The Sandbox(サンドボックス)の土地(land)購入方法と価格を解説!

The Sandbox(サンドボックス)の土地(land)購入方法と価格を解説!
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • The Sandbox(サンドボックス)とは、マインクラフトのようなゲーム。最新の技術を取り入れていて、ゲーム内の土地に価値が生まれている。
  • The Sandbox(サンドボックス)の土地の価格は、市場規模と共に上昇すると考えられるが、懸念点もある。土地の適正価格の調べ方を解説している。
  • The Sandbox(サンドボックス)の土地の買い方を図解で解説している。初心者でも簡単に土地を購入できる。
目次

The Sandbox(サンドボックス)とは?

The Sandbox(サンドボックス)とは?

2022年、大注目されている「メタバース」、その中でも「The Sandbox(サンドボックス)」は一番注目されています。

有名人や大手企業も買っているThe Sandbox(サンドボックス)の土地を買ってみたい!仮想空間の不動産投資してみたい!

このような声をよく聞きますが、土地の買い方が難しくて悩んでいる方が多い印象です。

本記事では、初心者でもThe Sandbox(サンドボックス)の土地を買えるように徹底解説していきます。

The Sandbox(サンドボックス)ってどんなゲーム?

The Sandbox(サンドボックス)ってどんなゲーム?

サンドボックスの土地を購入する前に、まずはサンドボックスについて解説していきます。まずは、イメージしやすいように公式トレーラーをご覧ください。

サンドボックスは、大きな目標や指標が存在しない、オープンワールドのゲームです。サンドボックスは超有名ゲームである「Minecraft(マインクラフト)」にとても似ています。基本的にはマインクラフトと同じゲーム性ですが、違いが2点ほどあります。

  • ブロックチェーンという技術を使用している
  • NFTや仮想通貨がゲームに関連してくる

また、サンドボックスは公式が提供している「VoxEdit」と「Game Maker」というアプリと連動しています。この2つのアプリによって、マインクラフトより自由度の高い創作が可能になっています。

Vox Edit:The Sandbox(サンドボックス)内で使用されるアイテムや建造物を作るためのアプリ

Game Maker:The Sandbox(サンドボックス)内の土地の装飾や3Dゲームが作成できます。

The Sandbox(サンドボックス)に関してこちらの記事で詳しく解説しています。

これもうみた?The Sandbox(サンドボックス)の始め方完全ガイド|メタバース×ブロックチェーンゲームのやり方

ブロックチェーンゲームとNFTについて

ブロックチェーンゲームとNFTについて

そもそも、なぜメタバースの土地に価値が出来るのか?

この疑問が解決しない事には、メタバースの土地は買えませんよね。結論から言うと、ブロックチェーンという新しい技術を利用することで、デジタル品に価値が付いたからです。

ブロックチェーンとは?
ビットコインなどの仮想通貨に使用されている技術。
複数のコンピュータで情報共有をすることで、改ざんすることのできない仕組みのこと。

ブロックチェーンの技術により仮想空間の土地に価値が出来ました。さらに、NFTと呼ばれる技術により「仮想空間の土地の所有権」も明確になりました。新しい技術によってメタバースの土地に価値が出来ています。

The Sandbox(サンドボックス)内で使用する仮想通貨SANDとは?

The Sandbox(サンドボックス)内で使用する仮想通貨SANDとは?

仮想通貨SAND(サンド)はゲーム内で利用できる通貨であり、キャラクターやアイテムの取引で使用します。基本的にはSAND(サンド)で土地(LAND)を購入します。

2次流通のマーケットではSAND(サンド)ではなくETH(イーサリアム)を使用する場合があります。

SANDの基本情報は以下の通りです。

通貨名SAND(サンド)
価格(2024年1月時点)約66円
時価総額4,500億円
最大発行枚数3,000,000,000枚
購入できる取引所Binance(バイナンス)OKX

これもうみた?仮想通貨SAND(The Sandbox)とは?特徴と仕組み、将来性を解説

The Sandbox(サンドボックス)内の土地(LAND)とは?

