きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

今話題の仮想通貨NFTとは?特徴と活用事例を初心者でも分かりやすく解説!

仮想通貨のNFTとは?初心者でも分かりやすく解説初心者ガイド

この記事をざっくり言うと・・・

  • NFTとは「Non-Fungible Token」の略で、「非代替性トークン」、いわゆる世界でたった一つしか存在しないトークンとなる。
  • NFTには識別子がついており、そのトークンの所有者の情報を持たせることができるため、世界中で唯一無二のトークンとして存在させられる。
  • NFTはイーサリアムのブロックチェーン技術を利用しているが、仮想通貨と決定的に違うのが「必ず発行者or発行団体が居る」ということである。

トークンとは

主に仮想通貨界隈で使用され、元々できているブロックチェーンを使って発行される仮想通貨をトークンと言います。仮想通貨はブロックチェーン技術によって支えられており、その仮想通貨の取引記録がブロックチェーンなのです。

トークンの目的は様々ですが、大きな特徴として個人や団体が発行者となり、そのトークンを管理しています。

ブロックチェーンとマイニング

ビットコイン等の仮想通貨(暗号資産)はコンピューターネットワークによって運営されており、取引自体は仲介者が必要なくユーザー同士で直接取引されます。この取引の記録が公開分散元帳に記録されていきます。これがいわゆる「ブロックチェーン」と呼ばれるものです。

その技術を使ってネットワークに参加しているパソコンやタブレットで記録が共有され、情報の整合性を検証されてビットコイン等の仮想通貨の価値が保たれているのです。この情報の整合性を確認する作業がマイニング(発掘)と呼ばれ、マイニングを行った報酬として新規に発行される仮想通貨が受け取れます。

簡単に言えば、仮想通貨を使って何か商品を買うと、世界中に居るマイニングを行っている人達(マイナー)がブロックチェーンを使ってその取引を検証してOKならその取引は成立、検証を行った人に報酬が発生するということです。

トークンの特徴

  • 個人や団体の発行・管理者が存在する

先述したように、トークンと仮想通貨の決定的な違いは発行・管理者の存在です。一般的な仮想通貨には発行・管理する者は存在せず、そのシステムによって発行・管理されています。

それに対してトークンは個人や団体が発行する物であり、しかも一度発行したトークンはブロックチェーンの性質上、発行・管理する者でさえ発行量は変更できません。

トークンは誰でも発行できます

トークンはどんな団体でもどんな個人でも発行することができます。例えば株式を上場させようと思ったら、様々な厳しい条件があり、更には証券会社等の協力者が必要です。

しかし、トークンの場合は現時点では一切の協力者や仲介者が必要なく、知識とスキルさえあれば発行可能です。

付加価値をつけるためのトークン発行が一般的

トークンは通貨としての価値以上に、様々な付加価値を付けて発行されることがほとんどです。今後は某アイドルグループの握手券とかがトークンとして発行されるかもしれませんね。

NFTとは?仮想通貨ではない?!

今話題沸騰中のNFTとは一体どんな物なのでしょうか。解説します。

NFTとは非代替性トークンのこと

NFTはNon-Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)の略で、非代替性トークンとか交換不可トークンと呼ばれます。

例えば、通常私達が使っている千円札があるとします。この千円札は当然ながら日本国内ならどこで使用しても千円の価値があります。銀行のATMから出てきた千円札でもコンビニのお釣りで貰った千円札でも変わりなく千円の価値があります。

ところがこのお札に記録されているナンバーが仮にゾロ目だったとします。同じナンバーのお札は存在しないため、コレクターが欲しがり、千円以上の値段が付くと予想されます。

NFTはこういったオリジナルの価値を持つデジタル資産のことです。

NFTはレアなカードや先述した珍しいナンバーのお札のような物理的に触れるコレクションと違い、他のNFTから明確に区別ができる情報を持っているデジタル資産です。さらにその区別が誰でも簡単に確認できる特徴があります。

この特性を利用すれば偽者を作る意味が無くなってしまいます。何故かと言うと、それぞれのNFTの由来を発行者からどのようにして流通したのかを誰でも簡単に確認できるからです。

