 経済指標が発表された時
  • 突発的なイベントがある時

具体的にみてみましょう!

早朝など取引量が少ない時間帯

為替取引は1日24時間いつでも行われていますが、取引量が極端に減少する時間帯があります。これは、東京・ロンドン・ニューヨークの主要3市場がクローズしている時間帯に限られます。

外国為替市場オープンタイムクローズタイム夏時間
東京市場9:0017:00
ロンドン市場17:00翌3:00₋1時間
ニューヨーク市場21:00翌6:00

日本時間の午前9:00から翌朝6:00までは主要3市場の取引時間は間が空くことなく繋がっており、ロンドンとニューヨーク市場は21:00から翌3:00で重なっています。

しかし、翌日の早朝6:00から9:00までの3時間は主要3市場のすべてがクローズしている時間帯( オセアニアタイム )があります。この3時間は、極端に取引量が低下し、指値注文がスカスカの状態になります。一日のうちでもっともスプレッドが広がるのがこの時間帯です。

IS6FXに限らず、変動制のスプレッドを採用しているFX会社では指値注文がスカスカ状態になると、スプレッドを広げてその危険性を知らせる仕組みをとっています。

たとえば成行買い注文をした場合、値がすべって最も指値の高い価格で約定してしまう可能性についてスプレッドを広げることで現わしているのです。

早朝の時間帯は窓閉めなどの手法を含め取引は避けましょう。

そもそも窓閉め手法は、リスクリワード( リスクと利益の割合 )も悪く、勝てたとしてもくたびれ損になりかねません。

主要市場が閉まっている日

為替カレンダー

たとえば、上の図のように年末年始では世界の銀行の振替休日などは市場が閑散とした状態になります。3日の月曜日は、日本と英国の銀行が休日なので、日本市場からロンドン市場の取引時間帯は個人投資家のみの注文しか入らないことが想定できます。

こういうときは、早朝の時間帯と同様に指値が売り買い共にスカスカになり注文数量も少ないために、ちょっとした成行注文で値が大きく動くため、スプレッドが広がりやすい状況になるのです。

外国為替市場の休場は、「金融市場休日」で検索するといくつものサイトが並んでいます。お好みのサイトを選んで必ず取引前に確認するようにしましょう。

経済指標が発表された時

経済指標

各国の法定通貨を売買する為替相場では、各国の経済指標の発表をきっかけとして動く方向が決まる性質があります。特に基軸通貨である米ドルとユーロ圏の経済指標には敏感に反応するのが特徴です。

なかでも以下の発表の際は、特にスプレッドが広がる傾向にあります。

  • 米国雇用統計( 毎月第一金曜日22:30 )
  • FOMC( 米国連邦公開市場委員会 )政策金利決定会合 ( 年8回 )
  • ECB ( 欧州中央銀行 )政策金利決定理事会( 毎月 )
  • 米国・EU物価指数関連
  • 米国ISM景況感指数

これらの発表前後数十分間は、成行の売買注文が交錯するため指値が追いつかず、指値注文が空洞化してしまいます。ここで成行注文をすると値がすべって不利な価格で約定しやすくなります。そのため取引ツールは予めスプレッドを広げて、値がすべりやすいことを示します。

こういうときは少し値動きが落ち着いて、スプレッドが狭くなってから取引するようにしましょう!

突発的なイベントがある時


スプレッドは次のような予期せぬ出来事が起きたときにも大きく広がります。

  • 金融・経済・外交政策にかかわる要人のサプライズ発言
  • 米国大統領選挙の勝敗に関連する報道
  • 大きな災害や紛争が発生したとき
  • ある国の財政破綻懸念に関する報道

これらの事態が急に発生すると相場が急激に一方向に動くため、大きく利益をとれる場合もありますが、逆のポジションを保有している場合には大きな損失となります。

大きく利益がとれそうな場合でも、スプレッドが大きく広がってくるため、結果的に大して儲からないことが多いのです。

いずれにしても、狙ったトレードではなくギャンブルトレードになってしまいますので、資金の大半を失ってしまうかもしれません。

スプレッドが広がりだしたら、危険信号と捉え一旦決済をして早めに逃げるようにしましょう!

