きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

NFTマーケットプレイス一覧(国内3社、海外5社)と比較!おすすめ5社も紹介

アイキャッチ初心者ガイド
この記事をざっくり言うと…
  • NFTアートを売買するにはNFTマーケットプレイスで可能です。
  • 現状、ほぼ全てのNFTマーケットプレイスの利用にはETHとそのウォレットが必要です。
  • 国内NFTマーケットプレイスには日本円で決済可能なところがあります。

NFTとは

NFTとは

NFTはNon-Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)の略で、非代替性トークンとか交換不可トークンと呼ばれます。

NFTはブロックチェーン技術を使用していることから、仮想通貨と間違われやすいですが、NFTと関連が深い仮想通貨はあってもNFT自体は仮想通貨ではありません。NFTトークンはコピーしたり分割したりすることが不可能なトークンで、最近ではNFTとアートを結びつけたNFTアートが特に人気が高く、物によっては非常に高値で取引されています。

NFTの仕組みについて、詳しくは下記記事にて解説していますのでぜひご覧ください。

NFTのマーケットプレイスとはNFTを売買できる場所

NFTを売買の図

今話題のNFTですが、そのNFTを取り扱っているマーケットプレイスとはNFTマーケットプレイスとは、NFTを売買できるプラットフォームのことです。

NFTマーケットプレイスで、ヤフオクのようにNFTの作者が作品を出品し、ユーザーがオークション形式や即決形式でNFTを購入します

出品されている商品はアーティストが描いたデジタルアートであったり、そのプラットフォームで作られたNFTの新規発行であったり、マーケットプレイス内のNFTコンテンツやブロックチェーンゲームのアイテムだったりします。

NFTはその独自性から、アートや音楽作品、不動産などと親和性が高く、アーティスト達には新しい活躍の場として注目されています

NFTが広く一般に知られ、利用されることで今後はいろいろなコンテンツがNFTとして取引されることが期待されます。

NFTマーケットプレイスは日本国内と日本国外に数多く存在する

世界に数多く存在

NFTマーケットプレイスは日本国内だけでなく、海外にも数多くあります。特に海外では昨今のNFTバブルとも呼べる状況に、多くの企業がNFTに関連する事業に参画したり、オリジナルのNFTマーケットプレイスを開設しようとしています。

それぞれのNFTマーケットプレイスで様々なサービスが提供されている

様々なNFTマーケットプレイスがありますが、そこでできること自体はほとんど差がありません。要するにNFTを出品したり買ったりするだけです。

ただ、それでは自社のマーケットプレイスに顧客を呼び込むのに少し訴求力が弱く、いろいろなサービスを提供するマーケットプレイスも現れるようになりました。それによりユーザーは選択肢が増え、健全な競争によって更なる利便性の向上が期待できる状況です。

ユーザーはどこが自分に合っているのか、もしくは自分に都合が良いのか、しっかりと吟味していく必要があります。

NFTマーケットプレイス一覧と比較

一覧と比較

先ほど述べたように、NFTマーケットプレイスは日本だけに限らず海外にも多数存在します。

ここでは、いろいろなNFTマーケットプレイスを比較しましたのでご覧ください。

マーケットプレイス名本拠地月間取引高出品が多いカテゴリ運営開始時期主な通貨手数料対応ウォレット
Open Seaニューヨーク州約1,350億円デジタルアートアート、ゲームアセット、トレカ、デジタルミュージック2017年12月イーサリアム(ETH)
MATIC他
販売2.5%MetaMask、
Torus他
Raribleデラウェア州
(東京のダブルジャンプと提携中)
約22億円デジタルアート、ゲームアセット、フォトグラフ、デジタルミュージック2019年11月イーサリアム(ETH)
WETH
販売2.5%MetaMask、
Torus他
Adam byGMO(β版)東京デジタルアート、漫画2021年8月イーサリアム(ETH)購入3.0%
販売5.0%
MetaMask
Super Rareアメリカ未公表デジタルアート2018年イーサリアム(ETH)購入3.0%
販売15%
MetaMask
Fortmatic他
Makers Placeサンフランシスコ未公表デジタルアート、フォトグラフ2018年イーサリアム(ETH)、
クレジットカード
再販12.5%
(内、作者へ10%)
MetaMask
Coinbase Wallet他
Coincheck NFT(β版)東京ゲームアセット、トレカ2021年3月イーサリアム(ETH)
ビットコイン(BTC)他11種類
販売10%
出庫0.01~0.16ETH
MetaMask
Enjin Market Placeシンガポール累計70億円以上ゲームアセット、デジタルアート2017年エンジンコイン(ENJ)ガス代のみEnjin wallet
miime東京(2021年にコインチェックが株式を取得)未公表ゲームアセット、デジタルアート2019年9月イーサリアム(ETH)、クレジットカード、日本円(JPY)販売10%MetaMask、
Torus他

NFTマーケットプレイスを選ぶポイント

選ぶポイント

NFTマーケットプレイスは非常にたくさん存在します。いったいどのマーケットプレイスを選んだら良いのでしょうか?