このように、その通貨が持つ価値以上の価値を付加できるのがNFTとも言えます。

このNFTの特性は現在はブロックチェーンを利用したゲーム等で使われたり、会員権や不動産などの所有権の証明に利用されたりしています。

例)ブロックチェーンゲーム内で、世界中でたった一つしか存在しないアイテムを作る事ができ、しかも複製も不可でそのアイテムの歴史を誰でも簡単に確認できる。また、他のブロックチェーンゲームでそのキャラクターやアイテムが使用できたりします。

仮想通貨ではない

NFTはイーサリアムのブロックチェーンを利用していることから、仮想通貨と同じと勘違いする人も居ますがNFTは仮想通貨ではありません。

NFTはイーサリアムのERC-721という技術を流用して流通しています。

NFTはそれ単体で存在価値があります。土地や絵画などを想像すればわかりやすいかもしれません。それらをデジタル化し、誰でも確認できる情報を付与してブロックチェーン上で構築したものです。

NFTの大きな4つの特徴

先にNFTとは交換不可能なトークン、非代替性トークンであると述べました。この他にどんな特徴があるのでしょうか。解説します。

それぞれのNFTトークンに独自性がある

一つ一つのNFTトークンに個別の特徴を付与できます。

NFTトークンが注目されるようになったのは「クリプトキティーズ」というブロックチェーンゲーム(BCG)で、このゲーム自体は猫を狩って他の猫と交配させて子どもを作ったりするゲームなんですが、この猫自体がNFTトークンとなっており、世界中でたった一匹、オンリーワンの猫を作ることができます。

NFTはコピー不可・分割不可

NFTのデータは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを介してブロックチェーンに保管されます。NFTのトークンをコピー・分割・消去・破壊することはできません。

千円札を両替することはできても物理的に分解することはできません。NFTも同じで、一つ一つのNFTが完全なアイテムとしてのみ存在します。(ビットコインに代表される仮想通貨は分割してトレードできます)

NFTが持つ情報を誰でも簡単に確認できる

NFTのデータはブロックチェーン内に保管されているため、誰でも簡単にその情報を確認できます。

デジタルアートをNFT化すると贋作が無くなります。なぜなら作った人まで簡単に遡って確認できるため、専門家に確認してもらわずともその作品が本物かどうかはすぐに見抜けます。

他者への売買・譲渡が簡単にできる

NFTはブロックチェーンゲームやデジタルアート以外にも不動産の所有権を証明するものとしての活用が期待されます。不動産の所有者をNFTトークンとして記録しておくと、誰が所有しているのか簡単に確認できる上に、不動産を売買した時の権利譲渡も簡単に行うことができます。

NFTの将来性は?

ブロックチェーン技術の流用によるNFTはゲーム業界やコレクター業界に一石を投じました。革命と言っても良いかもしれません。2019年のNFTトークンの総額は約230億円、2020年には約345億円の規模まで市場が拡大しました。この勢いは衰ることはなく更に拡大すると予想されます。

NFTトークンによってゲーマーやコレクターは、ゲームの中のレアなアイテム等の資産のオーナーとなることが可能となり、それらをNFTマーケットで売買して現実のお金を稼ぐこともできるようになりました。可能ならばプレイヤーは仮想空間内にカジノやパチンコ屋を作り、お金を稼ぐことも可能です。

また、ゲーム内で獲得したアバターやゲーム内通貨などをNFTマーケットで売買してお金を稼ぐことも可能です。

アーティスト達は従来、作品をサザビーズ等の競売会社を通して作品を売っていたのが、それらを仲介することなくデジタル作品として世界中のユーザーに直接販売することも可能です。今まで仲介手数料等を支払っていたのがそういうマージンを極力排除して多くの現金を手に入れることができます。

更には印税をNFTトークンにプログラムする事も可能であり、アーティストが作ったNFTトークンを所有者が変わる度に販売価格の一部をアーティストは受け取ることができます。

NFTの7つの活用事例

実際にNFTはどういった場面で提供されているのでしょうか。具体的な活用事例を挙げていきます。

デジタルカードと印税

スタートレックにカーク船長として出演していたウィリアム・シャトナーは、自身の姿を撮影した9万枚のデジタルカードをNFTトークン化し、WAXブロックチェーンで発行しました。当初は1枚1ドル程度で販売されていましたが、そのデジタルカードには印税のプログラムが入力されており、ウィリアム・シャトナーはカードの所有者が変わる度に印税収入とも呼べる収益をずっと受け取っています。

