競馬予想は新サイト「じな競馬」で公開中!じな競馬はこちらクリック

MT4とMT5の違いは?それぞれの特徴とどちらがおすすめか徹底解説!海外FX業者でそれぞれが使えるおすすめ業者も紹介

MT4とMT5それぞれの違いは? 海外FX
投資ビギナー

・MT4とMT5ってどう違うの?

・MT5の方が新しいのに、MT4を使う人が多いのはどうして?

・どちらを使うのが良いのかわからない!

このようなお悩みはありませんか?

 

FXの取引プラットフォームとしてよく利用されるMT4とMT5。MT4の人気は健在で、MT5が登場した今でも使われ続けています。

 

この記事では、MT4とMT5の違いについて徹底的に解説します。

 

それぞれどのような特徴があり、どのような場面でおすすめできるのか、どちらも利用してみた経験者の観点からご紹介します。

 

「MT4とMT5のどちらを使うべきかわからない」というお悩みを解決できる可能性が高いので、まずはご一読を!

MT4とMT5の違いを一覧表で比較

チャート

はじめに、MT4とMT5にはどのような違いがあるかをみていきましょう。

 

それぞれの違いがひと目で分かる一覧表を用意したのでご覧ください!

MT4とMT5の違いを一覧表で比較

MT4とMT5の違いを一覧表で比較してみましょう。

Meta Trader4の特徴Meta Trader5の特徴
動作スピードゆっくりはやい
時間足9種類21種類
気配値、ナビゲーターウィンドウ

わかりやすい

使いやすい

両建て可能可能
ワンクリック注文可能可能
ストラテジーテスター可能可能
カスタムインディケーターの種類かなり豊富

MT4よりは少ない

EAの種類かなり豊富少ない
アップデート回数4回14回
対応海外FX業者ほぼ全て一部大手業者のみ

MT4とMT5の違いで目立った項目は以下のものでした。

  • 動作スピード
  • 時間軸の種類
  • カスタムインディケーターの種類
  • EAの種類

MT4とMT5の違い

MT4とMT5では具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

 

それぞれの項目について具体的に解説していきます!

MT5の方が動作スピードは早い

MT5はMT4と比べてかなりサクサク動きます。

 

MT4では、パソコンが重くなるという理由で「注文・決済がうまくいかない」ことがありました。

 

しかしMT5は動作スピードが早いです。

 

取引回数の多いスキャルピングトレードでも問題なく行うことができます。

MT5は時間足が21種類ある

MT4の時間軸が9種類なのに対して、MT5は21種類の時間軸を選ぶことができます

 

時間足

時間足

時間足

 

MT4の時間軸は最低限ともいえる

  • 1分足(M1)
  • 5分足(M5)
  • 15分足(M15)
  • 30分足(M30)
  • 1時間足(H1)
  • 4時間足(H4)
  • 日足(D1)
  • 週足(W1)
  • 月足(MN)

しかありません。

 

MT5で使える時間軸は以下のもの。

  • 1分足(M1)
  • 2分足(M2)
  • 3分足(M3)
  • 4分足(M4)
  • 5分足(M5)
  • 6分足(M6)
  • 10分足(M10)
  • 12分足(M12)
  • 15分足(M15)
  • 20分足(M20)
  • 30分足(M30)
  • 1時間足(H1)
  • 2時間足(H2)
  • 3時間足(H3)
  • 4時間足(H4)
  • 6時間足(H6)
  • 8時間足(H8)
  • 12時間足(H12)
  • 日足(D1)
  • 週足(W1)
  • 月足(MN)

 

パッと見比べただけでも、MT5はかなりの時間軸を使用できることがわかります。

MT4のアップデートは終了

MT5が現在もアップデートがされているのに対して、MT4はアップデートが終了しています。

 

だからといって「MT4を使用しないほうがいい」というわけではありませんが、MT5の方が将来性は高いでしょう。

MT4の方がカスタムインジケーターやEAの種類が多い

MT4はMT5に比べてカスタムインジケーター・EAの種類が豊富です。

 

MT5にはまだまだ種類が少ないことから、インジケーター・EAの種類の多さがMT4を利用する大きなメリットであるといえます。

MT4の特徴は?

MT4

ここでは、MT4の特徴についてみていきましょう。

MT4とは

MT4は「Meta Trader4」の略称で、ロシアのMetaQuotes社が開発したFX取引プラットフォームで、世界的にもっともメジャーといわれています。

 

複数のテクニカル指標を表示させるのはもちろん、世界中の開発者が作った指標やEA(自動トレードシステム)を使用することが可能。

 

高性能であることから、FXの中~上級者に圧倒的な支持を得ている取引プラットフォームです。

MT4のメリット

MT4のメリットをまとめると以下の通りです。

  • テクニカル指標の無数多重表示が可能
  • システムトレードが可能
  • 自分好みのツール・取引環境が作れる
  • 世界中のオリジナル指標・EAが使える
  • 複数口座が一元管理できる

MT4のメリットは、なんといっても「高性能なテクニカル表示機能による高度な分析が可能であること」「自分好みの環境でシステムトレードもできる」という2点でしょう。

 

トレードにおける汎用性の高さは、他のツールには真似できない大きなメリットといえます。

MT5の特徴は?

