競馬予想は新サイト「じな競馬」で公開中!じな競馬はこちらクリック

パラジウム取引におすすめの海外FX業者とトレード時の注意点や値動きの特徴を解説!

パラジウムとは?おすすめ海外FX業者と値動きの特徴 海外FX
投資ビギナー

・パラジウムの取引がお得になる海外FX業者を知りたい

・そもそもパラジウム取引ってどんなものなの?

という悩みをお持ちではありませんか?

 

今回はみなさんがパラジウム取引で損をしないためにおすすめの海外FX業者をご紹介!

 

パラジウムはどんなものなのか、値動きの要因や取引の注意点なども解説します。

 

近年、パラジウムの市場価値が大きく上昇しました。パラジウムはまさに可能性がある商品といえるでしょう。

 

この記事を読めば、パラジウム取引に有利な海外FX業者・パラジウムの特徴がわかり、取引に失敗する可能性を下げることができるでしょう!

海外FXにおけるパラジウムとは?

チャート

 

パラジウムとは、私たちの生活の中でも頻繁に使われている素材です。

 

ここでは、パラジウムとはなにかを買取相場とあわせてご紹介します。

 

パラジウムとは

パラジウムとは1800年頃に発見されたプラチナ系の金属の一種であり、金や銀と同じく「貴金属」と呼ばれる金属の仲間です。

 

加工しやすい金属であることから、生活のあらゆる局面で使われています。

 

しかし、世界総生産の約6割をロシアが占めていること・希少価値が高いことから流通が不安定であり、高値で取引されることが多い商品です。

 

 

そんな便利な素材であるパラジウムですが、一体何に使われているのでしょうか?

 

パラジウムは銀歯やジュエリーにも使用される貴金属

パラジウムの最も一般的な使い道としてあげられるのが「銀歯」です。

 

金属製の銀歯のほとんどはパラジウムを原料に作られています。

 

 

他には、プラチナの硬さを調整する「ホワイトゴールド」の原料という使い方も人気です。

 

最近ではプラチナやホワイトゴールドの一部としてではなく、パラジウムを主としたジュエリーの生産がおこなわれることも多いといいます。

 

 

ニッチな使い方として有名なのが、排気ガスを浄化する触媒や化学実験。

 

このように、パラジウムは使い勝手がよくニーズも安定していると考えられます。

 

パラジウムの投資需要は高まっている

2013年末時点でのこれらETFによるパラジウムの投資現物保有量は67.6トンに達しており、今後もパラジウム投資需要にETFの動向が注目されるといわれています。

 

 

パラジウムのETFは、2007年4月にETF Securitiesがロンドン証券取引所に、5月にはチューリッヒ・カントナル銀行がスイス証券取引所にそれぞれ上場しています。

 

また、ETF Securitiesは、2009年8月には東京証券取引所に、2010年1月にはニューヨーク証券取引所に相次いでパラジウムETFを上場しました。

 

 

東京証券取引所には2010年7月に三菱UFJ信託銀行による現物型パラジウムETFが上場されています。

 

2010年には、スイスの金融機関グループであるJulius Baerやドイツ銀行がパラジウムETFを上場し、2012年12月には、Sprott Physical Platinum & Palladium TrustがNYSE Arca取引所とトロント証券取引所に上場されました。

 

海外FXでのパラジウム買取相場は数年で倍増している

パラジウムの買い取り価格は数年単位で上昇しています。

 

2016年の初頭には1gあたり2,000円前後で推移していたものが、2018年後半には4,000円台中盤まで値を上げました。

 

約16年ぶりにプラチナの買い取り価格を超えるといった事態も起こっており、パラジウムはこれからがチャンスの商品といえるでしょう。

 

海外FXでパラジウムを取引する際の注意点

チャート

 

海外FXにおけるパラジウム取引は、メジャーな商品の取引とくらべて特殊なもの。

 

そこで、パラジウム取引の基礎知識や注意点についてお話しします。

 

パラジウムの価格は急騰することがある

近年までのパラジウムの価格は1gあたり2,000~3,000円台を上下していましたが、2018年11月頃に価格が最高値となり、2019年2~3月時点では4,400円台になりました。

 

この価格は金と同等であり、プラチナの価格も大きく上回っています。

 

 

パラジウムの価格が急騰した理由として考えられるのは以下の3点です。

 

  1. ディーゼル車の排ガス不正でプラチナの価格が低迷した2015年9月にフォルクスワーゲンの排ガス不正処理事件が発覚したことをうけ、ディーゼル車に対する規制が強まりました。


