Palm NetworkとPolygon、NFTプラットフォームを立ち上げ

Palm NetworkとPolygon
目次

Palm Network(パーム・ネットワーク)とPolygon(ポリゴン)、NFTクリエイタープラットフォームを共同で立ち上げ

海外メディアのDecrypt(ディクリプト)は27日、米Web3企業のConsenSys(コンセンシス)が支援するPalm Network(パーム・ネットワーク)とPolygon(ポリゴン)が共同で、Web3領域に参入するNFTクリエイターの経費削減を目指すプラットフォームを立ち上げる予定であると報じた。

パームネットワーク、ポリゴン・スーパーネットでNFTクリエイターズ・プラットフォームを開始

ロードマップによるとPalm Networkは、2024年にPolygonに完全移行する予定であり、Supernetを活用して多くのブランドやアーティストが参入できるツールを提供している。この協力関係により、ConsenSys社がビジネス開発とマーケティングを担当し、Polygonが技術的なサポートを提供するとのことだ。またPalm Networkは、Polygonとの協力関係を強化し、NFTクリエーターの参入費用を削減する計画も導入している。

2024年の次のフェーズでは、Polygonプラットフォームへの包括的な移行がロードマップで予定されているとのことだ。Palm Networkはイーサリアムのサイドチェーンとして設立され、米NFT企業のCandy Digital(キャンディ・デジタル)社との合併により機能が強化された。Palm Networkは、Supernetの導入により拡張機能を向上させ、Web3領域に参加したいブランドやクリエイターの数を増やすことを目指している。

またPolygonは、「Polygon 2.0」として知られるネットワークの大幅なアップグレードを行う予定である。このアップグレードでは、特に金融市場のニーズに応えることを目的としたSupernetsと呼ばれる新機能が導入されるとのこと。さらに、Supernetsはニッチな利用ケースの作成を促進し、NFTの開発をサポートする。このネットワークの目的は、スーパーネットによってゼロ知識証明(ZK)技術を統合することであるとのこと。

関連:Worldcoin、PolygonからOptimisimに移動
関連:Polygonscan(ポリゴンスキャン)とは?特徴や使い方を解説

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webライター兼仮想通貨ブロガー。JinaCoinでは主に仮想通貨やNFTゲームに関するニュース記事を執筆。
経歴は新潟県出身。一般社員であったが、インフルエンサーのイケハヤ氏のYouTubeをきっかけに仮想通貨に興味を持ち、2020年1BTC価格125万円で0.01BTCを購入し、仮想通貨投資を始める。同時期に「ゆーたかブログ」を開設、NFTや仮想通貨について発信している。オンラインサロンでSEO勉強の傍ら2022年Webライターとしても活動を始め、個人事業主として開業。FP3級保有。現在はFP2級取得を目指し勉強中。
仮想通貨投資活動:現物保有・NFT保有・DeFi運用・エアドロップ活動。好きな銘柄:ビットコイン・イーサリアム
趣味:投資・読書・バスケ

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次