【2022年9月】Bitget(ビットゲット)の日本人利用は禁止!?金融庁との関係は?

Bitget(ビットゲット)の日本人利用は禁止?金融庁との関係は? Bitget

「コピートレード」で人気のBitget(ビットゲット)。世界的にはすでに有名な海外仮想通貨取引所ですが、日本人の利用者も増えつつあります。

しかし、「Bitgetを日本人が利用するのは禁止されている」「Bitgetを利用するのは違法だ」などの声を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はBitget(ビットゲット)を日本人が利用するリスクや、メリット・デメリットについて解説していきます。「安心してBitgetで取引したい」と考えている方は必見の内容です!

Bitget(ビットゲット)の日本人利用は禁止なのか?

インターネットやSNS上では、「Bitgetだけではなく、海外の仮想通貨取引所を利用するのは違法性が高い」という意見があります。一方で、利用自体は問題ないとの声もあります。実際のところ、どちらが正しいのでしょうか。

Bitget公式サイトへ

※【当サイト限定】取引手数料が半永久的に10%OFF+最大565ドルが貰えるキャンペーン開催中

日本人がBitget(ビットゲット)を利用するのは基本的に問題ない!

2022年現在、仮想通貨を取り扱う業者は世界中のいたる所にあります。中には無登録の違法業者もあり、詐欺や資金の持ち逃げなどの事件が起きているのをご存知の方も多いでしょう。

Bitgetは公式サイトにもある通り、世界各国の金融ライセンスを保持している金融業者です。3つもライセンスを持っている海外仮想通貨取引所は少ないといえます。

Bitgetが登録を受けている金融ライセンス

しかしながら、日本人の利用に関しては「違法」と言われるのはなぜでしょうか?それは、Bitgetが日本の仮想通貨事業者としての登録をしていないためです。

マネーロンダリングや利用者保護を目的として、2017年4月に施行された改正資金決済法では、日本の暗号資産交換業の登録を受けていない海外仮想通貨業者は日本国内での勧誘を禁止しています。

(暗号資産交換業者の登録)
第六十三条の二 暗号資産交換業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ、行ってはならない。
(外国暗号資産交換業者の勧誘の禁止)
第六十三条の二十二 第六十三条の二の登録を受けていない外国暗号資産交換業者は、国内にある者に対して、第二条第七項各号に掲げる行為の勧誘をしてはならない。

勧誘の禁止については特に罰則がありません。ただし、無登録の業者が日本国内でサービスの提供をした場合には以下のように罰則があります。

第八章 罰則
第百七条 次の各号のいずれかに該当する者は、三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
 
六 第六十三条の二の登録を受けないで暗号資産交換業を行った者

「勧誘」や「サービスの提供」については法的な見解がさまざまあるようですが、いずれにしても基本的には罰則を受けるのは業者です。日本人がユーザーとしてbitgetを利用するのは問題ないといえるでしょう。

ただし、関与の程度によっては違法となる可能性もあります。たとえば、自身のSNSやブログ上でBitgetを紹介し、口座登録の見返りとして報酬を受け取る「アフリエイト」を行っていたような場合です。「取引の取次や媒介行為をしている人=仮想通貨業者」としてみなされる可能性があります。この場合は個人であっても無登録業者として罰則を受ける可能性もあるため注意が必要です。

7 この法律において「暗号資産交換業」とは、次に掲げる行為のいずれかを業として行うことをいい、「暗号資産の交換等」とは、第一号及び第二号に掲げる行為をいい、「暗号資産の管理」とは、第四号に掲げる行為をいう。

二 前号に掲げる行為の媒介、取次ぎ又は代理

出典:e-Gov 資金決済法

Bitget(ビットゲット)と金融庁の関係性は?