    世界におけるプラチナ需要の4割はディーゼル車によるものといわれています。つまり、ディーゼル車に関する不正によってパラジウムを触媒とするガソリンエンジン車と電気自動車の需要が増加し、パラジウムの価格が急騰したと考えられます。
  2. そもそも希少性が高く、流通も少なかったそもそもパラジウムは貴金属の中でも希少性が高いレアメタルです。パラジウムの供給源はロシア・南アフリカ共和国の2ヶ国しかなく、2ヶ国で世界全体の約85%を占めているといわれています。
  3. 米国・ロシア間での政治的な要因で急騰したロシアと米国の政治的緊張の高まりもパラジウムの価格が急騰した要因のひとつでしょう。ロシアはパラジウムの最大産出国であり、米国がロシアに対して行った政治的制裁はパラジウムの流出を抑えてしまったようです。

 

海外FXでパラジウム取引を扱っている業者が少ない

そもそも、パラジウム取引が可能な海外FX業者は少ないです。

 

みなさんが利用している海外FX業者でパラジウムを扱っていない場合は、別の業者で口座を開設しなければなりません。

パラジウム取引はスプレッドが非常に大きい

パラジウムは、他の商品に比べてスプレッドが大きいので注意が必要です。

 

海外FXで勝ち続けるためには無駄をなくす必要があり、無駄をなくす際にまず意識するのがスプレッドです。

 

私も、通貨ペアやコモディティを選ぶ際は「スプレッドが狭い」ペアを狙っています。

 

パラジウムの平均的なスプレッドは36~40pipsと非常に大きく、

  • ドル円(USDJPY)
  • ユーロドル(EURUSD)
  • ユーロ円(EURJPY)
  • 金(XAUUSD)

などのメジャー商品に比べて「継続的に勝つ」ことが難しいでしょう。

 

また、取引の活発な時間帯や取引が少なくなる時間帯はスプレッドの開きが変わるので、取引時間についても注意が必要です。

パラジウム取引ではマイナススワップを考慮する必要がある

どの商品にもいえることですが、ポジションを持ったらスプレッドの分だけマイナスした状態でスタートします。

 

パラジウムはスプレッドが36~40pipsと広いため、ポジションをとった際のマイナス分が大きく、マイナスを取り返すのが大変でしょう。

 

スプレッド分の損失を解消してはじめて利益確定できるわけですが、「値動きが悪くて気づいたら長期保有していた」なんて事もあるかもしれません。

 

その場合、マイナススワップが発生する場合があります。

 

パラジウム取引をする場合はロング・ショートの両方でマイナスのスワップになる可能性が高いでしょう。

パラジウムを取引におすすめの海外FX業者を選定するポイント

チャート

 

パラジウム取引をする際には、どの海外FX業者で取引するかが重要です。

 

業者によっては思うようなトレードができない・同じトレード内容でも別の業者の方が利益は大きいということも珍しくありません。

 

ここでは、海外FX業者を選定する際に意識したいポイントをお話しします。

約定力が高い海外FX業者を選ぶ

パラジウムに限った事ではありませんが、値動きの激しい商品を扱う場合は約定力が高い業者を選びましょう。

 

海外FX業者によっては、変動が大きい・サーバーが混雑しているといった理由で約定を拒否されることもあります。

 

また、レートが滑ったという理由で不本意な価格で約定させられてしまうようなことも起こりえます。

 

FXトレードにおいて、約定力の高さは最も重視するべき項目です。

 

パラジウムを取引するなら、約定力が高い業者を選ぶことが大切でしょう。

パラジウム取引ではスプレッドが狭い海外FX業者を選ぶ

パラジウムはスプレッドが広い商品ではありますが、そのなかでもなるべくスプレッドが狭い業者を選びましょう。

 

なぜなら、FXのトレードではスプレッドの違いが投資結果を大きく左右するからです。

 

たとえ微妙な違いでもスプレッドは狭い方が有利といえます。

 

スプレッドは取引のたびにかかるコストなので、スプレッドが小さいほど利益を出しやすいでしょう。

 

特に、取引回数が多い手法でトレードしたい方は注意しましょう。

ボーナスがある海外FX業者を選ぶ

海外FX業者を使ってパラジウム取引をする場合は、ぜひボーナスがある業者を選んでみてください。

 

海外FX業者の多くは、口座開設したら証拠金をプレゼントしてくれる・入金したら証拠金を増やしてくれるとったボーナスキャンペーンをおこなっています。

 

