競馬予想は新サイト「じな競馬」で公開中!じな競馬はこちらクリック

海外FXのデメリット・リスクを徹底解説!知らずに始めると後悔する

海外FXのデメリットは?始める前に知っておきたい海外FXのリスクを正直に解説 海外FX

 

投資ビギナー

「海外FXを始めたいけどリスクがこわい」

「国内FXにくらべてデメリットが多いって本当?」

「海外FXのデメリット・リスクへの対処法を教えてほしい!」

このような思いをお持ちの方に、

今回は海外FXのデメリットとリスクについて徹底網羅で解説します。

 

海外FXだけでなく、投資にはデメリット・リスクがつきもの。

 

しかし、ほとんどのデメリットは口座を開設する前に解消できます。

 

デメリットに対する対処法・リスクを最小限にできるおすすめ海外FX業者についてもご紹介します。

 

海外FXを始めたいけど一歩を踏み出せない方は必見です。

海外FXデメリット・リスクを徹底網羅!知らずに始めると損です

デメリット

海外FXをはじめる前に最も気になること、それは「リスクがあるのか」ですよね。

 

もちろん海外FXは投資なのでリスクやデメリットがあります。

 

しかし、FXではデメリットを見ないようにするのではなくきちんと向き合うことが大切。

 

前提として、海外FXにはリスクがつきものだと考えましょう。

 

ここでは、海外FXをする際のリスク・デメリットについてお話しします。

 

海外FXをする人なら誰しも意識しなければならないものばかりなので、はじめる前に目を通しておきましょう。

海外FXのリスク・デメリット①信託保全が義務付けられていない

信託保全とは、トレーダーがFX業者に預けたお金(証拠金)をFX業者ではなく信託銀行で区分管理をすること。

 

信託保全があることによって、FX業者が破綻しても受益者代理人が返金処理を行うため、証拠金の全額を直接返金してもらえるという仕組みです。

 

つまり、自分が使用しているFX会社が倒産した場合でも、資金が必ず戻ってきます。

 

国内FXでは内閣府令の規定に基づき、お金の完全補填が義務化されているのです。

 

いっぽうで、海外FXには信託保全制度の義務はありません

 

つまり、海外FX業者が破綻した場合、お金がすべてなくなってしまう場合があるということです。

 

これでは、安心してお金を預けられませんね。

 

信託保全を有している海外FX業者はごく一部です。多くの業者は顧客の資金を分別管理しています。

 

分別管理も信託保全のように、顧客資金は運営資金とは別に管理されてはいるものの、あくまでその資金は業者のものなので、万が一経営破綻した場合、顧客の資金はおそらく戻ってこないでしょう。

 

なので海外FX業者を活用する際は信託保全制度を有している業者か、運営がしっかりしている業者を選ぶようにしましょう。

 

また、海外FXでは金融ライセンスというものがあります。

金融ライセンスとは、FXを含む金融業を運営するために必要な許可です。ほとんどの海外FX業者はこの金融ライセンスを取得しています。

 

しかし、中には取得していない業者も存在するので、そのような業者は極力使わないことをおすすめします。

海外FXのリスク・デメリット②身勝手な出金拒否や口座凍結を行う怪しい業者が存在する

海外FX業者のなかには、取引操作・価格操作・スプレッド拡大・ストップ狩りでトレーダーが負けるように仕向ける・不当な出金拒否をするといった悪徳業者が存在します。

 

悪質業者は、突然サイトを閉鎖する・連絡先を公開していない・組織構成が複雑で会社の実体がわかりにくいなどの特徴があります。

 

そういった業者を利用してしまうと、トラブルがあった際に泣き寝入りになる場合もあるので注意が必要です。

 

海外FXのリスク・デメリット③国内より税率が高い場合がある

国内FXでは税率は利益の20%と決まっていますが、海外FXでは利益がでるほど税率が高くなります。

 

海外FXで利益が出た時、日本でかかる税率を表にまとめましたのでご覧ください。

課税所得税税率内訳所得税控除額
20万円以上~195万円以下15%所得税5%+住民税10%なし
195万円以上~330万円以下20%所得税10%+住民税10%97.500円
330万円以上~695万円以下30%所得税20%+住民税10%427.500円
695万円以上~900万円以下33%所得税23%+住民税10%636.000円
900万円以上~1.800万円以下43%所得税33%+住民税10%1.536.000円
1.800万円以上~50%所得税40%+住民税10%4.796.000円

この表をみてわかるのは「税率だけみると年間利益が330万円を超えると国内FXより税率が高い」ということ。

 

利益が出れば出るほど税金がかかりますので、たくさん稼ぐつもりの方は要注意です。

海外FXのリスク・デメリット④日本の金融庁から海外FX業者に対して警告が出されている

海外FX業者は日本の金融庁から警告を出されています。

 

