Bitgetの現物グリッド取引とは?機能や使い方を画像付きで解説!

Bitgetの現物グリッド取引とは?機能や使い方を画像付きで解説!
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • Bitgetの現物グリッド取引をわかりやすく解説
  • Bitgetの現物グリッド取引に向いている人の特徴も解説
  • この記事を読めば現物グリッド取引を理解してシステムトレードができる様になる!

取引すればするほど還元率が加速!

【手数料還元キャンペーン】開催中

公式サイト:https://www.bitget.com/ja/

動画でbitgetの現物グリッド取引について知りたい方はこちら

コンテンツの誤りを送信する

目次

Bitget(ビットゲット)の現物グリッド取引とは

Bitget(ビットゲット)の現物グリッド取引とは

現物グリッド取引の基本概要

対応通貨数29種類(2023年3月時点)
引用銘柄USDT建て
取引手数料無料(現物取引の手数料に依存)
取引種類現物グリッド取引、現物リバースグリッド取引

Bitgetでは、2022年6月頃に「現物グリッド取引」という機能がローンチされました。

現物グリッド取引とは「上限価格」と「下限価格」を設定して、その価格範囲内で自動取引をしてくれる「自動売買ツール」のことです。

主に、市場の動きが静かな「レンジ相場」で役立つ自動売買ツールになります。後ほど解説しますが、下降相場でも利益が狙える機能もあるので、ぜひ使い方をマスターしておきましょう。

まず、現物グリッド取引の基本的な機能として、下記の3つについて解説します。

現物グリッド取引の基本的な機能
  • 現物グリッド取引に対応している銘柄
  • 現物グリッド取引の手数料
  • 下降相場でも利益が狙える「現物リバースグリッド取引」

なお、Bitgetの詳しい情報はこちらの記事で解説しているので併せて読んでみてください。

これもう見た Bitget(ビットゲット)の評判と安全性は?11個の長所と2つの短所を解説

これもう見た Bitget(ビットゲット)キャンペーン情報総まとめ! 

現物グリッド取引に対応している銘柄

現物グリッド取引に対応している銘柄

Bitgetの現物グリッド取引では、現在29種類のペアが取引可能です。

取引ペアは下記の通りです。

BTC/USDTETH/USDTBGB/USDTLTC/USDTBCH/USDT
EOS/USDTXRP/USDTTRX/USDTMATIC/USDTSHIB/USDT
ETC/USDTUNI/USDTDOGE/USDTCHZ/USDTBNB/USDT
SOL/USDTSAND/USDTDOT/USDTAVAX/USDTPSG/USDT
ACM/USDTBAR/USDTPORTO/USDTLAZIO/USDTSANTOS/USDT
CITY/USDTASR/USDTATM/USDTADA/USDT

ローンチされてまだ3ヶ月程ですが、かなり多くの通貨ペアに対応しています。

ただ、現時点で現物グリッド取引を行うには「USDT建て」のみです。

通常の現物取引では「USDC建て」や「BTC建て」「ETH建て」で取引可能ですが、現物グリッド取引ではそれらの通貨で取引することはできないので、注意してください。

現物グリッド取引の手数料

現物グリッド取引の手数料

現物グリッド取引で行われる取引の手数料は、現物取引にかかる手数料と同じです。

現物グリッド取引で取引をするからといって、追加で手数料がかかることは無いので安心してください。

元々、Bitgetの現物取引手数料は「Maker(指値注文)」でも「Taker(成行注文)」でも「0.1%」でしたが、現在では現物取引手数料が無料になっています

つまり現物グリッド取引の取引手数料は、現在無料ということになります。

ただ、この「取引手数料が無料」がいつまで続くのかはわかりません。

「取引手数料が無料の間」は気にしなくても良いと思いますが、手数料がかかる様になった場合は「グリッド数量」に注意してください

なぜなら、グリッド数量が多いと取引する回数が多くなり「取引手数料が高くなる」からです。

グリッド数量とは、注文が発生する間隔の設定値のことです。これだけだと、少しわかりづらいと思うので、例を出して解説します。

現物グリッド取引例

  • 上限価格:300万
  • 下限価格:200万
  • グリッド数量:4
  • 現在相場:250万

上記の場合、下限価格(200万)から上限価格(300万)までの価格幅は「100万」です。

グリッド数量を4と設定すると「価格幅「100万」÷ グリッド数(4)=グリッドの価格幅」になります。なので、この場合の1注文の値幅は「25万円」です。

現物グリッド取引を始めると、自動で買いの成行注文が入ります。その後、現在相場(この場合は250万)から25万上がった「275万」に、売りの指値注文が入ります。その後、相場が275万に達すると自動で売却される流れです