IS6FXのスプレッドが広がる時に取引( トレード )を避けるおすすめの方法

無駄な損失を負わないためにスプレッドが広がる際には取引を避けることは、大変重要です。

そのために、時点のスプレッドをリアルタイムで認識する方法はMT4の基本機能であるAskラインとBidラインを表示する、気配値表示にスプレッドを表示するなどいくつかの方法があります。

しかし、いちいち気配値を表示しないとならないことや上値抵抗ラインや下値支持ラインをご自身で引いてトレードする方にはAskラインなどは邪魔になります。

そこで、おすすめしたいのがSpread Loggerです。

Spread Logger

上の図の画面右上にある水色の数字が、AskとBidの差をリアルタイム数値で表した実質スプレッドです。このインジケータは無料でMT4にインストールできます。

リアルタイムで数値が変化するため、今は注文してはいけないということが明確に掴めますのでおすすめです。

IS6FXで口座開設・入出金している人のスプレッドに関する口コミ・評判

じなんぼー
じなんぼー

スプレッド狩りとは、値が動いていないのにスプレッド幅が広がることで、ロスカット設定ラインまで達してしまって損失を与えられることです。やはり、変動制スプレッド方式を採用しているFX業者のオーバーナイトトレードは避けるべきです。

じなんぼー
じなんぼー

やはり、IS6FXの早朝のタイミングは広いスプレッドによるロスカット狩り的な不満が目立ちます。オーバーナイトトレードする場合は、ロスカット設定をしない方がよいでしょう。

じなんぼー
じなんぼー

ポンド円で136pipsはあまりにも広がり過ぎです。スイングトレードで130pipsの利益があっても、マイナスにされてしまうということですから尋常ではありません。

IS6FXの通常のスプレッドは広くはありませんが、早朝など限られた時間帯や3大市場の休場日に広がるスプレッドの評判はよくはありません。

オーバーナイトトレードや3大市場の休場日にはトレードしないようにしましょう!

IS6FXのスプレッドに関するよくある質問・FAQ

Q:スキャルピングや自動売買、その他取引に制約はありますか?

A:IS6FXの規約をみても、スキャルピングや自動売買の使用に制限を設ける記述はありません。また、カスタマーサーポートの回答でも制約は設けてないことを確認しています。

ただ、過度なスキャルピング取引や取引量が10ロットを超える場合には約定しないなどの制限がかけられる可能性があるので注意してください。

その他、以下の禁止事項に抵触しないようにしましょう!

  • 複数業者・トレーダーの口座で両建て等ヘッジ取引をすること
  • 当社で複数の口座を持ち、両建て等ヘッジ取引をすること
  • 第3者同士が同じタイミングで入金・取引・出金すること
  • 経済指標発表時だけを狙った取引
  • 事前連絡なしの大きなロット数でのトレード

なお、自動売買( EA )を使用した取引には何ら制限は設けられていません。

Q:強制ロスカット・マージンコールの基準値は?

A:IS6FXのロスカット水準は、証拠金維持率50%で設定されています。この水準は、業界平均(20%から30%)からみて高めの設定ですから、他社と比較してロスカットに耐えにくい設定といえます。

早朝などスプレッドが極端に広がる時間帯や主要市場が休場日のときには取引を避けるようおすすめします。

Q:両建ては可能ですか?

A:IS6FXで複数の口座を開設して両建て取引をすることは禁止されていますが、同一の口座内で両建て取引をすることは可能です。

Q:最大ポジション数や取引ロット数に制限はありますか?

A:1注文あたり最大30ロット・最大30ポジションまでとなっています。

IS6FXは大口取引に厳しいブローカーで、10ロット以上の取引をする場合、事前にカスタマーサポートに連絡して許可を得る必要があります。

まとめ

IS6FXのスプレッドについて解説しましたが、ここでおさらいをしておきましょう!