チャート

MT4に続いて、MT5の特徴をみていきましょう。

MT5とは

MT5は「Meta Trader5」の略称で、ロシアのMetaQuotes社が開発した最新のFX取引ツール。

 

MT4では表示することのできなかった時間軸をはじめとした様々な機能が追加されています。

 

MT4は開発アップデートを終了したのに対して、MT5は現在もアップデートが継続中。

 

MT5には、今後も便利な機能が追加されていくでしょう。

MT5のメリット

現時点で最も使われている取引システムはMT4ですが、近年ではMT5を使用する人が増えています。

 

おそらく、アップデートされ続けている・MT4よりも細かい時間軸を設定できることが要因でしょう。

 

ここでは、MT5のメリットをご紹介します。

MT5はアップデートされ続けている

MT5最大のメリットは、現在もアップデート・開発が盛んに行われている点です。

 

MT4のアップデートが終了したことを考えると、将来性を考えてMT5が選ばれる理由もうなずけます。

 

投資業界では常に新しい手法が誕生しており、新たな手法が誕生するたびに新しい取引ツールが開発されてきました。

 

世界中でアップデート・開発がおこなわれているMT5を使っていれば、時代の流れに乗り遅れることはないでしょう。

MT5は最大21種類の時間足が設定可能

MT5は21種類の時間足を表示することができます。

 

これは、9種類であるMT4に比べて大きなメリットです。

 

トレードを分析する時や取引のタイミングをみる際は、さまざまな時間軸で確認したいもの。

 

MT5はテクニカル分析を多用するトレーダーから特に人気を集めています。

MT5は自動売買の自作が容易

MT4やMT5は、自分で自動売買システムを作れることで有名です。

 

正直MT4では、「オリジナルEAを作成するのは難しい」という声が多くありました。

 

MT5では新機能である「メタエディター」を使えば簡単にEAを作ることができます。

 

プログラミングの知識がなくても、3つのステップで簡単にオリジナルEAを作ることが可能です。

私はMT5を利用しています(裁量のトレードなので)

チャート

ここまでMT4とMT5の違いについてご紹介してきましたが、「結局どちらを使えばいいの?」と感じる方は多いでしょう。

 

私の結論は、「裁量トレードはMT5、EA(自動売買)はMT4」です。

 

いまからMT4とMT5のどちらを使うか迷っているなら、まずはMT5を使ってみましょう。

裁量トレードをする場合はMT5がおすすめ

裁量トレードとは、自分の判断で取引を行うこと

 

カスタムインジケーターを利用せずにチャート分析を行う方にはMT5がおすすめです。

 

ベテラントレーダーがMT4からMT5へ乗り換えない理由は、カスタムインジケーター・EAが少ないこと。

 

つまり、カスタムインジケーターを利用しない方にはMT5を使うデメリットがほぼありません。

 

MT4よりもMT5の方が動作スピード・時間足の種類など全体的な性能が優れているからです。

 

 

これから開発やアップデートが進むことを考えると、MT5を選ぶのが間違いないといえます。

カスタムインジケーターを使うならMT4

MT5ではMT4用に開発されたインジケーターを使用できません。

 

MT4に利用したいカスタムインジケーターがある場合は、MT5へ移行するのはハードルが高いといえます。

 

全体的な性能はMT5の方が優れていますが、

  • カスタムインジケーターでの手法に慣れている
  • 使いたいインジケーターがMT5に存在しない

という方はそのままMT4を利用するのが良いかもしれません。

海外FX業者でMT5が利用できる業者は?

チャート

ここまで、MT4とMT5の違いとどちらを使用すればいいかについてお話ししてきました。

 

私は、機能性や将来性を考慮して「MT5を利用するべき」であると考えます。

 

ここでは、MT5が利用できる海外FX業者をみていきましょう。

XMTrading(エックスエム トレーディング)

XMトップ画

総合評価
4.5
レバレッジ倍率最大888倍
スプレッド(平均)1.7pips/ドル円、2.5pips/ユーロ円※スタンダード口座、変動スプレッドのため変動あり
取扱通貨57通貨ペア
1LOTの単位10万通貨 ※スタンダード口座
両建て◯※但し、禁止になる場合もある
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料無料
日本語サポートあり(24時間サポート)
モバイルアプリMT4・MT5

海外FX業者のなかでも多くのトレーダーに利用されているXM。

 

もちろんMT5を利用することができます。

 

