きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

仮想通貨AAVE(アーベ)とは?特徴と将来性を徹底解説!仮想通貨歴5年の筆者が紹介

仮想通貨AAVEとは?特徴と将来性を解説DeFi

仮想通貨AAVE(アーベ)とは?

仮想通貨AAVE(アーベ)とは、DeFi銘柄の一つで、分散型取引所(DEX)と呼ばれる新しい形態の取引所のAaveで発行されるガバナンストークントークンです。

DEXであるAaveは「フラッシュローン」や「信用委託」という珍しいサービスを提供しています。DeFi銘柄でも最近特に注目を浴びている取引所です。

2021年5月時点でAaveのプールに入っている仮想通貨の総額は日本円でゆうに1,000億円を超えており、DeFiのレンディングサービスの中では取扱総額で現在2位になっています。

現在、前身のトークンであるLENDから移行が行われており、仮想通貨LENDを保有している人は仮想通貨AAVEへ移行できます。

Aaveという取引所の特徴

Aaveは今話題のDeFi(分散型金融)で中央での管理者や管理企業が居ない取引所です。こういった新しい形態の取引所をDEXと総称します。

Aaveはフィンランド語で「お化け・幽霊」という意味で、近年躍進が目覚ましいDeFi銘柄の中でも透明性やオープン性を特に強調した取引所になっています

Aaveの前身はETHLend

ETHLendはAaveの前身の取引所として2017年にStani Kulechov氏によって設立され、その後2018年にAaveとなり、ETHLendはAaveの子会社となりました。

2021年現在、ETHLendの運営は停止されており、ETHLendユーザーは既存のローンを完済する機能のみ稼働していますが、こちらも全ユーザーが完済後は停止予定となっています。

Aaveの取扱銘柄は20種類以上

Aaveでは現在、20種類を超える数の仮想通貨銘柄が取引(貸し借り)でき、他のDEXと同じように仮想通貨を保有しているユーザーはAaveに仮想通貨を預け入れることで流動性を提供し、その見返りとして利息とガバナンストークンである仮想通貨AAVEを受け取ることができます。

また、預け入れた仮想通貨を担保として他の仮想通貨を借り入れることも可能です。

Aaveで仮想通貨を借りたい人は、担保として仮想通貨を預けるか、「フラッシュローン」という仕組みを利用して無担保で仮想通貨の借り入れを行います。

フラッシュローンとは

フラッシュローンとは、ブロックチェーン内の一つのブロックで借り入れと返済を同時に処理するシステムです。フラッシュローンで借り入れを行った際、借り手側は固定金利なのか変動金利なのか選択できるのもユニークなシステムです。

2020年にフラッシュローンのシステムは大幅にアップグレードされ、複数の資産を一つの処理工程で済ませたり、借り入れた資産で清算も行えたりできるようになりました。

更には信用委任(Credit Delegation=クレジットデリゲーション)というサービスも導入され、自分の信用枠をシステムによって貸し出して利息収入を得たり、信用枠を他人から借りてきて仮想通貨の借り入れを行ったりできるようになりました。

システムが強制的に返済や利息の支払いを行うため、貸し手側のリスクはほぼありません。このシステムはリアルな銀行のローンのシステムにも運用が期待されます。

仮想通貨AAVEの将来性は?

仮想通貨AAVEはAaveを利用することによって付与されるガバナンストークンであると説明しました。

付与されたガバナンストークンである仮想通貨AAVEは保有している数量に応じてAaveのアップデートや運営に関わる投票に参加できます。

仮想通貨AAVEは現在、仮想通貨LENDという前身のガバナンストークンから移行を図っており、この移行に関する投票も仮想通貨LENDを保有しているユーザーが投票を行って決定しました。

この移行で100LEND=1AAVEが等しくなるように設計され、仮想通貨AAVEの総発行予定数量は1,600万AAVEで、その内1,300万AAVEが仮想通貨LENDからの移行です。残り300万AAVEはエコシステムの予備として割り当て予定です。

仮想通貨AAVEを保有しているユーザーは、セーフティモジュールと呼ばれる保険システムに自身が保有するAAVEを預け入れることができ、インセンティブを受け取れる代わりにセキュリティを保証する責任を負います。本当の意味で運営に参加できるという点では初心者にはハードルが高いかもしれませんが、金銭以上のメリットを享受できるといっても過言ではないでしょう。

2021年3月、Aaveはデジタル資産のカストディアンTaurusと提携

Aaveは2021年3月、デジタル資産のカストディアンであるTaurusと戦略的提携を発表しました。機関投資家や銀行顧客によるDeFiや仮想通貨需要を見越しての提携です。

カストディアンとは、資産を預かってくれるサービスを提供している企業のことで、株式や金などを預かってくれるJPモーガンなどが有名です。しかし仮想通貨の秘密鍵等を預かってくれるカストディアンはまだまだ少ないため、これから需要が増えるにつれていろいろなサービスを提供する事業者が現れることと思います。

関連記事カストディサービスとは?初心者にも分かりやすく解説!仮想通貨向けカストディアンが増加中?

