【2024年2月】Coincallの日本人利用は禁止?金融庁との関係性を解説

Coincall(コインコール)の日本人利用は禁止?金融庁との関係は?
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • Coincallは日本人でも利用できる取引所!
  • Coincallと金融庁の関係性を徹底解説!
  • 日本人がCoincallを使うメリット・デメリットも紹介!

\ 【当サイト限定】先物取引手数料20%OFF/

公式サイト:https://www.coincall.com/

▼Coincall関連記事▼

これもう見た?Coincallとは?安全性や評判を8つのメリットと3つのデメリットで解説

これもう見た?【当サイト限定】Coincallボーナスキャンペーン|新規登録0.2ETH&取引手数料20%OFF

これもう見た?Coincall使い方完全ガイド|オプション取引方法も解説

コンテンツの誤りを送信する

目次

Coincall(コインコール)は日本人でも利用できる?

Coincall(コインコール)は日本人でも利用できる?

金融庁は顧客資産保護の観点から、安全性が低い仮想通貨に対して厳しい制限を設けています。十分なセキュリティ対策、国内の法令を遵守している取引所にしか、金融庁は国内でのサービス提供の認可を与えていません。

事実、金融庁との兼ね合いにより、日本人ユーザーを制限している取引所は少なくないですよ…

日本人ユーザーを制限する海外取引所
  • Binance Global
  • OKX
  • Coinbase
  • BitMEX

実際にBinanceやOKX等は、登録なくサービス提供しているとして、過去に金融庁から警告を受けています。

では、Coincallは日本人ユーザーでも利用できる取引所なのでしょうか。ここではCoincallと日本人ユーザー・金融庁との関係性について解説します。

Coincallは日本人でも利用できる取引所

Coincallは日本人でも利用できる取引所

結論、Coincallは日本人でも利用できる海外取引所です。口座開設だけでなく、入出金や取引まで何ひとつ制限なく利用を進められます。

これからCoincallの登録を考えている方でも、安心して利用を進められますよ!

Coincallが利用規制をかける国も存在する

Coincallが利用規制をかける国も存在する

日本人ユーザーの利用は可能なものの、Coincallは一部の国や地域にサービス利用規制をかけています。

Coincallが利用制限をかけている国・地域の一覧はこちら!
  • アメリカ合衆国
  • グアム
  • プエルトリコ
  • アメリカ領ヴァージン諸島
  • 北朝鮮
  • キューバ
  • イラン
  • 中国本土
  • カナダ
  • ベラルーシ
  • クリミア
  • コンゴ民主共和国
  • イラク
  • スーダン
  • シリア
  • 南スーダン
  • サモア
  • パナマ
  • シンガポール

Coincallがサービス利用を規制する理由は、各国や地域が行っている規制や法令に遵守するためです。上記でリストアップされた国や地域は、法的な問題や国の政策によって仮想通貨や取引所の利用が規制されています。

中でも、特に顕著な規制の動きを見せているのがアメリカです。

仮想通貨の規制を強めるアメリカ

2022年の仮想通貨市場暴落をきっかけに、米規制当局は大手仮想通貨取引所の取り締まりを強化。さらに今年の7月には、仮想通貨の規制法案が承認され、仮想通貨取扱のルールが厳格化されました。

また、中国も国民の仮想通貨取引所の利用やマイニング、仮想通貨の利用自体を禁止するなど規制の動きを強めています。

マネーロンダリングなどの犯罪行為につながる点や自国の資金流出を招くとして、仮想通貨に厳しく目を光らせている国も多いですよ…

Coincallで「制限された国」に所在を持つユーザーは、Coincallへのアクセス・サービス利用を進められません。仮に日本でも仮想通貨規制が厳重化された場合、サービス規制が実行されるリスクが考えられます。

Coincallと現在の金融庁との兼ね合い

Coincallと現在の金融庁との兼ね合い

Coincallと金融庁の現在の関係性は、どっちつかずのグレーな状態といえます。Coincallは2023年11月執筆時点で、金融庁からの警告を受けていなければ認可も受けていません。

金融庁が公開している上記のリストには、Coincallの名称は明記されていません。

今後Coincallが金融庁から認可を得られるかが注目ポイントになりますが、認可を受ける可能性は低いと思われます。というのもCoincallは現在、先物レバレッジにてホワイトリスト対象外の仮想通貨を扱っているためです。

ホワイトリストとは?