デジタルトレカ

2020年後半、人気アイドルグループの「SKE48」のトレカ(トレーディングカード)を販売しました。これらのカードはそれぞれのカードが全て固有のデータを保有しており、デジタルデータにも関わらず既存のトレカと同じような価値があります。またレアなカードも複製や偽物の作成が不可能で、NFTマーケットで安心して売買できます。

投資対象としての活用

レーシングゲーム「F1 Delta Time」(エフワン・デルタ・タイム)ではモナコのコースの一部を購入でき、そのコースはNFTトークンと紐づいてそこで行われるレースで発生した入場料等の収益の5%を配当として受け取ることができます。

NBAのデジタルカード

世界最高峰と言われるアメリカプロバスケットボールリーグNBA。そのNBAに所属する選手をデジタルカード化しNFTトークンとして販売したところ、一部の選手は日本円で約1,000万円以上の値段が付きました。NFTトークンなので偽物等の心配も無く、コレクターは安心して欲しいカードを購入できます。

Forbesの会員権

アメリカの有名な経済紙「Forbes」では、オンラインの記事を購読する時に広告が表示されない権利が付いた会員権をNFTトークンとして販売しました。この会員権の特徴として、イーサリアム(ETH)でのみ購入可能であること、他者へ売買が可能であることがあげられます。Youtubeプレミアムの権利を他人に売買するような物ですね。

不動産売買での活躍

不動産をNFTトークン化することで売買に係る煩雑な手続きを緩和できるというのがあります。

実際の不動産を売買する時、契約書の作成を司法書士に依頼したり、作成した契約書に不備が無いか弁護士に確認したりと非常に時間とお金がかかっていました。それをNFTトークン化することによって多くを省略できるので非常に大きな注目を集めています。

漫画等のコミックスでの活用

漫画家や出版社にとって古本屋の存在は非常にやっかいです。何故ならそこで売買されるコミックスには印税収入が発生しないからです。

しかしコミックスをNFTトークン化すれば全てが解決します。まだ実際にNFTトークン化されていませんが、コミックスをNFTトークン化すれば読み終わった人が他者へ売却する時にも印税収入を発生させることができ、また、紙という資源も大いに節約することが可能です。印刷代や紙代を節約できれば当然ながら販売価格にも転嫁でき、ユーザーは今より安価にコミックスを購読することができます。

ただしこれは出版社や印刷会社にとっては非常に大きな利権を失う可能性が高く、大きな反発が予想されるかもしれませんね。

NFTのデメリットは?

NFTは非常に革命的な物であり、メリットばかり取り沙汰されていますがデメリットは無いのでしょうか。解説します。

まだニッチな分野のため購入にはハードルがある

NFTの市場は絶賛拡大中といえどもまだ仮想通貨市場の千分の一程度の市場規模しかありません。

実際にNFTトークンを取引する場合、仮想通貨用のウォレットを作り、取引に必要な仮想通貨(主にイーサリアム)を保管する口座を仮想通貨取引所で開設する必要があったりします。仮想通貨用のウォレット自体がまだそこまで普及しておらず、ネットショッピングのような感覚で気軽に取引できる環境はまだありません。

今後の普及に期待ですね。

リアルの物として保有できない

NFTトークンはデジタル資産という性質上、実際に触ったりすることができません。NFTトークン化されたデジタル絵画の場合、実際の絵画のように額に入れて飾ったりすることはできず、モニターを通じて鑑賞するしかありません。もちろん、そのデジタル絵画をプリントアウトして額に入れることは可能ですが・・・。

NFT関連の代表的な仮想通貨銘柄

NFT関連の仮想通貨銘柄とは、『NFTトークンを発行できるブロックチェーンプラットフォームの基軸となる仮想通貨』のことです。

例えば、マインクラフトで使用できるようになると一躍脚光を浴びた「Enjin Coin」(エンジンコイン)は、「Enjin platform」(エンジンプラットフォーム)と呼ばれるブロックチェーンプラットフォームで発行される仮想通貨です。

「Enjin platform」ではマインクラフトのアイテム等をNFTトークン化して取引・売買できます。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を使って売買でき、ゲームを頑張れば実際の収入にも繋がるという面白い物です。