じつは、海外FX業者のなかで日本国内の金融庁から金融営業許可を受けて営業しているものは皆無です。

 

仮に海外FX業者が日本国内で金融庁の許可をとった場合、それは国内FX業者になります。

 

つまり、許可をとっていないから海外FX業者と呼ばれているのです。

海外FXのリスク・デメリット⑤日本語表記が曖昧な海外FX業者も存在する

海外FX業者のデメリットのひとつが、日本語表記が曖昧な業者があること。

 

ハイレバレッジで取引ができる・スプレッドが狭い・ボーナスが充実しているなどのメリットがあっても、日本語対応ができないとかなり大変…。

 

問い合わせたスタッフが日本語をしゃべれなかったり、こちら側が英語翻訳してメールをしなければならなかったり、かなり面倒なことになります。

海外FXのリスク・デメリット⑥入出金が複雑なケースがある

海外FXのデメリットとして、入出金が複雑であることがあげられます。

 

しかし、これは海外FXをするうえでかならず覚えなくてはいけないこと。

 

たとえばクレジットカードを使用して海外FXをする場合、入金から30日経過しないと出金できない・入金した金額までしか出金できない・最初の出金先はクレジットカードでないといけないなどの細かいルールがあります。

海外FXのリスク・デメリット⑧スプレッドが国内FX業者と比較しやや広い

海外FX業者は国内FX業者にくらべてスプレッドが広めに設定されています。

 

国内では0.0pipsというところもありますが、海外FX業者では平均2pipsと広めです。

 

スプレッドが広い理由は、取引の透明性を高めるためにNDD注文方式をとっていること。

 

なかには0.0pipsなどの極端にスプレッドが狭い業者もありますが、手数料が高い場合が多いので注意しましょう。

海外FXのリスク・デメリット⑨ハイレバレッジ!レバレッジ1,000倍の業者も

海外FXの大きなメリットがハイレバレッジ。

 

最大3000倍など、国内FX業者ではありえない規模のレバレッジをきかせることができます。

 

しかし、その大きすぎるレバレッジは時に大きな損失を生むことも。

 

しかし、その背景には「損を取り返そうと無理なトレードをした」といったメンタルの弱さがあります。

 

レバレッジが悪いというよりも、自己管理・資金管理が不十分だったといえるでしょう。

海外FXのデメリット・リスクへの対処法

プラン

ここでは、先ほどご紹介した海外FXのデメリット・リスクに対処する方法をご紹介します。

 

とはいえ、海外FXのデメリットやリスクには対処しきれないこともあります。

 

あくまでリスクを最小限に抑える方法であり、「これさえやればリスクを解消できる!」というわけではありません。

「信託保全が義務付けられていない」場合の対処法

結論として業者の見極めが重要です。

 

具体的には、金融ライセンスの取得情報・補填内容を確認することが大切。

 

しかし、海外FX会社の補償体制はわかりにくいことがほとんど。

 

そんなときは口座があるところの金融ライセンスと保険を確認するべきです。

 

海外FXでは、「親会社が金融ライセンスを持っているだけで、実際に口座を開設した子会社では金融ライセンスを持っていない」ということがよく起こります。

 

そのため、口座を開設した会社自体が金融ライセンスを持っているか・どのような保険に入っているかを確認しましょう

 

業者を調べることが、海外FXのデメリットを回避する方法といえます。

「出金拒否・口座凍結」への対処法

悪徳業者への対処法はズバリ「信頼できる海外FX業者を利用する」ことです。

 

海外にある企業の安全性・信頼性を判断するのはとても難しいことですが、普通の企業としての最低基準をクリアした業者を選ぶようにすると、悪質業者に引っかかるリスクを抑えられます。

 

第一に、所在地や連絡先が公開されている・国際的なルールやガイドラインを順守しているかどうかを調べてください。

 

また、SNSやブログなどで評判や口コミもチェックしてもよいでしょう。

 

海外FX業者のなかには、規制の緩いマイナーな金融ライセンスを取得していて顧客資金の保証が義務化されていない業者もあります。

 

資金の安全性=業者の信頼性と覚えておきましょう。

 

業者資金と顧客資金の分別管理を実施しているかどうかを把握し、独自に保険や保証制度に加入している業者を選ぶことをおすすめします。

 

FCA・CySECといった厳格な金融ライセンスを保有しているものは、グループ全体として一定の信頼性があると判断できます。

「国内より税率が高い」ときの対処法

高すぎる税率への対処法は、利益が330万円までは海外FXを使うことです。

 

海外FXでハイレバレッジ・ボーナスなどを利用した場合、利益が330万円超えることは珍しくありません。

 

