きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

仮想通貨MANA(マナ)とは?特徴と仕組み、将来性を解説!NFT銘柄で注目が集まる

NFT
【Bybit×ジナコイン】コラボ入金ボーナスキャンペーン開催中
2021年6月21日から2021年7月5日まで
当サイトジナコインと仮想通貨FX取引所Bybitとのコラボ入金キャンペーン開催されています。 詳しいキャンペーン内容は下記リンクをクリックしてご確認ください。

この記事をざっくり言うと…

  • 仮想通貨のMANAとは、ディセントラランド(Decentraland)で使用される基軸通貨のことです。
  • ディセントランド(Decentraland)とはイーサリアムのブロックチェーン技術を使用したバーチャルリアリティー空間(VR)のゲームです。そのVR空間内のデジタル資産をMANAを使って売買できます。
  • ディセントラランド(Decentraland)、仮想通貨MANA(マナ)の特徴や将来性有望な点を詳細に解説しています。

ディセントラランド(Decentraland)内で使用される仮想通貨MANA(マナ)とは?

MANA(マナ)はディセントラランド(Decentraland)内で使われるトークンであり、このMANAを使ってゲーム内で生活したり冒険したりできます。

ディセントラランド(Decentraland)とは?

Decentralandトップ画像

ディセントラランド(Decentraland)とは、イーサリアムのブロックチェーン技術を使ったバーチャルリアリティ(VR)プラットフォームで、このディセントラランド(Decentraland)でゲームをプレイするのはもちろん、コンテンツやアプリケーションをユーザーがディセントラランド(Decentraland)内で作って遊んだり、収益化したりすることができます。

更にLAND(ランド)と呼ばれるディセントラランド(Decentraland)内の土地の売買や賃貸も可能です。

イーサリアムのブロックチェーン技術はディセントラランド(Decentraland)内のLAND(土地)の売買に使用されています。LANDはコミュニティによって管理されており、ブロックチェーン技術を使用した元帳でLANDの所有権を明確にしています。LANDの持ち主はLANDに公開するコンテンツの管理を自ら行い、そのLAND内にコンテンツやアプリを作成したり収益化したりすることができます。

LANDはNFTトークンされており、代替不可能、偽造不可能なデジタル資産となります。ディセントラランド(Decentraland)内では仮想通貨MANA(マナ)が基軸通貨となっています。

ディセントラランド(Decentraland)の目的は?

ディセントラランド(Decentraland)は簡単に言えばユーザーが収益を目的とした活動ができる仮想空間のことです。

ディセントラランド(Decentraland)はコンテンツやアプリの製作者がその価値を最大限に引き出せるネットワークの確立を目的としています。

フェイスブックやツイッターに代表されるSNSの台頭が目覚ましい昨今、いろいろなプラットフォームを使用して世界中のユーザーが繋がり、会話し、情報を共有しています。こういった相互の繋がりによってひと昔前では考えられないような規模のオンラインのコミュニティが作られ、ゲーム会社やコンテンツ制作者の育成にも一役買いました。

このような大規模のコミュニティは、コミュニティからプラットフォームへの移動を促進するコンテンツ制作者から大きな収益を引き出すことが可能です。

この流れをディセントラランド(Decentraland)内で完結することでコンテンツやアプリの製作者がその利益を最大限に引き出せることが可能なネットワークの確立することができます。

バーチャルリアリティ(VR)ゲームが乱立する近年、仮想空間内でどこまで自由にゲームをプレイできるかがユーザーのニーズとしてあります。そういったユーザーのマンネリを解消できるのがこのディセントラランド(Decentraland)の大きな特徴となっています。

仮想通貨マナ(MANA)の特徴と発行枚数

MANA仮想通貨

仮想通貨マナ(MANA)には下記の特徴があります。

  • ディセントラランド(Decentraland)内で使用できる仮想通貨
  • MANAがあればディセントラランド(Decentraland)内のマーケットプレイスでアイテムやアバター、更にはLANDと呼ばれる土地を購入したり賃貸したりできる
  • MANAは2021年4月現在、約10億枚以上が発行されており、発行上限枚数は約28億枚