XMの会員がMT5を使う際は、「追加口座」で簡単にMT5口座を作れます。

 

面倒な書類提出は必要ありませんし、1つのアカウントにつき8個まで口座を追加することが可能です。

 

XMの口座開設ページ(公式サイト)

※口座開設ボーナス+入金ボーナスキャンペーン開催中

 

▼XM Tradingのボーナスキャンペーンについて詳しく知りたい方はこちら

【完全版】XMの口座開設ボーナス&入金ボーナス総まとめ!注意すべき10のポイント

▼XMを実際に使っているユーザーの口コミや評判が知りたい方はこちらをご覧ください

XMTrading(XM)ってどう?評判・口コミをSNS、アンケートで徹底調査!

▼XMの特徴や口座開設方法、使い方はこちらをご覧ください

【完全版】XM Trading(エックスエム)の特徴と登録方法・使い方を徹底解説!

 

FXGT

FXGT

総合評価
4
レバレッジ倍率最大500倍
スプレッド(平均)1.4pips/ドル円、1.8pips/ユーロ円※変動スプレッドのため変動あり
取扱銘柄全132銘柄(FX通貨ペア50、金属・エネルギー5、インデックス8、仮想通貨13、株56)
1LOTの単位10万通貨
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット50%
約定力
入出金手数料無料
日本語サポートあり
モバイルアプリMT5

FXGTでもMT5の利用が可能です。

 

FXGTでMT5を利用する場合は、「クライアントポータル」でダウンロードします。クライアントポータルにログインして「MT5アカウント」を選択しましょう。

 

その後、トレーディングアカウント画面で口座開設をして、MT5口座の開設に進みます。

 

証拠金として使う通貨やレバレッジを選択すればFXGTのMT5口座は作成完了です。

 

FXGTの口座開設ページ(公式サイト)※口座開設ボーナス&入金ボーナスキャンペーン開催中

 

▼FXGTの特徴や口座開設方法、使い方はこちらをご覧ください

【完全版】FXGTの特徴と口座開設方法、使い方を徹底解説!当サイト限定キャンペーン開催中

▼FXGTの評判や口コミが知りたい方はこちらをご覧ください

FXGTってどう?リアルな口コミ・評判をSNSで徹底的に調べてみた!

 

TitanFX(タイタンFX)

TitanFX(タイタンFX)ロゴ

レバレッジ倍率最大500倍
スプレッド(アクティブ口座)0.1pips/ドル円、0.1pips/ユーロ円※変動スプレッドのため変動あり
取扱銘柄FX通貨ペア57種・株式指数9種・貴金属5種・エネルギー8種
最低入金額20,000円 ※初回のみ
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料無料
日本語サポートあり
モバイルアプリMT4・MT5

これまでTitanFXで利用できるのはMT4のみとなっていましたが、2019年頃から新たにMT5が利用できるようになりました。

 

ただし、Macを使用している方はMT5が使えない場合がありますので、PCで利用する場合はWindowsが安心でしょう。

 

 

TitanFXの公式サイトへ

※30秒で口座開設可能

 

 

Tradeview(トレードビュー)

tradeviewトップ画

レバレッジ倍率最大500倍
スプレッド(平均)1.8pips/ドル円※スタンダード口座、変動スプレッドのため変動あり
取扱通貨60通貨ペア
1LOTの単位10万通貨※スタンダード口座
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット100%
約定力
入出金手数料入金無料・出金は35USD
日本語サポートあり
モバイルアプリMT4・MT5

TradeviewでもMT5を利用することができます。

 

以前までは利用できませんでしたが、いまでは利用できるようになりました。

 

しかしTradeviewでMT5を利用する場合は注意点が。

 

TradeviewはMT5に対応していますが、それはWindows版のみで、スマホやタブレット、MacOS版には対応していません。

 

どうしてもMT5アプリを利用したいなら、他のMT5に対応している海外FX業者を選びましょう。

 

TradeViewの口座開設ページ(公式サイト)

 

自動売買トレーダーはMT4を利用すれば良い

チャート

自動売買に使用されるツールにEAがあります。

 

EAとは「(Expert Advisor)」の略称で、MT4で開発された自動売買プログラムのこと。

 

MT4にEAをダウンロードすると、他の人が開発した自動売買プログラムを使ってシステムトレードできます。

 

自動売買といっても万能ではなく、「特定の状況でないと利益がでないEA」「トレンド相場でないと効果を発揮できないEA」「特定の通貨ペアで効果を発揮するEA」などEAによって使いどころやクセが存在します。

 

つまり、EAはひとつではなく複数選択肢、状況に合わせて使い分ける必要があるのです。

 

そういった意味でも、EAの豊富なMT4は自動売買トレーダーに向いています。

 