  • IS6FXのスタンダード口座のスプレッドは他社と比べて若干狭め
  • マイクロ口座はスプレッドが最も広くボーナスも対象外なのでメリットがない
  • プロ口座とレバレッジ6,000倍口座は受付休止中であるが受付の再開をされるとすぐに枠が埋まってしまうため、スタンダード口座を開設してボーナスを獲得してチャンスをうかがうとよい
  • スタンダード口座の最大レバレッジは1,000倍( 残高200万円まで )
  • IS6FXの新規口座開設ボーナス( スタンダード口座のみ )は2万円になっており、自己資金なしでも取引が開始できる
  • VPSの使用は条件を満たすと無料になるので自動売買( EA )で取引をしたい人にもお得
  • 日本語サポートも充実している
  • IS6FXのスプレッドは、プロ口座が最も狭く、レバレッジ6,000倍口座、スタンダード口座、マイクロ口座の順に広くなっている
  • スタンダード口座のスプレッドはUSD/JPYなどのクロス円が特に狭い
  • CFD商品のスプレッドはすべての口座タイプで広くメリットがない
  • プロ口座の最大レバレッジは400倍だがスプレッドは最も狭く取引手数料も無料でメリットが高い
  • IS6FXはすべての口座タイプで取引手数料が無料
  • IS6FXのスプレッドは、日本時間毎朝6時~9時の間、主要市場が休場の日、高い影響力がある経済指標発表前後、突発的なイベントがあるときに大幅に広がるので注意
  • IS6FXはオーバーナイトトレード( スイング )には向いていないのでデイトレの範囲で取引するとよい
  • IS6FXに限らず、変動制スプレッドを採用している業者で取引するときは、経済指標カレンダーと市場の休場日カレンダーを必ず確認するようにする
  • 突発的なイベント時にスプレッドが急激に広がる際は一旦決済して逃げる
  • スプレッドをリアルタイムに計測して監視するのに便利な無料インジケータSpread Loggerがおすすめ
  • IS6FXはスキャルピングや自動売買の取引規制はしていないが、10ロット以上の取引をする際
  • 事前にカスタマーサポートに許可を得る必要がある。
  • 両建て取引は、IS6FXの同一口座内のみ認められている
  • 強制ロスカット・マージンコールの証拠金維持率の水準は50%とIS6FXの設定は高いので、含み損をかかえながら大きな利益を狙うトレードには向いていない
  • その他、禁止事項をよく把握したうえで取引する

以上が、IS6FXで取引する際に把握しておけば有利になるポイントでした。

ぜひ、これらを参考にしてIS6FXの手厚いボーナスをGETして、あなたのトレーダライフにお役だてください。

 

IS6FX公式サイトへ

【期間限定】口座開設5,000円+最大200%入金ボーナスキャンペーン開催中

海外FXで負けないための教科書を無料公開中!

海外FXの教科書

海外FX初心者必見!
「何からはじめればいいの?」「取引するために必要なものは?」「どんな知識が必要?」など初心者に必要な情報をステップ形式で学べます。

近日公開予定

海外FXはボーナスを活用してお得にトレードすべし!

海外FXはボーナスを活用してお得にトレード

海外FX業者の中には口座開設するだけで20,000円のボーナスがもらえる業者や入金すると証拠金が2倍になる100%入金ボーナスを開催している業者があります。

例えば、口座開設して20,000円のボーナスを受け取り、さらに100,000円入金して10万円のボーナスを受け取ると、100,000円しか入金していないのに口座開設ボーナスと入金ボーナスを合わせて220,000円からトレードを開始できます。

このように、海外FX業者特有のボーナスを活用することでおトクにトレードできるので、ぜひボーナスを活用してください!

お得な海外FX業者一覧を見る

海外FX歴10年の私が厳選したおすすめ海外FX業者!

海外FX歴10年の私が厳選したおすすめ海外FX業者!

海外FX歴10年、今まで使ってきた海外FX15社以上の私が厳選しておすすめする海外FX業者を紹介しています。

また、おすすめと言っても、トレードスタイルや目的別でおすすめする業者は変わってくるので、初心者向けの業者や取引コストが安い業者、ボーナスが豊富な業者など、あなたの目的にあった業者をご紹介!

おすすめ海外FX業者を見る
IS6FX(旧is6com)
ジナキャッシュ

コメント