ボーナスの種類は海外FX業者によって様々で、口座を開設しただけで残高に20,000円が追加されるもの・入金した金額の100%が追加でもらえるものなどがあります。

 

これらのボーナスを活用するだけでトレードが有利なものになるのです。

 

トレード手法を試す・投資資金を増やすといったことも可能になるので、パラジウム取引をする際はボーナスに注目して業者を選びましょう。

 

パラジウム取引におすすめの海外FX業者3選

ここではパラジウム取引をする際にお得な海外FX業者をご紹介します。

TitanFX(タイタンFX)

TitanFX(タイタンFX)ロゴ

レバレッジ倍率最大500倍
平均スプレッド(スタンダード口座)1.33pips/ドル円、1.74pips/ユーロ円※変動スプレッドのため変動あり
取扱銘柄全74銘柄(FX通貨ペア57、金属・エネルギー8、インデックス9、)
1LOTの単位10万通貨
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料無料 ※国内銀行へ出金する場合約1,700円の手数料が発生する
日本語サポートあり
モバイルアプリMT4&MT5

 

TitanFXの強みは、スプレッドの狭さによる取引コストの削減と、スリッページが少なく高速で約定してくれる点です。

 

LPが公開されているため取引の透明性が高く、安心感を持ってトレードできます。

 

LP(リクイディティプロパイダー)とは取引プラットフォーム上に表示されるレートの元となる価値を提供する業者のこと。

 

LPが公開されていると、相場の価格に不信感を持つことなく取引ができます。

 

サポートセンターの対応も良いため、気軽に問い合わせをすることが可能です。

 

これから本格的に海外FXを取り組みたい方にとっては頼れる海外FX業者といえます。

 

TitanFX公式サイトへ>>

 

XM Trading(エックスエム・トレーディング)

XMトップ画

総合評価
4.5
レバレッジ倍率最大888倍
スプレッド(平均)1.7pips/ドル円、2.5pips/ユーロ円※スタンダード口座、変動スプレッドのため変動あり
取扱通貨57通貨ペア
1LOTの単位10万通貨 ※スタンダード口座
両建て◯※但し、禁止になる場合もある
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料無料
日本語サポートあり(24時間サポート)
モバイルアプリMT4・MT5

XMは、ボーナス内容が充実している・レバレッジが最大888倍もかけられる・XMポイントが貯まるなどの様々なメリットがある海外FX業者です。

 

まず、口座開設ボーナスとして3,000円を受け取ることができます。

 

初回入金の際に入金額と同額の証拠金をもらえる入金ボーナスや、追加入金で入金額の20%がボーナスとして追加されるといったメリットも。

 

1%でも利益を増やしたいと考えるトレーダーにとっては、毎回20%追加されるのは大きなアドバンテージです。

 

また、最大888倍というレバレッジの大きさも魅力のひとつ。

 

少ない投資金額で大きな取引が可能になります。

 

パラジウム取引で重要なのが約定力ですが、XMは約定がとにかく早いです。

 

システムが固まって取引ができないということが少なく、相場が急変動したタイミングでも損をしにくいといえます。

 

XM公式サイトへ

※口座開設ボーナス・入金ボーナスキャンペーン開催中!

 

iFOREX(アイフォレックス)

iforexロゴ

総合評価
4.5
レバレッジ倍率最大400倍
スプレッド(平均)0.7pips/ドル円、1.2pips/ユーロ円 ※変動スプレッドのため変動あり
取扱通貨94通貨ペア
最低入金金額10,000円
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット0%
約定力
入出金手数料入金無料。10万円以上の出金は月3回まで無料
日本語サポートあり
モバイルアプリ独自プラットフォーム

iFOREXは

  • 日本での実績が多いため安心トレードができる
  • ロスカット水準が0%でハイレバレッジトレードも安心
  • bitwallet入金に対応している

という点で優れています。

 

そのため、大きな金額で取引したい方、デイトレードをメインにしたい方に向いているでしょう。

 

iFOREXは海外FX業者のなかでは老舗で、とにかく実績が豊富です。

 

悪い評判が飛び交うことはなく、一発の利益の大きさから一部では絶大な支持を得ています。

 

iFOREX公式サイトへ

※入金ボーナスキャンペーン開催中!

 

パラジウムに関するよくある質問

チャート

 

ここでは、一般的にパラジウムについてどのような疑問が持たれているのかをまとめました。

パラジウムの特性についての質問

最も多く見受けられた質問は、そもそもパラジウムがどのようなものなのか?というものでした。

 

競馬愛好家
FX戦士

パラジウムとパラヂウムの違いはなんですか?