NFTはブロックチェーン技術を流用した物の中でもまだ新しいといえる分野です。しかしそれでもNFT関連の仮想通貨銘柄は、取引所に上場しているだけでも既に100種類を超えています。未上場の物を含めると一体どれほどの種類があるのか見当も付きません。

ここではNFT関連の仮想通貨銘柄でも時価総額が高い物を厳選して紹介します。

NFT銘柄についてもっと詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください

Enjin Coin(エンジンコイン)

エンジンコイン

トークン名称Enjin Coin(エンジンコイン)
シンボルENJ
2021年3月現在の価格約280円
2021年3月の時価総額約2,585億円
公式サイトエンジンコイン公式サイト
購入できる取引所コインチェック公式サイト

Enjin Coin(エンジンコイン)は「Enjin platform」(エンジンプラットフォーム)を使用して発行される仮想通貨です。主にオンラインゲームでの使用が主目的であり、有名な「マインクラフト」を始めとする30種類以上のゲーム内で連携しており、二ヶ月程度で価格は5倍以上に膨らみ、最近大きなニュースとなりました。

Chiliz(チリーズ)

チリーズ仮想通貨

トークン名称Chiliz(チリーズ)
シンボルCHZ
2021年3月現在の価格約63円
2021年3月の時価総額約3,400億円
公式サイトチリーズ公式サイト
購入できる取引所バイナンス公式サイト

Chiliz(チリーズ)は海外サッカー等のクラブや選手とそのファン達を繋ぐプロジェクトで使用される仮想通貨です。別名ファントークンと言われており、今後のファンビジネスの新しいカタチとして注目を浴びています。

このトークンの投資対象として以外の具体的なメリットは、FCバルセロナやASローマ等のヨーロッパの有名サッカークラブのファントークンと交換でき、ファントークンを持っているとそのクラブに関連した報酬や特典を受け取れます。

Chilizについてもっと詳しく知りたい方は下記記事でご確認下さい

MANA(マナ)

MANA仮想通貨

トークン名称MANA(マナ)
シンボルMANA
2021年3月現在の価格約116円
2021年3月の時価総額約1,530億円
公式サイトDecentraland公式サイト
購入できる取引所バイナンス公式サイト

MANAは「Decentraland」(ディセントラ・ランド)と呼ばれるバーチャルリアリティ(仮想現実)空間で提供されるプラットフォームで、ユーザーはディセントラ・ランド内の施設を利用したりディセントラ・ランド内で展開されるゲームで遊んだりできます。そこで取り扱われている仮想通貨がMANA(マナ)です。

ディセントラ・ランド内ではその空間内に土地やアイテムをNFTトークンとして作ることができ、それを売買できます。特に土地はNFTマーケットプレイス上で非常に高額で取引されて話題になりました。

まとめ

ここまでNFTの意味や将来性、更にはNFTに関連する仮想通貨銘柄の紹介を行いました。

NFT関連銘柄の仮想通貨はまだ非常に歴史が浅く、有名な取引所に上場された途端に価格が何倍にもなる草コインのような値動きをします。ギャンブル目的で価格の低いNFT関連銘柄の仮想通貨に投機するもよし、実際にそのNFTトークンを保有してゲームやサービスを享受するもよし、いろいろな可能性を秘めています。

NFTトークンは今存在する産業を根底から覆す可能性もあり、今後とも目が離せません。また、アーティストにとっては新たな収入源となり、ユーザーからは偽物の心配が無く安心して取引でき、これからの飛躍に大きな期待があります。

果たしてこのままNFTトークンは市民権を得ることができるのか、それともまた新たな技術によって駆逐され一過性のブームで終わるのかは神のみぞ知ると言ったところでしょうか。

NFT銘柄についてもっと詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください

監修者情報
ミズサワ

じなんぼーことミズサワです。仮想通貨歴2016年3月~。2016年3月30日、1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したのが仮想通貨投資の始まり。そこから仮想通貨の現物取引を開始し、仮想通貨FXやレンディング、現先クロス等様々な手法で仮想通貨投資を進めている。現物取引のメイン口座はBinance、仮想通貨FXのメイン口座はBybit。ジナコインでは仮想通貨初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

初心者ガイドNFT
ジナコイン

コメント