The Sandbox(サンドボックス)内の土地(LAND)とは?

土地(LAND)とは、The Sandbox(サンドボックス)内の土地のことです。標準の1×1の土地区画は、縦96メートル/横96メートルと定められています。

不動産基準は以下の通りです。

3×3の土地区画
6×6の土地区画
12×12の土地区画
特大24×24の土地区画

土地(LAND)の総発行数は166,464個と決められており、徐々に資産価値が高くなっています。

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の価格について

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の価格について

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)について詳しく知りたい。
土地(LAND)の価格が知りたい。

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)を買う上で、適正価格の調べ方など知っていると、とても便利です。ここからは、The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)に関する様々な疑問に答えていきます。

不動産投資とデジタル不動産投資の違いについて

不動産投資とデジタル不動産投資の違いについて

既存の不動産投資とメタバースなどのデジタル不動産の違いは何でしょう?
結論から言うと、特に違いはありません。

不動産もデジタル不動産も、「需要」によって資産価値が変わります。需要が高い地域(東京や大阪など)では資産価値が高いように、サンドボックス内でも需要がある土地は値段が高くなります。

現在(2022年3月)時点で、需要が高い土地は「有名人や大手企業の所有土地に隣接している土地」です。世界的有名アーティストのスヌープドッグ氏が保有する土地に隣接している土地は、5,000万円程で購入されています。

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の適正価格と価格変動の要因

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の適正価格と価格変動の要因

「需要」によって土地(LAND)の価値が変動するのであれば、どのように適正価格を見極めればよいのでしょうか?

結論から言うと、直近7日~30日の取引履歴から適正価格が判断できます。

直近の取引履歴は「NonFungible(ノンファンジブル)」というサイトで確認可能です。

確認方法を図解で解説します。

まずは「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」が表示されているか確認しましょう。確認出来たら右下のWeeklyかMonthlyを選択。今回はWeeklyを選択します。

The Sandbox(サンドボックス)土地(LAND )の適正価格

下にスクロールすると、直近の取引履歴が確認できます。主に重要な情報は右の2つです(価格と売買時間)。この時間での適正価格は3.1ETH~4.6ETHまで間と言えます。Monthlyのデータも組み合わせると、更に精度の高い適正価格予想になります。

The Sandbox(サンドボックス)土地(LAND )の適正価格

更に詳しく見ていきましょう。今回は例として、「Aseet ID 28713」を選択します。

確認したい土地を選択すると、土地の場所(座標)とこれまでの売買記録が出てきます。

The Sandbox(サンドボックス)土地(LAND )の適正価格

この土地の合計取引回数は3回。2020年12月は、約5,000円で販売されていることが分かります。

現在は2時間前に3.123ETH(約10万)で売買が成立していますね。

土地を購入する前に適正価格を把握して、高値掴みしないように気を付けましょう。また、有名人の発言や企業の発表によって土地の価格は大きく変動します。メタバース関連のニュースを確認することで、大まかなメタバース需要を把握しましょう。

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の今後の価格変動について

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の今後の価格変動について

土地の適正価格は分かったけど、今から土地を買っても上がるの?
今後の土地価格ってどうなっていくの?

結論から言うと、右肩上がりで資産価値は伸びていくと思われます。客観的視点から伸びる根拠と懸念点を解説していきます。

資産価値が伸びる根拠

  • 投資家や有名人、大手企業が続々参入している
  • The Sandbox(サンドボックス)は、未だ開発中にもかかわらず右肩上がりで成長している
  • メタバース市場が大きく発展している

例として、日本の有名企業「エイベックス」は2022年度中に配信ライブやファン交流をThe Sandbox(サンドボックス)上で行うと発表しています。今後も国内外を含めて、大きな波が来るのではないでしょうか。

こちらが、「エイベックス」が保有している土地です。METAVEX(メタベックス)として登録されています。

エイベックスのLAND

更に、国内大手の仮想通貨取引所である「Coincheck(コインチェック)」は、保有している土地(LAND)上に2035年を想定した近未来都市「OASIS TOKYO」を制作するプロジェクトを開始しました。日本らしさと近未来要素を兼ね備えた「OASIS TOKYO」は、国内外問わず、注目されています。

