きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

Bitget(ビットゲット)の評判と安全性は?9つの長所と3つの短所を解説

アイキャッチBitget

Bitget(ビットゲット)は2018年に設立された海外仮想通貨取引所です。特にデリバティブに力を入れていて優秀なトレーダーの取引をそのまま再現できる「コピートレード」で話題となっています。

しかし海外の業者になるため、取引をするにあたり、

  • 実際使いやすいのだろうか・・
  • やはり海外業者は不安だ・・・
  • どのくらい利益が出ているんだろう・・・

といった不安をお持ちの方も多いはずです。

今回の記事を読んでいただければ、Bitget(ビットゲット)を実際に利用して感じたメリット・デメリットを把握することができ、安心して取引を行うことができるようになります。

 

Bitget公式サイトへ

※【当サイト限定】取引手数料が半永久的に10%OFF&最大565ドルが貰えるボーナスキャンペーン開催中

  1. Bitget(ビットゲット)の信頼性・安全性|4つの特徴
    1. 世界有数の取引高とユーザー数
    2. 世界各国で金融ライセンスを取得
    3. セキュリティについての高い評価
    4. 有名クラブチームのスポンサーになっている
  2. Bitget(ビットゲット)取引可能通貨
    1. 豊富な取扱銘柄
    2. クアントスワップとは
    3. 取引可能通貨一覧
  3. Bitget(ビットゲット)のメリット9つ
    1. コピートレードの利用が可能
    2. クレジットカードを利用した日本円での取引が可能
    3. 本人確認書類なしですぐにトレードが始められる
    4. 最大125倍のレバレッジ取引が可能
    5. ゼロカットシステムを採用(追証なし)
    6. 公式HP・サポートが日本語対応でわかりやすい
    7. スマホアプリが使いやすい
    8. 独自トークンを使うと手数料が安くなる
    9. 定期的にトレードコンペを開催している
  4. Bitget(ビットゲット)のデメリット3つ
    1. 日本での運営実績が少ない
    2. 取引手数料が他取引所と比べてやや高い
    3. 法定通貨での入出金ができない
  5. 口座開設ボーナス・キャンペーン情報
  6. コピートレード(コピトレ)について徹底解説
    1. コピートレードと自動売買の違い
    2. コピートレードのメリット
    3. コピートレードのデメリット
  7. Bitget(ビットゲット)の評判は?出金できる?口コミ・事例を徹底調査
    1. コピートレードの機能が優秀
    2. トレーダー選びが難しい
  8. Bitget(ビットゲット)口座開設・登録手順を画像で解説
  9. よくある質問(Q&A)
    1. Q.入出金時に手数料はかかりますか?
    2. Q.出金先にクレジットカードは指定できますか?
    3. Q.デモ口座はありますか?
    4. Q.土日は取引できますか?
  10. まとめ

Bitget(ビットゲット)の信頼性・安全性|4つの特徴

4つの特徴

Bitgetはシンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所で、2018年4月に設立されました。海外業者を利用するにあたって重要な、信頼性・安全性の面について詳しくみていきましょう。

運営会社Bitget
従業員数200人以上
CEOSandra Lou
支社所在国アメリカ・ブラジル・ヨーロッパ・ロシア・インド・ベトナム・シンガポール・韓国・フィリピン・オーストラリア
対応言語日本語 英語 韓国語 中国語 ロシア語 ベトナム語 スペイン語
電話番号support@bitget.com(日本語対応)

世界有数の取引高とユーザー数

Bitgetのユーザ数は全世界48か国、約150万人です。コピートレーダーとして登録しているユーザー数も累計1万人以上となっています。日本での知名度はまだまだ低いようですが、世界的にはCoinMarketCapのデリバティブ取引所ランキングでは2021年10月現在、第9位にランクインしています。また日本国内の取引所と比べた場合、24時間取引高は数十倍もの規模になるため、日本でもこれからさらなる拡大が期待できる取引所です。

