仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所のスプレッド比較【国内7社・海外2社】

仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所のスプレッド比較【国内7社、海外2社】
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


・仮想通貨FX(ビットコインFX) ができる取引所の各社スプレッドが知りたい。
・仮想通貨FX(レバレッジ取引)を一番お得にトレードできる取引所が知りたい。

こんな思いにお答えします。

仮想通貨FX(ビットコインFX)やる上でスプレッドはできる限り狭い方が良いですよね?

もちろん取引所毎にスプレッドは違います。

スプレッドを知らずに仮想通貨FX(ビットコインFX)やってしまうと、思わぬ損失を招く可能性があるので注意しましょう。

そこで、今回は仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる取引所(国内7社・海外2社)のスプレッドを調査し取引所毎に比較しました。

コンテンツの誤りを送信する

目次

そもそもスプレッドとは?

そもそもスプレッドとは?

スプレッドとは、買値と売値の差です。

GMOコインスプレッド

上の画像の赤枠(503円)がスプレッドを表しています。

スプレッドは、買値と売値の差なので、387,029円ー386,526円=503円となります。

ビットコインFXで利益を出すには、スプレッド(買値と売値の差)が狭ければ狭いほど有利となります。

また、スプレッドを比較する上で重要になってくるのが取引所毎の売買方式です。

売買方式には、板取引と2wayプライス方式の2種類あります。

板取引と、2way方式を簡単に説明します。

  • 板取引・・・ユーザー同士が取引を行うことです。買い板と売り板が存在し、ユーザーの売りたい価格と買いたい価格が一致した時に取引が行われます。
  • 2wayプライス方式・・・運営会社(取引所)と取引を行うことです。運営会社(取引所)が提示した価格で買いたい人は買い、売りたい人は売ることができます。

一般的に、板取引と2wayプライス方式では、板取引の方がスプレッドが狭い傾向にあります。

仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる国内取引所(7社)のスプレッド比較

仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる国内取引所(7社)のスプレッド比較

まずは、仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる国内取引所主要7社のスプレッドを比較していきます。

ビットフライヤーライトニングFXのスプレッド

ビットフライヤーライトニングFXは、板取引(ユーザー間取引)です。※状況に応じてスプレッドが変動します。

こちらがビットフライヤーFXのスプレッド▼

ビットフライヤースプレッド

上の画像(板)の売り板の売値と買い板の買値の差額がスプレッドです。

ビットフライヤーFXのスプレッドは、4,124,398円(売値)ー4,124,258(買値)=140円(0.01%)

