Yuga Labs初のビットコインNFT「TwelveFold」オークションが終了

TwelveFoldのNFTコレクション画像
目次

Yuga Labs、ビットコインNFT「TwelveFold」オークションが盛況のうちに終了|計288人の落札者から1650万ドル(22億3,500万円相当)を調達

「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」などの有名NFTプロジェクトを運営する米Web3企業Yuga Labsは、初となるビットコインNFT「TwelveFold」のオークションを日本時間7日に終了し、計288人の落札者から1,650万ドル(22億3千万円超)を調達した。

NEWS: @yugalabs’ auction of its debut #Bitcoin NFT collection, TwelveFold, raises $16.5M with 288 successful bidders.

https://twitter.com/coingecko/status/1632953500878422016

【ニュース】Yuga Labs初のビットコインNFTコレクション「TwelveFold」のオークションは、288人の落札者から1,650万ドル(22億3,500万円相当)を調達しました。

今回オークションで競売された「TwelveFold」は、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)上で1月にローンチされたOrdinals Protocolで発行される300点のジェネレーティブアートコレクションである。

Ordinals Protocolとは

1BTCの1億分の1を示す最小単位「サトシ(sats)」にデータを記録することで、ビットコインのブロックチェーン上にNFTを保存する新技術。

日本時間6日から7日にかけて行われた24時間のオークションのうち、上位288人の入札者がTwelveFoldを落札した。最高入札額は7.1159BTC(約2,200万円)、最低落札額は2.25BTC(約690万円)となった。

TwelveFoldは、これまでBAYCやMAYC(Mutant Ape Yacht Club)、BAKC(Bored Ape Kennel Club)といったキャラクターを描いてきたYuga Labsの既存プロジェクトとは趣が異なるアートコレクションであり、今後どのようにプロジェクトを展開するのか、注目したい。

関連:BAYC運営のYuga Labs、新たにビットコインNFT「TwelveFold」始動
関連:OXK NFTマーケットプレイス、ビットコインNFTの取り扱い開始
関連:ビットコイン版CryptoPunks、3,200万円超の高額取引が発生

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

斎藤 俊介のアバター 斎藤 俊介 ライター・ディレクター

2021年に下位アルトコインのノード運用とNFT投資から仮想通貨の世界に入り、2022年より暗号資産(仮想通貨)ライター職に従事。2022年11月からJinaCoinに参加し、現在ライター・ディレクターを兼務。ブルーチップNFT「MAYC」のホルダーになるのが目標。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次