アイビーリーグの大学基金、ビットコインETFの大口投資家と判明

目次

イェール大学とプリンストン大学の寄付金を運用するファンド、ポートフォリオの80%をビットコイン現物ETFにあてるも、空売りしている可能性

イェール大学とプリンストン大学の寄付金を運用するヘッジファンド「ブレイスブリッジ・キャピタル」が、複数のビットコイン現物ETFを合計4.3億ドル(約673億円)保有していることがわかった。10日、同ファンドが米国証券取引委員会(SEC)に提出した書類「フォーム13F」で明らかになった。

フォーム13Fとは

1億ドル以上の上場株式を保有する機関投資家が四半期ごとにSECに提出する株式保有報告書。

毎四半期末から45日以内に提出することが義務付けられている。

プットオプションとコールオプション、米国預託証券(ADR)、転換社債を除いてロングポジションのみを報告するため、ロングポジションをヘッジとして使用して、ショートポジションを保有している可能性を考える必要がある。

同社は5月10日にSECに提出した書類の中で、2024年3月31日時点でアーク・インベストのARKB、ブラックロックのIBIT、グレイスケールのGBTCをそれぞれ3億ドル(約439億円)、1億ドル(約154億円)、2,650万ドル(41億円)相当保有していると報告した。

驚くべきことに、同ファンドは5億ドル(約783億円)のポートフォリオのうち61.1%をARKBに、20%をIBITに、5.3%をGBTCにあてており、ビットコイン現物ETFがポートフォリオに占める割合は80%を超えている。

一見するとビットコインの価格上昇に賭けているようだが、上記のようにフォーム13Fはショートポジションの公開義務を課していないため、裏でショートしている可能性を考慮する必要がある。

ブルームバーグのETFアナリスト エリック・バルチュナス氏は、現在までに報告された情報に基づけば、ブレイスブリッジ・キャピタルがアーク・インベストとブラックロックのビットコイン現物ETFの両方で最大保有者であると述べた。

ビットコインETF保有高の新たな最高水準(AP/マーケットメーカーを除く)が到来しました。ボストンを拠点とするBracebridge Capitalは$ARKBを2億6,200万ドル保有していると報告しました。同社はまた、 $IBITの最大の所有者でもあり、そのETFに8,100万ドルを保有しています。また、 $GBTCを2,000万ドル保有しています。基本的に彼らは暴走しました。

関連:香港ビットコインETF、中国本土の投資家にも開放される可能性が浮上
関連:仮想通貨投資商品への資金流入が1ヶ月ぶりにプラスに転じる
関連:大手VCがTONコインに同社史上最大の投資をした理由を明らかに

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次