【2022年9月】Gate.ioの日本人利用は禁止?金融庁との関係は?最新情報をお届け

Gate.ioの日本人利用は禁止? Gate.io
この記事をざっくり言うと…
  • 2022年9月現在、海外仮想通貨取引所Gate.ioを日本人が利用するのは全く問題ない
  • Gate.ioは仮想通貨の取扱数が非常に多く、これから爆上げするかもしれない草コインを発掘するのに最適な取引所
  • 2022年9月の時点で、Gate.ioの公式サイトは日本語対応していないが、ブラウザの翻訳機能を使って問題なくトレードできる

Gate.io(ゲート)を日本人が利用するのは違法なのか?

Gate.io(ゲート)を日本人が利用するのは違法なのか?

Gate.ioの特徴はなんといっても取扱銘柄の豊富さで、これから値上がりする草コインを発掘するのに最適な取引所です。

Gateの利用者は2022年9月現在、100万人を超え、仮想通貨取扱銘柄数はなんと900以上!豊富な取扱銘柄数と利便性の良さで世界の取引所ランキングで14位に位置しており、これからもっと伸びると予想される優良取引所です。

そこで少し疑問が…

トレーダー
トレーダー

BINANCEとか金融庁から警告されているけどGate.io(ゲート)は大丈夫なの?

結論から言います。全く問題ありません以下で詳しく解説します。

これもう見た?日本人も利用できるGate.io(ゲート)とは?仮想通貨取引所の6つの長所と4つの短所を解説!

日本人がGate.ioを利用するのは全く問題無い

日本人がGate.ioを利用するのは全く問題無い

日本人がGate.ioを利用するのは全く問題ありません。

その理由としてまずはGateの日本人に対するスタンスが上げられます。

Gate.ioで口座開設した時、居住国を入力するのですが、この居住国がアメリカ・カナダ・日本の場合、取引に制限があり、仮想通貨の現物のみのトレードとなります。レバレッジをかけたり、オリジナルトークンの利用も制限されています。

これはいわゆるGate.ioの「私たちはアメリカ・カナダ・日本からの登録を積極的に募集している訳ではありません。登録は自由ですが、その国から警告を受けないように取引制限させてもらいますね。」という意思表示なんです。

このおかげで、日本の金融庁からも警告を受けることなく日本人でも問題なくトレードできる、という訳です。

日本の法律にも、日本人が海外仮想通貨取引所を利用してはいけない、という法律はありませんのでご安心ください。

Gate.io登録ページ(公式サイト)

※【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久20%OFF

これもう見た?仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)の入金方法と出金方法を8枚の図解で解説!

金融庁との関係性

金融庁との関係性

先述した通り、Gate.ioは公式サイトも完全には日本語対応しておらず、日本人を積極的に募集している訳ではありません。

あくまでも自己責任で登録する、という形なので、日本の金融庁も警告の出しようが無いのが現状です。

また、金融庁が過去に出したBINANCE等への警告内容も、「BINANCEは危ない」という意味ではなく、「日本人を相手に商売するなら日本の規制をクリアしなさい」的な内容だったのです。

金融庁HPより引用

海外所在業者であったとしても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録(日本の「金融商品取引法」に基づく登録)が必要です。日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは、禁止されています。(違反者は罰則の対象となります。)

金融庁より引用

このように「金融庁の認可を得ていない金融商品取引業者が日本の居住者に向けて営業活動をおこなうのは禁止」と定められています。つまり、罰則対象となる可能性があるのは、取引所を利用した日本人ユーザーではなく業者側です。

そもそも、Gate.ioはアメリカ人・カナダ人・日本人を積極的に募集していません。なので「金融庁からもおとがめ無し」というのが現在の状況です。

ただし、Gate.io(ゲート)が日本の規制をクリアして、国内仮想通貨取引所として登録するには少しハードルが高い

ここまででまた一つ疑問が…

トレーダー
トレーダー

日本の規制をクリアしてヘビーユーザーが多い日本人相手に堂々と商売したら良いのでは?