Bitgetと金融庁の関係については、今のところさほど悪くはないようです。金融庁は無登録の暗号資産交換業者を金融庁のHP上で公開しています。Bitgetは今のところリストに含まれていません。

しかし、2020年からは仮想通貨のデリバティブ取引を行う業者やウォレット業者などに対しても登録が必要となったことからも、金融庁からの規制は強くなる傾向にあります。Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)のような大手取引所も無登録業者として注視されていたこともあるため、最新の情報収集は怠らないようにしましょう。

情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」等の施行(令和2年5月1日)に伴い、同法施行後、他人のために暗号資産の管理のみを行う業者であっても暗号資産交換業の登録が、また、暗号資産のデリバティブ取引等を行う業者は金融商品取引業の登録がそれぞれ必要となりました。

出典:金融庁 HP

Bitget(ビットゲット)を日本人が利用するメリット

日本人がBitgetを利用することには、以下のようなメリットがあります。

これもう見た?Bitget(ビットゲット)の評判と安全性は?9つの長所と3つの短所を解説

メリット
  • 200種類以上の通貨が取引できる
  • セキュリティが安全に保たれている
  • コピートレードが利用できる
  • 日本円での取引が可能
  • 最大125倍のレバレッジ取引に対応している
  • 追証なしのゼロカットシステムを採用している
  • 日本語に対応している
  • スマホアプリがシンプルで使いやすい
  • 独自トークンを使うと手数料が安くなる
  • IEOに参加できる
  • クアントスワップが利用できる

200種類以上の通貨が取引できる

Bitgetは仮想通貨の現物取引とデリバティブ取引(FX取引)の両方に対応しています。CoinGeckoによると、2022年9月現在で現物取引では270種類以上の通貨が、デリバティブ取引においては89もの取引ペアが売買できるようになっています。ビットコインやイーサリアムのようなメジャー通貨から、マイナーな草コインまで幅広く取り扱っているため、Bitgetに登録していれば、他の取引所を使わなかったとしても、幅広い取引が可能です。

セキュリティが安全に保たれている

Bitgetは強固なセキュリティにより、顧客の資産を安全に保管しているため、安心して取引ができます。

顧客資産については、コールドウォレットでの管理を徹底しており、世界トップクラスのセキュリティベンダーによるサポート体制を整えているのが特徴です。

実際にセキュリティ企業Qualys SSL Labsから、仮想通貨取引所の中で唯一12個の指標でA+評価を獲得していることからも、安心して利用できる取引所といえるでしょう。

コールドウォレットとは、オンラインから切り離されたところで仮想通貨を保管する方法です。セキュリティレベルが最も高い保管方法といわれています。コールドウォレットに対して、ネットワークに繋がれたたまのウォレットは「ホットウォレット」と呼ばれます。

コピートレードが利用できる

コピートレードを利用して仮想通貨を増やせるのは、Bitgetを利用する大きなメリットの一つです。

コピートレードとは、プロのトレーダーの取引をコピーすることにより、自分の資産で同じ取引が実行される仕組みのことです。一度コピーすれば取引は自動的に進められるため、普段忙しくこまめにチャートを見れない方や仮想通貨取引を始めたばかりの方でも大きな利益が出せる可能性があります。

取引をコピーするトレーダーは、数百名の中からトレード履歴や収益実績を見ながら選ぶことができます。

これもう見た?Bitget(ビットゲット)のコピートレード完全ガイド|手数料や設定方法、やり方を網羅

日本円での取引が可能

一般的な海外取引所は日本円での銀行振り込みによる入金には対応していないため、利用する際には一度国内の取引所を経由し、仮想通貨を送金することで入金しなければなりません。

しかし、BItgetではクレジットカードで仮想通貨を直接購入できる仕組みがあるため、実質的に日本円での取引が可能となっています。取引所をまたいで仮想通貨を送金する場合には、時間がかかることもあるため、いち早く取引を始めたい方にとっては便利なシステムです。

最大125倍のレバレッジ取引に対応している

Bitgetは最大125倍のレバレッジ取引に対応しています。少額の資金で大きな利益を狙えるのが特徴です。ただし、初心者の場合はレバレッジを高くしすぎるとすぐに取引資金が底を尽きてしまう可能性があるため注意しましょう