仮想通貨マナ(MANA)の2021年4月現在の価格と時価総額

▼トークン名称と時価総額表

トークン名称MANA(マナ)
シンボルMANA
2021年4月現在の価格約116円
2021年4月の時価総額約1,530億円
公式サイトディンセントラランド公式サイト(英語表記)
購入できる取引所Binance

ディセントラランド(Decentraland)内で使用できる仮想通貨

ディセントラランド(Decentraland)内では、LANDという土地をMANAを使って取得したり、自分の作ったアプリやコンテンツを他のユーザーにプレイしてもらってMANAを稼いだり、ディセントラランド(Decentraland)内のマーケットプレイスでアイテムやアバターを売買できます。これらは全て所有権が明確で代替不可能なNFTトークンです。

ディセントラランド(Decentraland)で仮想通貨のMANAを使用します。

NFTトークンとは

NFTはNon-Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)の略で、非代替性トークンとか交換不可トークンと呼ばれます。

NFTはイーサリアムのブロックチェーン技術を利用している、デジタルな資産といえます。

例えば、通常私達が使っている千円札があるとします。この千円札は当然ながら日本国内ならどこで使用しても千円の価値があります。銀行のATMから出てきた千円札でもコンビニのお釣りで貰った千円札でも変わりなく千円の価値があります。

ところがこのお札に記録されているナンバーが仮にゾロ目だったとします。同じナンバーのお札は存在しないため、コレクターが欲しがり、千円以上の値段が付くと予想されます。

NFTはこういったオリジナルの価値を持つデジタル資産のことです。

NFTはレアなカードや先述した珍しいナンバーのお札のような物理的に触れるコレクションと違い、他のNFTから明確に区別ができる情報を持っているデジタル資産です。さらにその区別が誰でも簡単に検証できる特徴があります。

この特性を利用すれば偽物を作る意味が無くなってしまいます。何故かと言うと、それぞれのNFTの由来を発行者からどのようにして流通したのかを誰でも簡単に確認できるからです。

このように、その通貨が持つ価値以上の価値を付加できるのがNFTとも言えます。

このNFTの特性は現在はブロックチェーンを利用したゲーム等で使われたり、会員権や不動産などの所有権の証明に利用されたりしています。

例)ブロックチェーンゲーム内で、世界中でたった一つしか存在しないアイテムを作る事ができ、しかも複製も不可でそのアイテムの歴史を誰でも簡単に確認できる。

また、他のブロックチェーンゲームでそのキャラクターやアイテムが使用できたりします。

MANAがあればディセントラランド(Decentraland)内のマーケットプレイスでアイテムやアバター、更にはLANDと呼ばれる土地を購入したり賃貸したりできる

MANAマーケット

先述したように、仮想通貨のMANAはディセントラランド(Decentraland)内の基軸通貨です。

ディセントラランド(Decentraland)内の土地はLANDと呼ばれ、LANDはイーサリアムのブロックチェーン技術を使用して誰の持ち物であるかが明確にされており、持ち主になれば自分自身で管理・運営できます。

このLANDを「パーセル」と呼ばれる区画に分けることができ、自分自身で自由にカスタマイズできます。

自分が所有する「パーセル」をカスタマイズして唯一無二の「パーセル」を作り、ディセントラランド(Decentraland)内のマーケットプレイスで自由に売買できます。

ちなみに、「パーセル」の数は有限であり、無数に乱立して価値が下がるということがありません。「パーセル」はMANAの発行上限と同数までとなっています。

MANAは2021年4月現在、約10億枚以上が発行されており、発行上限枚数は約28億枚

仮想通貨MANAは2021年現在、約10億枚以上発行されており、発行上限枚数は約28億枚です。国内ではまだ取扱取引所が無く、MANAを買いたい場合は海外取引所を介して買うことができます。

ただし、今後は仮想通貨トレーダーの多い日本国内の取引所が扱うことも十分に予想され、そうなれば仮想通貨MANAの価値は大きく上昇することは想像に難くありません。仕込むなら今ですね。

仮想通貨MANA(マナ)の将来性は?