世界各国で金融ライセンスを取得

Bitgetは世界各国支社を持ち、金融ライセンスも取得しています。グローバル展開を行うにあたってコンプライアンスを非常に重視している表れといえるでしょう。

現在取得しているライセンスは以下です。

  • 米国MSBライセンス
  • カナダMSBライセンス
  • オーストラリアDCEライセンス
  • Exemtion of provision of Cryptocurrency Pyament Services in Singapore

ちなみに、日本には支社を設立しておらず、金融商品取引業としての登録はされていません。ただし、金融庁の未登録業者リストにも登録されていないため、現在はBinance(バイナンス)のような規制措置は受けていない状態です。

セキュリティについての高い評価

Bitgetはリスク管理にも最新の注意を払っている業者です。

独自開発しているシステムについては、12のSSL指標においてA+を獲得しています。また、Cyber security rating」というプラットフォームのセキュリティ評価機関においても最高評価である★3を獲得しており、全プラットフォーム中トップ30にランクインしています。

これまでも大きなサーバーダウンなどは起きていないため安心して取引できる環境が整っているといえるでしょう。

有名クラブチームのスポンサーになっている

Bitgetは2021年9月に、ACミランやインテルに並ぶイタリアのサッカーチーム「ユベントス」のオフィシャルパートナーとして、スポンサー契約を結んだことを発表しました。

暗号資産取引所がプロスポーツチームとスポンサー契約を結ぶケースはこれまでもありましたが、ユニフォームにロゴが入る袖スポンサーとなる今回のようなケースは、非常に稀です。将来性があり、安全性を評価されている表れだと言えます。

Bitget(ビットゲット)取引可能通貨

取引可能通貨

Bitgetで取引できる仮想通貨をみていきましょう。

豊富な取扱銘柄

Bitgetでは、仮想通貨の現物取引・FX取引両方の取引ができるようになっています。

取引できる通貨の組み合わせもかなりの数があり、主要な仮想通貨については全て網羅されているので、取引したい通貨が見つからない、ということは考えにくいでしょう。

現物取引では最近話題のDefiやNFTに関連した銘柄も取り扱っているため、ラインナップはかなり充実しています。

クアントスワップとは

Bitgetは2021年4月にクアントスワップという機能をリリースしています。

従来コイン建ての契約取引やUSDT(テザー)建ての取引の場合は、証拠金として用いたコインと同通貨の取引しかできませんでした。しかしこの機能では、1つの通貨を複数の通貨ペアの証拠金として同時に使用することができるようになっています。

例えばETH(イーサリアム)/USDの取引を行う場合に、これまでは証拠金としてETHのみ使用可能でしたが、BitgetではBTC(ビットコイン)を証拠金として取引をすることが可能となっています。これによって、取引を希望する通貨に交換する手間を省くことができ、手数料の節約につながります。

取引可能通貨一覧

現物取引

BTC/USDTBGB/USDTETH/USDTLTC/USDTBCH/USDTETC/USDT
BNB/USDTLINK/USDTTRX/USDTXRP/USDTEOS/USDTUNI/USDT
SUSHI/USDTCOMP/USDTAAVE/USDTYFI/USDTDOGE/USDTCHZ/USDT
LINA/USDTENI/USDTSHIB/USDTMANA/USDTMATIC/USDT1INCH/USDT
MKR/USDTUMA/USDTREN/USDTZRX/USDTLRC/USDTBAL/USDT
BNT/USDTCRV/USDTYFII/USDTWNXM/USDTBAT/USDTSTORI/USDT
SNX/USDTBTT/USDTDASH/USDTZEC/USDTQTUM/USDTKNC/USDT
OMG/USDTBAND/USDTGRT/USDTOCEAN/USDTNKN/USDTRLC/USDT
OGN/USDTCAKE/USDTCHR/USDTANKR/USDTSRM/USDTRSR/USDT
IST/USDTICP/USDTMASK/USDTFIL/USDTCELO/USDTYGG/USDT
LDO/USDTAGLD/USDTDYDX/USDTCELR/USDTRACA/USDTBETA/USDT
ETH/BTCLTC/BTCBCH/BTCETC/BTCLINK/BTCTRX/BTC
XRP/BTCEOS/BTCCOMP/BTCAAVE/BTCYFI/BTCDOGE/BTC
CHZ/BTCLINA/BTCENI/BTCMANA/BTCMATIC/BTCMKR/BTC
REN/BTCZRX/BTCLRC/BTCBAL/BTCBNT/BTCCRV/BTC
BAT/BTCSTORI/BTCSNX/BTCBTT/BTCDASH/BTCZEC/BTC
CHR/BTC     