金融庁が認めた仮想通貨取引所が取り扱う、各種仮想通貨の総称。

Coincallは先物レバレッジで約60種類の仮想通貨を取り扱っていますが、そのほとんどがホワイトリストに登録がない仮想通貨です。

仮想通貨がホワイトリストに登録されるためには、一定の安全性や適切な取引体系が保たれていることはもちろん、金融庁が実施する審査プロセスを通過する必要があります。

Coincallはグローバルな展開を目指しているため、あえて日本の規制に合わせてサービス展開していく可能性は低いといえます。

コンテンツの誤りを送信する

Coincall(コインコール)を日本人が利用するメリット

Coincall(コインコール)を日本人が利用するメリット

日本人がCoincallを利用するメリットは、以下の5つです。

Coincallを日本人が利用するメリット
  • 公式サイトが日本語対応で使いやすい
  • 日本人向けの情報発信が活発である
  • シンプルな取引画面で使い方に迷わない
  • 5種類の仮想通貨入金に対応している
  • 最大50倍のレバレッジ取引に対応している

公式サイトが日本語対応で使いやすい

公式サイトが日本語対応で使いやすい

Coincallの公式サイトは日本語化されているので、海外取引所が初めての方でも利用しやすいのがメリット。入金から取引、出金まですべて日本語でサポートされています。

万が一扱い方で困ったことがあれば、日本語のヘルプページを参照できるほか、ヘルプページで解決できないことは、日本語でCoincallに問い合わせることも可能です。

カスタマーサポートの返信は英語になりますが、日本語で質問にも内容を理解した上で返信をしてくれました!

Coincallスマホアプリも日本語に対応

これまで英語ベースだったスマホアプリですが、直近で日本語を含む10ヶ国語に対応しました!

日本人向けの情報発信が活発である

日本人向けの情報発信が活発である

Coincallは日本語公式X(旧Twitter)アカウントで、活発に情報発信している点もメリットです。

投稿内容はグローバルアカウントが行ったポストの翻訳や、キャンペーン情報などがメイン。わざわざ投稿内容を翻訳してチェックしなくて済むので、情報収集がスムーズなのがポイントです。

またCoincallの日本語公式Xでは、オプション取引の勉強会の案内やアーカイブ配信なども行っています。

開催される勉強会ではオプション取引に強みを持つ投資家を招き、オプション取引の初歩的な部分から取引戦略まで動画解説してくれます。

フォローがまだな方は、ぜひCoincall日本語公式Xをチェック&フォローしてみてください。

シンプルな取引画面で使い方に迷わない

シンプルな取引画面で使い方に迷わない

Coincallはブラウザ・スマホアプリともに、シンプルな取引画面で操作も簡単な点がメリットです。

スマホブラウザの取引画面は、各種タブをタップして必要な情報を参照する仕組みになっています。自分が必要としない情報を遮断できるので、取引判断もスムーズです。

Coincall日本人「スマホブラウザのオプション取引画面」

またスマホアプリも、ブラウザ版と同様にスッキリした取引画面を実現。注文画面も視認性が良いため、ストレスなく取引を進められます。

Coincall日本人「スマホアプリのオプション取引画面」

国内取引所の取引画面に慣れている方は、若干堅苦しく感じてしまうかもしれません。しかし、扱い方さえ覚えてしまえば、初心者の方でもCoincallを使いこなせます。

実際にCoincallに触れて、取引画面の見やすさや扱いやすさの良し悪しを判断してみてください!

5種類の仮想通貨入金に対応している

5種類の仮想通貨入金に対応している

CoincallはBTCやETHなど、メジャーな5種類の仮想通貨入金に対応している点もメリットです。

入金対応通貨と対応ネットワーク

仮想通貨対応ネットワーク
USDTERC-20
TRC-20
BTCBitcoin
ETHERC-20
XRPRipple
TRXTRC-20

USDT以外の仮想通貨であれば、国内取引所でも手軽に入手できます。国内取引所で必要な仮想通貨を準備して、そのままCoincallに送金できるので、余計な手間や送金コストを抑えられます。

USDTを準備したい方は、国内取引所から送金した仮想通貨を、現物取引からUSDTに交換すればOK!

最大50倍のレバレッジ取引に対応している

最大50倍のレバレッジ取引に対応している

Coincallの先物レバレッジは、最大50倍のレバレッジ倍率をかけられるのもメリット。国内取引所のレバレッジ取引と比べても、少額から取引によるリターンを目指せます。

しかしレバレッジ倍率50倍は、他の海外取引所と比べると物足りない印象です。

事実、Coincallよりもレバレッジ倍率の高い取引所は複数存在します。

Coincallとその他の取引所とのレバレッジ比較

取引所レバレッジ倍率
Coincall最大50倍
Bybit最大100倍
Bitget最大125倍
MEXC最大200倍

とはいえ、国内取引所のレバレッジ倍率が最大2倍であることを考えると、50倍は十分すぎるくらいです。「そこまでレバレッジ倍率は高くなくても大丈夫!」という方は、Coincallの先物レバレッジをぜひ活用してみてください。

まずは3〜5倍程度の低レバレッジから、先物レバレッジ取引にチャレンジしてみよう!