OASIS TOKYO

また、暗号資産大手の「グレイスケール社」の調査レポートでは、メタバースの年間収益が将来的には1兆ドルを超える規模になると発表しています。現状は小さな規模ですが、今後非常に大きな規模になると期待されています。

懸念点
  • ハッキングや詐欺などのトラブルによる価格暴落
  • 仮想通貨やNFTの暴落に影響される場合がる

もちろん良い事だけではなく、懸念点も存在します。現実世界の不動産でいうところの災害リスクのようなものです。改ざん出来ないブロックチェーン技術ですが、今後何らかの脆弱性が発覚し、悪人にハッキングされる。そんなことが無いとは、誰も言い切れません。

また、NFT市場や仮想通貨市場の地合いによって、土地(LAND)の価値が大きく変動するリスクもあります。

メリットとデメリットをしっかり理解したうえで、土地の購入をお勧めします。

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)での稼ぎ方

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)での稼ぎ方

土地(LAND)での稼ぎ方は、大きく分けて2つあります。ずばり、売却益とレンタル料です。基本的に既存の不動産と変わりません。

売却益に関しては、先ほど紹介した「NonFungible(ノンファンジブル)」で現在の適正価格を確認しながら安く買い、高く売ることを繰り返す形になります。

土地を売買する際にガス代と呼ばれる手数料がかかります。手数料負けしないように注意しましょう

ガス代の確認方法など、こちらの記事で詳しく解説しています

これもうみた?イーサリアムのガス代とは?計算方法から節約方法までわかりやすく解説!

次に、レンタル料で稼げる一例を紹介します。(サンドボックスは開発中のプロジェクトなので、現状考えられる例になります。)

公式の発表では、The Sandbox(サンドボックス)の公式が提供している「Game Maker」で作成した3Dゲームは、土地(LAND)を所有していないとThe Sandbox(サンドボックス)上で遊べません。

また、The Sandbox(サンドボックス)が今後発展していけば3Dゲームも流行ることが予想されます。土地所有者はゲーム制作者へ月額の土地料金を受け取り、ゲーム作成者はユーザーから有料ゲームを提供して料金を受け取るようなマネタイズが考えられます。(使用される料金は全て仮想通貨SANDです)

今後のThe Sandbox(サンドボックス)の需要を判断しながら、売却益で稼ぐかレンタル料で稼ぐかを随時判断することをおすすめします。

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の購入方法

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の購入方法

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)について分かったところで、実際の購入手順を解説していきます。また、初心者の方でも簡単に土地(LAND)を購入できるよう、図解を用いて説明します。

土地(LAND)の購入手順

手順①:国内取引所の口座を開設する
手順②:海外取引所の口座を開設する
手順③:メタマスクのウォレット作成
手順④:仮想通貨をメタマスクに送金
手順⑤:The Sandbox(サンドボックス)のアカウント作成

手順①:国内仮想通貨取引所の口座を開設する

国内取引所の口座を開設する

The Sandbox(サンドボックス)の土地を買うには、仮想通貨が必要です。まずは仮想通貨を購入するための国内取引所の口座を開設しましょう。本記事では、仮想通貨取引初心者の方でも使いやすい国内最大手の「CoinCheck(コインチェック)」をおすすめします。口座開設は完全無料です。

公式サイト:https://coincheck.com/ja/

公式ページの指示に従って口座開設していきましょう。

コインチェックの口座開設に必要なものは、

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 本人確認が出来るもの(免許証やパスポートなど)

最短5分で口座開設できます。

トラベルルールにより海外業者との送金やり取りができない場合があります
その場合は、メタマスクなどのプライベートウォレットを経由して送金すれば問題ないので、焦らず対応してみてください。

トラベルルールについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
これもう見た?トラベルルールとは?各仮想通貨取引所対応|海外取引所・ウォレットへの影響も解説

