海外仮想通貨取引所おすすめランキング2022年!人気10社を徹底比較

海外仮想通貨取引所おすすめランキング 初心者ガイド
この記事をざっくり言うと・・・
  • 海外仮想通貨取引所の中でも、有人取引所(CEX)を徹底比較します。
  • 海外仮想通貨取引所の中には最大レバレッジ1,000倍の取引所も存在します。
  • 海外仮想通貨取引所の多くはメールアドレスだけの登録ですぐにトレードが始められます。
トレーダー
仮想通貨民
  • 海外仮想通貨取引所を使いたいけど、どの業者を利用すれば良いのかな・・・
  • 海外の仮想通貨取引所を使うのは少し不安だな・・・

こんな思いをお持ちのアナタに、おすすめの海外仮想通貨取引所を紹介します。

しかし、おすすめと言ってもご自身のトレードスタイルやトレード歴、どんな目的で利用したいかによっておすすめの取引所は変わってきます。

今回は仮想通貨歴6年の筆者が、タイプや目的別に分けておすすめの海外仮想通貨取引所を紹介します。ぜひあなたにぴったりの海外仮想通貨取引所を見つけてください。

  1. おすすめ海外仮想通貨取引所の条件比較表
  2. おすすめ海外仮想通貨取引所総合ランキングTOP10
    1. 1位 BINANCE(バイナンス)
    2. 2位 Bybit(バイビット)
    3. 3位 OKX(旧OKEX)
    4. 4位 Gate.io(ゲート)
    5. 5位 Bitget(ビットゲット)
    6. 6位 MEXC
    7. 7位 CryptoGT(クリプトGT)
    8. 8位 FXGT
    9. 9位 Kucoin
    10. 10位 CoinTiger(コインタイガー)
    11. 番外編1 Bittrex(ビットレックス)
    12. 番外編2 Bitstamp (ビットスタンプ)
    13. 番外編3 BITFINEX(ビットフィネックス)
  3. 仮想通貨FX(レバレッジ取引)におすすめの海外仮想通貨取引所TOP3
  4. 取扱銘柄が多く草コインの発掘に最適な海外仮想通貨取引所TOP3
  5. 手数料が安いおすすめ海外仮想通貨取引所TOP3
  6. 日本語対応しているおすすめ海外仮想通貨取引所TOP3
  7. 海外仮想通貨取引所のメリット
    1. アカウント登録と口座開設が非常に簡単である(本人確認すら必要ない取引所もある)
    2. ハイレバレッジのトレードが可能である
    3. 追証無しのゼロカットシステムを採用している
    4. 銘柄が豊富な取引所が多い
    5. 国内仮想通貨取引所と比べて流動性が高い
  8. 海外仮想通貨取引所のデメリット
    1. 悪いハッカーに狙われやすい
    2. 日本の金融庁の許可は得ていない
    3. 中には怪しい銘柄(詐欺かもしれない通貨)がある
    4. 日本円を直接入金できない
    5. 入金や出金に少し手間がかかる
  9. 海外仮想通貨取引所についてよくある質問
  10. まとめ

おすすめ海外仮想通貨取引所の条件比較表

おすすめ海外仮想通貨取引所の条件比較表
取引所名所在地レバレッジ
(最大)
取引
手数料
入出金
手数料
銘柄数セキュリティボーナス
BINANCEマルタ島125倍
(新規は20倍)
370以上不定期
Bybitシンガポール100倍130以上常時
OKXマルタ125倍520以上不定期
Gate.ioケイマン諸島不可1,090以上不定期
Bitgetシンガポール125倍180以上不定期
MEXCシンガポール125倍900以上常時
CryptoGTキプロス500倍60以上常時
FXGTセーシェル1,000倍130以上常時
Kucoinシンガポール10倍200以上不定期
CoinTigerタイ125倍40以上ほぼ無し
Bittrexアメリカなし500以上ほぼ無し
Bitstampイギリスなし7ほぼ無し
BITFINEXバージン諸島5倍200以上ほぼ無し
BITNEXTパナマ共和国100倍6不定期
BTCEXカナダ125倍111以上不定期
CoinExイギリス100倍599不定期

おすすめ海外仮想通貨取引所総合ランキングTOP10

おすすめ海外仮想通貨取引所総合ランキングTOP10

「海外の仮想通貨取引所って怪しくないの?」 「サポートが不安・・・」 「登録とかトレードの操作が難しいんじゃない?」初めて海外仮想通貨取引所を利用する場合、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

海外仮想通貨取引所には、今流行りの無人の分散型取引所(DEX)と、人や組織が運営している有人の取引所(CEX)があります。

一般的には、仮想通貨取引所と言えば有人の取引所を指す場合がほとんどで、無人の分散型取引所の場合はDEXとそのまま呼ぶことが多いです。

どちらもそれぞれメリット・デメリットが存在しますが、初心者がいきなりDEXを使うには、ちょっとハードルが高すぎるので、今回は一般的な取引所である有人の中央集権型取引所(CEX)の中から、安全に仮想通貨のトレードが始められるおすすめの取引所をご紹介します。

これもう見た?仮想通貨の分散型取引所DEX(ディーエックス)とは?初心者にもわかりやすく解説!

