【2024年6月】スピンドル(ガクトコイン)の今は?特徴と将来性を仮想通貨歴7年が解説

【2022年10月】スピンドル(ガクトコイン)の今は?特徴と将来性を仮想通貨歴6年が解説
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

スピンドル(ガクトコイン)は芸能人のGACKT氏がプロジェクトに関わっていたとして、2018年当時話題を呼んだ仮想通貨です。

しかしながら、スピンドル(ガクトコイン)は悪い噂が絶えませんので、「詐欺コインなのでは?」と心配している人も多いでしょう。

そこで今回の記事では、スピンドル(ガクトコイン)について以下のポイントを中心に解説していきます。

  • そもそもスピンドルとはどのような仮想通貨なの?
  • スピンドルが詐欺コインだと思われる理由について
  • スピンドルの将来性は〇〇であること

ぜひ最後までご覧ください。

コンテンツの誤りを送信する

目次

スピンドル(ガクトコイン)とは?

スピンドル(ガクトコイン)とは?

さっそくスピンドルについての基本情報から解説していきます。

スピンドルは、芸能人のGACKT氏がプロジェクトに関わっていた仮想通貨の一種です。GACKT氏のような大物有名人が仮想通貨に関わる事例はあまりなく、プロジェクト発表当時は話題になりました。

GACKT効果で220億円ものICOを実施した

GACKT効果で220億円ものICOを実施した

スピンドルといえば、2018年5月に実施したICOが有名でしょう。

ICOを実施して調達した資金額は、なんと220億円にものぼります。

当時それほど仮想通貨に対して認知がない中、これほどの資金を調達できたのは、やはりGACKT氏が広告塔としての役割を引き受けていたからに違いありません。

スピンドル(ガクトコイン)が目指すもの

スピンドル(ガクトコイン)が目指すもの

ここでスピンドル(ガクトコイン)の基本情報を改めて記載しておきます。

通貨名SPINDLE
通貨単位(ティッカーシンボル)SPD
発行枚数100億SPD
発行元BLACKSTAR&Co.

スピンドル(ガクトコイン)は、もとより「ZETA」と呼ばれるプラットフォームを開発するために開発されました。

ZETAとは、スマートコントラクト機能を利用して、個人投資家と仮想通貨の機関投資家がマッチングできるプラットフォームのことです。このZETAを開発する背景として、より多くの人に公平な取引をしてもらいたいという考えがあったようです。

個人投資家の力は非力なもので、機関投資家と比べたら資金力もなければ、手に入れられる情報も少ないものでしょう。そのため、個人投資家が取引によって生み出せる利益は、機関投資家に比べて大した金額になりません。そのような状況を打破するためにも、スピンドル(ガクトコイン)が開発され始めました。

スマートコントラクト機能を用いることで、透明性が高い状態での契約が可能になるため、ブロックチェーン上で安心した取引ができることになります。

さらに、スピンドル(ガクトコイン)を利用することで、銀行や証券会社などの第三者の介入をなしに、資産管理が可能です。スピンドル(ガクトコイン)は、まさに中央集権的な権力を排除した仮想通貨だといえるでしょう。

スピンドル(ガクトコイン)のデメリットについて

スピンドル(ガクトコイン)のデメリットについて

投資家にとっては、嬉しい機能が備わっているスピンドル(ガクトコイン)ですが、2024年6月現在では、プロジェクトの開発が滞っています。

確かにスピンドルのプロジェクト自体は、投資家にとって有益なものです。しかし、スピンドルが怪しいと思われる理由として、過去に下記のような悪いニュースが報道されてしまっていることが挙げられます。

金融庁からの行政処分が下されている

金融庁からの行政処分が下されている

スピンドル(ガクトコイン)の創業者である、宇田修一氏は、金融庁から行政処分を受けています

金融商品取引業者としての運営が問題視されてしまい、2018年9月7日に業務廃止命令が出されてしまいました。

【参考:http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp032000772.html

もとより宇田修一氏が運営するドラグーンキャピタル株式会社に対して、2016年6月に投資家保護の観点から問題があるとして、資料の提出を求められていたそうです。しかし、宇田修一氏は、1年半以上資料の提出がないまま過ごしていました。