手順②:海外仮想通貨取引所の口座を開設する

海外取引所の口座を開設する
Binance:日本居住者へのサービス停止

海外仮想通貨取引所Binance(グローバルバイナンス)は日本の法令順守のため、2023年から日本居住者の新規口座開設ができません

そのため、海外仮想通貨取引所の口座開設を考えているのならキャンペーンが充実し、信頼性と安全性、使いやすさを兼ね備えた取引所を紹介しているので、下記業者から自分が使いたい取引所を探して見てください。

次に、海外取引所の口座開設を解説します。メタバースの土地購入に使用する仮想通貨を購入するために必要になります。仮想通貨は何十万と種類がありますが、国内では約30種類程度しか取引できません。(2022年現在)

本記事では、海外取引所最大手の「Binance(バイナンス)」をおすすめします。口座開設は完全無料です。

手順③:メタマスクのウォレット作成

メタマスクのウォレット作成

MetaMask(メタマスク)とは、仮想通貨のお財布のことです。メタバースにログインする時や、マーケットプレイスに接続する際に使います。メタマスクは完全無料で作成できます。

メタマスクのウォレット作成はGoogle検索ではなく、こちらのURLか、信用できる情報元からアクセスしてください!
過去に偽サイトが公式より上位に表示され、被害にあった方が存在します。

これもうみた?MetaMask(メタマスク)の使い方|登録方法から入金、送金方法まで解説

手順④:仮想通貨をメタマスクに送金する

仮想通貨をメタマスクに送金

メタバース土地を購入するために必要な仮想通貨をメタマスクに送金しましょう。

手順は以下の通りです、

  • 手順①:コインチェックでETH(イーサリアム)を購入
  • 手順②:コインチェックからバイナンスへ送金
  • 手順③:バイナンスでSANDを購入
  • 手順④:バイナンスからメタマスクへ送金

①:コインチェックでETH(イーサリアム)を購入

まずはコインチェックでETH(イーサリアム)を購入しましょう。

①:販売所(購入)を選択。
②:ETHを選択。
③:購入するETHの数量を入力。
④:「購入する」を選択。

コインチェック購入

②:コインチェックからバイナンスへ送金

次に、コインチェックで購入したETH(イーサリアム)をバイナンスへ送金します。

これもうみた?コインチェックからバイナンスへ送金する方法を解説!注意点も詳しく紹介

③:バイナンスでETHをSANDに交換

バイナンスに送金したETHをSAND(サンドボックス内通貨)に交換します。

①:「トレード」を選択。
②:「コンバート」を選択。

バイナンス スワップ

③:上を「ETH」、下を「SAND」に設定し、数量を入力。
④:「コンバートプレビュー」と表示されるのでクリックすれば完了です。

バイナンスでETHをSANDに交換

今後土地を買う場合、イーサリアムチェーン上で購入するので「ガス代」が必要です。ガス代分のETHは残しておきましょう!

これもうみた?イーサリアムのガス代とは?計算方法から節約方法までわかりやすく解説!

④:バイナンスからメタマスクへ送金

最後に、バイナンスにあるETHとSANDをメタマスクに送金しましょう。

①:ウォレットから「現物」を選択。
②:現物の「SAND」の「出金」を選択。

バイナンスからメタマスクへ送金

③:メタマスクのウォレットアドレスをコピーして貼り付け。
④:ネットワークをETH Ethereum(ERC20)に選択。

ウォレットアドレスやネットワークを間違えると、送金できずにお金が無くなる可能性があります!送金前はしっかり確認しましょう!