私の考えはこうです。

おそらくGate.ioは、日本の規制をクリアできないのではなく、メリットが少ないからあえて日本の規制をクリアしていない、のだと思います。

では日本の規制とはどういった内容なのでしょうか。紐解いていきます。

日本国内の規制をクリアするための条件

日本の規制をクリアするための条件を抜粋してみました。

クリア条件
  • 問題のある通貨を扱っていないか(金融庁が指定するホワイトリスト以外の通貨を取り扱うとNG)
  • システムは安定しているか
  • システムのプロはいるか
  • コンプラが確保できているか
  • 資本金が億単位で必要

やはり金融庁が指定するホワイトリスト以外の通貨を取り扱ってはいけない、というのは最大のデメリットになるかもしれません。

なぜなら、Gate.ioは取扱銘柄数が最大の特徴なのですから…。

Gate.ioは安定した取引所なので、システムや資本金は問題無さそうです。しかしコンプラは世界各国で法律や文化が違いますから、海外の取引所が日本のコンプラに合うかどうかはわかりません。

Gate.io(ゲート)が今後も日本人が利用できるであろう理由

Gate.io(ゲート)が今後も日本人が利用できるであろう理由

Gate.ioは今後も金融庁から警告を受けることなく、安心して日本人が利用できます。

その理由はこちらになります。

  • 公式サイトが完全には日本語非対応である(ブラウザの翻訳機能を使えば問題なし)
  • 本人確認を行えば一日の出金額の制限が無くなる(マネーロンダリング対策はバッチリ)
  • ユーザーの資金はコールドウォレットとマルチシグで厳重に保護されている

以上の理由から、Gate.ioは今後も金融庁から警告を受けることなく、セキュリティー面でも安心して日本人が利用できる海外仮想通貨取引所、ということが言えると思います。

Gate.io(ゲート)を日本人が利用するメリット

Gate.io(ゲート)を日本人が利用するメリット
会社名 Gate Technology.inc
本社所在地 ケイマン諸島(中国系)
設立年 2013年
取扱銘柄数 700種類以上 ※1
モバイルアプリ Android、iOS共に対応
レバレッジ倍率 不可 ※1
入出金手数料 ・入金手数料 無料
・出金手数料 無料
(ネットワーク手数料はかかります)
取引手数料 通貨ペアによってさまざま
登録方法 メルアドだけで登録可
日本語対応 公式サイトはブラウザの翻訳機能により日本語表記可能ですが、メール等の問い合わせには日本語は対応していません
追証 取引制限区域の居住者はレバレッジトレードが利用できません ※1
ロスカット 取引制限区域の居住者はレバレッジトレードが利用できません ※1
セキュリティ ◎ 非常に安全性が高い
 ・二段階認証
 ・仮想通貨はコールドウォレットで管理
 ・マルチシグナルを採用
公式サイト 公式サイト
公式Twitter
公式インスタグラム
メリット
  • 取扱銘柄数は900種類以上
  • 口座開設はメールアドレスのみでOK
  • セキュリティが非常にしっかりしている
  • 入出金手数料は無料(ネットワーク手数料はかかります)
  • 取引手数料は取引量によって割引される
  • 公式モバイルアプリが非常に使いやすい

Gate.ioはたくさんのメリットを持つ海外仮想通貨取引所ですが、特筆すべきは取扱銘柄数の多さです。

これにより、他の取引所に上場する前の草コインを購入することも可能で、もしその草コインが他の取引所に上場されたら…。ひょっとしたら大きな利益をつかめるかもしれませんね。期待が膨らみます。

Gate.ioのメリット・デメリットについて詳しくは下記の記事をご覧ください。

これもう見た?日本人も利用できるGate.io(ゲート)とは?仮想通貨取引所の6つの長所と4つの短所を解説!

取扱銘柄数は900種類以上

取扱銘柄数は900種類以上

Gateの最大の特徴はなんといっても取扱銘柄数の豊富さです。メジャーな仮想通貨はもちろん、まだ知名度が低い草コインも多くあります。今こうしている間にもどんどん新しい仮想通貨がGateに上場しており、2022年9月時点での取扱銘柄数は900種類を超えます。これは世界でも最大級の取引所といわれるBINANCE(バイナンス)で取扱銘柄数が約200種類以上ということを鑑みてもかなり豊富と言えます。

その中でも特に中国系の仮想通貨が強いです。

また、上場される仮想通貨はGateに上場したあとBINANCE(バイナンス)に上場するといった仮想通貨も多くあり、BINANCEに上場された仮想通貨は価格が急騰しているものも多く、次に価格が急騰する草コインを発掘する楽しみもあります。