1位 BINANCE(バイナンス)

Binance(バイナンス)

バイナンスは2017年に設立された暗号資産取引所で、現在ユーザー数、シェア、取引量ともに世界1位となっています。数多くある取引所の中でも独自の強みや特徴を持っており、多くの日本人ユーザーにも支持されています。

イーサリアムやリップルなどメジャーなcoinはもちろんのこと、バイナンスの取り扱っている通貨数は300種類以上(2022年9月現在)と豊富で、様々なアルトコインを取り揃えています。

BINANCE(バイナンス)の特徴とスペック

会社名Binance Holdings Ltd.
本社拠点マルタ島
レバレッジ最大125倍
取引手数料全取引一律0.1%
暗号資産の入出金手数料入金手数料0%
出金手数料は仮想通貨によって異なる 
例)BTC/0.0000054BTC~、ETH/0.00007~
ロスカット
追証無し(追証無しのゼロカットシステムを採用)
日本語対応
スマホ対応
メリット
  • 取扱通貨数が多い
  • スプレッドが狭い
  • 日本語対応している
  • 安全性・信頼性が高い
  • スマホアプリが使いやすい
デメリット
  • 日本円での入金に対応していない
  • 一度日本の金融庁から警告を受け、日本語非対応となったが、2021年9月現在は日本語対応済み

バイナンス公式サイトへ

【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久10%OFF

2位 Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)はシンガポールに拠点を置くビットコイン・アルトコインFXに特化した仮想通貨FX取引所です。

Bybitの主な特徴は最大レバレッジ100倍、ビットコインだけではなくアルトコインFXができる、豪華なキャンペーンを定期的に実施している点です。また、2021年7月より現物取引も行えるようになりました。

さらにBybitは資金調達率(ファンディングレート)が他取引所と比較し高く、これを活用することでトレードの幅が格段に広げることも可能です。日本語のサポートデスクも充実しており、日本人スタッフが問い合わせに対応してくれます。

Bybitの特徴とスペック

会社名Bybit Fintech Limited
本社拠点シンガポール
レバレッジ最大100倍
取引手数料メーカー手数料 -0.025% 
テイカー手数料 0.075%
暗号資産の入出金手数料0%
ロスカット
追証無し(追証無しのゼロカットシステムを採用)
日本語対応
スマホ対応
メリット
  • 最大レバレッジ100倍で20種類以上の仮想通貨がトレードできる
  • 豪華なボーナスキャンペーンを実施している
  • スプレッドが極めて狭い
  • 資金調達率(ファンディングレート)を活用し月利10%以上狙うことができる
  • 完全日本語対応でサポートも日本語
デメリット
  • 日本円に対応していない
  • 価格が日本円表示ではなくUSD表示なので少々分かりづらい

Bybit公式サイトへ

※最大4,000ドル受け取れるキャンペーン開催中

3位 OKX(旧OKEX)

OKXは2017年に設立された仮想通貨取引所です。世界180カ国、2,000万を超えるユーザーに支持されています。

「仮想通貨が投機的資産以上のものであるように、当社が取引所以上のものでありたいという思い」を込めて、2022年には従来のOKEx(オーケーイーエックス)からOKX(オーケーエックス)と社名が変更されました。

2021年にはプラットフォームの総取引量が700%以上増加しており、以前から世界第一位にランクインしていた先物取引だけではなく、スポット取引においても世界第二位の取引量を記録しています。

OKXは今まさに注目が高まっている、人気の取引所といえるでしょう。

OKX(旧OKEX)の特徴とスペック

会社名Okex Fintech LLC.
本社拠点マルタ
レバレッジ最大125倍
取引手数料現物取引 ノーマル会員Lv1 Maker/Taker :0.100%/0.150%

先物取引 ノーマル会員Lv1 Maker/Taker : 0.020% / Taker : 0.050%
暗号資産の入出金手数料無料
ロスカットあり
追証
日本語対応×
スマホ対応
メリット
  • 取扱通貨数が多い
  • スプレッドが狭い
  • 日本語対応している
  • 安全性・信頼性が高い
  • スマホアプリが使いやすい
デメリット
  • 日本円での入金に対応していない
  • 一度日本の金融庁から警告を受け、日本語非対応となったが、2021年9月現在は日本語対応済み

\【当サイト限定】日本一オトクなキャンペーン/

OKX公式サイトへ

※取引手数料の25%キャッシュバック

4位 Gate.io(ゲート)

Gate.io(ゲート)

Gateは中国を拠点に日本やアメリカ、韓国にも拠点を構える最近急上昇中の仮想通貨取引所です。

Gateの利用者は2022年9月現在100万人を超え、仮想通貨取扱銘柄数はなんと900以上!豊富な取扱銘柄数と利便性の良さで世界の取引所ランキングで9位に位置しており、これからもっと伸びると予想される優良取引所です。

Gate.io(ゲート)の特徴とスペック

会社名Gate Technology.inc
本社拠点ケイマン諸島(中国系)
レバレッジ不可 ※1
取引手数料0.2%から過去30日分の取引量によって割引
暗号資産の入出金手数料入金無料
出金無料(ただし、ネットワーク手数料はかかる)
ロスカット取引制限区域の居住者はレバレッジトレードが利用できません ※1
追証取引制限区域の居住者はレバレッジトレードが利用できません ※1
日本語対応
スマホ対応
※1 アメリカ、カナダ、日本在住者は2022年9月現在、取引制限がかかっており、仮想通貨の現物のみ、レバレッジ無しのトレードになります
メリット
  • 取扱銘柄数は700種類以上
  • 口座開設はメールアドレスのみでOK
  • セキュリティが非常にしっかりしている
  • 取引手数料は取引量によって割引される
  • スマホアプリが非常に使いやすい
デメリット
  • 本社所在地こそケイマン諸島だが運営は中国系
  • アメリカ・カナダ・日本在住者は取引制限あり
  • 入金は仮想通貨のみ

Gate.io公式サイトへ

※【当サイト限定リンク】取引手数料20%OFF

5位 Bitget(ビットゲット)

Bitget(ビットゲット)

Bitget(ビットゲット)はシンガポールに拠点を置く取引所です。日本では知名度は高い方ではないですが、世界的には非常にメジャーな取引所で、近年取引高が急拡大しています。