コンテンツの誤りを送信する

Coincall(コインコール)を日本人が利用するデメリット

Coincall(コインコール)を日本人が利用するデメリット

日本人がCoincallを利用するデメリットは、以下の3つです。

Coincallを日本人が利用するデメリット
  • 日本円の入金には対応していない
  • 国内での認知がまだ進んでいない
  • コミュニティが基本英語ベースである

日本円の入金には対応していない

日本円の入金には対応していない

Coincallは日本円をそのままアカウントに入金できない点がデメリットです。

アカウント入金の際は、日本円で一旦仮想通貨を購入し、その仮想通貨をCoincallへ送金する必要があります。直接日本円で仮想通貨を購入できる国内取引所と比べると、入金に少し手間がかかる点がネックです。

とはいえ海外取引所の多くが日本円の入金に未対応なので、大きなデメリットとはいえないですね。

国内での認知がまだ進んでいない

国内での認知がまだ進んでいない

Coincallは2023年7月にサービス提供をスタートした新しい取引所です。そのためか現状国内で広く認知が進んでおらず、利用する日本人ユーザーが少ない点がデメリットです。

Coincallのグローバル版公式Xが2.3万人のフォロワーに対して、日本語版はわずか500人程度のフォロワーしかいません。海外ユーザーと比較してみると、国内ユーザーのSNS上での評判・レビューはかなり少ない印象です。

しかし、豪華キャンペーンなどの開催により、着実にCoincallは日本人ユーザーの登録者を増やしてきていますよ!

コミュニティが基本英語ベースである

コミュニティが基本英語ベースである

Coincallは公式コミュニティとしてTelegramを用意しています。Telegram上では運営やユーザーが気軽に情報交換や質問などを行えます。

しかし、Telegramは基本英語ベースとなるので、日本人ユーザーが気軽にやり取りできないのがデメリットです。

英語以外にもスペイン語や中国語などの専用チャンネルが用意されているものの、日本語の専用チャンネルは現状用意されていません。

Coincall日本人「Coincall公式Telegram」

Telegramのメッセージをその都度翻訳する必要があるので、内容の理解に時間や手間がかかりますね…

これもう見た?【Q&A】Telegram(テレグラム)は日本人でも使えますか?

コンテンツの誤りを送信する

Coincall(コインコール)の口座開設方法

Coincall(コインコール)の口座開設方法

日本人ユーザーでも利用できることを理解できたら、あとはCoincallの口座開設を進めるだけです。ここでは、Coincallの口座開設方法や知っておきたいお得情報について解説します。

口座開設の手順は以下記事で詳しく解説しているので、こちらも参考にしてくださいね!

これもう見た?Coincall登録方法|口座開設から2要素認証、本人確認方法まで解説

Coincallの口座開設は3ステップでOK

Coincallの口座開設は3ステップでOK

Coincallの口座開設は、わずか1分程度でスピーディに完結します。口座開設申請した後は、すぐに仮想通貨の入金・取引を進めることも可能です。

Coincallの口座開設は3ステップとかなりカンタンです!

Coincallの口座開設手順
  1. Coincall公式サイトへアクセス
  2. メールアドレス・パスワード等の設定
  3. 認証コードを入力

国内取引所と異なり、口座開設時点で個人情報や本人確認書類を提出する必要はありません。準備しておくものはメールアドレスだけでOKです。

2要素認証・本人確認(KYC)の設定も進めておく

2要素認証・本人確認(KYC)の設定も進めておく

Coincallの口座開設とあわせて、2要素認証や本人確認(KYC)も進めておきましょう。

2要素認証は、アカウントを不正アクセスから守ってくれるセキュリティ設定のひとつです。以下のステップから設定を進めておいてください。

2要素認証の設定手順
  1. 認証アプリのダウンロード
  2. セットアップキーの設定
  3. 認証コードの入力

仮想通貨を出金する際には、2要素認証を必ず設定しておく必要がありますよ!

また本人確認(KYC)は、アカウントの使用者が本人であるかを確認する仕組みのことです。KYCレベル1・KYCレベル2の2種類を申請でき、本人確認書類や住所の記載された書類の提出を求められます。

ひとまず、KYCレベル1を済ませておけば問題ありません!

本人確認(KYCレベル1)の申請手順
  1. 本人確認(KYC)画面を開く
  2. 個人情報の入力
  3. 本人確認書類の提出と顔認証

ジナコイン経由の口座開設でお得に取引!