レバレッジとは、てこの原理を指します。手元資金の何倍も大きな金額を取引できるのが特徴です。レバレッジ取引をするためには、「証拠金」と呼ばれるお金を取引所の口座に入金する必要があります。

追証なしのゼロカットシステムを採用している

BItgetは「ゼロカットシステム」を採用しているため、追証と呼ばれる負債を抱える心配がありません。

レバレッジ取引においては、基本的に損失が発生して証拠金の割合が一定水準を下回ると、ロスカットと呼ばれる強制決済システムが働くようになっています。しかし、相場の急な変動によりロスカットが間に合わなかった場合には、預け入れた証拠金を上回る損失が発生して追証と呼ばれる追加入金が必要になるケースがあります。ゼロカットシステムは、損失を取引所が負担してくれるため、安心して取引ができる仕組みです。

日本語に対応している

Bitgetは公式サイトやスマホアプリ、サポートなどが日本語に対応しているため、はじめて取引をする場合でも使いやすくなっています。

スマホアプリがシンプルで使いやすい

Bitgetのスマホアプリはシンプルなデザインが特徴です。アプリ一つで入金や出金、コインの売買はもちろんのこと、コピートレードもアプリで実行できます。他の取引所のスマホアプリと似ているため、これまでに仮想通貨取引の経験がある人であれば、感覚的に使いこなせるでしょう。

独自トークンを使うと手数料が安くなる

Bitget(ビットゲット)では独自トークンのBGB(Bitget Token)を発行しています。CoinMarketCapによると、2022年8月時点での時価総額は約120億円です。Bitgetと同様に取引所が発行している独自トークンのBGBと比べると、現時点での価値はまだまだ低いですが、保有しているだけで取引手数料が30%割引となるメリットがあります。

IEOに参加できる

BItgetでは上場前の通貨を購入できる「Bitget Launchpad」と呼ばれるIEOプログラムがあります。

IEOとは、取引所が主体となって仮想通貨を新規上場し、資金を集める仕組みです。一般的に、IEOで入手した通貨は上場後に高値をつけることが多く、大きな利益を得られる可能性が高くなっています。

クアントスワップが利用できる

Bitget(ビットゲット)はクアントスワップと呼ばれる機能があるため、さまざまな通貨を証拠金として取引できるようになっています。

従来、BTC(ビットコイン)建ての契約取引やUSDT(テザー)建ての取引の場合は、証拠金として用いたコインと同通貨の取引しかできませんでした。しかしこの機能では、1つの通貨を複数の通貨ペアの証拠金として同時に使用することができるようになっています。手元の通貨を、証拠金として使う通貨に交換する手間やコストを省けるのがメリットです。

Bitget(ビットゲット)を日本人が利用するデメリット

BItgetを利用するときには、メリットだけではなく以下のデメリットも押さえておきましょう。

デメリット
  • 日本での運営実績が浅い
  • 手数料がやや高い
  • コピートレードが使いにくいことがある

日本での運営実績が浅い

Bitgetは2020年頃から日本での取引を開始しました。全世界では約150万人のユーザーがいますが、日本人のユーザーはまだまだ少ないようです。ネット上で収集できる情報にも限度があるため、最新の情報についてはこまめに公式サイトをチェックするようにしましょう

手数料がやや高い

Bitget(ビットゲット)の取引手数料は以下のようになっています。

  • 現物取引:メイカー手数料・テイカー手数料ともに0.2%
  • 先物取引:メイカー手数料0.04% テイカー手数料0.06%

Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)などの取引所と比べると現物手数料や先物取引のメイカー手数料はやや高い水準となってるため、短期トレードで売買を繰り返す場合には、手数料負けしないように注意しましょう。

コピートレードが使いにくいことがある

トレードをコピーできるプロトレーダーの情報は、ユーザー全員に公開されています。コピーできる人数には上限があるため、実績のある優秀なトレーダーはすぐに枠が埋まってしまい、なかなか思い通りにコピートレードを活用できないケースがあるでしょう。また、当然ですがトレーダー選びを間違えてしまうと大きな損失が出てしまう可能性があります。