その原動力はなんといっても「コピートレード」にあります。

「コピートレード」は、稼いでいるトレーダーの取引をそっくりそのままマネすることができ、初心者でも簡単に利益が狙えます。

セキュリティ面でもアメリカの「MSBライセンス」を2020年に取得しており、これにより、名実ともに大手仮想通貨取引所の仲間入りを果たしました。

この他にもBitgetはカナダ・オーストラリア・シンガポール等でも金融取引に関するライセンスを取得しています。

Bitget(ビットゲット)の特徴とスペック

会社名Bitget
本社拠点シンガポール
レバレッジ最大125倍
取引手数料0.14%~0.20%
暗号資産の入出金手数料入金無料
出金手数料は銘柄ごとに異なる
ロスカット
追証無し(追証無しのゼロカットシステムを採用)
日本語対応
スマホ対応
メリット
  • 口座開設が簡単で日本語完全対応している
  • コピートレードにより仮想通貨初心者でも利益を狙える
  • 公式モバイルアプリが使いやすく、コピートレードもスマホで完結できる
  • ボーナスキャンペーンも豊富である
デメリット
  • 入出金は仮想通貨のみ
  • コピートレードは海外のトレーダーばかりなので、日本と時間が合わないことが多い
  • 取扱銘柄数が少ない(仮想通貨FXで7種類、仮想通貨現物で60種類程度)

Bitget公式サイトへ

※【ジナコイン限定】先物手数料30%OFF

6位 MEXC

MEXCトップページ

MEXCは現物取引やレバレッジ取引、さらにIEOやマイニングができる仮想通貨銘柄が海外の仮想通貨取引所です。さまざまな仮想通貨を取引したい人には、MEXCの利用が向いているでしょう。

MEXCは2018年よりサービスが開始した、比較的新しい仮想通貨取引所です。近年では経済の発展が著しいことから、世界中の人が集まるといわれている「シンガポール」が拠点となっています。

公式ホームページに対応している言語は9種類登録されていて、世界中の人々が利用していることがわかります。

MEXCは設立以来、エストニア、カナダ、米国を含む4か国でコンプライアンスライセンスを取得しています。コンプライアンスライセンスを取得することで、取引所として健全な運営をしていることの証明になります。安全性が心配だという人でも、安心して取引ができるようになりますね。

MEXCの特徴とスペック

会社名MEXC
本社拠点シンガポール
レバレッジ最大125倍
取引手数料0.2%
暗号資産の入出金手数料入金無料、出金は通貨による
ロスカット
追証無し(追証無しのゼロカットシステムを採用)
日本語対応
スマホ対応
メリット
  • トレードできる銘柄が豊富で主要取引所に上場されていない有望な銘柄の上場が早い
  • MEXC独自トークン「MX」で取引手数料が20%割引
  • IEOに参加できる可能性がある
  • 安全性・信頼性が高い
  • スマホアプリが使いやすい
デメリット
  • 日本円で取引できない
  • 取引手数料が大手取引所と比べて割高

MEXC公式サイト

※【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料10%OFF

7位 CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)

なんと言ってもCryptoGT(クリプトGT)は最大レバレッジ500倍でトレードできるのが特徴です。しかもスプレッドが非常に狭いので、安心してトレードできます。

お得なボーナスキャンペーンも定期的に実施しており、キャンペーンの豪華さは仮想通貨取引所の中でも群を抜いています。

最初の資金を最小にしてお得に仮想通貨トレードを始めるならCryptoGT(クリプトGT)がおすすめです。

CryptoGT(クリプトGT)の特徴とスペック

会社名Hatio Ltd
本社拠点キプロス
レバレッジ最大500倍
取引手数料スワップポイントとスプレッドのみ
暗号資産の入出金手数料入金無料
出金無料(ただし、ネットワーク手数料はかかる)
ロスカット
追証無し(追証無しのゼロカットシステムを採用)
日本語対応×
スマホ対応
メリット
  • 最大レバレッジ500倍で74種類の仮想通貨ペアをトレードできる
  • 豪華なボーナスキャンペーンを実施している
  • スプレッドが他取引所と比較し大幅に狭い
  • モバイルアプリを用いたトレード(MT5)
デメリット
  • 日本円での入金に対応していない
  • 証拠金維持率100%以下で強制ロスカット
  • ポジション総量に応じたレバレッジ制限有

CryptoGT公式サイトへ

※初回80%&2回目以降常時30%入金ボーナスキャンペーン実施中

8位 FXGT

FXGT

FXGTの特徴はなんと言っても日本円で入出金できる点です。

たいていの海外仮想通貨取引所は日本円には対応していません。FXGTは日本円と日本語サポート万全、最大レバレッジ1,000倍、ビットコインのスプレッドが業界最狭クラス、豊富なボーナスキャンペーンと、効率よくトレードしたい人にはもってこいの取引所です。

また、日本円以外にも米ドル(USD)・ユーロ(EUR)・ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・テザー(USDT)の入出金に対応しています。

仮想通貨はFXトレードのみで、現物の購入はできません。

FXGT(エフエックスジーティー)の特徴とスペック

会社名360 Degrees Markets Ltd
本社拠点セーシェル共和国
レバレッジ最大1,000倍
取引手数料無料 ※スプレッドは有り
暗号資産の入出金手数料入出金手数料無料
ロスカット
追証無し(追証無しのゼロカットシステムを採用)
日本語対応
スマホ対応
メリット
  • 最大レバレッジ1,000倍で130種類以上の仮想通貨をトレードできる
  • ビットコインのスプレッドが狭く有利にトレードできる
  • 豊富なボーナスキャンペーンを開催
  • モバイルアプリを用いたトレード(MT5)
  • 完全日本語対応で、サポートも日本語でやりとりできる
デメリット
  • 90日以上取引が無い場合、口座維持手数料が発生する
  • 仮想通貨のスワップポイントが常にマイナス(プラスになることは無い)

