コインチェックからバイナンスへ送金する方法を解説!注意点も詳しく紹介

コインチェックからバイナンスへ送金する方法を解説!注意点も詳しく紹介
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

この記事をざっくり言うと…
  • コインチェックからバイナンスへの送金は数分あればできる
  • 送金前に必ず複数回アドレスをチェックしよう
  • 手数料を抑えたいならXRPかIOSTを送金するのがおすすめ

2022年3月30日よりトラベルルールが適用され、以前とは少し送金方法が異なります。
当記事ではトラベルルール適用後の送金方法を紹介しています。

実際に私がコインチェックからバイナンスへ送金して分かりにくかったことや失敗したことを中心に書いています。この記事を読むと、コインチェックからバイナンスへの送金が簡単にできるようになります。

しかし、正直な話コインチェックからバイナンスへ仮想通貨を送金するより、GMOコインからバイナンスへ送金した方が、送金手数料無料なので、大幅に経費を削減できます。コインチェックにこだわりが無い方は、極力GMOコインを利用することをおすすめします。

それではコインチェックからバイナンスへ送金する方法を図解で分かりやすく紹介してきます。

コインチェックからバイナンスへの送金方法を動画で知りたい方はこちら⬇︎

コンテンツの誤りを送信する

目次

バイナンス(Binance)ってどんな仮想通貨取引所?

取引所名Binance(バイナンス)
運営会社Binance Holdings Ltd.
設立年2017年
所在地セイシェル、ケイマン諸島
取引方法現物取引レバレッジ取引資産運用サービス
最大レバレッジ20倍
取引銘柄数300種類以上
取引手数料メイカー:0.1%テイカー:0.1%
入出金手数料無料
日本語対応
スマホアプリ

バイナンスの登録ユーザーは世界で9000万人以上と言われており、CoinMarketCapが独自に算出する仮想通貨取引所ランキングでも常に1位となるほど、世界最大の仮想通貨取引所です。アルトコインの取扱いは300種を超え、主要な仮想通貨はほとんど取引できるのはもちろん、豊富な資産運用方法も準備しており、ワンストップで仮想通貨取引ができるのが大きな魅力です。

また、バイナンスが発行しているバイナンスコイン(BNB)は、時価総額でも記事執筆時点の2023年5月末で第4位(CoinMarketCapランキングより)となっており、BSC(バイナンススマートチェーン)など取引所ネットワークにもかかわらず世界的にメジャーとなっているチェーンも存在するほどの企業となります。

2019年にハッキング被害があり、当時のレートで約4000万ドル相当のビットコインが盗難に遭い入出金の停止を余儀なくされた事件がありましたが、この事件を踏まえてセキュリティの強化が実施されました。またバイナンスは、英国及びノルウェーの認証機関から「ISO/IEC27001規格」(情報セキュリティーに関する国際規格)から認証を受けており、仮想通貨取引所としてはバイナンスが初となります。

このバイナンスのメリット・デメリットは以下のようになります。

バイナンスのメリット
  • 世界最大のユーザー数を誇るため流動性が高く約定力が高い
  • ハッキング対策の評価が高い
  • ハッキングされても全額保証の制度を設けている
  • ISO認証を取得している健全企業
  • 初心者でも扱いやすい資産運用サービスを多数準備している
  • スマホアプリが使いやすい
  • 日本語に対応
バイナンスのデメリット
  • 仮想通貨FXは最大レバレッジ20倍
  • 日本円での入金に対応していない
  • 金融庁から警告を受けている

バイナンスを使うメリットは現在シェア、取引量では世界最大という点。「取引量が世界最大=流通量が世界最大」なので、取引のしやすさはNo.1です。

注記

2022年12月より、バイナンスの日本進出と併せてグローバルバイナンスへの日本人の新規登録ができなくなっていましたが、2023年8月1日より日本国内でのサービスが再開されました!

関連:バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

これもう見た?バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

Binance(バイナンス)についてはこちらの記事でさらに詳しい情報を解説しているので気になる方は一度見てください。

これもう見た?Binance(バイナンス)の評判は?メリット・デメリットから評価!口コミも調査

これもう見た?Binance(バイナンス)のスマホアプリの使い方を徹底解説!これで迷うことなし!

