きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

MetaMask(メタマスク)の使い方|登録方法から入金、送金方法まで解説

アイキャッチ初心者ガイド
この記事をざっくり言うと…
  • Metamaskはブラウザの拡張機能のため、Google ChromeとFire Foxのブラウザどちらかが必要
  • Metamaskにはビットコイン(BTC)は保管できない
  • NFTマーケットプレイスの利用にはMetamaskが必須と言っても過言ではない

MetaMask(メタマスク)とは?

メタマスクって何?

MetaMask(メタマスク)とは、イーサリアム系の仮想通貨を保存できる、一番有名なWebウォレットです。

MetaMaskはイーサリアム系の仮想通貨を保管するだけではなく、今流行りのNFTゲームやNFTマーケットプレイスでのトレード、DeFiサービスなどの連携にも対応しています。

この汎用性の高さは非常に魅力的です。

じなんぼー
じなんぼー

イーサリアム系の仮想通貨を使うなら、MetaMaskさえ持っていれば事足りるよ!

仮想通貨を取引所ではなくウォレットで保管した方が良い理由、それはハッキングリスクにあります。

もしあなたが悪いハッカーなら、たくさんの人の仮想通貨がある可能性が高い取引所と、いくら入っているかわからない個人のウォレット、どちらを狙いますか?取引所を狙うと思います。

それでもMetaMaskは、ホットウォレットである以上は、ハッキングリスクはゼロではありませんが、一般的には取引所よりは安全と言われています。

ホットウォレットとコールドウォレットの違い
 
種類大きな特徴
ホットウォレットインターネットに接続されている
(インターネット経由でのハッキングリスク有)
・取引所のウォレット
・Webウォレット
・ソフトウェアウォレット(スマホアプリ)
コールドウォレットインターネットから切断されている
(インターネット経由でのハッキングリスク無)
・Ledger nano5等のハードウェアウォレット
・紙に秘密鍵などを印刷したペーパーウォレット
ホットウォレットのセキュリティの高さは…
 Webウォレット ≧ ソフトウェアウォレット ≧ 取引所ウォレット

コールドウォレットはホットウォレットよりセキュリティが高いのが魅力ですが、その代償として利便性が低いです。

理想は、ホットウォレットとコールドウォレットを合わせて使用し、利便性を高めてリスクを分散させるのが良いでしょう。

MetaMask(メタマスク)の入手方法と初期設定

入手方法と初期設定

それでは早速MetaMaskのインストール方法を説明します。

Google Chrome(グーグルクローム)のウェブストアでMetaMaskを検索

▼chromeウェブストアで検索

MetaMaskは、Google Chrome(グーグルクローム)というブラウザの拡張機能として使えます。

IE(インターネットエクスプローラー)やMicrosoft Edge(マイクロソフト・エッジ)等のブラウザでは使用できないので注意してください。

Chromeウェブストアの検索窓に「MetaMask」と入力して検索し、「MetaMask」をクリックします。

類似品に注意しましょう!
MetaMaskのURLは https://metamask.io です。
必ず確認してからクリックしましょう。
 
▼「chromeに追加」をクリック

 

▼ポップアップが出るので、「拡張機能を追加」をクリック

 

▼「開始」をクリック

メタマスクの開始をクリック

これでブラウザの拡張機能にMetaMaskが追加されました。このまま初期設定するので、「開始」をクリックしましょう。

「ウォレットの作成」をクリックし、初期設定を開始する

▼右側の「ウォレットの作成」をクリック

メタマスクウォレットを作成をクリック

▼パスワードを作成し、チェックを入れて「作成」をクリック

チェックを入れて作成をクリック

任意でパスワードを作成します。作成したら忘れないようにメモ帳等に保存しておきましょう。

次に、「使用条件を読んで同意しました」のマスにチェックを入れ、「作成」をクリックします。

 

▼「秘密のバックアップフレーズ」を保存し、「次へ」をクリック

秘密鍵のバックフレーズをコピー

「秘密のバックアップフレーズ」が表示されます。最初はグレーアウトしていますが、クリックすると明転して表示されます。※12種類の英単語です。

表示されたら、携帯カメラで写メを撮り、更にメモ帳等に保存しておきましょう。

このフレーズは、間違ってブラウザから拡張機能を削除してしまった時や、MetaMaskが入っているパソコンが故障してしまったりした時に、自分のアカウントを復元させるために必要になります。絶対に無くさず、他人には教えないようにしましょう。

 

▼「秘密のバックアップフレーズ」を順番通りにクリックし「確認」をクリック

先ほど保存した「秘密のバックアップフレーズ」を入力します。入力と言っても予め12個の英単語が並んでいますので、保存したメモを見ながら順番通りにクリックします。

12個全てクリックしたら「確認」をクリックします。

 