FXGTに登録する

※口座開設ボーナス10,000円&入金ボーナスキャンペーンあり

9位 Kucoin

世界トップ10の取引高を誇る仮想通貨取引所

Kucoinは世界の仮想通貨取引高ランキングで常に安定してTOP10に入っている仮想通貨取引所です。

特に直近の伸びは著しく、2021年第3四半期のパフォーマンスレポートによると、取引量は前年比720%、新規会員登録者数は前年比446%の増加率という驚異的な数字を叩きだしています。

それに伴い、独自トークンであるKCSの価値も上昇しており、今後バイナンスのBNB(バイナンスコイン)のように、多くのユーザーに評価されるトークンになる可能性を秘めています。

Kucoinは2020年9月に2億7900万ドル(約300億円)ほどの仮想通貨が流出するハッキング事件の被害に合っています

失った損失があまりにも多かったにもかかわらず、Kucoinの対応は迅速でした。被害を受けたユーザーの仮想通貨はKucoin側が全額補償するとJohnny Lyu(ジョニー・リュウ)CEOはいち早く声明を発表。オンチェーン(ブロックチェーン上の記録される取引)の追跡や法的手段などによって、11月にはハッキングされた資金の約84%を回収しています。

今回のハッキング事件を経て、Kucoinはセキュリティを大幅にアップグレードしました。マイクロウォレットの採用や、多層暗号化による資産保護の強化の施策、監査部門の設置などさらにセキュリティに力を入れています。

2段階認証やコールドウォレットの利用など、ユーザー側でのセキュリティ管理は必須ですが、Kucoinの安全性は高いといえます。

Kucoinの特徴とスペック

会社名Kucoin Co.,Limited
本社拠点シンガポール
レバレッジ最大10倍
取引手数料0.1%
暗号資産の入出金手数料入金無料、出金は通貨によって異なる
ロスカット
追証無し(追証無しのゼロカットシステムを採用)
日本語対応
スマホ対応
メリット
  • トレードできる銘柄が豊富で主要取引所に上場されていない有望な銘柄の上場が早い
  • 取引手数料が圧倒的に安い
  • 口座開設が非常に簡単
  • Kucoin独自トークン「KCS」が魅力的
  • ステーキングによる報酬が得られる
  • 安全性・信頼性が高い
  • スマホアプリが使いやすい
デメリット
  • 日本円で取引できない
  • 日本語で翻訳できない(意味がわからない)ページがある
  • 日本人向けのサービスが突然終了する可能性がある(仮にそうなっても、出金ができなくなるということはまずありえないので安心してください)

Kucoin公式サイト口座開設ページへ

※【当サイト限定】取引手数料20%OFFキャンペーン

10位 CoinTiger(コインタイガー)

Cointiger(コインタイガー)

CoinTigerのメリットは、その流動性の高さです。

流動性はどの取引所にとっても非常に重要で、流動性が高いと「買いたい時に買え、売りたい時に売れる」のです。なのでたいていの取引所は、「指値注文は流動性を提供する」ということで、成行注文より手数料が安くなっています。

そこまでしてほしいのが「流動性」なのです。

このCoinTigerは日本国内の全ての取引所より流動性が高く、取扱銘柄数も50種類以上あり、ダイナミックなトレードが楽しめます。

CoinTiger(コインタイガー)の特徴とスペック

会社名Tavitt (Thailand) Co.,Ltd.
本社拠点タイ
レバレッジ最大125倍
取引手数料0.08%~0.15%
暗号資産の入出金手数料入金無料
出金は仮想通貨により異なる
ロスカット
追証無し(追証無しのゼロカットシステムを採用)
日本語対応
スマホ対応
メリット
  • 流動性が高い
  • セキュリティが高い
  • 取扱銘柄が80種類以上
  • 取引所通貨「TCH(タイガーキャッシュ)を保有することで手数料割引や配当が受け取れる
デメリット
  • 公式サイトで「日本語」を選べるが、完全ではない
  • 日本円に対応していない

Cointiget公式サイトへ

※【当サイト特別リンク】取引手数料10%OFF

これもう見た?CoinTigerのスペックや使い方

番外編1 Bittrex(ビットレックス)

BITTREX(ビットレックス)

Bittrex(ビットレックス)は、アメリカ発のレバレッジかけれない現物トレードのみの大手取引所です。

レバレッジをかけれないのは大変なデメリットと感じる人も居るかもしれませんが、Bittrexは取扱銘柄数が400種類以上と非常に多く(2022年9月現在)、流動性も申し分が無い取引所です。

しかしながら公式サイトやサポートは一切日本語対応しておらず、どうしてもブラウザの翻訳機能頼りになってしまうのが玉に瑕です。

なので初心者にはおすすめできませんが、中級~上級者トレーダーが、値上がり前の草コインを発掘するにはもってこいの取引所です。

Bittrex(ビットレックス)の特徴とスペック

会社名Bittrex.Inc
本社拠点アメリカ
レバレッジなし
取引手数料0.25%
暗号資産の入出金手数料入金無料
出金は仮想通貨により異なる
ロスカット無し(レバレッジトレード自体が無い)
追証無し(レバレッジトレード自体が無い)
日本語対応×
スマホ対応
メリット
  • 取扱銘柄が400種類以上
  • セキュリティが非常に高い(三段階認証有り)
  • クレジットカード大国のアメリカらしく、カードでの入金が簡単
  • スマホアプリが非常に使いやすい
デメリット
  • レバレッジトレードができない
  • 取引手数料が少し高い
  • 日本語に一切対応していない
  • 口座開設にメールアドレスと本人確認書類が必要で、開設時に本人確認書類を提出してから少し時間がかかる場合がある(1~3営業日)