バイナンスからメタマスクへ送金

メタマスクのアドレスとネットワークを選択すれば、「出金する」と表示されます。ETHも同じ手順でメタマスクに送金しましょう。

もしメタマスクにSANDが表示されない場合は、トークンを追加する必要があります。

①:「トークンをインポート」を選択。
②:検索欄で「SAND」を選択。
③:「次へ」
④:「トークンをインポート」を選択。

バイナンスからメタマスクへ送金

手順⑤:The Sandbox(サンドボックス)のアカウント作成

The Sandbox(サンドボックス)のアカウント作成

公式サイトからサンドボックスのアカウントを作成しましょう。アカウントは6ステップ約3分で作成できます。

①:言語設定から言語を日本語に設定しましょう。
②:「サインイン」をクリック。

サンドボックス登録

③:WEB3の「Metamask(メタマスク)」をクリック。

サンドボックス登録

④:メタマスクを接続する許可画面です。「次へ」をクリック。

サンドボックス登録

⑤:「接続」をクリック。

サンドボックス登録

⑥:「メールアドレス」と「ニックネーム(ユーザーネーム)」を入力。

サンドボックス登録

以上6ステップでアカウント登録完了です!これでThe Sandbox(サンドボックス)の土地を買う準備は終了しました。

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の購入場所

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の購入場所

The Sandbox(ザ・サンドボックス)の土地(LAND)を買うために必要な仮想通貨とアカウントの準備が完了したので、実際に土地を買っていきましょう!現在、サンドボックスの土地を購入できる場所は3つあります。(2022年3月)

  1. The Sandbox(ザ・サンドボックス)公式マーケットプレイス
  2. OpenSea(オープンシー)
  3. コインチェック NFT(β版)で購入

ここからは3つの購入場所と、土地の買い方を分かりやすく図解で解説していきます。

①:The Sandbox(ザ・サンドボックス)公式マーケットプレイス

The Sandbox(ザ・サンドボックス)公式マーケットプレイス

The Sandbox(サンドボックス)公式ページにある「ショップ」からメタバースの土地を購入できます。

The Sandbox(サンドボックス)でメタバースの土地を買う

公式マーケットプレイスでは、新規の土地(LAND)を売買しておりません。購入は2次流通のみとなります。

公式ページから購入しようとすると、2次流通しているOpen Sea(オープンシー)に移動します。新規土地の販売は公式からの発表を待ちましょう。

②:OpenSea(オープンシー)

OpenSea(オープンシー)

Open Sea(オープンシー)とは、世界最大のNFTマーケットプレイスです。現在、The Sandbox(サンドボックス)の土地が2次流通しております。

実際にOpenSeaでサンドボックスの土地を買ってみましょう。

①:「プロフィール」を選択。

OpenSea(オープンシー)でのLAND購入手順

②:「MetaMask」を選択。

OpenSea(オープンシー)でのLAND購入手順

メタマスクに接続されれば、ログイン完了です。

③:検索タブで「Sand」や「The Sandbox」など検索しましょう。

OpenSea(オープンシー)でのLAND購入手順

④:欲しい土地(LAND)を選択。

OpenSea(オープンシー)でのLAND購入手順

こちらが、現在売買されているサンドボックスの土地です。今回は、例として左上の土地を選択します。OpenSeaではETHかSANDのどちらかで購入できます。

⑤:「Buy now」を選択。

OpenSea(オープンシー)でのLAND購入手順

⑥:赤枠にチェックを入れて、「Confirm checkout」を選択。

必要なガス代(ETH)は準備しておきましょう!

OpenSea(オープンシー)でのLAND購入手順

時間が立てば、トランザクションが承認され、購入完了となります。

OpenSea(オープンシー)の使い方やガス代はこちらの記事で詳しく解説しています

これもう見た?OpenSea(オープンシー)の使い方ガイド|出品方法や購入方法、手数料まで徹底解説

これもう見た?OpenSea(オープンシー)のガス代完全ガイド!ガス代はいくら?発生するタイミングは?

③:コインチェック NFT(β版)

コインチェック NFT(β版)で購入

国内取引所である「Coincheck(コインチェック)」のサービスを紹介します。

公式サイト:https://coincheck.com/ja/

①:Coincheck NFT(β版)を選択。
②:「The Sandbox」を選択。

コインチェックNFTβ版でのLAND購入

欲しい土地(LAND)を選びましょう。今回は例としてLAND(-167,-37)を選択します。

コインチェックNFTβ版でのLAND購入

③:「購入確認」を選択。
④:「購入」を選択。

コインチェックNFTβ版でのLAND購入

以上の手順で、土地を購入できます。

Coincheck NFT(β版)、OpenSea(オープンシー)のどちらでも土地が購入できるのでお好きな方で購入しましょう!