これもう見た?バイナンス(BINANCE)の登録・口座開設方法を画像付きで徹底解説【PC&スマホ】

\【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久10%OFF/

コンテンツの誤りを送信する

コインチェックからバイナンス(Binance)への仮想通貨を送金する方法(トラベルルール適用後)

コインチェックからバイナンス(Binance)への仮想通貨を送金する方法(トラベルルール適用後)

コインチェックからバイナンスへの送金は簡単にまとめると5ステップで送金することが可能です。

コインチェックからバイナンスへの送金手順
  • ステップ1:バイナンスの口座を開設する
  • ステップ2:コインチェックで送金したい通貨を購入する
  • ステップ3:バイナンスへの送金アドレスを取得する
  • ステップ4:コインチェックに送金アドレスを登録する
  • ステップ5:コインチェックからバイナンスへ送金する

5ステップを画像付きで詳しくみていきましょう。

トラベルルール適用後、以前とは少し送金方法が変わったので注意してください

ステップ1:バイナンスの口座を開設する

バイナンスの口座を開設する

まず初めにバイナンスの口座を開設しましょう。バイナンスはメールアドレスとパスワードだけで簡単に口座開設することが可能です。しかし、2021年8月20日より本人確認が義務化となったため、口座開設後に本人確認を行いましょう。

これもう見た?バイナンスの口座開設から本人確認、2段階認証まで図解で解説【簡単1分で登録できる】

ステップ2:コインチェックで送金したい通貨を購入する

コインチェックで送金したい通貨を購入する

コインチェックで送金したい通貨を購入しましょう。送金で良く使われるのはビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)の3つです。

「バイナンスで簡単な売買しかやらないよ」という方はビットコインかリップルを買っておくのが良いかもしれません。

仮想通貨に慣れ、DeFiを利用したいという方はイーサリアムを購入するのが良いかもしれません。

ステップ3:バイナンスへの送金アドレスを取得する

バイナンスへの送金アドレスを取得する

コインチェックからバイナンスへ送金するためのアドレスを取得します。

まずバイナンスのアプリを開いて右下のウォレットをタップします。

コインチェックからバイナンスへの送金1

次に黄色の入金をタップします。

コインチェックからバイナンスへ送金2

そして、コインチェックから送金したい通貨を検索します。

今回はBTCを例にしてやってみます。検索蘭に「BTC」と入力すると一番上のビットコインが出てくるのでタップします。

コインチェックからバイナンスへ送金3

すると、QRコードとBTC入金アドレスが出てきます。

QRコードの下にあるアドレスがバイナンスへ送るための入金アドレスですので、コピーします(QRコードの保存も可)。

コインチェックからバイナンスへ送金4

入金アドレスはコインの種類ごとに違うので注意してください。

ステップ4:コインチェックに送金アドレスを登録する

コインチェックに送金アドレスを登録する

次にコインチェックからバイナンスへ実際に送金を行います。

まず、コインチェックのアプリを開き、画面右下の「送金と受取」をタップします。

コインチェックからバイナンスへ送金5

送金と受取という画面が出てくるので、送金先の選択をタップします。

コインチェックからバイナンスへ送金6

コインチェックから送金をしたことがない場合、送金先が登録されていないと思います。

送金先の追加をタップします。

コインチェックからバイナンスへ送金7

そして、送金先名と入金アドレスを入力します。

送金先名は自分の分かりやすい名前で大丈夫です。(例 バイナンス、Binanceなど)

入金先アドレスは先ほどバイナンスでコピーした入金アドレス(QRコードでも可)を入力します。

コインチェックからバイナンスへ送金8

入金アドレスに間違いがないかもう一度確認してください。入金アドレスが間違えていると、最悪の場合、送金するはずの資金がなくなってしまいます。

間違いがなければ、追加をタップします。

ステップ5:コインチェックからバイナンスへ送金する

コインチェックからバイナンスへ送金する

送金先の入力が終わったら、下記手順のように選択または入力し最後にBTC送金をタップすると手続きが完了します。

コインチェックからバイナンスへトラベルルール適用後の送金方法
  1. 送金先サービス名・・・「その他」を選択
  2. BINANCEと入力
  3. 受取種別・・・「本人への送金」を選択
  4. 送金したい数量を入力
  5. 「BTCを送金」をタップ

