競馬予想は新サイト「じな競馬」で公開中!じな競馬はこちらクリック

VIX指数が取引できるおすすめ海外FX業者を紹介!正直1択です

VIX指数がトレードできるおすすめ海外FX業者を紹介 VIX指数の特徴も解説 海外FX
投資ビギナー

・VIX指数が取引できるおすすめの海外FX業者が知りたい!

・VIX指数ってどんな商品か知りたい!

こんな思いをお持ちの方に、

今回はVIX指数が取引できるおすすめの海外FX業者をご紹介します。また、VIX指数とはどんな商品なのか、特徴などを踏まえて解説します。

ぜひこの機会にトレードの幅を広げて下さい。

そもそもVIX指数とはどんな商品?

VIXとはどんな商品?

VIX指数とは「Volatility Index」の略CBOE(シカゴオプション取引所)がS&P500指数のオプション取引をもとに算出・公表しています。

 

VIX指数は別名「恐怖指数」とも呼ばれており、VIX指数の数値が高いほど投資家の先行き不安心理が高まっていることを表しています。逆に、数値が低いと投資家は先行きに対して楽観視していると言えるでしょう。

VIX指数の値動きの特徴は?

VIX指数チャート

上記のチャートを見ると直近の最高値が85付近だと分かりますね。2020年3月のコロナショックによって85付近まで数値が暴騰しました。ちなみにこの数値は過去最高値を記録しました。

 

通常VIX指数は10~20の間で推移しており、30を上回ると警戒領域となります。コロナショックではそれを大きく上回っているので、コロナショックの影響力の大きさが分かります。

 

ちなみに1990年以降、VIX指数が40を上回ったことは以下の7回しかありません。

  • 1998年 ロシア危機
  • 2001年 米同時多発テロ
  • 2002年 ワールドコム破綻
  • 2008年 リーマンショック
  • 2010年 ギリシャ危機
  • 2011年 米国債格下げ
  • 2020年 コロナショック

2020年9月17日現在のVIX指数は26前後と、通常値よりやや高い水準で推移しています。まだまだ楽観視できる相場ではなさそうですね。まだまだ経済動向に注意を払う必要がありそうです。

 

また、今現在はボラティリティが高く上下に激しく動く傾向にあります。1日で10ポイント程、動く日もあります。

つまり値幅が大きいため、少額資金でも効率良く資金を増やすことができます。とはいえ逆も然りなので、資金管理には十分気を付けてトレードを行いましょう。

 

VIX指数が取引できるおすすめ海外FX業者

そもそも海外FX業者の中ではVIX指数が取引できる業者は少なく数社しかありません。海外FX業者最大手のXM Tradingや知名度の高いGemForexではトレードできません。

▼海外FX業者でVIX指数が取引できる業者

上記3社でトレードを行えます。

VIX指数の取引条件比較表

レバレッジスプレッドロングスワップショートスワップ
HotForex10倍0.150-1.19
iFOREX50倍0.25オーバーナイト金利-0.00642%オーバーナイト金利-0.00747%
VANTAGE FX200倍0.0800

※2020年10月現在の取引条件です。最新の情報は各業者の公式HPでご確認下さい。

全ての項目でVANTAGE FXが優れていることが分かります。

 

下記でVANTAGE FXとはどんな海外FX業者か掘り下げます。

VIX指数トレードやるならVANTAGE FX(バンテージFX)

VANTAGE FX(バンテージFX)ロゴ

レバレッジ倍率最大500倍(追証なし)
スプレッド(平均)1.4pips/ドル円・1.5pips/ユーロ円※変動スプレッドのため変動あり ※公式HPにてリアルタイムスプレッドを常に公開
取扱銘柄39通貨ペア+株価指数16種+貴金属、エネルギー11種+コモディティ5種
1LOTの単位100,000通貨
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット証拠金維持率50%を下回った時
約定力
入出金手数料無料   ※銀行送金の出金の場合は20豪ドル相当手数料がかかる
日本語サポート日本人スタッフが常駐
モバイルアプリMT4・MT5

