アディダス、レジデンスプログラム「Residency by Adidas」を開始

adidas
目次

アディダス、デジタルアーティストのレジデンスプログラム「Residency by Adidas」を開始

海外スポーツウェア大手のアディダスは31日、デジタルアーティストのレジデンスプログラム「Residency by Adidas」の開始を発表した。

紹介: レジデンシー バイ アディダス🤝アディダス///スタジオは、ブランド初のデジタル アーティスト イン レジデンス プログラムである「RESIDENCY by adidas」の世界的な開始を発表できることを誇りに思います。🎨

Residency by Adidasでは、モンキーモトとアドラカンディルというアーティストの作品が限定版およびオープンエディションのEthereum NFTアートとして展示される。

Residency by Adidaは、Web3デジタルアーティストを育成し、アディダスのWeb3スタジオ「///スタジオ」を通じてデジタル製品やNFTを発表することを目的としている。

アディダスのアクティベーション部門の責任者であるステイシー・キング氏は「私たちのコミュニティで最もクールで魅力的なアーティストのために、より強力な経路とプラットフォームを作ることができるのです」と述べている。

また同プログラムの最初のオークションは、ソウルで開催されるKorea Blockchain Weekカンファレンス期間中の9月6日に行われる。

アディダスの委託により、東京のアーティストMonkeeMoto(匿名)とレバノンのアーティストAdra Kandiによる4つのNFTアート作品が制作される。合計200点(各アーティスト100点ずつ)が、アディダスのパーカーとともに、0.15ETH(約250ドル)でカンファレンス参加者に販売されるとのことだ。

関連:アディダス、NFTアーティストとのコラボスニーカーを発表
関連:Puma×Legitimate×Roc Nation、NFTスニーカーコレクションを発売

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次