これにより、Taurusにデジタル資産を預けている顧客はそこから直接Aaveにアクセスし、預入資産による利息やガバナンストークンである仮想通貨AAVEが受け取れることになります。

イギリスのFCA(金融行動監視機構)からライセンスを取得

Aaveは2020年8月にイギリスのFCA(金融行動監視機構)よりライセンスを取得し、既存の仮想通貨取引所を介することなく法定通貨を使用したDeFiプロトコルを利用できるようになるためのシステム構築を急いでいるとのことです。

これにより、イギリス在住のユーザーは口座の開設が簡単にでき、電子マネー機関として法定通貨から仮想通貨へのスムーズなアクセスがAave内だけで完結できるようになります。要するにPayPayやケータイ払いなどで簡単に仮想通貨を購入できるようになるという事です。

数あるDeFi銘柄の中でも、金融ライセンスを取得しているプロジェクトは2021年5月現在、Aaveただ一つです。

あまり仮想通貨へ馴染みの無い人たちや、仮想通貨をよく知らずに敬遠している人たちにはこれがどれほど有効か言う間でもありませんよね。

現在Aaveにはそういった初心者ユーザーも安心して利用できるような環境が着々と作られています。

リアルな資産を取り扱う企業との提携

『Aaveは、市場の安定性やリスクマネジメント、更にはDeFiプロトコルの推進という観点からリアルな資産を取り扱う企業との提携を積極的に模索しています。

また、『RealT』という不動産をトークン化しDeFiエコシステムへの統合を図っているプロジェクトと提携し、Aave内で今後『RealT』の市場が形成されるようになれば、Aaveユーザーは『RealT』の不動産トークンを使用して価格変動の少ないステーブルコインを借り入れることも可能になります。

更には『Tinlake』というプラットフォームでリアルな世界資産市場を追加するかどうかの議論も活発に行われています。

こういった取り組みからもAave、仮想通貨AAVEの未来は明るいと言えるのではないでしょうか。

仮想通貨AAVEの基本スペック

仮想通貨AAVE

仮想通貨AAVEはDefiレンディングサービスを提供するDEXであるAaveが発行するガバナンストークンで、前身のトークンLENDから移行しているトークンです。仮想通貨AAVEはガバナンストークンでありながら各取引所で売買でき、その将来性から価格が非常に高騰しているのが現状です。

▼2021年5月現在の価格と時価総額

トークン名称Aave
シンボルAAVE(アーベ)
2021年5月現在の価格約53,020円
2021年5月現在の時価総額約6,626億円
公式サイトAave公式サイト
仮想通貨AAVEが購入できる取引所Binance

仮想通貨AAVEの懸念材料

ここまでAave、仮想通貨AAVEのメリットを紹介してきました。では懸念材料は無いのでしょうか。解説します。

仮想通貨バブルとも呼べる昨今の価格

当てはまる仮想通貨AAVEは2020年7月にはまだ日本円で約2円ちょいで買えました。

それが今はどうでしょう。1AAVEが5万円を超える価格になっています。

高騰の理由として、海外大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)がAave/LENDの永久先物取引を提供すると発表したことや、イギリスのFCAから金融ライセンスを取得したり、Aaveの資金取扱額が日本円で約1,500億円を突破したことも大きな追い風となりました。

もちろん、この価格にはDeFi銘柄に対する期待や将来性への期待も当然あると思いますが、仮想通貨バブルとも呼べる状況でもあるということを忘れてはいけません。

これは仮想通貨AAVEだけに当てはまる訳ではありませんが、実力以上の価格になってしまっていると懸念する人も居ます。

好材料出尽くし⁉

Aaveは次々に好発表を行ってきました。それが価格の高騰にも繋がっているのですが、今後はどうでしょうか。伸びしろが少ないとみる人も一定数居ます。

しかし筆者はまだそんなことは無いと思います。その理由として前述したカストディアンとの提携やリアル資産を取り扱う企業との積極的な提携を模索というニュースです。

実際に仮想通貨をトレードを一切行わず保有だけしている人は存在します。リアル資産でもそうですね。そういった層にはDeFiのレンディングサービスは非常に魅力的だと感じます。預ける人が増える=そのDEX内で流動背が高まる=借りたいユーザーも増える、という好循環が生まれるのです。この好循環は今後も続くと予想され、仮想通貨AAVEに更なる需要が生まれることと思います。