じなんぼー
じなんぼー

パラジウムもパラヂウムも同じです。どちらも「palladium」のカタカナ表記に過ぎませんので。パラジウムは合金ではなく単体の金属元素ですから、通常は割合100%のはずです。他の金属は含まれません。

白金族に含まれるので比較的高価で貴金属に含まれるとする人もいます。

 

 

 

競馬愛好家
FX戦士

4貴金属の3つは金・銀・白金ですが、もうひとつはパラジウム。なぜこのパラジウムは入手困難なのでしょうか?レアメタルなのはわかりますがなぜ金や白金よりも単価は安いのでしょうか?

じなんぼー
じなんぼー

入手困難な理由は、もちろん、産出量が少ないからです。

金、白金より安いのは、宝飾品需要が金、白金と違ってほとんどありませんから。東京工業品取引所で取引されています。2008年1月11日20時現在、1グラム当たり1,331円(2008年2月現在の取引価格)。

 

 

 

 

競馬愛好家
FX戦士

パラジウムとはどんな物質ですか。

今パラジウムは1g単位1万ぐらいするのですが、なぜそんなに高価なのですか。

じなんぼー
じなんぼー

現在、1gあたり 1,200~1,300円で取引されています。

 

自分の体積の 935 倍の水素を吸収するので、水素吸蔵合金として利用されています。

還元触媒として自動車の排気ガス用の触媒に使われています。

また、金の合金のホワイトゴールドを作るときに、色を白くするための合金成分として使われています。

 

このように、広い用途で使われ、産出量が少ないため、高価です。

 

 

 

パラジウムの価格についての質問

パラジウム取引をするうえで、パラジウムの市場価格や最低いくらから取引可能かを知りたい方も多いようです。

 

競馬愛好家
FX戦士

商品先物で、パラジウムや金を購入したいのですが、最低金額は幾らから始める事ができますか?

じなんぼー
じなんぼー

現物がほしいなら丸代金(約定時の時価)と受け渡しの費用(業者により異なる)が必要です。

 

1枚あたりの本証拠金という意味ならば、法定の最低基準額は白金は15万円・パラジウムは6万円。

 

当限に回れば定時増し証拠金(本証の50%)が更に必要だし、相場が荒れると臨時増し証拠金(おおむね本証の50%だが、状況によって増える)帳入れ時点での値洗いが悪くなりすぎる(含み損が大きい)と追い証拠金(業者によって適用細則が異なるので取引業者に要確認)がかかります。

 

あと昨日(2008.6/11)の帳入れで白金当限は6943円/グラム・パラジウム当限は1463円/グラム。

各々取引単位は1枚500g。

 

本証拠金がどれだけ小さいかはすぐに分かると思います。

 

初心者がパラジウム取引をするのはどうなの?

パラジウムの取引が初心者にとって難しいものなのかを気にする方が多いようです。

 

競馬愛好家
FX戦士

商品取引入門者にとってパラジウムからはじめるのは危険ですか?

じなんぼー
じなんぼー

レバレッジをかけた取引になるのかもわからないけど、馴染みがあるモノから始めた方がいいと思いますよ。

私は金から始めました。

 

まとめ

チャート

 

今回はパラジウム取引におすすめの海外FX業者についてご紹介しました。

 

 

パラジウムとはプラチナ系の貴金属で、生活のあらゆる面で利用されています。

 

希少なレアメタルで流通が不安定なことから高値で取引される商品です。

 

数年前まで買取相場が2,000円前後であったのに対し、近年では4,000円台中盤まで価格が急騰しました。

 

 

パラジウム取引の注意点は、価格が急騰することがある・取り扱い業者が少ない・スプレッドが非常に大きい・マイナススワップを考慮する必要があるという点。

 

やや特殊な商品であるため、通貨とは違った視点で取引する必要があるといえます。

 

 

海外FX業者を利用してパラジウム取引をする場合は、約定力が高い・スプレッドが狭い・ボーナスがある業者を選ぶと良いでしょう。

 

おすすめの海外FX業者は、TitanFXXM TradingiFOREX

 

どの業者もパラジウム取引をするうえで有利な特性を持っています。

 

パラジウム取引に関する疑問には、パラジウムはどのようなものか・パラジウムの市場価格はどれくらいか・パラジウムは初心者でも取引可能か、といったものが多く見受けられました。

 

この記事を利用してみなさんのトレードがより良いものになれば良いと思います。

 

 

コメント