▼「すべて完了」をクリック

すべて完了をクリック

MetaMaskを安全に保管するためのヒントが表示されます。

読んだら「すべて完了」をクリックします。これで初期設定は完了です。

ブラウザの拡張機能の中にMetaMaskはあります

MetaMaskは通常のアプリと違って、デスクトップにショートカットが表示されたりしません。

ブラウザの上段にある「拡張機能」をクリックすると表示されます。

秘密鍵(プライベートキー)の保存

MetaMaskから仮想通貨を出金する際などに必要なのが、秘密鍵(プライベートキー)です。

先ほど保管したパスワードや「秘密のバックアップフレーズ」とはまた別物です。

秘密鍵を他人に知られてしまうと、ウォレットから勝手に出金されてしまう可能性があります。パスワードや秘密のバックアップフレーズ、秘密鍵は絶対に他人には教えないようにしましょう。

パスワード…MetaMaskにログインしたりする際に必要
秘密のバックアップフレーズ…ウォレットのアカウントを保護・復元する際に必要
秘密鍵(プライベートキー)…ウォレットから出金したり、アカウントにウォレットをインポートする際に必要
 
▼MetaMaskの画面右上の「 ⁝ 」をクリック

ブラウザの拡張機能からMetaMaskを開きます。

開いた画面の右上、「 ⁝ 」をクリックします。

 

▼「アカウントの詳細」をクリック

メニューが表示されるので、「アカウント詳細」をクリックします。

 

▼「秘密鍵のエクスポート」をクリック

MetaMaskのアカウント画面が表示されるので、下段の「秘密鍵のエクスポート」をクリックします。

 

▼パスワードを入力し、「確認」をクリック

MetaMaskパスワードを入力し、右下の「確認」をクリックします。

アルファベットと数字の組み合わせが秘密鍵です。表示された秘密鍵を、絶対に無くさず、他人にも知られないよう厳重に保管します。

MetaMask(メタマスク)のメリット

メタマスクのメリット

イーサリアム系の仮想通貨を保管する場合、MetaMask(メタマスク)は絶対と言って良いほど必要になります。

ここではそんなMetaMaskのメリットや選ばれる理由を解説します。

  • 誰でも簡単かつ無料で使える
  • 世界最大のNFTマーケットプレイスなどで連携できる

誰でも簡単かつ無料で使える

仮想通貨の現物を保有する場合、現実の通貨と違ってお札やコインといった物はありません。

ここがまず誰もが最初にとまどう部分ですが、仮想通貨はウォレットというアプリや取引所に保管します。

MetaMaskは日本語に完全対応しており、操作する画面(ユーザーインターフェース)は非常にわかりやすく、しかもずっと無料で使用できる便利なWebウォレットです。

もっと言えば、世界中で多くの利用者が存在し、検索すればMetaMaskに関する情報は豊富にあり、わからないことはすぐに調べられます。

こういった安心感も、更に利用者が増える要因となっていると思います。

じなんぼー
じなんぼー

ブラウザの拡張機能だから余計な広告とかも無いんだね

世界最大のNFTマーケットプレイスなどで連携できる

「Open Sea」と呼ばれる世界最大のNFTマーケットプレイスがあるのですが、そこでも当然MetaMaskは必須です。

その他の著名なNFTマーケットプレイスでもMetaMaskに対応しており、イーサリアム系の仮想通貨はMetaMaskさえ持っていれば不自由することはありません。

NFTはイーサリアムと密接な関係にあり、今後のNFT市場の拡大も見込まれるため、乗り遅れないようにまずMetaMaskを設定しておきましょう。

MetaMask(メタマスク)のデメリット

デメリット

イーサリアム系の仮想通貨を保管するのに必須なMetaMaskですが、デメリットもわずかながら存在します。

  • 使えるブラウザが少ない
  • ホットウォレットであるため、ハッキングリスクがある

使えるブラウザが少ない

MetaMaskは、ブラウザの拡張機能として使うため、対応していないブラウザが多くあります。

2021年9月時点で、MetaMaskが使えるブラウザは以下の2点です。

  • Google Chrome
  • Fire Fox

そのため、普段これらのブラウザを使用していない人は、新たにブラウザをインストールする必要があります。

ホットウォレットであるため、ハッキングリスクがある

MetaMaskはホットウォレットである以上は、ハッキングされるリスクがゼロになることはありません。

もし、大きい金額でトレードしたりする場合、リスク管理は慎重に行いましょう。

過去に海外で保険DeFiプロトコルの創業者が、自身のMetaMaskをDeFiに接続した際、ハッカーからの偽の署名によりPCがハッキングされ、そこから仮想通貨を盗まれたという事件がありました。

その被害額がなんと約8億円というから驚きです。

このように、あまりセキュリティが信用できないサイトへMetaMaskを連携したり、メールなどで怪しい勧誘があった場合はMetaMaskを連携してはいけません。

人に勧められたから、という安易な理由で大切な資産である仮想通貨を危険にさらすのはやめましょう。

じなんぼー
じなんぼー

MetaMaskが危ないというよりは、信頼できないサイト・サービスが危険なんだね

MetaMask(メタマスク)の使い方

使い方

まずMetaMaskを使う方法として、最初にイーサリアム系の仮想通貨を持っている必要があります。

事前に国内取引所で口座を開設し、日本円(JPY)でイーサリアム系の仮想通貨を買っておきましょう。

おすすめの国内取引所は、「GMOコイン」です。ここは送金手数料が無料なので、ここから送金するのが一番かと思います。

 

