Bitget(ビットゲット)手数料ガイド|コピートレード手数料や安くする方法も紹介

Bitget(ビットゲット)手数料ガイド|コピートレード手数料や安くする方法も紹介

コピートレードができると話題のBitget(ビットゲット)という海外仮想通貨取引所はご存知でしょうか。Bitget(ビットゲット)は2018年に設立された仮想通貨取引所です。優秀なトレーダーの取引手法をそのまま使うことのできるコピートレードというシステムが人気で、今現在とても注目されている仮想通貨取引所の1つです。

コピートレードができるBitget(ビットゲット)で取引をしてみたいと思う人は多いのではないでしょうか。

今回の記事では

  • 各種手数料の解説
  • 手数料を安くする方法

この2点について詳しく書いています。

この記事を読むことで、低コストで取引を行うことができ、取引を有利に進めることができます。
Bitget(ビットゲット)を利用している他のトレーダーに差をつけてやりましょう!

Bitget公式サイトへ

※【当サイト限定】上記リンクから登録すると半永久的に取引手数料10%OFF

これもう見た?Bitget(ビットゲット)キャンペーン情報総まとめ!

目次

Bitget(ビットゲット)の特徴

ここではまずBitget(ビットゲット)の特徴をご紹介します。Bitget(ビットゲット)の特徴は主に以下の3つです。

  • コピートレードが利用可能
  • ゼロカットシステムを採用している
  • クアントスワップが利用可能

早速詳しく見ていきましょう。

コピートレードが利用可能

Bitget(ビットゲット)はコピートレードが利用可能です。コピートレードとはBitgetに登録しているプロトレーダーと同じ取引を行うことができるシステムです。

プロトレーダーの成績は公開されています。なので仮想通貨の取引をやったことがない人も、良いトレーダーを見つけることで継続的に利益を上げることができます。

コピートレードの詳しい内容は下記記事からご覧ください。

ゼロカットシステムを採用(追証なし)

Bitget(ビットゲット)はゼロカットシステムを採用しています。ゼロカットシステムとは、投資額以上の損失を防止するシステムです。

損失額が一定以上になると、自動的にロスカットが行われ、追証と呼ばれる証拠金の追加を請求される心配がありません。

よくビットコインの損失で借金を作ってしまったという話を聞きませんか?ゼロカットシステムがあれば借金をつくる心配をせずにトレードを行うことができます。

クアントスワップが利用可能

Bitget(ビットゲット)はクアントスワップを利用することが可能です。

クアントスワップとは1つの通貨を複数の通貨ペアの証拠金として利用することができる機能です。

クアントスワップを採用していない取引所では、証拠金として用いたコインと同じ通貨ペアしか利用できません。なので、BTCを証拠金として使っている場合はBTCの通貨ペアのみ、ETHを証拠金として使っている場合はETHの通貨ペアのみ取引が可能となっています。

しかし、クアントスワップが可能な取引所では、BTCを証拠金として利用していた場合でも、ETHの通貨ペアを購入することが可能です。クアントスワップは現在Bitgetのみでしか取り入れていないので有効に使って取引を有利に進めましょう。

Bitget(ビットゲット)の特徴についてもっと詳しいことが知りたい場合、下記の記事をお読みください

Bitget(ビットゲット)の各種手数料

続いて、Bitget(ビットゲット)の手数料について解説していきます。

下記表にBitgetでかかる手数料を簡単にまとめました。

スポット取引の手数料 メイカー:0.2%
テイカー:0.2%
先物取引の手数料 メイカー:0.04%
テイカー:0.06%
コピートレードの手数料 先物手数料+利益分配手数料
入金手数料 無料
出金手数料 各種通貨による

以上がBitgetでかかってくる手数料の一覧です。

スポット取引の手数料

まず初めに、スポット取引の手数料について解説していきます。

スポット取引とは、実際に仮想通貨を購入する取引(現物取引)です。スポット取引で購入した仮想通貨は他の取引所に送金して、出金することができたり、仮想通貨決済を行なったりすることができます。

スポット取引の手数料は以下の通りです。

  • メイカー(指値注文):0.2%
  • テイカー(成行注文):0.2%

メイカー、テイカーともに手数料が0.2%です。0.2%と言われてもピンとこないかもしれません。

手数料の例をあげます。

(例)10万円分のBTCをスポット取引で購入した場合
10万円 × 0.2% =200円

10万円分購入した場合、手数料は200円となります。

先物取引の手数料

続いて先物取引の手数料について解説します。

先物取引とは、将来のある時点の価格で決済をすると決めて行う取引です。いわゆる、レバレッジ取引です。

先物取引の手数料は以下の通りです。

  • メイカー:0.04%
  • テイカー:0.06%

先物取引の手数料計算は少し難しいので例を使って解説していきます。

(例)条件を以下の通りとします。
・BTC価格:700万円
・購入枚数:1枚
・1枚の単位:0.001BTC
・レバレッジ:10倍
・メイカーでの取引

1枚の単位は下記画像を参照ください。

出典:Bitget公式サイト

出来高の計算式:市場価格×購入枚数×1枚の単位×レバレッジ倍数

700万円×1枚×0.001×10=70000

取引手数料の計算式:出来高×手数料

70000×0.04%=280円

計算式から取引手数料は約280円となります。

コピートレードの手数料

続いてはコピートレードです。先ほど紹介しましたが、コピートレードはプロトレーダーと同じ取引を行うことのできるシステムです。

コピートレードの手数料は以下の通りです。

コピートレード手数料の計算式:先物取引手数料+利益分配比率 となっています。

利益分配比率とは利益が出た際、コピートレードをさせてもらったトレーダーに渡す利益の比率です。

例えば、利益分配率が10%だった場合、出た利益の10%をコピーさせてもらったトレーダーに渡し、残りの90%が自分の利益となります。

コピートレードの手数料も例を使ってみていきましょう。

(例)条件を以下の通りとする。
・BTC価格:700万円
・購入枚数:1枚
・1枚の単位:0.001BTC
・レバレッジ:10倍
・利益分配比率:10%
・利益:10000円
・メイカーでの取引