仮想通貨AAVEはまだ国内で取引できる仮想通貨取引所が無い

仮想通貨AAVEはまだ国内の仮想通貨取引所には上場していません。購入したい場合は海外の取引所に登録するか、Aaveに仮想通貨を預ける必要があります。

しかしこれはまたチャンスでもあると筆者は考えます。海外大手取引所のコインベースや国内取引所のコインチェック等に上場された場合、更なる価格の値上がりが期待できます。

類似したレンディングサービス

Aaveに限らず、DeFiレンディングサービスは利率に違いこそあれど仮想通貨を預けて利息とガバナンストークンを受け取って利益とするというのが大半です。

今後は他の取引所(DEX)とどういった差別化が図られるのか、それが長く利用される取引所になる登竜門となるかもしれませんね。

仮想通貨AAVEのチャート

仮想通貨AAVEは買いなのか?仮想通貨歴5年の筆者が独自見解

仮想通貨が一般的に受け入れられると共に資産運用のポートフィリオにDeFiのDEXを利用するという人や機関投資家が増えてきました。

将来的には更なる需要が見込まれ、分散型取引所であるAaveにも今より多くのユーザーが集まり、そのガバナンストークンである仮想通貨は更なる値上がりが期待できます。

また、仮想通貨AAVEは単純な価格差益を狙うのではなく、長期保有に非常に適したトークンです。長期保有に適している=たくさんの人が急に売りに走って価格の暴落が起こる可能性も低いということが言えます。

そして見逃せないのがAaveを利用した際の利息支払いですね。これは借り手側の話ですが、Aaveは将来的に仮想通貨AAVEで利息を支払った場合、最大50%OFFにする予定だと発表しています。

そうなればAaveで仮想通貨を借りる人が増えれば増えるほど仮想通貨AAVEに対する需要が高まり、仮想通貨の更なる値上がりが期待できます。

仮想通貨AAVEはやはり長期的に見てかなり将来有望である仮想通貨と言えます。

ここはAaveに手持ちの仮想通貨を預けて、是非仮想通貨AAVEを手に入れましょう。

仮想通貨AAVEが購入できる取引所

2021年5月現在、国内仮想通貨取引所でAAVEを購入することはできません。なのでAAVEを購入するなら海外の仮想通貨取引所を使う必要があります。ここではAAVEが購入できる主な海外仮想通貨取引所をご紹介します。

AAVEが購入できる海外仮想通貨取引所

  • Binance・・・左記リンクより登録すると取引手数料10%OFF(当サイト限定)
  • FTX・・・左記リンクより登録すると取引手数料5%OFF(当サイト限定)
  • HuobiGlobal
  • Uniswap

AAVE関連リンク集

まとめ

ここまでAaveと仮想通貨AAVE、その前身である仮想通貨LENDについて解説しました。

今注目のDeFi銘柄の筆頭としてガバナンストークンである仮想通貨AAVEは大きな値上がりを見せています。

これが実力なのか、はたまたここから更に大きく羽ばたくのか、それとも下落するのか。こればかりは100%の予想なんて不可能ですが、公式の発表や実装されているシステム等を見る限り、将来的に明るいファンダメンタルズが見えていると言えるのではないでしょうか。

ただし、DeFiやDEXはまだまだ新しい形態であり、皆さんが認知していないリスクがこれから表面化しないとも限りません。更には各国の当局の急な規制が入らないとも限りません。AaveはイギリスのFCAの電子マネーに関する金融ライセンスを取得していますが、DeFi自体の金融ライセンスを取得した訳ではありません。

DeFiにはこういった見えないリスクが潜在化していることは認知しておきましょう。そしてそのリスクを超えた先には大きな花の山があることを願って筆を置きたいと思います。

この記事を読んでくれた皆さんに爆益あれ!

Binance登録ページへ(公式サイト)

※【当サイト限定】上記リンクよりBinanceへ登録すると取引手数料10%OFF

コメント