バイナンスラボ、レイヤー1プロジェクト「イニシア」に投資へ

目次

公式サイトも未完成の、正体不明のプロジェクト

世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所 BInance のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門である「Binance Labs(バイナンスラボ)」は12日、レイヤー1ブロックチェーン「Initia(イニシア)」にプレシード投資したと発表した。投資額は明らかにされていない。

@initiaFDNに投資したことを発表できることを嬉しく思います。ステルスから生まれた Initia は、新しい L1 とアプリケーション固有の L2 インフラストラクチャ システムを織り交ぜて構築された、 0-to-1オムニチェーン ロールアップ用のネットワークです。

プレシード(会社設立前の資金調達)ということもあって、イニシアの公式サイトは「coimg soon」の表記のみで、公式X(旧Twitter)は今日初めて本格稼働した詳細不明のプロジェクトだ。

プレスリリースや公式Xなどによれば、イニシアはかつてMeta(旧facebook)で開発されていたMove言語を活用したレイヤー1とレイヤー2の両方を開発するプロジェクト。

レイヤー1「Initia」は、Cosmosのブロックチェーン間通信(IBS)プロトコルとネイティブに互換性があり、Move言語による初のバーチャルマシン MoveVM を採用した相互運用可能なブロックチェーンだ。そして、その上に構築されたレイヤー2「Minitia」は、Optimistic-Rollupで構築され、10,000+TPSを誇り、MoveVM・EVM・WasmVMが利用できる。

イニシアのコア開発者スタン・リー氏は、プレスリリースで次のように述べた。

「Binance Labsを初期のパートナーとして迎え、Initiaの高性能ハブと特注のブロックチェーンプラットフォームの成長を加速できることをうれしく思います。Binance Labsと協力することで、Initiaはアプリケーションの相互接続されたエコシステムを下支えすると同時に、すべてのL1/2ユーザーとオペレーターの経済的利益を一致させることを目指しています。」

Move言語はイニシアだけが利用しているわけではなく、同じくレイヤー1の Sui や Sei も採用している。

関連:SUI上場後一時3.3ドルに急騰|時価総額は1.6兆円に

バイナンスラボは、Binance Labsによってインキュベートされた50件を含む、6大陸25以上の国々の200以上のプロジェクトに投資しており、総資産は約1.2兆円に上る。

関連:バイナンス投資部門、資産1.2兆円にまで膨れ上がる

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次