きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

イーサリアムのガス代とは?計算方法から節約方法までわかりやすく解説!

イーサリアムのガス代とは?仕組みと計算方法、節約方法を解説初心者ガイド
【Bybit×ジナコイン】コラボ入金ボーナスキャンペーン開催中
2021年6月21日から2021年7月5日まで
当サイトジナコインと仮想通貨FX取引所Bybitとのコラボ入金キャンペーン開催されています。 詳しいキャンペーン内容は下記リンクをクリックしてご確認ください。

▼この記事をざっくり言うと・・・

  • イーサリアムのガス代とは送金手数料のことです。
  • ガス代はユーザーがある程度設定でき、たくさんガス代を払えば早く送金できるメリットがあります。
  • 近年ではガス代(送金手数料)の高騰が問題になっており、その計算方法や節約方法を解説します。

イーサリアム(Ethereum)とは?

ここでいうイーサリアム(Ethereum)は、仮想通貨銘柄のイーサ(ETH)ではなく、プラットフォームのイーサリアムです。

イーサリアムはネット上の自動販売機のようなスマートコントラクトという大変便利な仕組みを提供するプラットフォームです。ブロックチェーン上でプログラムを動かせることから、近年ではブロックチェーン技術を駆使したブロックチェーンゲーム等も盛んに開発が行われています。

関連記事スマートコントラクトとは?初心者でもわかりやすく解説

イーサリアム(Ethereum)のガス代とは?

イーサリアム(Ethereum)のガス代とは、送金手数料のことです。ユーザーが行いたい取引に対して、どれだけの計算ステップが必要なのかを測る指標となります。

通常、ブロックチェーン技術を使用した仮想通貨を送金する場合、その取引に必要なデータ計算処理(マイニング)を行ってくれる人(マイナー)に支払う手数料が発生します。ビットコインの手数料はこれだけなのですが、イーサリアムはこの手数料の他にスマートコントラクトを実行する際にも手数料が必要となります。

その二つの手数料を合わせた合計の手数料がイーサリアムにおけるガス代となります。

ガスはその単位の指標で、ガス代とはその取引が実行・承認してもらうための手数料です。
このガス代はユーザーが上限を設定できますが、低すぎるとマイナーに後回しにされていつまで経っても取引が承認されないという事態が起こる可能性があります。

ガス代(手数料)の必要性

イーサリアムがガス代を必要とするにはマイナーに支払う手数料とは別の意味合いでも必要不可欠です。

それはネットワークの過大な負荷を軽減するという大事な役割があります。
イーサリアムの仮想通貨(イーサ=ETH)はビットコインの次に人気の仮想通貨です。しかし、世界中でイーサリアムのプラットフォームを利用した取引が増えるとイーサリアムのネットワークに多大な負荷がかかり、送金するスピードも落ちてしまいます。その負担があるラインを越えないようにガス代という手数料を課してコントロールしているのです。

世界中で取引が活発に行われた時、マイニングを行うマイナーの作業が追い付かなくなる可能性もあります。その場合、ユーザーが高めのガス代を設定したとき、マイナーは高いガス代(マイナーにとっては報酬)の取引から優先的に承認作業を行うことになります。このようにマイナーの労働単価を高め、ネットワークに過度の負担をかけないという意味でも非常にガス代は重要なのです。

ガス代のおかげでセキュリティが高まる

ガス代を設定することは結果的にセキュリティを高める要因にもなります。
イーサリアムは過去にDos攻撃等のサイバー攻撃に遭ったことがあります。それに対応する手段としてもガス代は重要です。

※Dos攻撃とは…ネットワークやサーバーに必要以上の負担をかけたり、セキュリティの脆弱性を突いたりすること

イーサリアムのガス代は全ての取引に発生します。そうです。Dos攻撃などのサイバー攻撃を行う人もガス代は支払う必要があるのです。これにより、結果的にサイバー攻撃を行うモチベーションをある程度は奪っていることになります。

更にイーサリアムは過去の数回のアップデートにより、ガス代の平均価格も変動しています。これもまた間接的にDos攻撃から身を守っていることになります。

イーサリアムのガス代(手数料)の計算方法

イーサリアムは、ガスの単価(Gwei)とリミット(Gas limit)をかけて正式なガス代となります。この場合のガス代は最大値で実際に消費したガス代を差し引いて余りがあれば返金されます。

実際に1ETHを送金した場合のガス代の計算方法を見てみましょう。

  1. まず、リミット(Gas limit)を設定します。このリミットまでガスを消費する場合があります。
  2. 取引の複雑さによってGasの消費量が決まります。
  3. 送金がマイナーによって承認された場合、ブロックチェーンのブロック生成時にガスを消費します。
  4. 消費したガスはマイニング手数料としてマイナーに全額支払われます。
  5. リミットから実際のガスの消費量を差し引いて、余りがあれば返金されます。

計算式)リミット(Gas limit)×ガス単価(Gwei)-実際に使用したガス=実際に支払うガス代(ETH)

イーサリアムの取引実行前には『ETH Gas Station』(イーサ・ガスステーション)にアクセスすれば、その時点のネットワーク混雑状況に応じた適切なガス代の目安がわかります。

