Slash、ライフカードと提携し仮想通貨プリペイドカードを発行へ

目次

仮想通貨をチャージして使えるプリペイドカード

Slash Fintech Limited(本社:英領バージン諸島)は22日、クレジットカード事業やプリペイドカード事業を展開するライフカード株式会社(本社・神奈川県)と業務提携し、2024年5月15日(水)から「Slash Vプリカ SHOP」の運営を開始すると発表した。

「Slash Vプリカ SHOP」とは、暗号資産(仮想通貨)決済「Slash Payment」で「Vプリカギフト」を購入することができるサービスだ。

「Slash Vプリカ SHOP」で購入できるVプリカギフトはメールやSMSで送れる「コードタイプ」のデジタルギフトで、余った残高については、日本在住者であれば審査不要で即発行されるネット専用VISAプリペイドカード「Vプリカ」にチャージして使うことができる。

どの仮想通貨が使えるのかは明らかにされていないが、記事執筆時点で「Slash Payment」はMantle(マントル)、BSC(バイナンス・スマート・チェーン)、Polygon(ポリゴン)、Avalanche(アバランチ)、Astar(アスター)、Arbitrum(アービトラム)、Optimism(オプティミズム)、Oasys(オアシス)、Ethereum(イーサリアム)の9種類のブロックチェーンに対応している。

Slash社はプレスリリースで次のように述べた。

「仮想通貨を決済手段として利用できるインフラが整備されることで、デジタルな価値の移動がなめらかになり、クリプトと従来的なビジネスが統合された新しいエコシステムの創出が期待されます。」

「日常的な買い物で暗号資産を利用する機会を創出することで、日本の暗号資産市場の発展に貢献することを当社は目指しており、両社が有する知識と知見を共有し、新しいデジタルな価値を創出、発展させてまいります。」

関連:仮想通貨決済「Slash」、Bybitに導入|記念NFT発行
関連:ファンキル、「Earn解放Lite」機能を本日リリース

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次