グリッド数を増やすと取引が発生する価格帯が増えますが、その分取引回数が増えてしまい、取引手数料が高くなってしまいます。

重複してしまいますが、今後Bitgetの現物取引手数料がかかる様になった場合は、適正なグリッド数を設定することがポイントとなってきます。

Bitgetのその他の手数料についてはこちらの記事で解説しているので併せて読んでみてください。

これもう見た Bitget(ビットゲット)手数料ガイド|コピートレード手数料や安くする方法も紹介

下降相場でも利益が狙える「現物リバースグリッド取引」

下降相場でも利益が狙える「現物リバースグリッド取引」

「現物リバースグリッド取引」とは現物グリッド取引と、リターンの計算単位が異なる取引方法のことです。

簡単に言えば次のような取引方法です。

例)BTC/USDTの場合

  • 現物グリッド取引は「BTCをUSDTで安く買い、高く売る」という取引から利益を狙います。
  • 現物リバースグリッド取引の場合は「USDTをBTCで安く買い高く売る」という取引から利益を狙います。

つまり、現物リバースグリッド取引では「BTC/USDT 」ではなく「USDT/BTC」と考えるとイメージしやすいです。

そんな現物リバースグリッド取引では、下降トレンドの時に利益が狙えます。例えばBTC/USDTのチャートが下降トレンドの場合は、USDT/BTCのチャートは上昇トレンドを作りますよね。イメージしやすい様に簡単な数字で解説すると、BTCとUSDTの価値関係が「1BTC=10USDT」の場合に、BTCの価値が下がり(BTC/USDTが下降トレンド)1BTCを5USDTで買える様になったとしましょう。その場合「BTCの価値が下がりUSDTの価値が上がった」ことになるので、USDTをBTCで安く買い高く売る「現物リバースグリッド取引」なら、下降トレンドでも利益を出せるということです。

なので、上昇トレンド中のレンジ相場では現物グリッド取引を、下降トレンド中のレンジ相場では現物リバースグリッド取引を使って、取引するのがオススメの活用法です。

コンテンツの誤りを送信する

Bitget(ビットゲット)の現物グリッド取引に向いている人の特徴

Bitget(ビットゲット)の現物グリッド取引に向いている人の特徴

Bitgetの現物グリッド取引に向いている人の特徴は、下記の3つに該当する人です。

現物グリッド取引に向いている人の特徴
  • 本業が忙しい方
  • 仮想通貨トレード初心者の方
  • システムトレードを使ってみたい方

本業が忙しい方

本業が忙しい方

Bitgetの現物グリッド取引は「本業が忙しい方」に向いています。

なぜなら、24時間自動で設定した価格範囲で売買を行ってくれるからです。本業が忙しい方にとって、「チャート確認ができない時間帯に相場が大きく動いてしまう」ことが懸念点です。ですが、現物グリッド取引なら、指定した価格範囲内での値動きに対して自動売買が行われるので、相場の値動きに対しての不安がなくなります。

また、相場の値段が「指定したレンジ」から外れてしまった場合は、取引が停止されるので安心ですただ、逆に言うと「指定したレンジから外れてしまう」と一切取引は行われないので、定期的に「相場のチェック」と「価格レンジの調整」が必要になります。

仮想通貨トレード初心者の方

仮想通貨トレード初心者の方

Bitgetの現物グリッド取引は「仮想通貨取引の初心者の方」にもオススメです。

なぜなら、「安値で買い、高値で売って差額を稼ぐ」という「投資の取引原理」に基づいて自動売買されるからです。現物グリッド取引を利用するのは「価格レンジの設定」が必要ですが、その点も心配ありません。

Bitgetでは、マーケットに最も適した価格設定をAIによる自動入力ができます。そのため「価格レンジの設定を、どうすればいいかわからない」という方でも、すぐに価格を設定して取引することが可能です。

システムトレードを使ってみたい方

システムトレードを使ってみたい方

システムトレードをしてみたい方」にも、Bitgetのグリッド取引がオススメです。

システムトレードのメリットは、「チャート確認の負担を減らせる」ことです。年中無休で自動売買をしてくれるので、多くの銘柄に分散して投資をしたい場合などに効果的です。「一部のレンジ相場の銘柄はグリッド取引に任せる」といったことが可能になるので、他の銘柄に集中するなど効率的なトレード戦略の幅が広がります。

コンテンツの誤りを送信する

Bitget(ビットゲット)の現物グリッド取引を行うための前準備

Bitget(ビットゲット)の現物グリッド取引を行うための前準備

Bitgetの現物グリッド取引を行う為の準備は下記の5つです。

現物グリッド取引を行うための前準備

  1. 国内取引所の口座開設・通貨を購入
  2. Bitgetの口座口座開設
  3. 国内取引所からBitgetに送金
  4. Bitgetに送金した通貨をUSDTに変える