ガス(Gas)の単位

ガス(Gas)の単位はイーサリアム(ETH)表記だと非常にわかりにくいため、ガスの単位には『wei』という単位を使用します。weiはETHの一番小さな単位です。

単位ETH
wei(小さい)0.000000000000000001
kwei0.000000000000001
mwei0.000000000001
gwei0.000000001
szabo0.000001
finney0.001
ether1
kether1,000
mether1,000,000
gether1,000,000,000
tether(大きい)1,000,000,000,000

トランザクションとガス代の関係

トランザクション(取引)とガス代の関係性について解説します。

ガス代を高く設定すると待ち時間が短くなる

マイニングを行うマイナーは、ガス代(手数料)が高い取引を優先的に処理します。なので、ガス代を高くすれば待ち時間が短くなり、通常より早く承認されます。

例)オークションで他人よりも早く落札したい場合、通常より少し高めのガス代を設定することで他のプレーヤーより早く取引を承認してもらうことができます。

ただし、ネットワークが混雑している時間帯は要注意です。

短時間に大量の取引が世界中であると、取引を承認するマイナーの承認が追い付かないことがあります。マイナーはガス代(手数料)が高い取引を優先的に承認するので、混雑時にはガス代を高めの設定しないと承認されるまでかなりの時間がかかることがあります。これを避けるためには混雑していない時間帯を狙うというのも一つの方法です。

ガス代は燃料のような物

車でもガソリンがたくさん入っていればそれだけ遠くまで走れます。イーサリアムのガス代も同じ考えで、ガスリミット(UNITS)を高く設定しておけばより多くのアドレスに届くことができます。ここをケチって少なくした場合、最悪は取引が承認されず取引自体が実行されないこともあります。ただ、ガスリミットを上げすぎた場合でも実際に使用したUNITSしか減らず、余ったUNITSは払い戻してくれる仕組みもあります。
ガス代=ガソリンと置き換え、少なすぎると取引が実行されない可能性があると覚えておいてください。

ガス代はガソリン価格と等しい考え方

ガソリンでもレギュラーガソリンより価格が高いハイオクガソリンの方が質は高いです。
イーサリアムのガス代も同様で、ガス代が高い取引ほどマイナーは優先してその取引を承認します。なので急ぎの取引の場合、少し高めのガス代を設定して早く承認してもらうというのも一つの手です。ただし、上げすぎるとそれはそれで損失となってしまう点には気を付けましょう。

イーサリアムのガス代を節約する方法

イーサリアムのガス代を節約する一番の方法は先述した『ETH Gas Station』(イーサ・ガスステーション)にアクセスし、その時点での適切なガス代を把握することです。

「前回これぐらいだったから今回も同じぐらいで良いだろう」と思って確認せずに取引を実行しても、ガス代が高すぎて損することだってあります。
必ずイーサリアムで取引する場合は、イーサ・ガスステーションでその時点での適切なガス代を確認しましょう。

また、使用しているウォレットによっては初期設定されているガス代がその時点の適切なガス代より高い設定になっていることもあります。必ずウォレットの設定も確認してからイーサリアムの取引を行いましょう。

最後に取引が混雑していない時間帯を狙うというのも有効な手段です。

取引(トランザクション)が混雑しているかどうかは『ETH Gas Station』(イーサ・ガスステーション)で確認できます。

ガス代が高騰している理由

2020年1月にはイーサリアムのガス代は日本円で一回の送金につき平均約9円程度だったのに対し、2021年5月では日本円で約数千円にまで高騰しました。これではせっかく魅力的なイーサリアムのプラットフォームも高すぎるガス代のせいでユーザーが離れていってしまうことでしょう。

なぜここまでイーサリアムのガス代が高騰してしまったのでしょうか。その高騰の背景には、マイニングを行うマイナーがガス代が高い取引を優先して承認しているというのも一つの要因です。ただ、これはマイナーも人間が行っている以上は同じ作業ならより単価の高い仕事を優先するのは当たり前ですよね。このあたりについてはイーサリアムの開発者であるビタリック・ブテリン氏を初めとした複数のエンジニアが新しいシステムの提案を行っています。それ以外にもイーサリアムのウォレットで有名な「メタマスク」の開発者であるダン・フィンレイ氏も別のシステムを提案しています。今後はこういった動きでガス代のせいで利用者が減ってしまったということが無いようあるべき方向へ進んでほしいものです。

まとめ

ここまでイーサリアムのガス代とその適正価格の確認方法、ウォレットの初期設定を見直すことでガス代が節約できる場合があるということを述べてきました。

ただ皆さんに誤解しないでほしいのは、「ガス代=悪」では無いのです。イーサリアムのネットワークを安定させて運営するには必ず必要な物なのです。あくまでも必要以上に払いすぎないようにその時点での適切なガス代を確認する必要はありますが。

イーサリアムのプラットフォームに限らず、これからブロックチェーン技術やスマートコントラクトは私たちの生活に欠かせないものとなりつつあります。
そのシステムに理解を深め、時代に乗り遅れないようにしたいものですね。

この記事を読んでくれた皆さんに爆益あることを祈りつつ筆を置きます。

コメント