そして、海外FXでの利益が330万円を超えてしまうと国内FXに比べて税率が高くなります。

 

対策として、利益が330万円を超えそうなタイミングで出金して国内FXに移行するのが良いでしょう。

「日本の金融庁から警告が出されている」場合の対処法

「金融庁から警告を受けているなんて、大丈夫か?」と思う方は多いです。

 

ですが、海外FXを利用することは違法ではないので安心しましょう。

 

警告されているのは海外FX業者であり、投資家ではないのです。

 

金融庁が取り締まるのは、「許可証がない状態で営業している業者」。

 

海外FX業者は「日本人誘致の営業をしていない」ので違法ではありません。

「日本語表記が曖昧な海外FX業者」への対処法

日本語対応が優れている海外FX業者を選ぶことで解決します。

 

日本語対応に定評のある海外FX業者は、XMTradingGEMFOREX

 

XMTrading(エックスエム トレーディング)は100%日本語対応業者ですし、GEMFOREX(ゲムフォレックス)は取締役に日本人が多いことから日本語対応に力を入れています。

 

XMTradingの口座開設ページ(公式サイト)

※口座開設で3,000円ボーナス&100%入金ボーナスあり

▼XMTradingのボーナスキャンペーンについて詳しく知りたい方はこちらへ

【完全版】XMの口座開設ボーナス&入金ボーナス総まとめ!注意すべき10のポイント

▼XMを実際に使っているユーザーの口コミや評判が知りたい方はこちらをご覧ください

XMTrading(XM)ってどう?評判・口コミをSNS、アンケートで徹底調査!

▼XMの特徴や口座開設方法、使い方はこちらをご覧ください

【完全版】XM Trading(エックスエム)の特徴と登録方法・使い方を徹底解説!

 

GemForexの口座開設ページ(公式サイト)

※口座開設で20,000円がもらえるキャンペーン開催中

▼GemForexを実際に使っているユーザーの口コミや評判が知りたい方はこちらをご覧ください

【体験談】GemForexの評判は?SNSとアンケートでリアルな口コミ・評判を集めた!

▼GemForexの特徴や口座開設方法、使い方はこちらをご覧ください

【完全版】GemForex(ゲムフォレックス)の特徴と登録方法・使い方を徹底解説!

▼GemForexのボーナスについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

GemForexの口座開設&入金ボーナスはいつ?GemForexユーザーが答えます

「入出金が複雑」な場合の対処法

海外FXは入出金のルールが複雑です。取引に集中するためにも、入出金のわずらわしさはなるべく軽減するのがベスト。

 

そんなときは、bitwallet(ビットウォレット)で一元管理するのがおすすめです。

 

海外FX業者と自分の間でオンラインウォレットを使用することでお金の出し入れがラクになります。

 

bitwalletであればクレジットカードのように入出金時の縛りはありません。

 

作成・年会費無料bitwalletは海外FXをやるなら作っておくべきでしょう。

「スプレッドが広い」ときの対処法

まず、海外FXは国内FXに比べてスプレッドが広いということを理解しておきましょう。

 

海外FXにおいてスプレッドの広さはネガティブなものではなく、取引の透明性を高めているものです。

 

ちなみに国内FX業者ではDD注文方式をとっており、取引の透明性は極めて低いです。

 

海外FXはスプレッドが広いものですが、そのなかでもスプレッドが狭い業者もあります。

 

 

XMTradingのゼロ口座は、スプレッド0.0~0.1pipsと狭いです。

 

しかし、スプレッドが狭いものは手数料が高い場合が多いので注意しましょう。

関連記事【知らないと損】海外FX利用時に発生する手数料を全て解説!ムダな手数料に気を付けるべし

「ハイレバレッジ」への対処法

海外FXはレバレッジが高く、デメリットと感じる方も多いようです。

 

しかし、ハイレバレッジは海外FXの最大のメリットでもあります。

 

本当にリスクなのは、レバレッジではなく自分の資金管理の甘さです。

 

資金管理さえきちんとしていれば、ハイレバレッジは大きな武器になるでしょう。

 

レバレッジが高いおかげで、大勝ちしなくてもそれなりの利益を得ることができます。

 

むしろ、レバレッジが高いほうが安全に取引できることも多いです。

 

冷静なトレードを身につけることでハイレバレッジを活かしましょう。

海外FXのデメリット・リスクを極力回避できる!おすすめ海外FX業者

先ほど、海外FXのデメリット・リスクへの対処法をお伝えしました。

 

対処法を読んで「海外FXの業者選びに気をつければほとんどのリスクを回避できる」と気づいた方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、海外FXのデメリット・リスクを回避できる「おすすめ海外FX業者」をご紹介します。

