Microsoft Edge、ブラウザ内蔵型の仮想通貨ウォレットを開発か

Microsoft Edgeのブラウザ
目次

Microsoft Edge、ブラウザ内蔵型の仮想通貨ウォレットを開発か|ウォレットのスクリーン画像がリーク

Microsoft Edgeが独自の暗号資産(仮想通貨)ウォレットを開発中であることを、米仮想通貨メディア「Blockworks」をはじめ各社が報じた。開発中のウォレットはイーサリアムベースであり、一部銘柄のスワップ機能を実装しているという。

NEWS: Microsoft has reportedly partnered with Consensys to provide a built-in crypto swap feature between ETH, DAI, UNI, USDC, and USDT.

https://twitter.com/Blockworks_/status/1637789469762891777

報道:MicrosoftはConsensysと提携し、ブラウザ内蔵型の仮想通貨スワップを提供します。イーサリアム(ETH)、DAI、UNI、USDコイン(USDC)、およびテザーUSD(USDT)のスワップに対応予定です。

報道によると、米マイクロソフト社ソフトウェアに詳しいアナリスト「Albacore」氏は17日、Microsoft Edgeが開発中であるウォレットのスクリーン画像をリークした。このウォレットは現在テスト段階で、まだ一般公開はされていない。

今回の報道で明らかとなったことは以下。

  • 開発中のウォレットはブラウザ内蔵型であり、利用時に拡張機能やアプリをインストールする必要がない
  • Microsoft Edgeに対応した既存ウォレットアプリとの併用も可
  • Microsoftがウォレットのパスワードやシードフレーズにアクセスすることはない
  • ウォレットのベータ版には仮想通貨ニュースのセクションもある

Albacore氏はBlockworksに対し、「Microsoft Edgeの新ウォレットは予想よりも単純な構造であり、案外早くリリースされるかもしれない」とコメントを残している。

関連:スマホ版MetaMask使い方|ダウンロードからスマホ同期、入出金まで徹底解説

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次