▼新規上場された仮想通貨は「Newly Listed」に新規リストアップされています

新規リスト

口座開設はメールアドレスのみでOK

口座開設はメールアドレスのみでOK

Gateに口座を開設するためにはメールアドレスのみの登録でOKです。本人確認書類を用意する必要はありません。

最近ではマネーロンダリングの防止等の目的で本人確認レベルがAMLやKYCが求められる取引所も多いなか、Gateではそれらを求められることはありません。

ただし、本人確認をしていない場合は一日の出金限度額があるので、セキュリティ面を考慮しても口座開設後に本人確認を行うことをおすすめします。

数分で簡単に登録できるので、新しいワールドプレミア銘柄を発掘してみてはいかがでしょうか?

じなんぼー
じなんぼー

新しい仮想通貨のプレセールとも言えるICOに参加するには本人確認が必要だよ

セキュリティが非常にしっかりしている

セキュリティが非常にしっかりしている

いくら使い勝手が良い仮想通貨取引所でも、セキュリティがしっかりしていない取引所は不安ですよね。その点、Gateは二段階認証、預かり仮想通貨はコールドウォレット管理とマルチシグナルを採用しており、非常にセキュリティがしっかりしています。

もちろん、どんなセキュリティだろうと100%安全なセキュリティはこの世には存在しません。日本国内の銀行ですら100%安全とは言い切れません。

しかし、仮想通貨という大事な資産を持っているなら、利用する仮想通貨取引所のセキュリティに関してはしっかり知っておく必要があると思います。想定されるリスクを回避するためにも、日本国内の取引所だろうと海外取引所であろうとセキュリティができるだけ高い取引所を選ぶことは非常に大切なリスク管理になります。

じなんぼー
じなんぼー

Gate.ioはセキュリティがしっかりしているから安心だね

入出金手数料は無料(ネットワーク手数料はかかります)

入出金手数料は無料

Gateでは入金や出金に関して、金額に関わらず運営に支払う手数料は発生しません。しかし、ネットワーク手数料はかかりますのでご注意ください。

▼Gate.ioへの入金方法と出金方法は下記記事をご覧ください

これもう見た?仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)の入金方法と出金方法を8枚の図解で解説!

取引手数料は取引量によって割引される

取引手数料は取引量によって割引される

Gateでは最初の取引はMaker(メイカー)・Taker(テイカー)共に取引手数料は0.2%かかりますが、過去30日間の取引量とGT(Gate.ioのネイティブトークン)保有量によって大幅に割引されます。これは嬉しいシステムですね。

公式モバイルアプリが非常に使いやすい

Gate公式モバイルアプリが非常に使いやすい

Gateにログイン後、右上にある「APP」というマークをクリックするとモバイルアプリとデスクトップアプリのインストールメニューが出てきます。モバイルアプリはバーコードを読み取ってインストールしてください。 

▼画面右上の「APP」というマークをクリックし、モバイルアプリをダウンロード(Google playストア or APPストアに飛びます)

画面右上をクリック

Android、iOS共に対応済みなので安心してインストールできます。

デスクトップアプリはもちろん、スマホアプリもどちらも完全には日本語対応していないですが(スマホによっては自動翻訳されます)それが気にならないぐらいの使いやすさなので、ぜひご使用をおすすめします。

これもう見た?Gate.io(ゲート)の使い方・取引方法完全ガイド【スマホアプリ版】

Gate.io(ゲート)を日本人が利用するデメリット

Gate.io(ゲート)を日本人が利用するデメリット
デメリット
  • 完全には日本語対応していない(ブラウザの翻訳機能を使えば問題なし)
  • 本社所在地こそケイマン諸島だが運営は中国系(中国では2021年9月に仮想通貨が全面的に禁止された)
  • アメリカ・カナダ・日本在住者は取引制限あり(仮想通貨の現物トレードのみ可能)
  • 入金は仮想通貨のみ
  • 怪しい仮想通貨がある

もちろん、Gate.ioにもデメリットはあります。アメリカ・カナダ・日本在住者はレバレッジをかけたダイナミックなトレードは制限により不可能です。

レバレッジをかけたトレードをしたい場合は他の取引所を使用しましょう。

あくまでも「仮想通貨の現物のみ」の取引しかできず、ここは思い切って「これから上がるかもしれない草コインを発掘する取引所」と割り切るのも良いかもしれません。

じなんぼー
じなんぼー

海外仮想通貨取引所はそれぞれ特徴が違うから、用途に応じて使い分けてみよう!