関東財務局が、未提出となっている資料の提出を求めましたが、宇田修一氏は対応せず。結果、業務廃止命令と業務改善命令が下されてしまいました

この処分が報道されたことで、スピンドルは大打撃。報道後はスピンドル(ガクトコイン)の信用が一気に落ちてしまいました。

GACKT(ガクト)がスピンドル(ガクトコイン)から離れている

GACKT(ガクト)がスピンドル(ガクトコイン)から離れている

スピンドルを怪しい仮想通貨だと思わせる要因として、広告塔のGACKT氏がスピンドルから離れてしまっている点が大きいでしょう。

スピンドルからGACKT氏が離れたきっかけとして、野田聖子氏とのニュースが挙げられます。そのニュースの内容とは、GACKT氏が野田聖子氏と手を組んで、金融庁に圧力をかけたという内容です。

そもそもではありますが、野田聖子氏は2018年1月に金融庁の担当者を呼びつけて、無登録のままであったスピンドルに対して、便宜を図るように指示していたそうです。

上述した内容と、GACKT氏が野田聖子氏と親交が深かったことから、「二人して金融庁に圧力をかけたのでは?」という内容が報道されました。スピンドルの運営会社であるBLACKSTAR&Co.は、この報道を受けてGACKT氏を広告塔から外すことを発表。

GACKT氏が離れたことによって、スピンドルの価格がさらに下落してしまいました。

【参考:https://friday.kodansha.co.jp/article/9586

日本のオフィスが閉鎖している

日本のオフィスが閉鎖している

スピンドル(ガクトコイン)の運営会社であるBLACKSTAR&CO.は、2018年8月に日本から拠点をロンドンに移しました。

拠点を移した理由として、日本の暗号資産の規制が激しいことや、事業パートナーがイギリスにいることが表向きの理由となっています。しかし、実際のところは違った理由があるでしょう。

宇田修一氏のニュースであったり、GACKT氏と野田聖子氏のニュースであったり、スピンドルに関してマイナスなニュースが目立ち、スピンドルの価格は暴落。

この事実から説明責任を逃れたくて海外に逃亡したのではないか、と多くの人は予想しています。

スピンドル(ガクトコイン)のチャートを分析

スピンドルの2024年6月現在の価格は、約0.004138円です。過去にあるさまざまなニュースがスピンドル(ガクトコイン)の価格に影響を与えてきました。

ここでは、過去のニュースが起こったタイミングになぞってスピンドルのチャート分析をしていきます。

2018年に取引所に上場した際の価格

スピンドル(ガクトコイン)2018年チャート

スピンドルは、2018年に5つの取引所に上場したと説明しました。

その際には多くの人が取引をしたため、同年6月頃には流通量が増えて、スピンドルの最高値となる4円台を記録しています。

その後もいくつかの取引所に上場する予定ではありましたが、同年7月頃から風向きが怪しくなり始めました。既述した事件がどんどんと起きてしまったのです。宇田修一氏の事件から始まり、野田聖子氏までさまざまな悪いニュースが積み重なっていきました。

同年6〜8月頃には1円台付近をうろうろしていたスピンドルの価格は、同年11月頃から0.2円程度の価値にまで落ち込んでしまいます

2018年以降の価格推移

2018年以降の価格推移

一通り悪い材料が出たので、あとは価格が上がるのみだと多くの投資家は思うものです。しかし、スピンドル(ガクトコイン)の価格は2018年以降でさらに低迷していきます。

2019年になって0.1円程度の価値があったスピンドルの価格は、0.006円にまで落ち込んでしまいました。たった1年でその価値は、およそ16分の1程度にまで落ちたということです。

その後は仮想通貨のバブル相場と言われた2020年、2021年になってもスピンドルの価格が上昇することはなく、0.01円台を推移し続けています。

そして、スピンドルのプレセール価格は30円でした。このプレセール価格から考えると、3,000分の1にまでスピンドルの価値が落ちたことになります。

これだけ価値が落ちてしまっては、いわゆる詐欺コインと言われても仕方ないかもしれません。今からスピンドルに手を出すには、リスクが高いとも言えるでしょう。

スピンドル(ガクトコイン)の将来性は?

スピンドル(ガクトコイン)の将来性は?

