Bitget(ビットゲット)の使い方完全ガイド【スマホアプリ版】

Bitget(ビットゲット)の使い方完全ガイド【スマホアプリ版】 Bitget

Bitgetは豊富なボーナスとコピートレードが話題となり、最近人気の仮想通貨取引所です。2021年10月28日現在、デリバティブ取引では、世界第9位の取引高となっています(Coinmarketcap

とはいえ「あんまり聞いたことない」「怪しい取引所じゃないの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

最近Bitgetは、イタリアセリエAのサッカーチーム・ユベントスの公式スポンサーになったり、日本のYouTuberラファエルをトレード大会のアンバサダーに採用したりなどプロモーション活動にも力を入れています。セキュリティ対策もしっかりしており、第三者機関からも高い評価を受けている取引所です。

そこで今回は、仮想通貨取引所Bitgetのスマホアプリでの使い方を画像付きで詳しく解説していきます。

特に百戦錬磨のプロトレーダーと同じ取引ができるコピートレードはBitgetの醍醐味です。ぜひ体験してみてください。

Bitget公式サイトへ

【当サイト限定】取引手数料が半永久的に10%OFF&最大565ドルが貰えるボーナスキャンペーン開催中

これもう見た?Bitget(ビットゲット)キャンペーン情報総まとめ!

仮想通貨取引所Bitget(ビットゲット)とは?

Bitgetは2018年にシンガポールで設立された仮想通貨取引所です。現在急上昇中で成長している取引所で、2021年10月現在、登録ユーザーは約170万人にも及びます。日本市場にも現在力を入れていて、日本語表示でのSNSやYouTubeも解説しています。

Bitgetの特徴は次の通りです。

  • コピートレード
  • 最大125倍のレバレッジ取引(※BTC/USDTの場合)
  • ゼロカットシステム
  • 豪華なボーナスキャンペーン
  • トレード大会などの定期的なイベント開催

Bitgetはハイレバレッジでの取引ができますが、負けた時に追証がついて資金がマイナスになるのは怖いですよね。ですがBitgetは海外FX業者のようにゼロカットシステムを採用しています。

ゼロカットとは、急激な相場の乱高下によってロスカットが間に合わす口座残高がマイナスとなった場合に、Bitget側がマイナス分の損失を補填してくれる機能です。

トレードに失敗しても、資金がマイナスにならずにゼロに戻るだけだというのは少し安心しますよね。

これもう見た?Bitget(ビットゲット)の評判と安全性は?9つの長所と3つの短所を解説

Bitget(ビットゲット)の取引手数料

Bitgetの現物取引の手数料はメイカー・テイカーともに一律0.2%となっています。取引手数料に関しては、一律0.1%のBinanceと比べるとやや高いです。

独自トークンであるBGBで支払う設定にすると、30%取引手数料が減額され、0.14%となるので、手数料用にBGBコインを保有しておくと良いでしょう。

先物取引の手数料は、メイカーが0.04%、テイカーが0.06%となっています。先物取引に関してはBGBコインによる手数料の割引はありません。また、先物取引のBTCUSDTは平均スプレッドが約0.5ドルと狭いのが特徴です。

これもう見た?Bitget(ビットゲット)手数料ガイド|コピートレード手数料や安くする方法も紹介

Bitget(ビットゲット)スマホアプリでできること

  • アカウント登録
  • 入出金
  • 現物取引
  • プロ契約取引(レバレッジ取引)
  • コピートレード
  • チャート確認

プロ契約取引は、USDT建て契約取引とクアントスワップ取引に分かれています。

USDT建て契約取引・・・ステーブルコインであるUSDTを証拠金とする契約取引(レバレッジ取引)のこと。USDTを証拠金とすることで、同一口座内で複数の通貨ペアの契約取引を行える。
クアントスワップ契約・・・1つもしくは複数のコインを証拠金として、保有しているコイン以外のコイン建て取引を行うことができる契約のこと。例えば保有しているビットコインを証拠金とすることで、ビットコイン以外のリップルやイーサリアム建ての取引ができる。