NFTマーケットプレイスを選ぶポイント、見るべきポイントを解説します。

  • 出品時、購入時の手数料
  • 自分が求めているジャンルの出品が多いかどうか
  • 信頼性

一つずつ解説します。

出品時、購入時の手数料

NFTマーケットプレイスは、日本はもとより、海外にも多数存在します。

その中には出品時の手数料が無料だったり、逆に割高だったり・・・。中には購入者も手数料を負担しなければならないマーケットプレイスもあります

またNFTには取引が行われる度に作者にマージン(収益)が入る設定のNFTもあるので、その際の出品者や購入者の手数料負担率はとても重要です。

そのため出品や購入を考えている場合、必ず事前に手数料がどのくらいかかるのか確認しましょう

自分が求めているジャンルの出品が多いかどうか

例えば、あなたが手数料が安くて、サイトも見やすいNFTマーケットプレイスを見つけたとします。しかし求めているジャンルや商品が出品されていなければ全く意味がありません。

ゲームに特化したマーケットプレイスや、フォトグラフに特化したようなマーケットプレイスもありますし、オールジャンルで幅広く出品されているマーケットプレイスもあります。

利用したいNFTマーケットプレイスが、求めているジャンルに強いかどうかは、サイトの出品情報を事前に確認しましょう

信頼性

今はまだ黎明期とも言える時期です。いろいろなNFTマーケットプレイスが乱立し、数年後にはある程度淘汰されるかもしれません。

また日本に限らず海外にも多く存在しています。この中から信頼性が高いNFTマーケットプレイスを選ぶのは至難の業ですが、やはりある程度ユーザー数や取引高があるNFTマーケットプレイスを選択しましょう

NFTマーケットプレイスを利用する場合の注意点

注意点

今はまだあまり馴染みの無いNFTマーケットプレイスですが、利用する場合は以下の点に注意しましょう。

  • 返品やキャンセルが難しい
  • あくまでもユーザー同士のやり取りのため、悪意のあるユーザーが居ることもある
  • 取引通貨が仮想通貨の場合、大きな価格変動リスクがある

返品やキャンセルが難しい

NFTマーケットプレイスは、基本的にはユーザー同士がやり取りする場所を提供しているだけです。

そのため通常のお店で買い物した時と違って、一度成立した売買は、キャンセルや返品、クーリングオフのような制度はありません。そもそも取引相手がどこの誰かもわからない場合が普通です。

ひょっとしたら運良く取引相手が見つかって交渉できるかもしれませんが、そんなものは砂漠に落ちたコンタクトレンズを探すようなもので、ほぼあり得ないと思って良いでしょう。

NFTマーケットプレイスで取引する時は、間違いが無いように、必ず商品の内容等をしっかり確認してから取引しましょう

あくまでもユーザー同士のやり取りのため、悪意のあるユーザーが居ることもある

先述したように基本的にNFTマーケットプレイスは、ユーザー同士が取引をする場所を提供しているだけです。更にはNFT自体の作成も非常に簡単です。

そのため悪意のあるユーザーが盗作や贋作まがいの商品を作り、それをNFTにして出品・販売することも可能です。

実際に「The Sand Box」内の土地、「LAND」によく似せた偽物がとあるNFTマーケットプレイスで販売されていたこともあります。

NFTマーケットプレイスは、自由に出品や購入できる便利な場所ですが、そういったリスクがあることも知っておいて損は無いでしょう。

取引通貨が仮想通貨の場合、大きな価格変動リスクがある

多くのNFTマーケットプレイスは、イーサリアム(ETH)等の仮想通貨で取引が行われます。

仮想通貨は高いボラティリティ(価格変動幅)が魅力であり、欠点でもあります。

同じ量のETHでも、NFTマーケットプレイスで商品を購入するタイミングによっては、日本円換算した場合、必要な資金が大きく変動します。よりお得にNFTマーケットプレイスを利用したい場合、仮想通貨のチャートは確認しておいた方が良いでしょう。

例えば、同じ1ETHでも2021年9月11日だと日本円で353,437円ですが、2021年9月16日だと400,408円で、その価格差は46,971円もあります。

おすすめNFTマーケットプレイス5選

おすすめ5選

NFTマーケットプレイスが思った以上に多く、いったいどこが良いのか迷ってしまう人もいるかもしれません。

そこでおすすめNFTマーケットプレイスを5つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Open Sea(オープン・シー)

「Open Sea」は、ニューヨークを拠点に持つ、今や押しも押されぬ世界で最大手のNFTマーケットプレイスです。

Open Seaの最大の特徴は、なんといってもアーティストの数と出品数の多さです。

大手だから多いのでは無く、出品方法が非常にシンプルで、こういったサイトに慣れていないような人でも簡単に出品できてしまいます。

更に出品者に優しい措置として、NFTの一次発行の場合は販売手数料が発生しません。これはNFTの一次発行の際に、ブロックチェーン上にデータを保存しないオフチェーン方式を採用しているからです。このおかげでNFT出品者の負担を軽減し、多くのアーティストに喜ばれています。