レバレッジ取引(USDT契約)

取引ペア最大レバレッジ
BTC/USDT125
ETH/USDT100
LTC/USDT50
BCH/USDT100
LINK/USDT20
TRX/USDT20
XRP/USDT50
EOS/USDT50
ADA/USDT20
ETC/USDT50
DOT/USDT20
DOGE/USDT50
SOL/USDT50
MATIC/USDT50
BNB/USDT75
UNI/USDT50
ICP/USDT50
AAVE/USDT75
FIL/USDT30
XLM/USDT75
ATOM/USDT50
XTZ/USDT50
SUSHI/USDT50
AXS/USDT75
THETA/USDT75
AVAX/USDT75

通貨標準契約(インバース無期限契約)

取引ペア証拠金最大レバレッジ
BTC/USDBTC・ETH・XRP・USDC・BGB125
ETH/USDBTC・ETH・XRP・USDC・BGB100
LTC/USDBTC・ETH・XRP・USDC・BGB・LTC50
BCH/USDBTC・ETH・XRP・USDC・BGB・BCH100
XRP/USDBTC・ETH・XRP・USDC・BGB50
LINK/USDBTC・ETH・XRP・USDC・BGB・LINK20
EOS/USDBTC・ETH・XRP・USDC・BGB・EOS50
UNI/USDBTC・ETH・XRP・USDC・BGB・UNI50

Bitget(ビットゲット)のメリット9つ

メリット

Bitget(ビットゲット)で取引をするメリットについてみていきましょう。

コピートレードの利用が可能

Bitgetの最も大きな特徴が、コピートレードというシステムです。

特定のトレーダーの取引を完全自動でコピーし、自分自身の資産を運用するために利用することができるという仕組みになっています。トレーダー一人一人の成績は公開されていますので、3週間以内の収益率・勝率・フォロワー数といった成績に基づき優秀なトレーダーを選ぶことが可能です。

クレジットカードを利用した日本円での取引が可能

海外の仮想通貨取引所では、入金が仮想通貨に限定されているところが多くなっています。Bitgetも、銀行振込での日本円入金はできませんが、クレジットカードで仮想通貨を購入し入金することが可能です。手数料はかかりますが、現在仮想通貨を全く所有していないという人については、国内の取引所を経由するよりも割安になる可能性がありますので、利用する価値はあるでしょう。

本人確認書類なしですぐにトレードが始められる

本人確認書類を提出せずに、登録から入金、取引まで始めることができます。

ただし、クレジットカードでの入金時は本人確認が必要となっています。

また、出金額も1日あたり0.1BTC相当の額に限定されてしまうため、登録後は早めに本人確認の手続きをした方が良いでしょう。認証後は1日あたり200BTC相当の額まで出金可能となります。

最大125倍のレバレッジ取引が可能

通貨ごとに異なりますが、最大125倍までレバレッジを設定することが可能です。少額でダイナミックな取引ができる反面、損失が大きくなってしまう可能性も高いので、予め損切り設定をしておく等、資金管理に注意することが必要です。

ゼロカットシステムを採用(追証なし)

ゼロカットシステムとは投資額以上の損失を防止するシステムです。

Bitgetではゼロカットシステムを採用しており、一定の基準に達するとロスカットが入るため、追証(おいしょう)と呼ばれる証拠金の追加入金を請求される心配がありません。

高レバレッジの取引をしたとしても、取引所に返済すべき借金を抱える心配はなく安心して取引を進めることができます。

公式HP・サポートが日本語対応でわかりやすい

公式HPとサポートは完全日本語対応となっていおり、動画コンテンツなども用意されています。

多少おかしな日本語になっているところはありますが、取引には問題ないレベルです。

スマホアプリが使いやすい

スマホアプリで、入金・出金・取引を完結させることができます。また他取引所でもコピートレードが可能な取引所はありますが、スマホアプリでコピトレができるのはBitgetだけですので、非常に便利です。