スピンドル(ガクトコイン)の将来性は、正直期待しない方が良いでしょう。

2018年11月にスピンドルのプラットフォームである、ZETAのα版をリリースしました。しかし、スピンドルの発行体であるBLACKSTAR&CO.のグループ会社が、2019年3月にBLUEBELT株式会社と業務提携を結んだことを報告して以来、一切の音沙汰がありません。

【参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000033739.html

また、スピンドルの公式サイトを参照してみても、2019年3月15日のプレスリリースを最後に更新されていないことから、プロジェクトが頓挫してしまっている可能性が高いです。

【参考:https://spindle.zone/

さらにスピンドルの将来性が低いことを決定づける点があります。それは、運営母体であるBLACKSTAR&CO.の公式サイトが削除されてしまっていることです。

【参考:https://black-star.zone/en/

ZETAプラットフォームの開発が進み、プラットフォームとしての人気が高まれば、再びスピンドルの価格が高まることはあるかもしれません。

しかし、運営会社の公式ホームページが削除されていることや、2019年以来の開発状況が不透明なことから、今後ZETAの開発が進むことはない可能性が高いです。そのため、開発者の信頼性や今後の将来性を考えた上で、スピンドルの購入はおすすめできません。

スピンドルのような仮想通貨を購入するのであれば、信頼できる取引所に登録されている仮想通貨を購入することをおすすめします。

信頼性の高い仮想通貨を購入するためには?

信頼性の高い仮想通貨を購入するためには?

スピンドル(ガクトコイン)のような信頼性の低い仮想通貨を購入するぐらいであれば、有名な取引所に上場されているアルトコインを購入することをおすすめします。

時価総額の低いアルトコインとなると、どうしても海外で開発されている銘柄が中心になります。そのため豊富なアルトコインを取引したいとなると、海外の取引所が中心になるでしょう。

ここでは、信頼性の高いアルトコインを購入できる取引所を紹介いたします。アルトコインの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくだい。

BINANCE(バイナンス)

Binance(バイナンス)
取引所名Binance(バイナンス)
運営会社Binance Holdings Ltd.
設立年2017年
所在地セイシェル、ケイマン諸島
取引方法現物取引レバレッジ取引資産運用サービス
最大レバレッジ20倍
取引銘柄数300種類以上
取引手数料メイカー:0.1%テイカー:0.1%
入出金手数料無料
日本語対応
スマホアプリ

バイナンスの登録ユーザーは世界で9000万人以上と言われており、CoinMarketCapが独自に算出する仮想通貨取引所ランキングでも常に1位となるほど、世界最大の仮想通貨取引所です。アルトコインの取扱いは300種を超え、主要な仮想通貨はほとんど取引できるのはもちろん、豊富な資産運用方法も準備しており、ワンストップで仮想通貨取引ができるのが大きな魅力です。

また、バイナンスが発行しているバイナンスコイン(BNB)は、時価総額でも記事執筆時点の2023年5月末で第4位(CoinMarketCapランキングより)となっており、BSC(バイナンススマートチェーン)など取引所ネットワークにもかかわらず世界的にメジャーとなっているチェーンも存在するほどの企業となります。

2019年にハッキング被害があり、当時のレートで約4000万ドル相当のビットコインが盗難に遭い入出金の停止を余儀なくされた事件がありましたが、この事件を踏まえてセキュリティの強化が実施されました。またバイナンスは、英国及びノルウェーの認証機関から「ISO/IEC27001規格」(情報セキュリティーに関する国際規格)から認証を受けており、仮想通貨取引所としてはバイナンスが初となります。

このバイナンスのメリット・デメリットは以下のようになります。

バイナンスのメリット
  • 世界最大のユーザー数を誇るため流動性が高く約定力が高い
  • ハッキング対策の評価が高い
  • ハッキングされても全額保証の制度を設けている
  • ISO認証を取得している健全企業
  • 初心者でも扱いやすい資産運用サービスを多数準備している
  • スマホアプリが使いやすい
  • 日本語に対応
バイナンスのデメリット
  • 仮想通貨FXは最大レバレッジ20倍
  • 日本円での入金に対応していない
  • 金融庁から警告を受けている

バイナンスを使うメリットは現在シェア、取引量では世界最大という点。「取引量が世界最大=流通量が世界最大」なので、取引のしやすさはNo.1です。

注記

2022年12月より、バイナンスの日本進出と併せてグローバルバイナンスへの日本人の新規登録ができなくなっていましたが、2023年8月1日より日本国内でのサービスが再開されました!