ビットフライヤーFXは、国内取引所の中でナンバー1の取引量※1を誇ります。

なので、スプレッドはかなり狭くなっています。※板取引の場合、取引量が多いほどスプレッドが狭くなる傾向にある。

ビットフライヤーFXは十分使えるレベルのスプレッドと言えるでしょう。

※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

DMM Bitcoinのスプレッド

DMM Bitcoinは、ビットフライヤーFXと違い、板取引ではなく2WAYプライスを採用。スプレッドは状況に応じて変動します。

こちらがDMM Bitcoinのスプレッド

DMMBitcoinスプレッド

上の画像(トレード画面)の赤枠にスプレッドが表記されています。

DMM Bitcoinのスプレッドは12,299円

bitFlyerと比較するとスプレッドが広いことが分かりますね。

なぜスプレッドが広いかというと、DMM Bitcoinは2way方式で取引をおこなうからです。

2way方式を採用している取引所は、スプレッドがやや広い傾向にあります。

しかし、2way方式なら提示された価格で約定することができるので、相場が大きく動いた時でも安心して提示価格で取引できるというメリットもあります。

スプレッド面だけを考えるとDMM Bitcoinは少々使いづらいです。

GMOコインのスプレッド

GMOコインも、DMM Bitcoin同様に2WAYプライスを採用しています。スプレッドは状況に応じて変動します。

こちらがGMOコインのスプレッド▼

GMOコインスプレッド

上の画像(トレード画面)の赤枠にスプレッドが表記されています。

GMOコインのスプレッドは3,227円

GMOコインもDMMBitcoin同様に2way方式を採用しているため、ややスプレッドが広くなっています。

スプレッド面だけを考えるとGMOコインは少々使いづらいです。

公式サイト:https://coin.z.com/jp/

BITPOINT(ビットポイント)のスプレッド

ビットポイントは、板取引(ユーザー間取引)です。状況に応じてスプレッドが変動します。

こちらがビットポイントのスプレッド▼

bitpointスプレッド

ビットポイントのスプレッドは、4,006,768ー3,960,000=46,768円

ビットポイントは板取引を採用していますがスプレッドが46,788円と広いです。

なぜ板取引なのにスプレッドが広いかというと、それは流動性が少ないためです。つまり取引参加者が少なく取引量が少ないことが挙げられます。

また、取引量が少ないと売買が成立しづらく、希望価格で約定できないデメリットもあります。

ビットポイントはスプレッド面だけを考えると少々使いづらいです。

Liquid(リキッド)のスプレッド

Liquid(リキッド)は、板取引(ユーザー間取引)です。状況に応じてスプレッドが変動します。

こちらがLiquidのスプレッド▼

liquidスプレッド

上の画像中央あたりにスプレッドが表記されています。

Liquidのスプレッドは、982円

ビットフライヤーと比較するとややスプレッドが広い。

Liquidは、取引量も多く最近伸びている取引所です。

Liquidはスプレッド面だけを考えると十分使えるレベルです。

コンテンツの誤りを送信する

Zaif(AirFX)のスプレッド

Zaif(AirFX)は、板取引(ユーザー間取引)です。状況に応じてスプレッドが変動します。

こちらがZaifのスプレッド▼

zaifスプレッド

Zaifのスプレッドは、3,989,000円ー3,978,980円=10,020円

ビットフライヤーやLiquidと比べるとややスプレッドが広いです。

Zaifはスプレッド面だけを考えるとそこそこ使えるレベルのスプレッドです。

coincheak(コインチェック)のスプレッド|仮想通貨FXサービス終了

2020年3月13日をもってレバレッジ取引のサービス提供を終了しました

coincheak(コインチェック)は、板取引(ユーザー間取引)です。状況に応じてスプレッドが変動します。

こちらがコインチェックのスプレッド▼

コインチェックのスプレッド

コインチェックのスプレッドは、387,596円ー387,434円=162円

ビットフライヤーやLiquidと比べるとややスプレッドが広いです。

コインチェックも、Zaif同様に仮想通貨のハッキング事件以来、取引量が減少傾向にあります。

コインチェックはスプレッド面だけを考えるとそこそこ使えるレベルのスプレッドです。

仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる国内取引所スプレッド一覧

仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる国内取引所スプレッド一覧

国内取引所のスプレッドを一覧で見てましょう。

取引所スプレッド
bitFlyer(ビットフライヤー)※板取引140円
DMM Bitcoin※2way方式12,299円
GMOコイン※2way方式3,227円
BITPOINT(ビットポイント)※板取引46,768円
Liquid(リキッド)※板取引982円
Zaif(Air FX)※板取引10,020円
coincheak(コインチェック)※板取引

ビットフライヤーが圧倒的にスプレッドが狭いことがわかりますね。2way方式の方が良い!という方以外はビットフライヤーでビットコインFXやることをおすすめします。

しかし、スプレッドは刻一刻と変化するものなので、ポジションとる前に確認が必要です。

仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる海外取引所(2社)のスプレッド比較

仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる海外取引所(2社)のスプレッド比較

国内取引所に続き、仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる海外取引所(2社)のスプレッドです。

今回は海外取引所の中でもBybitとCryptoGTのスプレッドを調べました。

Bybit(バイビット)のスプレッド

Bybit

Bybitは、板取引(ユーザー間取引)です。※状況に応じてスプレッドが変動します。

こちらがBybitのスプレッド▼

bybitスプレッド

上の画像(板)の売り板の売値と買い板の買値の差額がスプレッドです。

Bybitのスプレッドは、$38414(売値)ー$38413.5(買値)=$0.5(約50円)

Bybitは、世界規模の仮想通貨FX取引所で取引量も世界トップクラスです。スプレッドも日本国内の取引所と比較するとダントツに狭いです。

Bybitは十分使えるレベルのスプレッドです。

口座開設特典|20ドル&最大5,000USDT

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもうみた?【完全版】Bybit(バイビット)の特徴と登録方法、使い方を徹底解説!