仮想通貨MANAの将来性と今後の展望について、現在正式発表されている情報から読み解いていきます。

アメリカの老舗ゲームメーカー「アタリ」がディセントラランド(Decentraland)内でカジノを立ち上げへ

アメリカの老舗ゲームメーカー「アタリ」が、ディセントラランド(Decentraland)内でカジノを作るという発表が2021年3月になされました。

発表によりますと、アタリが早ければ2021年5月にディセントラランド(Decentraland)内にカジノを立ち上げ、カジノ内ではMANAやDAI、アタリトークン等を使ってアタリ主題のタイトルでプレイできるようになります。

今回、アタリが立ち上げる「アタリカジノ」はディセントラランド(Decentraland)内の「ヴェガスシティ」に建設され、オープニングセレモニーではNFTトークンなどが抽選でもらえるというパーティーも開かれるということです。

この発表を受けて仮想通貨MANAは前月比1,300%の急騰を見せ、期待の大きさを伺わせます。

また、アタリ社だけに限らず、他の有名メーカーも参入してくる可能性も大いにあり、その度に仮想通貨MANAのチャートは急上昇を見せるかもしれませんね。

ディセントラランド(Decentraland)内の不動産に特化した投資会社デジタル・カレンシィグループがベンチャー・キャピタルファンドを設立

ベンチャーキャピタルファンド(VCファンド)とは、その名の通りベンチャーキャピタルに投資を行うファンドのことです。

この度、デジタル・カレンシィグループ(DCG)はディセントラランド(Decentraland)内でVRエコシステムを構築する新興企業に焦点を当てた新しいVCファンド、メタバース・ベンチャーズ(Metaverse Ventures)の設立を発表しました。

DCGは将来、仮想空間内の土地が一定の市民権を得ると想定し、青田刈りに出た格好です。

ディセントラランド(Decentraland)内の土地、LANDの第一回目のオークションは、ユーザーが仮想空間内の不動産購入に支払った総額が約30億円以上にもなりました。

この時、ディセントラランド(Decentraland)の仮想通貨MANAはバイナンスとの提携を発表、これにより仮想空間内の不動産購入にバイナンスコイン(BNB)を受け入れ、MANAを所持していないバイナンスユーザーもTrustウォレットを通じてオークションに参加できるようになります。

仮想空間内の不動産であるLANDは、最大範囲に制限をかけることを公式サイトで触れており、全てのLANDに持ち主が現れた時点で更なるLANDの高騰、ひいては仮想通貨MANAの価値の上昇が見込まれます。

また、ディセントラランド(Decentraland)はいろいろなゲームをプレイすることが可能で、これからも他会社のゲームがクロスオーバーして楽しむことができるでしょう。

仮想通貨MANA(マナ)の懸念材料

ここまで仮想通貨MANA(マナ)の良い点ばかり述べてきましたが、今後懸念すべき材料は無いのでしょうか。筆者の見解を述べます。

仮想通貨バブルの終焉

2021年4月時点で、仮想通貨の市場はバブルとも言えるような活況を見せています。これがバブルなのか、本当の実力なのかはこれから市場が証明してくれます。

仮にバブルであった場合、現在のビットコインの急騰による、税金を気にする余りの利確できない層が他の仮想通貨投資に走って仮想通貨全体の価格を押し上げているという状況が無くなると、ビットコインはもちろん、仮想通貨全てが暴落するリスクも当然あります。

バブルの怖いところはビットコインが暴落するだけで仮想通貨市場全体が暴落するというところです。このリスクは常に念頭に置いて投資しましょう。

MANA(マナ)はまだ国内で取引できる仮想通貨取引所が存在しない

MANAはまだ国内取引所では購入できる取引所がありません。しかし、これは懸念材料でもありますが今後の期待値という点ではメリットでもあります。

仮にMANAが国内の取引所に上場したとします。日本国内は世界でも仮想通貨トレーダーが特に多い国であり、多くの日本人トレーダーが購入することが予想されます。そうなると価格がどうなるかは火を見るより明らかですね。仕込むなら国内取引所上場前の今かもしれません。

トレードできる取引所の多さはその仮想通貨の流動性にも直結しており、多くの国内取引所で上場されることを願っています。

技術的に高いハードル

バーチャルリアリティ(VR)が世界的に見てとてつもない成長と広がりを見せているのは周知の事実ですが、それでもまだまだ一般的とは言い難い状況です。これは開発に要する技術的なハードルの高さと、ユーザーの多くが「仮想現実」という新しい概念を完全に理解できているとは言えません。