XMTrading

XMTradingは、顧客を非常によく分析し商品開発をしているため、国内業者に匹敵するほど総合力が高い業者です。

XMトップ画

レバレッジ倍率最大888倍
スプレッド(平均)1.7pips/ドル円、2.5pips/ユーロ円※スタンダード口座、変動スプレッドのため変動あり
取扱通貨57通貨ペア
1LOTの単位10万通貨 ※スタンダード口座
両建て◯※但し、禁止になる場合もある
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料無料
日本語サポートあり(24時間サポート)
モバイルアプリMT4・MT5

安全性も高く、AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の保険にも加入しているため、顧客の資金は最大100万ドルまでカバーされます。

 

セーシェル本社にて、証券ディーラーライセンス(金融ライセンス)を取得済み。

 

証券ディーラーライセンス保持者は厳格な金融要請に応える義務があり、

  • 顧客の入金
  • 会社の通貨ポジションの変動の可能性
  • 未払い経費

を充当する十分な流動資本を保持することが、法律によって義務付けられています。

 

毎年の監査で不足が認められる場合は内部監査法人により詳細が全て当局へ報告されます。

 

以上のことから、XMTradingは外部からの規制・監督を受けており、企業としての信頼性・安全性は非常に高いといえるでしょう。

 

XMの口座開設ページ(公式サイト)

※口座開設で3,000円ボーナス&100%入金ボーナスあり

AXIORY

AXIORYはベリーズ国際金融サービス委員会IFSCで金融ライセンスを取得しています。

AXIORY

レバレッジ倍率最大400倍
スプレッド(平均)1.3pips/ドル円、1.5pips/ユーロ円※スタンダード口座、変動スプレッドのため変動あり
取扱通貨61通貨ペア
1LOTの単位10万通貨 ※スタンダード口座
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料無料 ※1回の入金額が20,000円以下は有料
日本語サポートあり(24時間サポート)
モバイルアプリMT4

取引に関しては、リクイディティプロバイダー・取引銀行・資産管理の仕組み・約定率などがしっかり公開されており、情報開示に積極的といえます。

 

NDD方式を採用している・トレーダーとの利益相反取引を自主的に禁止していることから、透明性が高いことでも有名です。

 

 

2012年11月には、Dubai MENA FOREX SHOWにて「最も満足度の高い顧客サポートブローカー」として表彰されました。

 

AXIORYでは、Sparkasse Bankで業者資産と顧客資産の分別管理をしています。

 

もしもAXIORYが破綻した場合においても、第三者監査機構「PricewaterhouseCoopers(PwC)」が一時的な管財人となり、顧客の「入金額・確定運用損益・未決済評価損益の全額」が返還されます。

 

国内FX業者と同レベルの資産保護体制が確立されていることから、安心できる海外FX業者といえるでしょう。

 

AXIORYの公式サイトへ

※5分で口座開設でき即日トレード可能

まとめ

今回は知らないと損をする海外FXのデメリット・リスクを徹底的に解説しました。

 

海外FXは信託保全が義務付けられておらず、業者が倒産・破綻した場合にお金が帰ってこない場合があります。利用者の不安は金融ライセンスを取得することで軽減されていますが、実態がつかみにくい業者も多いのでしっかりと調べておきましょう。

 

また、出金拒否・口座凍結をおこなう悪徳業者には要注意。トラブルの際に泣き寝入りしないためにも、所在地や連絡先が公開されているか・国際的なルールやガイドラインを順守しているかをチェックしましょう。

 

海外FXでの利益が330万円を超えると、税率が高くなってしまいます。330万円までは海外FXを利用して、それ以降は国内FXに移行するのが賢い選択です。

 

海外FX業者は日本の金融著から警告を出されていますが、海外FXをすることは合法です。海外FX業者は日本人誘致の営業もしていないため、そもそも合法であるといえます。

 

日本語表記が曖昧な業者についても、日本語対応が優れている海外FX業者を利用すれば安心です。日本語対応が良い海外FX業者は、XMTradingGEMFOREX

 

海外FXを利用する場合、入出金のルールが複雑になります。これは海外を利用するということから仕方ないことです。入出金を簡単に済ませるにはbitwalletを使いましょう。

 

海外FX業者は国FXに比べてスプレッドが広い傾向が。しかし、スプレッドの広さは取引の透明性を高めるために必要なことでもあります。海外FX業者の中でもスプレッドが狭いものを選びましょう。スプレッドが極端に狭い業者もありますが、手数料が高い事が多いので注意が必要です。

 

ハイレバレッジをデメリットに感じる方が多いようですが、その原因は資金管理の甘さです。資金管理さえしっかりしていれば、レバレッジの高さは大きな武器になります。

 

みなさんも海外FXのデメリット・リスクと対処法を知り、有意義なトレードをしてください。

 

コメント