完全には日本語対応していない

完全には日本語対応していない

Gateの公式サイトやお問い合わせ、トレードアプリ等は完全には日本語に対応していません。公式サイトはパソコンのブラウザの翻訳機能を使えば違和感なく使用できます。登録の際もシンプルすぎるぐらいシンプルなので翻訳機能を使わなくても中学英語レベルが理解できればスムーズに登録できます。

トレードアプリも非常にシンプルな作りで、トレード経験者なら初見でも全く問題無く使用できます。

ただ、不具合があった場合の問い合わせは全て英語でする必要があります。もちろん、そういう事態が起きなければ全く問題ありませんのでそこまで気にする必要は無いかもしれませんね。いざという時はgoogle翻訳をフルに使いこなしましょう!

本社所在地こそケイマン諸島だが運営は中国系

本社所在地こそケイマン諸島だが運営は中国系

中国では2022年9月現在、仮想通貨のトレードが禁止されています。中国国内では既存の取引所等は中国当局の厳しい規制にさらされている状況です。

Gateは会社登記はケイマン諸島で行っているため中国当局の取り締まりですぐにどうこうということはありませんが、万が一の可能性は否定できません。持っている資産を全額入金するというようなことはなるべく控えましょう。

アメリカ・カナダ・日本在住者は取引制限あり

アメリカ・カナダ・日本在住者は取引制限あり

Gateでは、2022年9月現在、アメリカ人・カナダ人・日本人およびその国の居住者に対して取引制限がかかっており、レバレッジなしの現物取引のみとなっています。現物の取引自体はなんの問題も無く、アカウント登録もメールアドレスのみの本人確認資料不要ですので、すぐにトレードを始められます。

入金は仮想通貨のみ

入金は仮想通貨のみ

2022年9月現在、Gateへの入金は仮想通貨のみの入金となります。こちらはデメリットというよりかはGateの特徴と言うべきかもしれませんね。 ※2022年9月現在、入金できる仮想通貨は900種類以上

怪しい仮想通貨がある

怪しい仮想通貨がある

仮想通貨の銘柄が多いということは、それだけGate.ioに上場する基準が甘いとも言えます。

きちんとしたバックボーンがある仮想通貨なら問題無いのですが、中には出どころが怪しい仮想通貨もあります。

草コインを発掘するのが楽しいGate.ioですが、手当たり次第に買うといったことはやめた方が無難です。

Gate.io(ゲート)は口座開設もメルアドだけで2分で完了!

Gate.io(ゲート)は口座開設もメルアドだけで2分で完了!

Gate.ioはメールアドレスだけで登録が完了するため、口座を開設するのは非常に簡単で、すぐにトレードを始められます。

また、Gate.ioが開催する新しく発行される仮想通貨のプレセール、「ICO」に参加するためには本人確認が必須です。本人確認を行えば一日あたりの出金制限もなくなりますので、今後のことを考えて先に済ませておくのも良いかもしれません。

Gate.ioの登録方法や2段階認証、本人確認書類の提出方法まで、全て網羅した記事が下記にあります。ぜひ一度目を通してください。

まとめ

この記事では、Gate.io(ゲート)は日本人が利用しても問題無い理由とその根拠を詳しく解説しました。少し前にBINANCEが金融庁から警告を受けて、そのニュースのタイトルだけ見ると「BINANCEは危ないの?」という疑問が出ますが、実は蓋を開けると「BINANCEは危ないのではなく、日本人相手に商売するなら許可を取りなさい」という日本人向けに無許可営業をしていた事に対しての警告だったんです。

当然、海外なので日本と法律が違います。そちらは確かなリスクとして存在しますが、そのリスクを補って余りあるメリットがGate.ioには存在します。

Gate.ioで1枚数円の草コインが、他の取引所に上場されて1枚数百円、数千円になったら…。

夢は膨らみますね。ただし、投資は自己責任です。無理をせず「当たれば良いな」ぐらいの軽い気持ちでまずはGate.ioに口座を開設してはいかがでしょうか。

Gate.io登録ページ(公式サイト)

※【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久20%OFF

コメント