Bitget最大のウリとも言えるコピートレードもスマホアプリでカンタンに行えます。仕事中や外出先でもすぐに状況を確認できるので便利ですよね。

それでは実際にBitgetのスマホアプリを実際にダウンロードして、使い方を学んでいきましょう。

Bitget(ビットゲット)スマホアプリのダウンロード〜アカウント登録方法

Bitgetのスマホアプリは、iPhoneとAndroidの両デバイスに対応しています。

※WEB版で登録したい方は、下記ボタンリンクから登録作業を行ってください。

Bitget公式サイトへ

【当サイト限定】取引手数料が半永久的に10%OFF&最大565ドルが貰えるボーナスキャンペーン開催中

アプリで登録作業を進めたい方は、AppStoreもしくはGooglePlayにアクセスし、検索窓に「bitget」と入力してみてください。Bitgetの公式アプリが表示されるのでダウンロードします。

bitgetスマホアプリ

Bitgetアプリからアカウント登録をする

アプリのアイコンをタップしたらアカウント登録をしていきましょう。

「今すぐ登録」をタップして新規アカウントの作成に入ります。

「メールアドレス」or「電話番号」のどちらかで登録していきます。

どちらかを入力して「次へ」をタップするとジグソーパズルを同じ形の場所に合わせるような認証テストが出てきます。

Bitget登録方法2

ジグソーパズルを右にスライドさせてはめ込んだら次のステップに行きます。

登録したメールアドレスに認証コードが届くのでメールを確認し、新たにパスワードを設定していきます。

続いて指紋認証の画面です。

指紋認証に関しては任意となるので、「後で」を選んで先に行ってもいいです。

Bitget登録方法3

IDが付与されたら登録は完了です。

メールアドレスにも登録完了通知が飛んできます。

Bitget登録方法4

Bitgetは本人確認書類を提出していなくても、すぐにトレードが始められますよ。

▼本人確認(KYC)や2段階認証設定方法のやり方は下記記事で確認してください

これもう見た?Bitget(ビットゲット)の登録方法・2段階認証・本人確認(KYC)まで図解で解説

Bitget(ビットゲット)アプリでの入金方法

Bitgetへの入金方法は次の2つがあります。

  • 日本の取引所から仮想通貨をBitgetへ送金
  • エクスプレス機能を使ってクレジットカードやキャッシュレス決済で入金
エクスプレス機能とは、クレジットカードやApple Pay・Google Payなどのキャッシュレス決済から入金する方法です。

ただしエクスプレス機能を使うには、KYC(Know Your Customer:本人確認)を完了しておかなければなりません

これもう見た?Bitgetの本人確認(KYC)のやり方

GMOコインからBitgetへ仮想通貨を送金する

他の海外取引所と同じように、日本の取引所経由で仮想通貨を送金する方法です。最もポピュラーな送金方法と言っていいと思います。

日本の取引所であれば、送金手数料が無料のGMOコインがおすすめです。まだGMOコインの口座開設を行っていない方で、ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

GMOコイン公式サイトへ

※期間限定のオトクなキャンペーン開催中

今回はGMOコインからライトコイン(LTC)をBitgetに送金していきます。

まずBitgetアプリ下部の「資産」をタップし、「入金」に進みます。

Bitget入金方法1

送りたいコイン(今回はLTC)を選んで入金アドレスをコピーします。

Bitget入金方法2

今度はGMOコインのアプリを開いて、「預入/送付」から「ライトコイン」を選択します。

「送付」タブをタップ後「新しい宛先を追加」を選択。

次に任意の名前を入力し(ここではBitgetと名付けます)先程のBitgetのアドレスをコピーして宛先登録を済ませます。

Bitget入金方法3

登録が完了したら、LTCの送付数量を設定して2段階認証を完了させ、Bitgetへ送金してください。

履歴を確認すると、LTCが入金されたことがわかります。

これでGMOコインからBitgetへの送金は完了です。

手数料もかからないですし、1番確実な方法なのでぜひ覚えてくださいね。

Bitget(ビットゲット)からの出金方法

Bitgetの出金には、「普通出金」と「内部振替」の2種類があります。

普通出金は、国内外の取引所に送金できる方法です。内部振替とは、自分のBitgetのウォレットから、他の人のBitgetのウォレットに送ることができる方法で、出金手数料はかかりません。