Bittrex公式サイトへ

番外編2 Bitstamp (ビットスタンプ)

Bitstamp(ビットスタンプ)

Bitstamp (ビットスタンプ)は、イギリスに本拠地がある老舗の取引所で、その歴史は古く2011年に設立されました。

その後、2018年に韓国の投資ファンドNXMHに買収され、運営内容が危惧されましたが2022年現在、全く影響を感じさせない状況で、投資家達を安心させました。

じなんぼー
じなんぼー

NXMH社はオンラインゲーム運営で有名なネクソンの創業者、金正宙が率いているんだよ

老舗であるため、ユーザー数や流動性の高さには特筆すべきものがあり、レバレッジトレードができない点を除いては新しい取引所となんら遜色ありません。

日本円の直接入金こそ対応していないものの、クレジットカード入金が可能なので、日本人ユーザーも相当数います。

Bitstamp (ビットスタンプ)の特徴とスペック

拠点イギリス
レバレッジなし
取引手数料0.10%~0.25%
(過去30日間の取引額によって割引)
暗号資産の入出金手数料入出金無料
ロスカット無し(レバレッジトレード自体が無い)
追証無し(レバレッジトレード自体が無い)
日本語対応×
スマホ対応
メリット
  • 老舗のため、セキュリティや流動性が非常に高い
  • クレジットカードで仮想通貨が購入できる(クレカを持っていない人は少し手間がかかる)
  • スマホアプリが使いやすい
  • 日本市場とは別のヨーロッパ市場となるため、リスク回避にもなる
  • 機関投資家を呼び込むために、市場の公平性を保つ監視プラットフォームを導入している
デメリット
  • 取扱銘柄数が少ない(7種類)
  • 口座開設時にメールアドレスと本人確認書類と住居地確認書類が必要のため、少し面倒
  • 日本語対応していない
  • 韓国の投資ファンドNXMH社が実質的なオーナーのため、将来的に運営内容・事業の体制が変わる可能性がある

Bitstamp公式サイトへ

番外編3 BITFINEX(ビットフィネックス)

BITFINEX

BITFINEX(ビットフィネックス)は、世界最古クラスの仮想通貨取引所で2022年7月現在、対応地域が50ヶ国を超え、世界で最も大きい規模の取引所です。

Bitfinexは過去に2回ほどハッキングされており、その教訓から現在は非常に強固なセキュリティを誇ります。(マルチシグ・コールドウォレット・二段階認証)

BITFINEX(ビットフィネックス)

会社名iFinex.Inc
本社拠点バージン諸島(イギリス)
レバレッジ最大5倍
取引手数料0.00%~0.20%
※過去30日間の取引量に応じて安くなる
暗号資産の入出金手数料入金無料
出金は仮想通貨により異なる
ロスカット
追証無し(追証無しのゼロカットシステムを採用)
日本語対応×
スマホ対応
メリット
  • 流動性(特にBTC)が高い
  • 取扱銘柄数が200種類以上
  • レンディングサービス有り
  • 日本円で入金できる
  • スマホアプリが使いやすい
デメリット
  • 口座開設時に10,000ドル入金する必要がある
  • 日本円で入金する場合、審査に最大2カ月かかる場合がある
  • 出金時、少し時間がかかる場合がある(最大5営業日程度)

BITFINEX公式サイトへ

仮想通貨FX(レバレッジ取引)におすすめの海外仮想通貨取引所TOP3

仮想通貨FX(レバレッジ取引)におすすめの海外仮想通貨取引所TOP3
投資ビギナー
トレーダー

仮想通貨をレバレッジをかけて効率よくトレードしたいな

仮想通貨のレバレッジトレードは、ボラティリティも高いため、非常にハイリスクハイリターンなトレードになります。

だからこそ、「億り人」という言葉が生まれました。

少ない資金でダイナミックにトレードしたい、そんなあなたにぴったりなのが下記の取引所です。

1位

FXGT

2位

CryptoGT(クリプトGT)

3位

OKXロゴ

ランキング取引所名レバレッジ倍率(最大)
1FXGT1,000倍
2CryptoGT500倍
3OKX125倍
4MEXC125倍
5Bitget125倍
6CoinTiger125倍
7BINANCE125倍
(新規は20倍)
8BTCEX125倍
9Bybit100倍
10CoinEx100倍
11BITFINEX5倍
12Gate.io
13Bittrex
14Bitstamp

取扱銘柄が多く草コインの発掘に最適な海外仮想通貨取引所TOP3

取扱銘柄が多く草コインの発掘に最適な海外仮想通貨取引所TOP3

取扱銘柄数が多くて将来爆上げするかもしれない草コインを発掘したいな

これはまさにGate.io(ゲート)が最適解ですね。Gate.ioは取扱銘柄が900種類以上と他の取引所と比べて圧倒的に多く、中にはGate.ioに上場された1週間後にBINANCEに上場されて爆上げ…といった草コインもあり、宝探し感覚で大きな利益を狙えます。

その他の取引所でも取扱銘柄が多い取引所はありますが、上場されるスピードを考えるとまずはGate.ioで探す、といった方法が良さそうですね。

1位

Gate.io(ゲート)

2位

MEXCとTravala.comが新たなスムーズな支払いで協力 | Business Wire

3位

ランキング取引所名取扱銘柄数
1Gate.io1,090種類以上
2MEXC900種類以上
3OKX520種類以上
4Bittrex500種類以上
5BINANCE370種類以上
6BITFINEX200種類以上
7Bitget180種類以上
8FXGT130種類以上
9Bybit130種類
10CryptoGT60種類以上
11CoinTiger40種類以上
12Bitstamp7種類
13