これもうみた?Bybit(バイビット)のボーナスキャンペーン情報総まとめ!豪華ボーナス&トレードコンペ有り

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド

CryptoGTは、DMMやGMO同様に2WAYプライスを採用しています。スプレッドは状況に応じて変動します。

こちらがCryptoGTのスプレッド▼

CryptoGTスプレッド

CryptoGTのスプレッドは、$39,778.33ー$39,800.97=$22.64(約2,270円) 

CryptoGTは、最近注目を集めている取引所です。ビットコインのスプレッドは広めですが、アルトコインのスプレッドが狭いことで有名です。

とはいえ、ビットコインFXだけやるならスプレッドがやや広いので使いにくいです。

\最大レバレッジ500倍で仮想通貨FXができる取引所/

CryptoGT公式サイト:https://cryptogt.com/jp/website-home

これもうみた?【完全版】CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方・特徴を解説!

これもうみた?CryptoGT(クリプトGT)ボーナス総まとめ!口座開設&入金ボーナスキャンペーン開催中!

仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる海外取引所スプレッド一覧

仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる海外取引所スプレッド一覧
取引所スプレッド
Bybit(バイビット)※板取引約50円
CryptoGT(クリプトGT)※2way方式約2270円

Bybitはやはり世界最大級の仮想通貨FX取引所だけありスプレッドは狭いです。CryptoGTはスプレッドがやや広いです。

仮想通貨FX(ビットコインFX)のスプレッドが狭い取引所ランキングTOP3

想通貨FX(ビットコインFX)のスプレッドが狭い取引所ランキングTOP3

最後に、仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる取引所の中で、スプレッドが狭い順にランキング方式で発表します。

上記のランキングTOP3の取引所は、十分使えるレベルの取引所です。

よくある質問【Q&A】

レバレッジ取引は何倍まで可能ですか?

海外と国内でレバレッジ倍率は変わってきます。

海外では100倍などの高倍率で取引できますが、国内では最大2倍までに定められています。

レバレッジをかけるとどうなりますか?

レバレッジをかけた取引は、損益が大きくなるのでロスカットが実施される確率が高くなる傾向があります。

それに伴い、大きな取引を行いやすい点があります。

仮想通貨のレバレッジでのデメリットは?

仮想通貨のレバレッジ取引を行うことでのデメリットは以下の通りです。

  • 損失が膨らむ可能性あり
  • 手数料が発生する
借金リスクはありますか?

ありません。

海外FXではゼロカットシステムを採用している取引所が主なので、証拠金以上の損失が発生することはありません。

レバレッジトークンとはなんですか?

レバレッジトークンとは、証拠金やロスカットのリスクのない金融商品のことです。

USDC無期限契約とUSDCオプション取引は何が違うのですか?

USDCオプション取引とは、USDC無期限契約とは違って期限があり、特別なルールの下で取引を行う方法です。

USDC無期限契約もUSDCオプション取引も、予想通り価格が動けばUSDCが増える点は同じになります。

なお、USDCオプション取引の詳細は下記記事で解説していますので、気になる方は下記をご参照ください。

これもう見た?Bybit(バイビット)USDCオプションとは?特徴や取引手順を実体験を元に図解で解説

まとめ

今回は、仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる取引所(国内7社・海外2社)のスプレッドを比較しました。

取引所毎にスプレッドは大きく異なります。

また、板取引と2way方式でもスプレッドに差が見受けられ、板取引の方がスプレッドが狭い傾向にあります。とはいえ、相場が急激に動いた際は2way方式の方がスプレッドが狭い場合もあるので一概には言えませんが。

スプレッドだけで使える取引所か使えない取引所かを判断することは難しいので、まずは使えそうだと思う取引所でトレードやってみて自分に合った取引所を見つけてください。

これもうみた?【初心者向け】ビットコインFXができるおすすめ取引所TOP3!迷ったらココを使え

これもうみた?仮想通貨(ビットコイン)FX取引所のレバレッジ倍率比較【国内6社・海外4社】

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次