送金までには10分から15分、長い場合だと1時間ほどかかります。

反映されるまでしばらく待ちましょう。うまく送金できていればバイナンス内のBTC残高が増えます。

以上がコインチェックからバイナンスへの送金方法です。

実際にやるとなると不安かもしれません。不安な場合は取引に使う金額の一部を送金し、送金できたのが確認されてから全額を送金するのが良いかと思います。

コンテンツの誤りを送信する

コインチェック(coincheck)の送金手数料

コインチェック(coincheck)の送金手数料

コインチェックからバイナンスに送金する際、送金手数料というものがかかってきます。送金手数料は一定額ではなく、送金を行うコインによって変わってきます。

詳しく見ていきましょう。

コインチェック(coincheck)送金手数料一覧

コインチェック(coincheck)送金手数料一覧

下記が2021年8月時点のコインチェックの送金手数料です。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リスク(LSK)
0.0005 BTC0.005 ETH0.1 LSK
ファクトム(FCT)リップル(XRP)ライトコイン(LTC)
0.1 FCT0.15 XRP0.0001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)ステラルーメン(XLM)
0.001 BCH0.001 MONA0.01 XLM
クアンタム(QTUM)ベーシックアテンショントークン(BAT)アイオーエスティー(IOST)
0.01 QTUM60.0 BAT1.0 LOST
エンジンコイン(ENJ)オーエムジー(OMG)イーサリアムクラシック(ETC)
25.0 ENJ8.7 OMG0.01 ETC

送金で手数料を抑えたいならXRPかIOSTを使おう!

送金で手数料を抑えたいならXRPかIOSTを使おう

仮想通貨を送金する場合は、ビットコインやイーサリアムが頻繁に利用されています。

大きな資金を動かす人、数十万円を運用する人にとってはビットコインやイーサリアムを送金する方が向いていますが、少額で取引をする人には向いていません。

なぜなら、手数料が高いからです。2021年8月現在はのビットコインとイーサリアムの手数料は0.0005BTC、0.005ETHです。

  • 0.0005BTC=約2730円 
  • 0.005ETH=約1791円

1万円で取引をしようと思っている人からすると、手数料だけで20%資金が減るわけですから結構な痛手ですよね。なので送金におすすめなのが手数料の安いリップル(XRP)やアイオーエスティー(IOST)です。

XRPとIOSTの手数料は0.15XRP、1IOSTです。

  • 0.15XRP=約20円
  • 1IOST=約4円

この値段なら取引に使う金額が少ない人でも痛手にはならないと思います。

コンテンツの誤りを送信する

コインチェックからバイナンスへ送金するときの注意点

コインチェックからバイナンスへ送金するときの注意点

注意点は下記の4つ

注意点
  • 現状バイナンスは日本語対応だが、いつ非対応になるか分からない
  • 送金アドレスを間違えない
  • リップルでバイナンスのアルトコインは購入できない
  • 小刻みに送金しない

一つ一つ詳しく解説します。

現状バイナンスは日本語対応だが、いつ非対応になるか分からない

現状バイナンスは日本語対応だが、いつ非対応になるか分からない

2021年8月時点で、バイナンスは日本語に対応していますが、いつ非対応になるか分かりません。というのも、バイナンスは過去に日本市場から撤退しており、その際は日本語非対応でした。

2020年に入り再び日本語対応となりましたが、いつまた非対応になるか分かりません。そうなった場合は、翻訳機能を機能を使って利用するしかありません。また翻訳機能は、おかしな日本語になっている場合が多いので、誤って理解してしまい思わぬ損失を招いてしまう可能性も十分あるので、英語が苦手な方はバイナンスの日々の動向をチェックしておきましょう!

送金アドレスを間違えない

送金アドレスを間違えない

送金するときは送金アドレスがあっているか最低3回は確認しましょう。当たり前ですが、送金アドレスを間違えていると、仮想通貨を送金することができません。また間違えて送金した場合、送金したコインは返ってこない可能性が高いです。

仮想通貨の取引に慣れた人でも送金アドレスを間違えて資金を失うことがあります。私の知人に送金アドレスを間違えて何十万円もの資金を失った方がいます。

なので送金前はしっかりとアドレスを確認しましょう。

最悪、送金ミスをしてしまった場合は、コインチェックに問い合わせましょう!