手数料が安いおすすめ海外仮想通貨取引所TOP3

手数料が安いおすすめ海外仮想通貨取引所TOP3

たくさん取引するから、取引手数料が安い取引所が良いんだけど…

一口に手数料と言っても取引所で発生する手数料には様々なものがあります。入金したり出金したり、取引所によってはポジションを持って一定の時刻になると発生したり…。

ここでは取引することによって発生する取引手数料を、スプレッドを含めた総合的なトレードコストとして、おすすめの取引所を紹介します。

※一般的に、海外仮想通貨取引所は、国内仮想通貨取引所と比べて、取引手数料が割高でスプレッドが狭い傾向にあります。トータル的に見ると圧倒的に海外仮想通貨取引所の方が、トレードコストは低くお得にトレードできます。

1位

Bybit(バイビット)

2位

Binance(バイナンス)

2位

世界トップ10の取引高を誇る仮想通貨取引所

ランキング取引所名取引手数料
1Bybitメーカー手数料 -0.025% 
テイカー手数料 0.075%
2BINANCE全取引一律0.1%
2Kucoin全取引一律0.1%
4CryptoGT取引手数料無料
※スプレッドが実質的な手数料となる
5FXGT取引手数料無料
※スプレッドが実質的な手数料となる
6CoinTiger0.08%~0.15%
7Gate.io0.2%から過去30日分の取引量によって割引
8OKX0.1%~0.15%
9Bitget0.14%~0.20%
10BITFINEX0.00%~0.20%
11Bitstamp0.10%~0.25%
12MEXC全取引一律0.2%
13Bittrex0.25%
※最大値を基準にしています

日本語対応しているおすすめ海外仮想通貨取引所TOP3

日本語対応しているおすすめ海外仮想通貨取引所TOP3
いぬ
いぬ

何かあった時に不安だから日本語が通じる取引所がいいなぁ

日本語に対応している取引所と言っても、公式サイトだけ日本語表記している、公式サイトも含めてサポートも全て日本語でOK…etc、と日本語対応レベルに差があります。

ここでは、サポートも含めて完全に日本語対応している取引所をランキングとしました。

1位

Binance(バイナンス)

2位

Bybit(バイビット)

3位

FXGT

ランキング取引所名
1BINANCE
2Bybit
3FXGT
4MEXC
5Bitget
6Kucoin
7Gate.io
8CoinTiger
9OKX×
10CryptoGT×
11Bittrex×
12Bitstamp×
13BITFINEX×

海外仮想通貨取引所のメリット

海外仮想通貨取引所のメリット

なぜ今あえて海外仮想通貨取引所なのか。国内にも多数の仮想通貨取引所があるにも関わらず、海外をおすすめするのには理由があります。メリットを解説します。

メリット
  • アカウント登録と口座開設が非常に簡単である(本人確認すら必要ない取引所もある)
  • ハイレバレッジのトレードが可能である
  • 追証無しのゼロカットシステムを採用している
  • 銘柄が豊富な取引所が多い
  • 国内仮想通貨取引所と比べて流動性が高い

アカウント登録と口座開設が非常に簡単である(本人確認すら必要ない取引所もある)

海外仮想通貨取引所では、本人確認不要で、メールアドレスだけで口座が開設できる取引所も多いです。

ただし、大きな金額を出金する場合は、マネーロンダリング防止のために本人確認が必要になってきますので注意してください。

「とりあえずトレードを始めたい」「大きなトレンドが見えているから1秒でも早く乗っておきたい」等でお急ぎの方には、非常に心強い味方となりそうですね。

ハイレバレッジのトレードが可能である

国内仮想通貨取引所と比べて、海外仮想通貨取引所はレバレッジを高く設定できます。

レバレッジとは、持っている証拠金を元に何倍、何十倍という金額に膨らませてトレードできることです。いわゆるハイリスクハイリターンのトレードが可能です。

国内仮想通貨取引所は金融庁の厳しい規制があるため、最大2倍しかレバレッジをかけれません。

対して海外仮想通貨取引所は、取引所によっては100倍以上のレバレッジをかけてトレードすることができます。

じなんぼー
じなんぼー

少ない資金で効率良くトレードできるんだね

追証無しのゼロカットシステムを採用している

追証無しのゼロカットシステムとは、海外FXではメジャーな言葉ですが、簡単に言うと、口座の残高がマイナスにならないシステムのことです。

レバレッジをかけてトレードしていた場合、思惑と反対方向に相場が動いた場合、持っている証拠金以上にマイナスが出てしまうことがあります。このマイナス分を業者が負担してくれるので、ユーザーは入金した証拠金以上にマイナスが出ることはありません。

レバレッジをかけてトレードする場合には必須とも言えるシステムです。

ゼロカットシステムを採用していない業者では、私は怖くてレバレッジをかけられません。

国内仮想通貨取引所では、このゼロカットシステムは禁止されているため、マイナス分は全て自己破産できない借金となり、大変な目に遭う可能性もあります。

銘柄が豊富な取引所が多い

海外仮想通貨取引所の銘柄の豊富さは特筆すべき点でもあります。

国内仮想通貨取引所では、多くても10種類から20種類弱程度しか銘柄の取扱いがありませんが、海外仮想通貨取引所では、数百種類の銘柄を取り扱っている取引所もあります。

ただ多ければ良いというものでもありませんが、値上がり前の無名な草コインを仕込むには良いかもしれませんね。

じなんぼー
じなんぼー

うまくいけば大きな利益が掴めるかもね!