ちなみにBitgetで出金できるのは、仮想通貨のみです。クレジットカードやキャッシュレス決済を使って日本円で入金したとしても、日本円での出金はできません。

仮想通貨を現金化したければ、Bitgetから国内の取引所に送金してから現金化する必要があります。

出金には手数料がかかり、仮想通貨によって手数料金額が変わってきます。また、1日に出金できる金額の上限が決まっていて、この上限金額も仮想通貨によって違います。

KYC(本人確認)をしていなくても出金は可能なのですが、金額が大幅に制限されるので、本格的にBitgetを使っていこうと思ったら、KYCをしておいた方がいいですね。

仮想通貨出金手数料最低出金額1度の出金限度額1日の出金制限額
BTC0.00060.01200200
ETH0.0060.052,0002,000
LTC0.0010.15,0005,000
XRP0.1204,000,0004,000,000

BitgetからGMOコインに出金する

では実際に出金処理をスマホアプリでしていきましょう。ライトコイン(LTC)をGMOコインに送金していきます。

まずGMOコインにログインし、「預入/送付」をタップします。

Bitget出金方法1

次に送金する仮想通貨を選択します。

今回はライトコインをタップし、預入用ライトコインアドレスをコピーしておきます。

Bitget出金方法2

Bitgetのアプリを立ち上げます。

画面下部の「資産」をタップし、「出金」に進みます。

Bitget出金方法3

銘柄を選び、「出金先」の欄に先程コピーしておいたアドレスを貼り付けます。

出金額を入力し(「全部」をタップすると保有している銘柄すべてを出金にできます。)申請ボタンをタップしてください。

Bitget出金方法4

セキュリティ認証画面に移り、メールアドレスに届いた認証コードと資産パスワードを入力して再度申請ボタンをタップすれば出金処理は完了です。

Bitget(ビットゲット)はクレジットカードやキャッシュレス決済で仮想通貨を購入できる

BitgetはクレジットカードやApple Payなどのキャッシュレス決済を使って日本円で入金できます。スマホアプリで入金する場合は「エクスプレス」機能を使います。エクスプレスを使うには必ず本人確認(KYC)を済ませておく必要があります。

アプリのトップページから「エクスプレス」を選択します。

Bitgetクレジットカード入金方法1

次に入金額や購入する仮想通貨、決済手段を決めていきます。

Bitgetクレジットカード入金方法2

①法定通貨と金額の設定

②購入する仮想通貨の設定
Bitgetでは現在9種類の仮想通貨から選べます。

BTCUSDTETHLTCBCH
ETCTRXXRPEOS

③決済手段
主に仕える決済手段は下記のとおりです。

VISAMastercardGoogle Pay
Apple PaySamsung Pay

Bitget(ビットゲット)アプリからの注文方法

入金できたら実際にトレードを始めてみましょう。

Bitgetアプリの現物取引画面を見ていきます。

Bitgetトレード画面1

画面下部の「現物」タブをタップすると取引画面が出てきます。

① 通貨ペアを選択
② チャート画面や入金、資金振替画面に移動
③ 購入or売却を選択
④ 指値or成行を選択
⑤ 価格を入力
⑥ 数量を入力
⑦ 数量を割合で入力する(25%・50%・75%・100%から選択)
⑧ 板情報(価格の数字をタップすると、入力画面に反映される)

画面下の赤いボタン(購入の場合は緑ボタン)をタップすると注文完了です。

注文自体はスピーディに進められますよ。

Bitget(ビットゲット)アプリでのチャート画面の見方

Bitgetアプリはチャート画面も表示できます。時間足やインジケーターといった機能もついているので、職場での休憩中などに値動きの確認をするのに便利です。

取引画面の右側にローソク足のアイコンをタップするとチャートが出てきます。

Bitgetチャート画面1

Bitgetチャート画面2

右下のアイコンをクリックすると、横画面にできます。

時間足表示と、インデックスをタップすると簡易的なインジケーターの表示も可能です。

・時間足

1分足5分足30分足1時間足4時間足
日足週足

・インジケーター(メイン)

MA(移動平均線)EMA(指数平滑移動平均線)BOLL(ボリンジャーバンド)

・インジケーター(サブ)

VOL(出来高)MACDKDJ(KDJランダム指標)
RSI(相対力指数)ROC(変動比率指標)CCI(商品チャンネル指数)

Bitgetチャート画面3

Bitget(ビットゲット)アプリでのコピートレードのやり方

Bitgetがなぜ人気を高めてきたかと言うと、コピートレードという他の取引所にはない機能を備えているからです。

ではコピートレードとはいったいどんなものなのか、詳しく解説していきましょう。

これもう見た?Bitget(ビットゲット)のコピートレード完全ガイド|手数料や設定方法、やり方を網羅

コピートレードとは?