関連:バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

これもう見た?バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

Binance(バイナンス)についてはこちらの記事でさらに詳しい情報を解説しているので気になる方は一度見てください。

これもう見た?Binance(バイナンス)の評判は?メリット・デメリットから評価!口コミも調査

これもう見た?Binance(バイナンス)のスマホアプリの使い方を徹底解説!これで迷うことなし!

これもう見た?バイナンス(BINANCE)の登録・口座開設方法を画像付きで徹底解説【PC&スマホ】

\【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久10%OFF/

Gate.io(ゲート)

gate
取引所名Gate.io
運営会社Gate Technology.inc
設立年2013年
所在地ケイマン諸島
提供サービス現物取引、レバレッジ取引、レンディング等
最大レバレッジ100倍
取引銘柄数1000種類以上
入出金手数料無料
取引手数料通貨ペアによって異なる
日本語対応
スマホアプリ

Gate.io(ゲート)は2013年にケイマン諸島で設立された中国系の海外仮想通貨取引所です。記事執筆時点の2024年5月現在、利用者数1000万人以上で取扱銘柄数も1000種類以上あり、取引手数料も比較的安く入出金手数料は無料のため、かなり使いやすいです。

日本語にも対応しており、以前は利用制限がかかっていたレバレッジ取引、レンディングサービスなども現在は使えるようになっており、日本人ユーザーにおすすめしたい取引所の一つとなりました。

そんなGate.ioを利用するメリットとデメリットは以下の通りです。

Gate.ioを利用するメリット
  • 取扱銘柄が1000種類以上ある
  • 最大レバレッジ100倍でトレードできる
  • セキュリティ対策が万全にされている
  • 無料で人気トークンがもらえるサービスがある
  • 資産運用サービスが充実している
  • 登録と取引が簡単にできる
  • 日本語に対応している
  • 独自トークン「GTコイン」を使うと取引手数料が割引できる
Gate.ioを利用するデメリット
  • 入金できる通貨は仮想通貨のみ(法定通貨の入金不可)
  • 金融庁による認可を受けていない

Gate.ioを利用するメリットは、なんといっても1000種類以上の上場銘柄があるです。BTCやETHなどの主要銘柄はもちろん、OKXやBybitなど大手暗号資産(仮想通貨)取引所に上場していないアルトコインの取り扱いが多く、アルトコイン好きのユーザーにはぜひおすすめしたい取引所です。

Gate.ioを利用するデメリットで把握しておきたいのは、入金できる通貨は仮想通貨のみ(法定通貨の入金不可)、金融庁による認可を受けていないという点です。以前は日本在住ユーザーに対してレバレッジ取引、レンディングサービスなど一部サービス提供が制限されていましたが、2024年5月現在、ほぼすべてのサービスが使えるようになっています。

Gate.ioの特徴を一言でいうなら「アルトコイン好きには必須の暗号資産(仮想通貨)取引所」です。以下の記事でも特徴や使い方を詳しく説明していますので、参考にしてください。

これもう見た?Gate.io(ゲート)とは?仮想通貨取引所の6つの長所と4つの短所を解説!

これもう見た?Gate.io(ゲート)の使い方・取引方法完全ガイド【スマホアプリ版】

\【当サイト限定】取引手数料20%OFFキャンペーン/

公式サイト:https://www.gate.io

これもう見た?Gate.ioのボーナスキャンペーン一覧

スピンドル(ガクトコイン)まとめ

ここまでスピンドル(ガクトコイン)の情報を中心に紹介いたしました。

個人投資家と機関投資家の格差を是正するために開発されたのが、スピンドルです。

しかし、2024年6月現在では、スピンドルのプラットフォームの開発が進んでいないことや、運営母体であるBLACKSTAR&CO.の公式サイトが削除されていることから、詐欺コインの可能性が高いでしょう。

そのため、スピンドルのような怪しい仮想通貨を購入するぐらいであれば、BINANCE(バイナンス)やGate.io(ゲート)などの信頼できる取引所のアルトコインを購入することをおすすめします。

これもう見た?仮想通貨歴6年の筆者が選ぶ!海外仮想通貨取引所おすすめランキング!人気10社を徹底比較

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次