国内仮想通貨取引所と比べて流動性が高い

海外仮想通貨取引所は国内仮想通貨取引所と比べて、ユーザー数はもちろん、1日あたりの取引高も比べ物にならないくらい多いです。

ユーザー数が多い、取引高が多い、というのは流動性に直結するため、こちらは非常に重要な要素になります。もちろん、流動性は高ければ高いほど良いです。

流動性が高いと出した注文がすぐに約定し、買いたい時に買えて売りたい時に売れます。

反対に流動性が低いと、出した注文がいつまで経っても約定せず、買いたい時に買えずに売りたい時に売れません。

これは死活問題にもなりますので、利用したい取引所の流動性はよく確認しておきましょう。

海外仮想通貨取引所のデメリット

海外仮想通貨取引所のデメリット

海外仮想通貨取引所にはメリットばかりではありません。デメリットも解説します。

デメリット
  • 悪いハッカーに狙われやすい
  • 日本の金融庁の許可は得ていない
  • 中には怪しい銘柄(詐欺かもしれない通貨)がある
  • 日本円を直接入金できない
  • 出金に少し手間がかかる

悪いハッカーに狙われやすい

「仮想通貨取引所がハッカーに狙われた」等の事件は珍しくありません。

取引所には多くのユーザーと多くの資産が集まるため、個人のウォレットより取引所のウォレットが狙われやすいのです。

ハッキングのリスク自体は国内仮想通貨取引所も海外仮想通貨取引所もあまり変わりません。

しかし、国内仮想通貨取引所は金融庁の厳しい規制をクリアしているため、ユーザーの資産はほとんどの場合、保全されます。

対して海外仮想通貨取引所は、その取引所がある国の法律に則っているため、ユーザーの資産の保全が義務付けられているとは限りません。そのため、何か良くない事が起こった場合、ユーザーの資産は守られない可能性が高いのです。

じなんぼー
じなんぼー

あくまでも自己責任!でも危険な取引所というイメージが付くと顧客離れが起きるから、海外仮想通貨取引所も必死でセキュリティを強化して安心して利用できる環境にある場合がほとんどだよ。

これもう見た?【仮想通貨セキュリティ対策】ハードウェアウォレット購入資金が無い方へ

日本の金融庁の許可は得ていない

日本でサービスを提供しているにもかかわらず、金融庁の厳しい規制を受けていない業者は金融庁が無許可業者として警告を発することがあります。

警告を受けた業者は、日本人相手ではないアピールのため、公式サイトの日本語対応を急遽やめたりすることがあります。その場合は、ブラウザの翻訳機能を使うしかありません。

警告というと仰々しく感じますが、あくまでも「日本で商売するなら金融庁の許可をとりなさい」という警告で、決して『警告=キケンな業者』とは限りません

中には怪しい銘柄(詐欺かもしれない通貨)がある

メリットの項目で「銘柄が豊富である」と紹介しましたが、裏を返せば「その取引所に上場する基準が甘い」ともとれます。

不正に資金を調達するのが目的のコインであったり、計画そのものが架空で、ある程度の人が買ったとたんに使えなくなる、といった詐欺コインも散見されます。

草コインには大きな値上がりのチャンスがある一方で、怪しいコインも確かに存在します。きちんと調べて自衛しましょう。

これもう見た?仮想通貨銘柄解説

日本円を直接入金できない

次の項目でも述べますが、海外仮想通貨取引所では日本円に対応している取引所は、一部を除いてほぼありません

入金するにしても出金するにしても、仮想通貨もしくは、法定通貨なら米ドルで入出金する必要がある場合がほとんどです。

どちらにせよ相場は短時間でも大きく動く場合があります。入出金でもたついている間に大きくチャートが動いて利益が減ってしまった、逆に損失が増えてしまったということがあるかもしれませんので注意しましょう。

入金や出金に少し手間がかかる

海外仮想通貨取引所では日本円に対応している所は非常に少なく、たいていの取引所は、入金する時に対応しているクレジットカードか、いったん国内仮想通貨取引所で仮想通貨を買ってから海外仮想通貨取引所に送金する必要があります。

出金の場合も同様で、直接自分の銀行口座へ出金できず、いったん国内仮想通貨取引所に送金してから出金、といった手間と時間がかかる場合が多いです。

また、国内仮想通貨取引所では出金する場合も送金手数料は高くありませんが、複数の取引所や銀行を介して出金する海外仮想通貨取引所では、手数料も軽視できない金額になります。

じなんぼー
じなんぼー

海外仮想通貨取引所では小分けに出金せずに、まとめて出金した方がお得だよ!

海外仮想通貨取引所についてよくある質問

海外仮想通貨取引所についてよくある質問

海外仮想通貨取引所について、よくある質問をまとめてみましたのでご覧ください。

Q
海外仮想通貨取引所って具体的にどういった取引所?
A

海外仮想通貨取引所とは、国内にもある仮想通貨取引所の、所在地が海外にある取引所のことです。

海外にあるため、日本の法律内ではなく、その取引所の所在地の法律に則って運営しています。万が一のケースがあった場合に、必ずしもユーザーの資産が保全されるとは限りません。

また、取引所も大きく分けて二つのタイプがあり、取引所に仲介者が存在せず、ユーザー同士で直接取引を行う無人の取引所をDEX(分散型取引所)と言います。反対に仲介する人および企業が存在する取引所をCEX(中央集権型取引所)と言います。

一般的には取引所というと、国内・海外問わずにCEXの有人の取引所を指す場合が多いです。

Q
日本人が海外仮想通貨取引所を利用するのは法律に抵触する?
A

日本に居住する人が、海外仮想通貨取引所を利用するのは全く問題ありません

しかしながら海外仮想通貨取引所は、金融庁の厳しい規制を受けていないため、あくまで利用は自己責任となります。

「大手なので安心」というのは間違いではないですが、日本人の感覚と外国人の感覚は違う場合があるため、必ず規約等をよく確認し、自分で納得してから取引を開始しましょう。