ジナコイン経由の口座開設でお得に取引!

ジナコイン経由でCoincallの口座開設を進めれば、オプションポジションの付与や取引手数料の割引といった豪華特典を受け取れます。

当サイト限定キャンペーンはこちら!

キャンペーン名キャンペーン期間
【当サイト限定】先物取引手数料10%OFF常時

上記以外にも、Coincallでは友達紹介やCoincallクレジットを入手できるキャンペーンも開催中です!

これもう見た?【当サイト限定】Coincallボーナスキャンペーン|新規登録0.2ETH&取引手数料10%OFF

上記の豪華特典をみすみす逃す手はありません。無料で利益を獲得できるチャンスなので、ぜひ以下のリンクから口座開設を進めてみてください。

\ 【当サイト限定】先物取引手数料20%OFF/

公式サイト:https://www.coincall.com/

コンテンツの誤りを送信する

Coincall(コインコール)の日本人利用でよくある質問【Q&A】

Coincall(コインコール)の日本人利用でよくある質問【Q&A】

最後に、Coincallの日本人利用でよくある質問について回答します。

Coincall(コインコール)の日本人の評判・口コミは?

日本人によるCoincallの評判・口コミはごく少数ですが、以下のようなユーザーの声が見られました。

Coincallは徐々に注目を集め出しているので、これからどんどん日本人ユーザーの評判・口コミが増えるかもしれませんね!

これもう見た?Coincallとは?安全性や評判を8つのメリットと3つのデメリットで解説

Coincall(コインコール)は日本語で入金を進められますか?

Coincallは日本語による入金に対応しています。入金手順は以下の3ステップでOKです。

Coincallの入金手順
  1. 入金元で入金アドレスを取得
  2. ウォレット画面にアクセス
  3. 入金通貨・ネットワークの設定
  4. 入金元から仮想通貨を送金

Coincallは他の取引所同様、入金手数料は必要ありません。しかし、入金元の取引所で出金手数料がかかるケースがある点に注意してください。

これもう見た?Coincallの入金方法|注意点や入金できない時の対処方法も解説

Coincall(コインコール)は日本語で出金を進められますか?

Coincallは日本語による出金も可能です。出金手順は以下の4ステップでOKです。

Coincallの出金手順
  1. 出金先で出金アドレスを取得
  2. ウォレット画面にアクセス
  3. 出金通貨・ネットワークを設定
  4. 出金先へ仮想通貨を送金

Coincallから仮想通貨を出金する際、出金手数料が必要です。必要になる出金手数料は出金する仮想通貨・ネットワークによって異なる点に注意してください。

これもう見た?Coincall出金方法|注意点や出金できない時の対処方法も解説

Coincall(コインコール)の日本語で各種取引を進められますか?

Coincallが提供する各種取引も日本語から進められます。

Coincallの各種取引
  • オプション取引
  • 先物レバレッジ
  • 現物取引

上記の中でも、Coincallは特にオプション取引に力を入れている取引所です。オプション取引に関する教育コンテンツも充実しているので、ぜひ資産形成の1つとしてチャレンジしてみてください。

これもう見た?Coincall使い方完全ガイド|オプション取引方法も解説

Coincall(コインコール)のキャンペーンは日本人でも参加できますか?

Coincallやジナコイン経由のキャンペーンは、日本人ユーザーでも参加できます。

キャンペーンの各種条件をクリアしておけば、オプションポジションといった報酬の受け取りが可能です。

Coincallが主催するキャンペーンでは、KYCレベル1の完了が報酬の受け取り条件となっていますよ!

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

あらためて、この記事の内容についてまとめます。

この記事のまとめ
  • Coincallは日本人でも利用できる海外取引所
  • 現在のところ、Coincallは金融庁からの警告や認可を受けていない
  • 取扱通貨の関係から、今後Coincallが認可を受ける可能性は低い
  • 日本語対応・日本語の公式SNS運用など、日本人ユーザーの取り込みに積極的

Coincallは現状、日本人ユーザーでも利用できる取引所です。公式サイトやスマホアプリの日本語対応、日本語による情報発信が積極的なので、Coincall側の都合で日本人ユーザーを規制する可能性は低いでしょう。

これからCoincallを始めたい方は、ジナコイン経由で新規登録しておくのがおすすめ。最大0.5ETHのオプションポジション+取引手数料10%OFFされる特典付きなので、ぜひ以下のリンクから口座開設を進めてみましょう!

\ 【当サイト限定】先物取引手数料20%OFF/

公式サイト:https://www.coincall.com/

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次