また「Open Sea」は日本語にも完全に対応しており、日本からのアクセスを予め想定しているサイト作りは、日本人にはとても好感が持てます。

2021年8月の月間取引高は約1,350億円で、他の追随を許さない状況です。

 

OpenSea公式サイトはこちら

Rarible(ラリブル)

「Rarible」は、2019年11月に運営を開始した比較的新しいNFTマーケットプレイスです。

最大の魅力としてUI(ユーザーインターフェース)があげられます。「Rarible」のUIは誰でもウォレットを接続すれば、あとはフォームに沿って入力するだけでNFTを発行できます

しかしその代償としてガス代と呼ばれるイーサリアムのネットワーク手数料が高額になってしまっています。

問題点として、「Rarible」のサイトは、日本語完全対応とは言い難く、日本語表示を選択しても少し翻訳が怪しい部分もあります。

もう一つ大きな特徴があり、それは「Rarible」でNFTを売買したユーザーに、オリジナルトークンであるRARIが配布されることです。RARIは仮想通貨であるため、値上がり益も狙えますし、取引所で売買できます。

2021年8月の月間取引高は約22億円です。

 

Rarible公式サイトはこちら

Coincheck NFT(コインチェックNFT)

「Coincheck NFT」は日本国内初となるNFTマーケットプレイスで、2021年3月より運営が開始されました。

最大の特徴は、国内仮想通貨取引所の「Coincheck」が提供するNFTマーケットプレイスということで、仮想通貨取引サービスとNFTマーケットプレイスが一体になったところです。

仮想通貨界隈では昨今、イーサリアムの値上がりに伴うガス代(ネットワーク手数料)の高騰が問題になっています。「Coincheck NFT」では、オフチェーン方式を採用しており、NFTの一次発行に係る手数料が無料になっています。

また、NFTの購入に使用できる仮想通貨は、Coincheckが取り扱う仮想通貨13種類が使用可能です。

 

Coincheck公式サイトはこちら

Adam by GMO(アダム)

2021年8月31日、GMOインターネットグループにより、NFTマーケットプレイス「Adam by GMO」の運営が開始されました。

「Adam by GMO」の特徴はなんといっても日本円で決済できる、という点です。

NFTはその仕組み上、イーサリアムのブロックチェーン技術を使用しており、ほぼ全てのNFTマーケットプレイスで決済通貨がイーサリアム(ETH)となっています。

もちろん「Adam by GMO」もETHで決済できるのですが、それ以外にも日本円による決済(銀行振込 or クレジットカード)が可能です。

まだ運営開始から日が浅くバージョンもβ版のため、限られたアーティストしか出品できず、出品数もまだまだ少ない状況です。正式版のリリース日はまだ未定とのことです。

正式版では、NFTの二次販売(購入者が再び出品すること)で、制作者にもマージンが還元される仕組みを採用予定です。これはアーティスト達の出品意欲をかき立てるものになりそうで、今後の大きな発展に期待が持てそうです。

 

Adam by GMO公式サイトはこちら

SuperRare(スーパーレア)

「SuperRare」の特徴は、出品されているNFTの投資価値の高さです。

通常NFTマーケットプレイスは一般人でも出品可能で、作品のクォリティの差が激しいところが多いのですが、「SuperRare」は運営による厳正な審査を通過したアーティストしか出品できません

NFTの一次発行は限られたアーティストしかできませんが、それを購入したユーザーによる二次販売は可能です。それにより出品数こそ少ないものの、全ての作品のクォリティが高く、今後の値上がりを狙える投資価値の高い作品が多く出品されています。

全体的にクォリティが高い分、値段は高めですが、NFTアートへの投資案件を探すにはもってこいのマーケットプレイスと言えます。

 

SuperRare公式サイトはこちら

まとめ

この記事では、NFTマーケットプレイスの一覧とおすすめNFTマーケットプレイスを紹介しました。

こうしている間にも新しいNFTマーケットプレイスは増え続けており、数カ月経つと勢力図は一変しているかもしれません。

そんな中、新進気鋭のアーティスト達がどんどんNFTアートの作品を世に送り出し、新しい活躍の場としてNFTマーケットプレイスは非常に役立つ存在です。

ただし、ユーザーはNFTマーケットプレイスで売買を行う際、仮想通貨のイーサリアム(ETH)とETHを保管するウォレットは必須で、アカウントの開設には少し手間がかかります。

今後、そういった手間が省かれたNFTマーケットプレイスがどんどん誕生し、ユーザーはより一層利便性が高くなっていくことを期待しています。

様々な取引がNFTによって変わり、そしてそれが当たり前となる未来もそう遠くは無いと感じた今日この頃です。

監修者情報
ミズサワ

じなんぼーことミズサワです。仮想通貨歴2016年3月~。2016年3月30日、1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したのが仮想通貨投資の始まり。そこから仮想通貨の現物取引を開始し、仮想通貨FXやレンディング、現先クロス等様々な手法で仮想通貨投資を進めている。現物取引のメイン口座はBinance、仮想通貨FXのメイン口座はBybit。ジナコインでは仮想通貨初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

初心者ガイド
ジナコイン

コメント