独自トークンを使うと手数料が安くなる

Bitgetでは独自トークンBGB(Bitget Token)を発行しています。通貨の価格自体は高くありませんが、取引手数料をBGBで支払った場合は30%オフとなるためお得になります。

定期的にトレードコンペを開催している

定期的に豪華な賞金が用意されたトレードコンペが開催されています。過去には日本人限定のコンペも開催されていました。現在は、「キングカップグローバルインビテーショナル(KCGI)」というトレード大会が開催予定となっています。チーム戦と個人戦があり、賞金総額は100BTC、参加するだけでもボーナスがもらえる豪華な内容になっていますので、この機会に一度参加してみてもいいかもしれません。

Bitget(ビットゲット)のデメリット3つ

3つのデメリット

Bitget(ビットゲット)で取引をするデメリットについてみていきましょう。

日本での運営実績が少ない

日本での取引開始は2020年頃からとなっていますので、まだ日が浅くユーザー数もそこまで多くはありません。現状では出金拒否などは無いですが、経営状況によっては今後そのようなことが起こる可能性もゼロではないでしょう。

あくまでBitgetを使用しての取引は自己責任となりますので、十分な注意が必要です。

取引手数料が他取引所と比べてやや高い

Bitgetでの取引手数料は以下のようになっています。

  • 現物取引:メイカー手数料・テイカー手数料ともに0.2%
  • 先物取引:メイカー手数料0.04% テイカー手数料0.06%

海外仮想通貨取引所最大手のBinance(バイナンス)では全取引一律0.1%となっており、国内の取引所においては無料のところもあるため、この手数料水準は決して安くはないと言えるでしょう。

法定通貨での入出金ができない

法定通貨(円・ドル・ポンド)での入出金ができませんので、一度他取引所のウォレットを経由して仮想通貨のやりとりをする必要があります。

ただし、クレジットカードによる入金は可能です。

口座開設ボーナス・キャンペーン情報

ボーナスキャンペーン情報

現在は以下のボーナスキャンペーンが開催中です。

  • 新規登録ボーナス($5)
  • 初回入金ボーナス(最大$50)
  • twitterフォローボーナス($5)
  • Telegramフォローボーナス($5)
  • 取引ボーナス($100 )
  • 初回コピートレードボーナス($200)
  • 累計取引ボーナス(最大$200)

また、特定の通貨を入金することで得られるボーナスもあります。

  • HIGH(5,000USDT)
  • WNCG(150,000BGB)
  • MBOX(150,000BGB)
  • REVV(150,000BGB)
  • AXS(150,000BGB)
  • BETA(1,000USDT)
  • DYDX(3,000USDT)

 

Bitget登録ページへ

※【当サイト限定】取引手数料が半永久的に10%OFF&最大565ドルが貰えるボーナスキャンペーン開催中

コピートレード(コピトレ)について徹底解説

コピートレードの図

Bitgetを利用する一番の理由として、コピートレードを挙げる人も多いです。

使用する上でのメリット・デメリットをまとめました。

コピートレードと自動売買の違い

主にFXで用いられる自動売買システム(EA)は、ある条件のもとに売買注文を行うという「プログラム」にトレードを任せるという仕組みになっています。そのため、感情的なトレードにならず、一定の条件で発動し継続的にトレードができるというメリットがある一方で、急激な相場変動に耐えることができないというデメリットがあります。また特定の状況下での売買を繰り返すため、前提条件となる相場状況が変わってしまっている場合は想定通りの動きができず、収益を上げることができないという可能性も出てきてしまいます。

コピートレードはあくまで、「人」にトレードを任せるという仕組みですので、優秀なトレーダーの臨機応変な取引手法や戦略をそのまま自分のものにし、利益を上げることができます。

コピートレードのメリット

最初に設定さえしてしまえば、詳しい知識がない初心者でも、普段忙しく取引に使える時間が少ない人でも気軽に取引ができるというのが最大のメリットです。仮想通貨は価格が乱高下することも多いため、チャートから目を離していると気づいたら資金がなくなってしまっていた、という経験をした方も多いのではないでしょうか。コピートレードであれば、自分の代わりに世界中の優秀なプロトレーダーが運用をする形になるため、そのような問題は起きにくいと言えます。