VANTAGE FX(バンテージFX)は、2009年にオーストラリアに設立された中堅海外FX業者です。しかしあまり日本人には知られていません。なぜなら2020年3月に本格的に日本人向けにサービスを展開したからです。VANTAGEFXは3つの国と地域の金融ライセンスを取得しています。

 

VANTAGE FXの最大の特徴は『レバレッジ500倍で追証ナシ』『業界随一の低スプレッド(RAW口座)』『業界随一の約定力の高さ』『取引はNDD方式』『豪華なボーナスキャンペーン』と、海外FXの醍醐味を十分味わうことのできる海外FX業者です。

 

2020年より日本語専用のサポートデスクも開設され、日本人スタッフがサポートを行ってくれるため、初めて海外FX業者を利用する方でも安心してトレードに臨めます。

VANTAGE FX取引用口座種類

VANTAGE FXではスタンダード口座、RAW口座、PRO口座の3つの取引用口座が用意されています。

それぞれの特徴を下記の表にまとめました。

STANDARD口座RAW口座PRO口座
プラットフォームMT4・MT5MT4・MT5MT4・MT5
実行タイプSTPECNECN
トレードアプリMT4・MT5・WebTrader・モバイルアプリMT4・MT5・WebTrader・モバイルアプリMT4・MT5・WebTrader・モバイルアプリ
最低入金額2万円5万円200万円
最小取引サイズ0.01ロット0.01ロット0.01ロット
レバレッジ最大500倍最大500倍最大500倍
スプレッド1.4pipsから0.0pipsから0.0pipsから
取引手数料無料1ロットあたり3ドル1ロットあたり2ドル
ボーナス対象××
基本通貨AUD/USD/GBP/EUR/SGD/CAD/NZD/JPY/HKDAUD/USD/GBP/EUR/SGD/CAD/NZD/JPY/HKDAUD/USD/GBP/EUR/SGD/CAD/NZD/JPY/HKD

VANTAGE FXの特徴

▼VANTAGE FXおすすめポイント

  • 3つの国と地域の金融ライセンスを取得しており信頼面に重きを置いている
  • 口座開設ボーナスを利用し、入金不要でFXが始められる
  • 入金ボーナスやキャッシュバックキャンペーン等豪華キャンペーンを開催している
  • 日本人スタッフが常駐し日本語でサポートが受けられる
  • 追証なしで借金するリスクゼロ
  • 最大レバレッジ500倍で少額からFXトレードを始められる
  • スタンダード口座のスプレッドは海外FX業者最大手のXMより狭い
  • RAW口座のスプレッドは海外FX業者での中でも業界最狭クラス
  • 取引サーバーは約定力に定評のある「EQUINIX(エクイニックス)」を採用しており約定力は業界随一
  • VIXのレバレッジトレードができる!しかもレバレッジ200倍
  • 為替通貨ペアのストップレベルが0!スキャルピングに持ってこい
  • 入出金にbitwalletが活用でき、簡単且つ迅速に入出金が行える

 

▼VANTAGE FXおすすめできないポイント

  • 日本人向けにサービスを開始し、まだ日が浅いためVANTAGE FXの口コミや評判が少ない
  • 銀行送金(出金)の場合、手数料として20豪ドル相当の手数料が徴収される
  • 最低入金額が20,000円からと初心者にとっては少々ハードルが高い

 

VANTAGE FX口座開設ページへ(公式サイト)>>

※口座開設ボーナス5,000円+入金ボーナスキャンペーン開催中

 

▼VANTAGE FXについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【完全版】VANTAGE FX(バンテージFX)の特徴と口座開設方法・使い方を徹底解説!高スペックと豊富なボーナス

まとめ

今回はVIX指数が取引できるおすすめ海外FX業者とVIX指数の基本情報について解説しました。

VIX指数は基本的に10~20前後で推移することが多いですが、現在のように先行きが不透明であったりすると上昇する傾向にあります。

前述でも書きましたが今現在、VIX指数のボラティリティが高いため資金管理には十分注意して下さい。しかし、ボラティリティも高いと言うことはトレード対象としても魅力的です。

興味のある方は一度トレードを行ってみてはいかがでしょうか。

 

コメント