アバランチ財団、70億円相当のトークン化資産の購入を発表|普及促進なるか

目次

現実世界での普及を促進

Avalanche(アバランチ)財団は25日、Avalancheブロックチェーン上でトークン化された現実世界の資産を、最大5000万ドル(約70億円)かけて購入すると発表した。

関連:仮想通貨アバランチ(AVAX)30%以上高騰、AWSとの提携影響か

トークン化とは、スマートコントラクトを利用して現実世界の資産や権利をトークンに変換するプロセスだ。これらのトークンは原資産の所有権や権利を表し、ブロックチェーン上で直接取引や管理ができる。

「Avalanche Vista」と名付けられたこのプログラムでは、資産の発行、決済、送金、管理など、歴史的に手作業が多く、運用に手間がかかるユースケースにブロックチェーンを適用するメリットを実証することで、トークン化とオンチェーン金融(「OnFi」)におけるその役割の成長を加速させることを目的としている。

特に有望とされるユースケースは、これまで大規模な機関投資家や超富裕層に限定されてきたプライベート市場への投資だ。プライベート市場は、キャピタルコールや二次市場での所有権の変更、基盤となるデータの可用性、資金の支出などの手作業が集中し高い運用コストがかかるため、少数の高額出資者からのみ投資してもらう傾向にあった。ブロックチェーンを用いて、資産をトークン化すれば、これらのプロセスを大幅に効率化し、より幅広い投資家にアクセスを開放できる可能性がある。

投資先は、株式、クレジット、不動産、コモディティ、さらにはブロックチェーン・ネイティブなものまで、流動性全域にわたる資産を検討しているとのこと。

ブロックチェーンを使った資産のトークン化は、既に始まっている。

昨年、Securitize(アメリカ)は、世界最大級のプライベート・エクイティ・ファンド「KKR」の主力ファンドを、Avalanche上でトークン化することに成功している。

また、アメリカ最大級の銀行「バンクオブアメリカ」は、トークン化資産の市場規模が、今後5~15年で16兆ドルを超えると予測したレポートを公開している。

関連:Trader Joeとは?始め方・使い方を徹底解説!【Avalanche DEX】

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次