コピートレードとはその名の通り、プロトレーダーのトレードをそっくりそのままコピーできる機能になります。

仮想通貨トレードはFXや株取引に比べて値動きが激しく、テクニカル分析が効きにくいこともあり、初心者には難易度が高いです。ですがコピートレードを使えば、プロトレーダーの取引をそっくりそのまま真似ることができます。

Bitgetでコピートレードをするメリット

Bitgetでコピートレードをするメリットは次のとおりです。

  • 初心者や忙しい人でもトレードができる
  • スマホアプリだけで気軽に参加できる
  • プロトレーダーの取引手法が勉強になる
  • 手数料は利益の10%のみ

仮想通貨トレードは初心者にはハードルが高いですが、プロトレーダーの手法を真似ることで利益が出せる可能性があります。

中にはとんでもない額の利益を稼いでいるプロトレーダーもおり、どこでポジションを持ったのかなど、勉強になることも多いです。

手数料についても儲かった場合に利益の10%が差し引かれる仕組みとなっていて、負けた場合は手数料を払う必要はありません。

Bitgetでコピートレードをするデメリット

Bitgetでコピートレードをする上で注意しておきたいデメリットは以下の通りです。

  • 他人任せのトレードになるので、損するリスクも考えておく必要がある
  • 人気のあるプロトレーダーは満員になっており参加できないことも多い

コピートレードはレバレッジやポジション保有数などは自分で決めますが、取引自体はプロトレーダーが行います。

プロとはいえ相場で常に勝つのは至難の業です。負けて損することがあることも覚悟しておかなければいけません。

また、プロトレーダーがユーザーを持てる定員は決まっていて、人気トレーダーだと満員になって入れないことも多いです。

どうしても真似したいトレーダーを見つけた場合、空席が出たら通知してくれる機能を使って、キャンセル待ちをしておきましょう。

Bitgetアプリでのコピートレード設定方法

それでは、実際にアプリでコピートレードに参加する手順をお伝えします。

画面下部の「コピーオーダー」をタップするとコピートレード画面に遷移します。

Bitgetコピートレードやり方1

トレーダーリストから、コピーしたいトレーダーを探します。過去の取引実績や注文履歴をよく確認してからトレーダーを絞っていきましょう。

特に気にしておきたいのは、「現在コピー中のオーダー」です。ここで損失が出ていても、決済しなければ収益率には反映されないので、塩漬けされている可能性があります。現在コピー中のオーダーがあまりにもマイナスの場合はそのトレーダーは選ばない方がいいでしょう。

Bitgetコピートレードやり方2

トレーダーを選んだら、「コピーオーダー」をタップします。

Bitgetコピートレードやり方3

「契約取引コピーオーダー」から取引する通貨ペアを選びます。

自分が保有している通貨ペアのみを選択するとわかりやすいです。

 