上記の手順を大まかですが以下で解説します。

STEP
国内取引所の口座開設・通貨を購入

Bitgetに限らず海外仮想通貨取引所は基本的に日本円での入金に対応していません。そのため、国内仮想通貨取引所との連携が必須になります。

もし国内取引所の口座を持っていない、どこをメインに使うか悩んでいるのでしたら以下の業者を本サイトはおすすめします。

国内取引所はトラベルルールにより海外業者との送金やり取りができない場合があります
その場合は、メタマスクなどのプライベートウォレットを経由して送金すれば問題ないので、焦らず対応してみてください。

トラベルルールについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
これもう見た?トラベルルールとは?各仮想通貨取引所対応|海外取引所・ウォレットへの影響も解説

各国内取引所での「通貨を購入」からBitgetへの送金手順は各紹介記事内で解説しているので参照してください。

STEP
Bitgetの口座口座開設

「Bitgetの口座開設」は下記リンクから始めると取引手数料10%OFFの特典が自動的につくので利用してください。

取引すればするほど還元率が加速!

【手数料還元キャンペーン】開催中

公式サイト:https://www.bitget.com/ja/

これもう見た GMOコインを徹底解説!特徴や口座開設から入金・送金・出金方法まで全てがわかる!

STEP
国内取引所からBitgetに送金

Bitgetへの送金は先ほど紹介した各国内取引所の記事で書いてあるので参照してください。またBitget内での入金準備方法等はこちらの記事で解説しています。

これもう見た Bitget(ビットゲット)入金ガイド|入金方法や手数料、入金できない時の対処法も紹介

STEP
Bitgetに送金した通貨をUSDTに変える

Bitgetへ入金する所まで進めたら、入金した通貨をUSDTに交換していきます。Bitgetにはコンバート機能などは無いので、現物取引から送った通貨を売却してUSDTに交換していきます。Bitgetにログインして「現物」→「スポット取引」をクリックしてください。

BitgetでUSDTに交換する手順1

通貨選択欄から「XRP/USDT(該当する通貨)」をクリックしてください。

BitgetでUSDTに交換する手順2

次に売却の注文欄から注文形式を選択していきます。赤枠で囲んである部分をクリックしてください。

BitgetでUSDTに交換する手順3

「成行注文」を選択します。価格を指定した場合は「指値注文」を選択してください。

BitgetでUSDTに交換する手順4

続いて「売却金額」を入力→「売却XRP」をクリックの順で進めてください。

BitgetでUSDTに交換する手順5

下記のポップアップが表示されるので「チェックボックス」にチェックを入れる→「確認」をクリックの順で進めてください。

BitgetでUSDTに交換する手順6

これでXRPを売却してUSDTに交換できました。ここまでが完了したら、現物グリッド取引を行っていきます。

コンテンツの誤りを送信する

Bitget(ビットゲット)の現物グリッド取引のやり方

Bitget(ビットゲット)の現物グリッド取引のやり方

Bitgetの現物グリッド取引の手順は、下記の通りです。

現物グリッド取引のやり方

  • STEP1:Bitgetの「現物ストラテジー取引」ページにアクセスする
  • STEP2:グリッド取引のパラメータを入力して取引を開始する

順番に解説していきます。

STEP
Bitgetの「現物ストラテジー取引」ページにアクセスする

まずBitgetのホーム画面上部の「現物」→「現物ストラテジー取引」をクリックしてください。

Bitget 現物グリッド取引を行う手順1

下記の画面が表示されると思うので、画面右側の「グリッド戦略」をクリックします。リバースグリッド取引を行いたい場合は「リバースグリッド」をクリックしてください。

Bitget 現物グリッド取引を行う手順2

するとパラメータ入力画面が表示されるので、それぞれ項目を入力していきます。

STEP
グリッド取引のパラメータを入力して取引を開始する

AI入力の場合は「投資金額」を入力→「ストラテジーを作成する」をクリックすれば、現物グリッド取引が始まります。

Bitget 現物グリッド取引を行う手順3

価格を自分で設定したい場合は「手動で作成する」をクリックします。

Bitget 現物グリッド取引を行う手順4

下記のパラメータ入力画面が表示されるので「下限価格」「上限価格」「グリッド数」「投資金額」を入力→「ストラテジーを作成する」の順に進めれば完了です。

Bitget 現物グリッド取引を行う手順5

また「アドバンス設定」から、詳しい取引条件をグリッド取引にをつけることができます。

「アドバンス設定」をクリックすると、下記の入力画面が表示されます。

入力内容は、それぞれ下記の通りです。

トリガー価格「トリガー価格」で設定した価格を基準に、上昇または下降したときに注文が発注される、基準値のことです。
利確価格利益を確定する価格を設定できます。利確ラインに達すると、そこで利益が確定され取引が終了します。
損切り価格損切りする価格を設定できます。損切りラインに達すると、その時点で利益を確定し、取引を終了します。