コピートレードは自動的に資産を運用する方法として有効です。しかし、使い慣れるまで、すぐに利益を出すのは難しいと考えておいた方が無難です。

Bitget(ビットゲット)の口座開設方法

Bitgetでの口座開設は非常に簡単です。メールアドレスまたはSMSが受信できる電話番号さえあれば、5分程度で完了します。

まずは以下のリンクから公式サイトにアクセスしましょう。

Bitget公式サイトへ

※【当サイト限定】取引手数料が半永久的に10%OFF+最大565ドルが貰えるキャンペーン開催中

そのあとは以下の手順で進めます。

  1. 携帯番号またはメールアドレスを入力する
  2. 任意のパスワードを入力する
  3. 認証コードを受け取り、入力する
  4. 登録完了!
    Bitget(ビットゲット)では、取引を開始するにあたってKYC(本人確認)は不要です。ただし、登録すると様々なメリットがあるため、Bitgetをメインで使う人は登録しておきましょう。
    セキュリティ対策として二段階認証の設定方法や、KYCについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

これもう見た?Bitget(ビットゲット)の登録方法・2段階認証・本人確認(KYC)まで図解で解説

Bitget(ビットゲット)で実施中のキャンペーン

現在Bitgetでは以下のようなキャンペーンを実施中です。

Bitget(ビットゲット)で現在実施中のボーナス・キャンペーン
  • KYC完了ボーナス:KYC(本人確認)の完了で3ドル分のクーポンが受け取れる
  • 初回入金ボーナス:初回入金をし、USDT契約口座に振替を行うと、初回入金額の5%分(最大100USDT)の体験金を受け取れる
  • 初回取引ボーナス:初めて契約取引を完了すると20ドル分のクーポンがもらえる
  • 初回コピートレード:初めてコピートレードをすると30USDT分のクーポンがもらえる
  • 紹介キャンペーン:紹介された人が入金や取引をするたびに一定割合の報酬が獲得できる

Bitget(ビットゲット)についてよくある質問

Q
Bitget(ビットゲット)に問い合わせをしたい場合、どのような方法がありますか?
A

Bitget(ビットゲット)はメールやオンラインチャットでの問い合わせに対応しています。日本語での問い合わせも可能です。よくある質問についてはFAQも活用すると良いでしょう。

Q
Bitget(ビットゲット)に関する最新情報はどこで手に入れたらいいですか?
A

Bitgetは公式サイト以外にも、以下のチャネルで定期的に情報発信をしています。

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • Telegram
  • Youtube
  • LINE

TwitterやFacebookでは「Bitget JP」のアカウントで日本語による情報発信がされているため、取引に活用しましょう。

BitGet(ビットゲット)の日本人利用についてまとめ

Bitgetを日本人が利用する場合のリスクやメリット、デメリットなどについて解説しました。

日本国内には無登録の仮想通貨業者を取締るための法律がありますが、罰則が適用されるかは不透明となっています。仮に違法となったとしても、罰則を受けるのは取引所を利用するユーザーではなく仮想通貨業者です。Bitgetは他の取引所と異なり、金融庁から無登録業者としての警告を受けていないことからも、現状では日本人がBitgetを利用するのは問題ないといえるでしょう。

日本円での入金や、日本語によるサポートに対応しているため、Bitgetは日本人にとっても使いやすい海外取引所の一つです。気になった方はこの機会に登録してみてください!

Bitget公式サイトへ

※【当サイト限定】取引手数料が半永久的に10%OFF+最大565ドルが貰えるキャンペーン開催中

コメント


Warning: preg_replace(): Compilation failed: missing closing parenthesis at offset 515 in /home/xb301893/jinanbo11.com/public_html/coin/wp-content/themes/cocoon-master/functions.php on line 385

Warning: preg_replace(): Compilation failed: missing closing parenthesis at offset 515 in /home/xb301893/jinanbo11.com/public_html/coin/wp-content/themes/cocoon-master/functions.php on line 385