また、ディセントラランド(Decentraland)が普及しているとは言えず、仮想通貨MANAの販売自体は確実に拡大しているにもかかわらず、VRの技術を使ったオンラインの世界を広く一般的に普及させたい開発企業にとっては、ユーザーの少なさは今後の大きな課題となっています。

MANA(MANA)対JPY(日本円)チャート

MANA(マナ)は買いなのか!?仮想通貨歴5年の筆者が独自見解

現在、仮想通貨のブームが更に進んでNFT関連銘柄の仮想通貨ブームと言える状況になってきました。

投資家達は将来性のある仮想通貨、中でもNFT関連銘柄の仮想通貨を躍起になって探していると言っても過言ではありません。しかし闇雲に安いコインを片っ端から買って行っても非効率です。

きちんとトレーダーの皆さんが判断できるだけの材料を揃えたつもりですが、新しい情報が出ればどんどん補足していきます。

ディセントラランド(Decentraland)、仮想通貨MANAの特徴を簡単にまとめてみました。

  • ディセントラランド(Decentraland)はユーザーが収益を得る場所として提供されており、その中にアプリやコンテンツを作って収益がしたりLANDと呼ばれる仮想空間内の土地を売買できる
  • アプリやコンテンツを作れる土地(LAND)が慢性的に不足しており、ユーザーの注意を引くハブが作られ、アプリやコンテンツの製作者に多大な収益がもたらされる
  • 仮想通貨MANAはLAND、アイテム及びサービスを購入するために必要であり、アプリやコンテンツの作成とユーザーの採用を促進するためにも使用されるので今後の価値の拡大が見込める

そしてこれからいろいろなメーカーが提携すると予想されるため、その提携が発表される度に価格チャートは大きな上昇カーブを描くことでしょう。

短期的には激しい値動きをすると私は予想していますが、長期的には右肩上がりのチャートになると予想します。

よってこの仮想通貨MANAは買いだと思います。しかし仮想通貨全般に言えるのですが、ボラティリティが高いため、レバレッジを大きくきかせたトレードはハイリスクハイリターンになるので、推奨しません。

但し、投資にリスクは必ずあります。100%儲かる投資なんてありません。

リスク管理は常に怠らず、また新しいコインに淘汰される情報が出ていないかどうかは常にアンテナを張っておきましょう。

仮想通貨MANA(マナ)が買える取引所

2021年4月現在、国内取引所ではMANA(マナ)を購入することができず、海外取引所でのみ購入することができます。

MANA(マナ)が購入できる主な海外仮想通貨取引所一覧

BinaceでMANAを購入する

※【当サイト限定】上記リンクからBinanceに登録すると半永久的に取引手数料10%OFF

Decentraland(ディセントラランド)の関連リンク

まとめ

ここまで、ブロックチェーン技術を使用したNFT関連銘柄でもあるマナ(MANA、プラットフォームはディセントラランド=Decentraland)について解説しました。

MANAはまだまだ認知度が低い仮想通貨です。

しかし、バーチャルリアリティ(VR)を使った仮想空間は今後の業界の勢力図を塗り替えるだけのポテンシャルを秘めています。

アメリカの老舗ゲームメーカー「アタリ」の参入はセンセーショナルなニュースとして非常に話題になり、仮想通貨MANAの高騰の材料としては十分でした。

これから先もたくさんのクリエイティブなユーザー、企業がディセントラランド(Decentraland)プラットフォーム内に参入してくると思います。

その度にチャートを見るのが楽しくなるかもしれませんね。

このNFT関連銘柄の仮想通貨ブームはこれから先も広がりを見せていくと筆者は思います。

そのため、マナ(MANA)を始めとしたNFT関連銘柄の仮想通貨は重要な投資先としても今後視野に入れておいてはいかがでしょうか。

この記事を読んでくれた皆さんに更なる爆益があることを祈りつつ筆を置きます。

 

BinaceでMANAを購入する

※【当サイト限定】上記リンクからBinanceに登録すると半永久的に取引手数料10%OFF

 

コメント