次はコピーオーダートレードの設定です。

Bitgetコピートレードやり方4

固定額(オープン可能額)と固定比率の2つから選択します。

固定額(オープン可能額)とは、1ポジション保有する際に運用する金額です。

画面のように100USDTに設定していると、プロコピートレーダーが運用する金額は関係なく1取引ごとに100USDTでポジションを持ちます。

Bitgetコピートレードやり方5

固定比率とは、プロコピートレーダーが運用する金額のうち、どのくらいの割合で取引するかを決める設定です。

画面のように0.1(10%)で設定すると、プロコピートレーダーが1,000USDT運用した場合、こちらは10%の100USDTで運用することになります。

Bitgetコピートレードやり方6

リスク管理についての設定です。

①損切り比例・利確比例は、設定した比率の割合を超えると、コピーオーダーが自動的に決済される仕組みです。

両方とも20%に設定して100USDTのポジションを持った場合、120USDTに上がったら利確し、80USDTに下がったら損切りします。

②フォローしたプロコピートレーダーの取引に対していくらまで金額を使うかという上限金額を決めます。

これで設定は完了ですが、コピートレードにおいてはレバレッジも設定しておく必要があります。

プロ契約からレバレッジを設定する

画面下部の「契約」をタップするとプロ契約画面に遷移します。

レバレッジを設定する際に必要なポイントに絞って紹介しますね。

Bitgetコピートレードやり方6

①通貨ペアの選択とクロスマージンor分離マージンを選択する

分離マージンとは強制ロスカットにあった際、失うのは1ポジションの資金のみの設定です。

クロスマージンとは、強制ロスカットの際、失う資金はプロ口座に入っているお金すべてに適用される仕組みです。

始めたばかりの時は、分離マージンにしておいたほうが無難ですね。

②レバレッジの調整

自分の持っている資金を証拠金としてより多くの金額を動かせるため、レバレッジは慎重に設定しましょう。

通貨ペアによって最大レバレッジは変わってきます。

Bitgetコピートレードやり方7

Bitget(ビットゲット)は豪華なボーナスキャンペーンも魅力

Bitgetの魅力は豊富なボーナスを取り揃えているところです。

主なボーナスは以下のとおりです。

  • 初回登録ボーナス
  • 入金ボーナス
  • フォローボーナス
  • 取引ボーナス
  • 累計取引ボーナス
  • 初回BGB使用ボーナス(まもなく開始予定)

初回登録ボーナス

登録するだけで$5の手数料クーポン券が獲得できるボーナスです。

ただし手数料クーポン券は現物取引、プロ契約取引の手数料のみとして使えます。

有効期限は60日となっています。

入金ボーナス

初回入金をし、契約口座に振替が完了すると初回入金額の10%分のクーポン券が還元されます。

最大で50ドルまでの還元です。

フォローボーナス

TwitterでBitgetのアカウントをフォローもしくはTelegram公式グループに参加すると5ドルのクーポン券がもらえます。

カスタマーサポートにスクリーンショットを送る必要がります。

取引ボーナス

イベント期間中に取引することで手に入るボーナスです。

累計取引日数が15日以上(現物取引、契約取引含む)の場合、100ドルのクーポン券を手に入ります。

コピートレードを初めて完成させると、10%分のクーポン券が発行されます(最大200ドルまで)。

累計取引ボーナス

レバレッジ取引を3回すると、3回分の総手数料10%分のクーポンを獲得できます(最大200ドルまで)。

初回BGB契約ボーナス

レバレッジ取引にBGBを初めて使い、ポジションを決済すると10ドル相当のクーポン券を獲得できます。

こちらの機能はまだ開始されておらず、これから実装予定です。

初回BGBを契約取引証拠金に使い、最低一回のクローズポジションを取りますと、$10のクーポン券をゲットできます!

Bitget(ビットゲット)は定期的なイベントも開催

Bitgetトレードバトルイベント

Bitgetは定期的にイベントを開催していて、過去には日本人専用のトレードコンペなども行われていました。

特に年に1度行われることとなったキングオブトレーディング大会(KCGI)は賞金額も大きく、トレーダー達の注目を集める大会となっています。

キングオブトレーディング大会

キングオブトレーディング大会(King’s Cup Global Invitational:KCGI)とは、チーム戦と個人戦に分かれ収益を競い合うトレード大会です。

賞金プールは100BTCと高額で、他にもNFTやエアドロップ、Playstation5などの報酬が用意されています。

参加するだけでも様々なボーナスが付与されるので、資金に余裕のある方はぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

今回はBitgetのスマホアプリの使い方について解説してきました。

コピートレードはもちろん、豊富なボーナスや定期的なイベントの開催などにも力を入れていて、ユーザーに還元することを意識している取引所です。

スマホアプリも使いやすく、外出先や仕事中の休憩時間などでも気軽に取引できるので、ぜひ口座開設をして取引に参加してみてください。

Bitget公式サイトへ

【当サイト限定】取引手数料が半永久的に10%OFF&最大565ドルが貰えるボーナスキャンペーン開催中

これもう見た?海外仮想通貨取引所おすすめランキング!人気10社を徹底比較

コメント