USDC、トロンブロックチェーンから撤退|様々なリスクを懸念

目次

「リスク管理の枠組みの一環として」トロンのサポートを段階的に終了する

ステーブルコイン USDC を発行する「サークル」社は21日、レイヤー1ブロックチェーン「TRON(トロン)」上のUSDCのサポートを段階的に終了し、発行は即時停止すると発表した。

関連:仮想通貨USDCとは?特徴や将来性、USDTとの違いなどをわかりやすく解説

1/ 段階的に移行し、TRON ブロックチェーンでの USDC を中止します。直ちに発効し、TRON 上での USDC の鋳造は行われなくなります。 TRON での USDC の送金と償還は、2025 年 2 月まで通常どおりに動作し続けます。

発表によると、トロン上でのUSDC発行は既に停止されており、既に発行されているUSDCの価値は保たれたままだ。償還(USDCを現金にドルに戻すこと)は2025年2月まで可能だが、サークル社で直接ドルに等価交換してもらうのは機関投資家のみだ。

個人は取引所や証券会社、オン/オフランププロバイダーなどを通じてUSDCを他通貨に好感する必要がある。

撤退する理由について明確な発表はされなかったが、「サークル社はUSDCがサポートされているすべてのブロックチェーンの適合性を継続的に評価」しており、今回の決定は「当社全体の事業組織、コンプライアンス、その他の機能を巻き込んだ全社的なアプローチの結果」だとした。

CoinMarketCapによると、USDCはUSDT(テザー)に次いで2番目に大きなステーブルコインで、260億ドル(約4兆円)相当のUSDCが発行されている。

DefilLamaによると、このうち220億ドル(約3.3兆円)がイーサリアム上で発行されており、ソラナで14億ドル(約2,100億円)、ポリゴンで5.3億ドル(約795億円)と続く。トロン上で発行されているものは3億ドル(450億円)と比較的少ない。

トロンを巡っては、昨年3月に創業者で億万長者の ジャスティン・サン 氏が、米国証券取引委員会(SEC)から「未登録証券の提供や販売」の罪で提訴されている。

関連:米SEC、トロン創業者を詐欺および証券法違反の疑いで提訴

また、世界最大のステーブルコイン「テザー」は約半数がトロン上で発行されているが、国連薬物犯罪事務所から「テザーがマネーロンダリングや詐欺に関与している」と指摘されており、トロンが開発者の意図せぬ形で利用されている。

関連:国連「テザーがマネーロンダリングや詐欺に関与」|テザー社は猛反論

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次