コピートレードのデメリット

コピートレードを利用して利益が出た場合、10%が手数料としてコピートレーダーに支払われるようになっています。

また、トレーダーをフォローできる数には上限があるため、人気のトレーダーは満員になってしまっていることも多いです。選択肢は多いですが、選び方間違えると手元の資金を減らしてしまう結果になりかねませんので、トレーダー選びには細心の注意を払うべきだといえるでしょう。

Bitget(ビットゲット)の評判は?出金できる?口コミ・事例を徹底調査

評判・クチコミ

Bitgetの評判について、twitter等SNS上での口コミを中心に調べてみました。

日本人ユーザーの利用者数がまだ多くないためか、クチコミ自体も他の業者と比べて少ない印象です。悪い評価をしている口コミはあまり見受けられませんでした。

コピートレードの機能が優秀

コピートレードについては、実際に利益を出すことができているというコメントも多く、概ね高評価のようです。

このコピートレードに関しての口コミがほとんどでした。

トレーダー選びが難しい

コピートレーダーとして登録しているユーザーが10,000人以上いるということもあり、トレーダー選びが大変、という口コミがありました。トレーダーを選ぶ際には様々な指標を見ることができるのですが、しっかり分析をしないと思わぬ落とし穴があるかもしれませんので、注意が必要です。

Bitget(ビットゲット)口座開設・登録手順を画像で解説

Bitgetでの口座開設方法について順に説明していきます。

口座開設・登録は無料です。

1.公式サイト右上をクリックし、登録のボタンを押します。

bitget(ビットゲット)口座開設・登録手順1

bitget(ビットゲット)口座開設・登録手順2

2.電話番号・パスワードといった必要事項を入力します。

(メールアドレスでも登録可能です)

bitget(ビットゲット)口座開設・登録手順3

3.「今すぐ登録」を押すとSMSが送られてきますので、そこに記載のある数字を入力し認証できれば登録手続きは完了です。

よくある質問(Q&A)

Bitgetに関するよくある質問についてまとめました。

Q.入出金時に手数料はかかりますか?

A.入金手数料は無料です。出金手数料については通貨ごとに異なります。

主要通貨の手数料は以下です。

通貨出金手数料
BTC0.0006BTC
ETH0.006ETH
LTC0.001LTC
EOS0.1EOS
XRP0.1XRP
BCH0.0001BCH
ETC0.01ETC
LINK0.6LINK
TRX1TRX

Q.出金先にクレジットカードは指定できますか?

A.できません。入金はクレジットカードを使用することで日本円の入金が可能です。

出金時は仮想通貨での出金のみ可能ですので、日本円で受け取りたい場合は国内の取引所などを経由する必要があります。

Q.デモ口座はありますか?

A.ありません。 ※以前はデモ契約という形式があったようです。

Q.土日は取引できますか?

A.24時間365日取引が可能です。

まとめ

Bitgetの評判や口コミについて詳しくみていきましたが、非常に優秀なコピートレード

を始め、他の海外仮想通貨取引所にはない機能について、わかっていただけたのではないでしょうか。仮想通貨取引で利益を出すためには業者選びは非常に重要です。

今後に期待できるBitgetは一度使ってみる価値のある、おすすめの仮想通貨取引所です!

 

Bitget登録ページへ

※【当サイト限定】取引手数料が半永久的に10%OFF&最大565ドルが貰えるボーナスキャンペーン開催中

監修者情報
ミズサワ

じなんぼーことミズサワです。仮想通貨歴2016年3月~。2016年3月30日、1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したのが仮想通貨投資の始まり。そこから仮想通貨の現物取引を開始し、仮想通貨FXやレンディング、現先クロス等様々な手法で仮想通貨投資を進めている。現物取引のメイン口座はBinance、仮想通貨FXのメイン口座はBybit。ジナコインでは仮想通貨初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

Bitget
ジナコイン

コメント