XRPやIOSTではバイナンスのアルトコインは購入できない

XRPやIOSTではバイナンスのアルトコインは購入できない

手数料の安いXRPやIOSTでバイナンスへ送金した場合、XRPやIOSTのままでは他のアルトコインは購入できません。

バイナンスへ送金したXRPやIOSTを一度バイナンス内でBTCやBNB(バイナンスが発行する仮想通貨)、またはUSDTなどのステーブルコイン(法定通貨にペッグした仮想通貨)に変える必要があります。

このときの取引は手数料がかかります。しかしバイナンスの手数料は国内取引所よりも断然安いのであまり気にする必要はありません

小刻みに送金しない

小刻みに送金しない

小刻みに送金をするとその分手数料がかかります。確認のため、初めの1回は少額で送ってみるというのは良いと思います。

しかし、「送金を行うのが怖い」や「気が変わってもう数万円送金しよう」など4回、5回に分けて送金を行うと手数料だけで数万円となくなってしまいます。

BTCを送金する場合を例とすると、送金手数料は0.0005BTC=約2730円なので、5回に分けて送金をすると約13,650円となります。

私は何回にも分けて送金を行なってしまったため、手数料だけて10万円ほど失ってしまいました。怖いかもしれませんが、送る金額は初めにしっかりと決め、1回で送ってしまいましょう。

また、どうしても送金がうまくいかない場合は、下記記事を参考にして下さい。

これもう見た?【入金ガイド】Binance(バイナンス)!注意点や入金できない時の対処法も紹介

コンテンツの誤りを送信する

Binanceに関するよくある質問(Q&A)

バイナンスが日本で禁止されているのはなぜ?

Binanceは日本の金融庁に認められていないため、 金融庁から認可を受けていません。

バイナンスは認可を受けずに日本人にサービスを提供しているため日本で禁止されているとされています。

日本でバイナンスは使えますか?

「Binance(バイナンス)」は26日、日本の規制を遵守するため、2023年11月30日までに日本居住者向けのグローバル版のサービス提供を段階的に終了すると発表しています。

今後は既存ユーザーはこれまでどおりバイナンスを利用することはできますが、いつまで利用できるのかは現状では不明です。

コレもう見た?日本居住者はいつまでバイナンスを利用できるのか?考察してみた【仮想通貨歴7年】

コンテンツの誤りを送信する

【まとめ】バイナンスで取引を始めよう!

今回はコインチェックからバイナンスへの送金方法をまとめました。

少し難しいかもしれませんが、理解して慣れればとても簡単です。

送金が終わったら、早速バイナンスで取引をしてみましょう。バイナンスの取引通貨は約300種類以上あり、取引形態も様々あります。300種類以上ある通貨から、10倍や100倍になりそうな通貨を見つけてどんどん取引を行なっていきましょう。

またバイナンスでは仮想通貨のステーキングセービングが行なえ、トレード以外で低リスクで資産を増やす方法がたくさんあります。

ぜひ知識を深めて色々な手法で資産を増やして下さい。

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

水澤 誉往のアバター 水澤 誉往 代表取締役/仮想通貨投資家

株式会社jaybe 代表取締役。香川県三豊市出身。2010年4月、株式会社一誠社入社。2011年よりFX取引を開始。2016年3月30日、bitFlyer代表取締役社長・加納裕三氏が出演する動画で仮想通貨に興味を持ち、 1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したことが仮想通貨投資の始まり。2017年11月、仮想通貨投資で身に付けた知識・経験を活かし、自身初のブログ「次男坊の仮想通貨な日」を立ち上げ。2018年4月、JinaCoinの前身である「ジナキャッシュ」開設。2019年10月、収益の安定化に成功し、株式会社一誠社を退職、個人事業主として独立。2020年6月、事業拡大に伴い、株式会社jaybe(法人番号:7470001018079)を創業。
2023年、メディアの名称を「JinaCoin」に変更。月間15万PVを超える仮想通貨情報メディアに成長させる。現在は仮想通貨投資を行う傍ら、仮想通貨の普及活動やマーケットリサーチ等を行なっている。仮想通貨投資活動:現物保有・デリバティブ取引・DeFi運用・エアドロップ活動。好きな銘柄:ビットコイン。著書:海外FXのはじめ方完全ガイド。WEB取材:凄腕FXトレーダーへインタビュ ー!vol.8=TitanFX。趣味:投資全般・SEO・読書

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメント一覧 (3件)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次