MT5では、EAの種類がまだまだ少ないのが現状ですし、国内でMT5用のEAを開発する人がほとんどいないことから、自動取引をする場合はMT4を使いましょう。

 

しかし、MT5を開発したメタクオーツ社によると、MQL5(MT5用のプログラム言語)で作成されたプログラムの実行スピードは、MT4用のプログラムの最大20倍だそう。

 

MT5でEAが使えればかなり有利にトレードできそうです。

 

メタクオーツ社がMT5の開発に力を入れているいま、MT5が主流になる可能性もあるということを覚えておきましょう。

MT4/MT5に関するよくある質問(Q&A)

チャート

MT4とMT5に関する質問のなかで多く見受けられたものをQ&A形式でご紹介します。

みなさんと同じ疑問を持っている方もいると思いますので、参考にしてみてください。

MT4/MT5についての質問

「そもそもMT4とMT5とはなにか」という意見も多く見受けられました。

A.バイナリーオプションやFXでよく目にするMT4・MT5とは、MetaTrader(メタトレーダー)の略称です。それぞれ「エムティーフォー」「エムティーファイブ」と呼ばれます。
メタトレーダーはMetaQuotesSoftware社(メタクォーツソフトウェア社)が開発したトレードソフトです。主にFXの取引用として作られていますが、テクニカル指標などが充実していることもありチャートソフト専用と使われることも多いです。
なにより無料でダウンロードできるので、他のチャートソフトより圧倒的に広く使われています。

MT4とMT5のどちらを使用すべきかについての質問

最も目立ったのは「どちらを使えばいいのか」という意見でした。

A.MT4派です。慣れてるし情報が多いので。
A.どっちでもいいですね。インジとかにすんごいこだわりがあるとかじゃなければ、機能的にはそんなに違いはないですよ。どちらも使ったこと無いならMT5で良いと思います!使いたい業者がMT5に対応してないなら、他に選択肢ないですしね。

MT4とMT5のダウンロードについての質問

MT4とMT5について、ダウンロード方法を知りたい方もいるようです。

A.FX業者に紐付けされていないMT4が必要なら「メタトレーダー公式サイト」からダウンロードできます。

MT4とMT5の使い分けについて

MT4とMT5それぞれを併用して使えるかどうか疑問に感じている方も見受けられました。

 

競馬愛好家
FX戦士

MT4かMT5を使ってトレードしようと考えているのですが、

例えばですが、チャートを見たりテクニカルを確認したりするのだけをMT4で使用して、

売買自体は例えばMT4を出してない証券会社使うっていうのは、やっぱりおかしいでしょうか?

 

つまりそのタイムラグがうまれたり、思ったとおりの指値で買えなかったりなどなど。

色々な弊害が出ますでしょうか?

しっかりしたタイミングで売買したければやはりMT4を利用可能な証券会社を使うしかないでしょうか。

 

あとMT4でオススメの証券会社を教えて下さい。

日本だとやはりforex.comでしょうか?

じなんぼー
じなんぼー

おかしくないです。おすすめは自分で探すのが良いと思いますが、私はoandaは悪くないと思ってます。

自分でインジケーターなどを作ったり、既存のインジケーターなどを変更したり、EAを作ったりするならMT4の方がバックテストしやすいので、良いと思います。

それ以外は、好き好きです。

まとめ

チャート

この記事ではMT4とMT5の違いやそれぞれの特徴・どちらがおすすめかを解説しました。

 

MT4とMT5の違いを一覧表で比較したところ、大きな違いは動作スピード・時間軸の種類・カスタムインディケーターの種類・EAの種類。

 

MT5はMT4と比べてかなりサクサク動き、時間足の種類も21種類と豊富です。

 

MT4はアップデートが終了していますが、MT5は開発・アップデートが続いており、将来性も高いといえます。

 

しかし、MT4の方がカスタムインジケーター・EAの種類が豊富なのが現状です。

 

MT4の特徴は、テクニカル指標の無数多重表示が可能・システムトレードが可能・自分好みのツールや取引環境が作れる・世界中のオリジナル指標・EAが使える・複数口座が一元管理できるというもの。

 

汎用性の高さから中~上級者に圧倒的な支持を得ています。

 

MT5の特徴は、アップデートされ続けている・最大21種類の時間足が設定可能・自動売買の自作が容易という点です。

 

現時点での結論として「裁量トレードにはMT5」「自動売買ならMT4」が良いでしょう。

 

また、MT5を使用する際におすすめの海外FX業者はXMTradingFXGTTitanFXTradeviewです。

 

MT5は性能もよく、取引の際のストレスも少ないでしょう。

 

また将来性も優れているため、「MT4でどうしても使いたい機能がある」という場合以外はMT5を選択するのが良いと思います。

 

しかし、最も良いのは自分にあった取引ツールをみつけること。

 

みなさんのトレードがより良いものになれば幸いです。

 

コメント