先物取引の手数料計算を行うと、手数料は280円となります。そして、利益が10000円で利益分配比率が10%ですので、トレーダーに支払うお金が1000円です。

手数料としてかかるお金は、
280円+1000円=1280円 となります。

最終的に自分の利益となるお金は、
10000円 ー 1280円 = 8720円 となります。

トレードのマネをするだけで儲けが出るのはありがたいですよね。コピートレードはトレードが上手い人の手法のマネをするので、トレードの勉強にもなります。

利益も出てトレードの勉強できるとなれば一石二鳥です!

入金手数料

入金手数料は無料となっています。

しかし、国内仮想通貨取引所からBitget(ビットゲット)へ送金を行う必要があるので国内仮想通貨取引所の送金手数料が必要となってきます。

国内仮想通貨取引所から送金を行うにはGMOコインがおすすめです。GMOコインは送金手数料が無料となっているため、大変オトクに送金することが可能です。

GMOコイン公式サイト

出金手数料

Bitget(ビットゲット)の出金手数料は通貨によって価格が違います。

下記表に主要通過の手数料をまとめました。

通貨 手数料
BTC 0.0006BTC
ETH 0.006ETH
LTC 0.001LTC
EOS 0.1EOS
XRP 0.1XRP

Bitgetの公式サイトから出金手数料の完全版を見ることができます。

Bitget(ビットゲット)と他海外取引所の手数料を比較

海外仮想通貨取引所と比較をしてみたいと思います。

下記が取引所比較した表です。

 

スポット取引

先物取引

入金手数料

出金(送金)手数料

Bitget

テイカー:0.2%
メイカー:0.2%

(BGB使用時)
テイカー:0.14%
メイカー:0.14%

テイカー:0.04%
メイカー:0.06%

無料

BTC:0.0006BTC
ETH:0.06ETH
XRP:0.1XRP

Binance

テイカー:0.1%
メイカー:0.1%

テイカー:0.04%
メイカー:0.02%

無料

BTC:0.0005BTC
ETH:0.01ETH
XRP:0.25XRP

Bybit

テイカー:0.1%
メイカー:0.1%

テイカー:-0.025%
メイカー:0.075%

無料

無料

Gate.io

テイカー:0.2%
メイカー:0.2%

テイカー:0.005%
メイカー:0.0%

無料

BTC:0.001BTC
ETH:0.013ETH
XRP:1.8XRP

FTX

テイカー:0.02%
メイカー:0.07%

テイカー:0.02%
メイカー:0.07%

無料

無料

CryptoGT

テイカー:無料
メイカー:無料
(変動制のスプレッドあり)

テイカー:無料
メイカー:無料
(変動制のスプレッドあり)

無料

無料

Bitgetの手数料は他の海外仮想通貨取引所よりもやや高い傾向にあります。

取引所の使い分けが面倒でなけば、コピートレードBitget、現物取引や先物取引は他の取引所と分けて取引をするのも良いかもしれませんね。

Bitget(ビットゲット)の取引手数料を安くする方法

最後にBitget(ビットゲット)の取引手数料を安くする方法をご紹介します。

最大で30%も安くすることが可能ですので最後まで読んでぜひやってみてください。

安くする方法は以下の2つです。

  • BGBコインを利用する
  • 招待コードを利用する

早速、この2つについて詳しくみていきましょう。

BGBを利用する

まず初めに、BGBを利用することでスポット取引の手数料を安くすることが可能です。

BGBとはBitgetが発行するBitgetトークンという仮想通貨です。BGBを購入し手数料をBGBで支払うとスポット取引の手数料が安くなります。

下記表はBGBを使用した時とBGBを使用しなかった時の比較を行った表です。

  BGB未使用の場合 BGB使用の場合
スポット取引の手数料 メイカー:0.20%
テイカー:0.20%
メイカー:0.14%
テイカー:0.14%

BGBを手数料として支払うことでスポット取引の手数料が30%も割引されます。スポット取引を行う際はぜひともBGBを利用して取引を有利に進めたいものですね。

招待コードを利用する

Bitgetに登録する際に知人からの招待コードを入力することで、取引手数料が安くなります。この招待コードはBitgetへ登録をしてしまうと使えないので注意しましょう。

当サイトも紹介コードを発行しておりますので、下記リンクからBitget(ビットゲット)へ登録を行うと取引手数料が安くなります。ぜひ活用してください。

Bitget公式サイトへ

※【当サイト限定】上記リンクから登録すると半永久的に取引手数料10%OFF

【まとめ】手数料を安くして効率良く資金を増やそう!

今回はBitget(ビットゲット)の各種手数料についてまとめました。トレードを行う上で手数料の金額はとても大事になってきます。

当たり前ですが、手数料が高いところで取引をしてしまうと、手数料負けを起こしてしまいます。ですので、当サイトで紹介した手数料を安くする方法等を駆使して取引コストを抑えてトレードを行いましょう。

これから、海外仮想通貨取引所で一旗上げていこうと考えている方はぜひ口座開設してみてください。

口座の開設方法については下記記事をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次