MetaMask(メタマスク)への入金方法

入金するイーサリアム系の仮想通貨が用意できましたら、さっそくMetaMaskへ入金しましょう。

▼クリップボードにコピーをクリック

MetaMaskへ入金する場合、まずはMetaMaskのアドレスをコピーします。

MetaMaskを開いてマウスを画面上部の「Account 1」に重ねます。

すると「クリップボードにコピー」という表示が出ますので、それをクリックすればコピー完了です。

後は取引所等で出金先アドレスの欄に、このMetaMaskのアドレスをペーストして送金手続きを行いましょう。

MetaMask(メタマスク)へ他の仮想通貨を追加する方法

MetaMaskは、初期状態だとイーサリアム(ETH)しか残高が表示されていません。

もしイーサリアム以外の仮想通貨を保管したい場合、トークンを追加する必要があります。

▼「トークンの追加」をクリック

MetaMaskのメイン画面の下部に「トークンの追加」というボタンがありますので、それをクリックします。

▼追加したいトークン(仮想通貨)名を入力

追加したいトークン名を、検索窓へ入力します。名前全て入力せずとも、頭文字を入れるだけで候補が表示されます。

追加したいトークンが表示されたら、そちらをクリックします。

イーサリアム(ETH)以外で追加できるトークンはERC-20系のトークンだけです。ビットコイン(BTC)等はイーサリアム系では無いので入金できません。
▼「トークンの追加」をクリック

追加したいトークンに間違いが無ければ、画面下部の「トークンの追加」をクリックします。

▼MetaMaskにその他のトークンが追加

MetaMaskのTOP画面に新しいトークンが追加されました。入金手順はイーサリアム(ETH)を入金する時と同じ手順で入金できます。

じなんぼー
じなんぼー

何度も言うけどビットコイン(BTC)はMetaMaskには入金できないから気をつけてね

MetaMask(メタマスク)から出金する方法

MetaMaskから出金する場合はどうやれば良いのでしょうか。解説します。

▼MetaMaskへログイン後、「送信」をクリック

送信をクリック

▼必要事項を全て入力

送信先アドレス、金額を入力

 

トランザクションフィーを選択

  1. 送信先のアドレスを入力 ※コピペしましょう
  2. 出金額を入力
  3. Transaction Fee(トランザクションフィー)を選択

上記の事項を全て入力します。送信先のアドレスは、1文字でも間違うと仮想通貨が失われてしまう可能性があるので、必ずコピペしましょう。

Transaction Feeは、いわゆるネットワーク手数料のことで、取引を承認してくれる人(マイナー)へ支払う報酬です。「Fast」を選べば承認が早くなりますが、手数料は高くなります。

反対に「Slow」を選べば承認は遅くなりますが、手数料は安くなります。

時間帯等でも承認速度は変わってくるので、無理のないTransaction Feeを選択しましょう。

じなんぼー
じなんぼー

出金作業は焦らずにやろう!

ガス代について

ガス代についての図

ここで忘れてはいけないのが、ガス代の存在です。

通常、ブロックチェーン技術を使用した仮想通貨を送金する場合、その取引に必要なデータ計算処理(マイニング)を行ってくれる人(マイナー)に支払う手数料が発生します。ビットコインの手数料はこれだけなのですが、イーサリアムはこの手数料の他にスマートコントラクトを実行する際にも手数料が必要となります。

その二つの手数料を合わせた合計の手数料がイーサリアムにおけるガス代となります。

ガスはその単位の指標で、ガス代とはその取引が実行・承認してもらうための手数料です。
このガス代はユーザーが上限を設定できますが、低すぎるとマイナーに後回しにされていつまで経っても取引が承認されないという事態が起こる可能性があります。

早く承認してもらうためには高めのガス代を設定する必要があります。

詳しくは下記記事にて解説していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

今回は、イーサリアムやイーサリアム系の仮想通貨を保管するのに最適なWebウォレット、MetaMask(メタマスク)のインストール方法や入金方法について詳しく解説しました。

いろいろ便利なウォレットは数あれど、MetaMaskさえ持っていれば大抵は事足ります。

また、最近特に盛り上がりを見せているNFTマーケットプレイスにおいても、NFTトークンはイーサリアムと非常に親和性が高いため、「持っていると便利」というよりは「持っていないと話にならない」レベルでMetaMaskの必要性が高いです。

同じホットウォレットでも、ハッカーに狙われやすい取引所のウォレットよりMetaMaskの方が安全とも言われています。

しかしながらいくら安全性が高いウォレットでも、100%安全かと言われればそうではありません。

リスク管理はしっかりと行いましょう。

監修者情報
ミズサワ

じなんぼーことミズサワです。仮想通貨歴2016年3月~。2016年3月30日、1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したのが仮想通貨投資の始まり。そこから仮想通貨の現物取引を開始し、仮想通貨FXやレンディング、現先クロス等様々な手法で仮想通貨投資を進めている。現物取引のメイン口座はBinance、仮想通貨FXのメイン口座はBybit。ジナコインでは仮想通貨初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

初心者ガイド
ジナコイン

コメント