Q
なぜ海外仮想通貨取引所は最大レバレッジが高いの?
A

一般的に、海外仮想通貨取引所は最大レバレッジを高く設定でき、国内仮想通貨取引所は最大レバレッジが低く抑えられています。これは、日本国内の取引所には金融庁の規制があり、国内仮想通貨取引所は最大2倍までと決まっているからです。

海外仮想通貨取引所は日本の規制の範疇ではなく、その取引所の所在地の法律に則って運営されます。

なので最大レバレッジが、取引所によっては100倍から1,000倍ものレバレッジをかけられるのです。ただし、ハイレバレッジをかけたトレードはハイリスクハイリターンのため、自己責任で慎重に行いましょう。

Q
レバレッジをかけてトレードしたらマイナスになるリスクは?
A

海外仮想通貨取引所でレバレッジをかけてトレードした場合、思惑と反対方向にチャートが動いてロスカットされることがあります。この時、ロスカットが間に合わずに資産がマイナスになった場合、海外仮想通貨取引所がマイナス分を負担してくれ、ユーザーは借金を背負う必要がありません

これを追証なしのゼロカットシステムと呼ぶのですが、ほぼ全ての海外仮想通貨取引所で採用されています。対して国内取引所は金融庁の規制の関係で、追証なしのゼロカットシステムを導入できません

借金のリスクがゼロ、これは大きなレバレッジをかけてトレードしたいユーザーにはメリットしかありませんね。
関連記事仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所のスプレッド比較【国内7社、海外2社】
関連記事【初心者向け】ビットコインFXができるおすすめ取引所TOP3!迷ったらココを使え

Q
なぜ海外仮想通貨取引所は取扱銘柄数が多いところが多いの?
A

国内取引所と比べて海外仮想通貨取引所の取扱銘柄が多い理由、これも日本の金融庁の規制が関係しています。

仮想通貨取引所が日本国内で営業の許可を取る場合、さまざまな規制をクリアする必要があるのですが、その中に「取り扱ってもよい銘柄」(ホワイトリスト)というものがあります。日本で営業する場合はホワイトリスト外の仮想通貨を取り扱えないのです。そうすると必然的に取扱銘柄数は限られてきます。

ただ、取扱銘柄が多いというのは値上がり前の草コインを発掘したりできますが、必ずしもメリットにはなりません。

なぜなら、「取扱銘柄数が多い=その取引所に上場する基準が低い」という見方もできるからです。なかにはICOで資金を集めるだけ集めて、その後全く動きが無くなるような詐欺コインも残念ながら存在します。そういった部分も含めて海外仮想通貨取引所でのトレードは自己責任で慎重に行いましょう。

Q
なぜ海外仮想通貨取引所は日本人ユーザーが多くても日本語対応しないの?
A

海外仮想通貨取引所が日本語に対応しない理由、それは日本の金融庁との関係性が一つの理由になります。従来、日本人ユーザーは仮想通貨業界にとっても非常に重要な顧客で、海外仮想通貨取引所から見ても喉から手が出るほど欲しい顧客層です。

しかし、BINANCEの例にもあるように、日本語で積極的に日本人ユーザーの獲得を目指すと、「日本で営業するなら日本の規制をクリアして許可をとりなさい」という旨の警告が金融庁より出ます。

想像以上に日本の金融庁の圧力は強く、また大きな影響があるため、海外仮想通貨取引所は積極的に日本語対応しにくいというのが現状です。
関連記事バイナンスの日本人利用は禁止!?金融庁との関係は?最新情報をお届け
関連記事Gate.ioの日本人利用は禁止?金融庁との関係は?最新情報をお届け

Q
海外仮想通貨取引所はハッキングリスクが高いって本当?
A

海外仮想通貨取引所は、日本国内の仮想通貨取引所より取引高が高いところが多く、ハッカーから見たらよりお金がたくさんあるところを狙いますよね。

そういった意味ではハッカーから狙われやすいとも言えますが、その分セキュリティがしっかりしているところも多いです。

しかし、仮にハッキングされた場合、国内仮想通貨取引所はユーザーの資産が金融庁の規制により保全されますが、海外仮想通貨取引所は保全されるところ・されないところがあるのが現状です。

なので海外仮想通貨取引所を利用する場合は、利用規約をしっかり理解し、その取引所がいったいどういった運営方針なのか、セキュリティはどうなのか見極めて自己責任でトレードしましょう。

Q
海外仮想通貨取引所で得た利益の確定申告はどうなるの?
A

2017年、日本の国税庁は「仮想通貨で得た利益は雑所得になる」という見解を発表しました。これは、国内だろうが海外だろうが関係ありません。

これがFX(為替トレード)の場合、国内FX業者で得た利益は「申告分離課税」海外FX業者で得た利益は「雑所得」FXと決定的に違う部分でもあります。

今後、仮想通貨関連の法律が整備されることにより、FXトレードのような優遇措置があるかもしれませんね。
関連記事仮想通貨(ビットコイン)の税金に関する知識総まとめ!これだけ読めば全てわかる
関連記事海外FXの税金に関する知識総まとめ!これだけ読めば全て分かる

まとめ

この記事では、海外仮想通貨取引所、なかでもCEX(有人取引所)について徹底的に比較しました。

国内仮想通貨取引所では金融庁の規制のため、ほとんどの取引所が横並びで、どこで登録してもあまり変わらないのですが、海外仮想通貨取引所はそれぞれに大きな特徴があり、選ぶだけでも目移りします。

特に目を引くのが最大レバレッジです。ただでさえボラティリティが高い仮想通貨ですが、そこに大きなレバレッジをかけてトレードした場合、うまくいった時の利益はとんでもないことになります。しかしマイナス方向に動いた時もまた然り・・・。

適切なリスク管理を行い、自己責任でチャートが大きく上下する仮想通貨トレードを楽しみましょう。

おすすめランキング1位のバイナンスに登録する

※【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久10%OFF

コメント