トレード初心者にとっては難しいかもしれませんが、ある程度チャート分析ができる方からすると、嬉しい機能です。

コンテンツの誤りを送信する

Bitget(ビットゲット)の基本概要

運営会社Bitget
設立2018年4月
ライセンスアメリカ、カナダ、オーストラリアで取得済み
銘柄数200以上
ガバナンストークンBGB
レバレッジ最大125倍
取引手数料現物→Maker/Takerともに0.1% 先物→Maker0.017%/Taker0.051%
入出金手数料銘柄やネットワークによって異なる
日本語対応
モバイルアプリ

Bitgetはシンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所で、2018年4月に設立されました。

現在は全世界50カ国以上、約200万人以上のユーザーが利用している取引所となり、CoinMarketCapのデリバティブ取引所ランキングでは、第9位にランクインした事もあります。

デリバティブ取引に力を入れていることと、優秀なトレーダーの取引をそのまま再現できる「コピートレード」の存在から、多くの仮想通貨トレーダーから注目されています。

また、現物取引はあまり注目されていない取引所でしたが、最近では「現物取引手数料が無料」になり、ますます注目すべき取引所となりつつあります。

そんなBitgetを使うメリット・デメリットは下記の通りです。

Bitgetを使うメリット
  • コピートレードを利用できる
  • 最大125倍のレバレッジ取引&ロスカットシステム採用
  • 取扱銘柄が豊富
  • 公式サイト・サポートが日本語対応でわかりやすい
  • 現物取引手数料が無料
  • 独自トークンを使うと手数料が安くなる
  • キャンペーンの開催頻度が高い
Bitgetを使うデメリット
  • 日本での運営実績が少ない
  • 法定通貨での入出金ができない

Bitgetについて詳しく知りたい方は下記の記事も併せてご覧ください。

これもう見た Bitget(ビットゲット)の評判と安全性は?11個の長所と2つの短所を解説

これもう見た Bitget(ビットゲット)のコピートレード完全ガイド|手数料や設定方法、やり方を網羅

コンテンツの誤りを送信する

Bitget(ビットゲット)の現物グリッド取引のよくある質問(Q&A)

Bitget(ビットゲット)の現物グリッド取引のよくある質問(Q&A)

最後にBitgetの現物グリッド取引に関する質問や疑問にQ&A形式で回答していきます。

現物リバーススリッド取引は、具体的にはどんな状態の市場で使うのがいいですか?

大きな時間足の下降トレンド中の短い時間足のレンジ相場」で使うのが、オススメです。

グリッド取引は元々「レンジ相場」に向いている取引システムです。

そして「リバースグリッド取引」は下降トレンド中でも利益が狙える取引方法なので「下降トレンド且つレンジ相場の市場」で使うのが向いている取引方法と言えます。

現物グリッド取引は、USDT建て以外でも取引可能ですか?

いいえ、現在はUSDT建てのみの取引となっています。

Bitgetの現物グリッド取引に関わるキャンペーンは開催されていますか?

現在は開催されていません。

直近だと9/22日締めのキャンペーンが開催されていました。

また、サービスローンチから約4ヶ月程ですが、今までに「4回程」現物グリッド取引のキャンペーンが開催されていたので、またすぐに開催されることが予想されます。

Bitgetのキャンペーン情報はこちらの記事で逐次更新しているのでチェックするようにしてみてください。

これもう見た Bitget(ビットゲット)キャンペーン情報総まとめ!

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

Bitgetの現物グリッド取引について解説しました。

Bitgetのグリッド取引は「本業で忙しい方」や「仮想通貨初心者」に特にオススメの機能です。また、「リバースグリッド取引」なら下降トレンド中の市場でも利益が狙えるので、普段よくトレードする方も触ってみても面白いかもしれません。

市場が低迷している時期は、通貨を購入して次の値上がりに備えて仕込む時期です。下降トレンド中でも「リバースグリッド取引」を使えば利益を出せるので、うまく活用して投資の軍資金に当ててみてはどうでしょうか?

Bitgetの現物グリッド取引は取引の効率化、戦略の幅を広げるには持ってこいのツールです。ぜひBitgetのコピートレードと一緒に活用し、Bitgetで利益を上げていきましょう。

取引すればするほど還元率が加速!

【手数料還元キャンペーン】開催中

公式サイト:https://www.bitget.com/ja/

▼Bitgetのさらに詳しい情報はこちら▼

これもう見た Bitget(ビットゲット)の評判と安全性は?11個の長所と2つの短所を解説

これもう見た Bitget(ビットゲット)のコピートレード完全ガイド|手数料や設定方法、やり方を網羅

これもう見た Bitget(ビットゲット)の登録方法・2段階認証・本人確認(KYC)まで図解で解説

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次