各マーケットプレイスのメリット・デメリット

各マーケットプレイスのメリット・デメリット

最後に、3つの購入場所を使用するメリットとデメリットを紹介します。

購入場所メリットデメリット
The Sandbox(ザ・サンドボックス)公式マーケットプレイス2次流通ではなく、公式から購入出来る ・現在(2022年3月)公式からの販売は行っていない
OpenSea(オープンシー)・多くの土地(LAND)が出品している
・取引が活発で売買が成立しやすい
・イーサリアムチェーンでの取引なので、ガス代が高い
コインチェック NFT(β版)・海外取引所への送金など、面倒な作業が無い・購入できる土地が少ない(コインチェックが保有している土地(LAND)のみ)
・OpenSeaに比べて、価格が高い傾向にある

The Sandbox(サンドボックス)の土地(land)購入方法と価格に関するよくある質問

The Sandbox(サンドボックス)の土地(land)購入方法と価格に関するよくある質問

今後、The Sanadbox(サンドボックス)の土地(LAND)の値段は上がりそうですか?

市場規模と共に価格上昇が見込まれております。

しかし、大きな問題(ハッキングやNFT市場の暴落など)が発生した際には、一時的な下落は考えられます。ニュースや公式発表等の情報を集めながら、いいタイミングで買うことをおすすめします。

The Sanadbox(サンドボックス)の土地(LAND)の価格推移が知りたい

右肩上がりで上昇しています。

特に旧Facebook社が社名をMetaに変更した11月から大きく上昇しています。

土地(LAND)の価格推移

リアルタイムの価格推移はこちらのサイトで確認できます。

NonFungible(ノンファンジブル)

The Sanadbox(サンドボックス)は収益化できますか?

可能です。

The Sanadbox(サンドボックス)での収益化は土地(LAND)だけではなく、アセット(NFT)の作成や転売等、色々な収益方法があります。

The Sanadbox(サンドボックス)の収益化はこちらの記事で詳しく解説しています。

これもう見た?The Sandbox(サンドボックス)の始め方完全ガイド|メタバース×ブロックチェーンゲームのやり方

The Sanadbox(サンドボックス)の土地を買う方法は色々ありますか?

現在購入方法は3つあります。

公式マーケットプレイス、OpenSea(オープンシー)及びコインチェックNFT(β版)です。

今後、他NFTマーケットプレイスでも取引されることも予想されます。

The Sandbox(サンドボックス)の土地(land)購入方法と価格まとめ

本記事では、The Sandbox(ザ・サンドボックス)の基礎情報や土地(LAND)の価格、土地の購入を徹底解説しました。まだ日本では参加者が少ないメタバース業界ですが、この記事を読んで興味を持っていただければと思います。

これもうみた?The Sandbox(サンドボックス)の始め方完全ガイド|メタバース×ブロックチェーンゲームのやり方

【PICK UP】これからが期待できる!NFTゲームランキングTOP10
ゲーム名ゲームジャンルリリース日
1位ディライズラストメモリーズ ローグライクRPG2024年4月リリース予定
2位:ファントムオブキル -オルタナティブ・イミテーション-放置系RPG2024年3月5日リリース予定
3位:Battle of Three Kingdomsカードゲーム2024年リリース予定
4位:Space NationMMORPG2024年5月リリース予定
5位:コインムスメカードゲーム未定
6位:BIG TIMEMMORPG未定(プレシーズン開催中)
7位:ブレイブフロンティアバーサスアクションRPG2024年年内予定
8位:Veggies Gotchi育成シミュレーション未定
9位:Elysium’s Edge放置型ファンタジー未定
10位:Night CrowsMMORPG2024年3月リリース予定

▼総合ランキングはこちらの記事で紹介中▼

これもう見た?おすすめNFTゲームランキング50選|始め方・稼ぎ方も解説

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次